『Tales of Arise』のその後を描く大ボリュームの新作DLC「Beyond the Dawn」 が11月9日(木)に発売決定!

2 0
『Tales of Arise』のその後を描く大ボリュームの新作DLC「Beyond the Dawn」 が11月9日(木)に発売決定!

このたび『Tales of ARISE』(以下『ARISE』)新作DLC「Beyond the Dawn」を発表することができ、大変うれしく思います。 本作は2021年9月に発売した『ARISE』の本編後の世界を舞台にした物語を楽しむことができる大長編の大型新作DLCとなっています。

「テイルズ オブ」シリーズにおいて、ここまでの規模で、本編の直接的な続きを描くDLCは初めての試みとなります。今回はその物語に期待いただきたいポイントと、なぜ私たちがそれを作るにいたったのかの決断についてお話します。

※本記事は、『ARISE』本編のネタバレ内容を含みます。ご注意ください。

目指したイメージは“まるで、良い劇場版を観たあとのような”満足感

まずは今回初公開されたアナウンストレーラーをご覧ください。

『Tales of Arise』のその後を描く大ボリュームの新作DLC「Beyond the Dawn」 が11月9日(木)に発売決定!

本作では “ふたつの星が合一したあとの世界”を舞台にした新たな冒険が体験でき、“ナザミル”と呼ばれている少女との出会い、そして彼女が辿る壮絶な運命に対してアルフェンたち6人の仲間が再集結して立ち向かう物語を楽しむことができます。

新キャラクター“ナザミル”は合一した“ダナ人”と“レナ人”両方の血を引く少女であり、しかも『ARISE』本編でプレイヤーに立ちはだかってきた領将“スルド”の娘でもあるという(どのスルドの子かはプレイ頂くまでの秘密にしておきます)非常に興味深い生い立ちを持ったキャラクターです。 合一された新世界において彼女の持つ特異性は人々に受け入れられるのか、あるいは過酷な運命を辿るのか、トレーラーをご覧いただきながらさまざまな想像をしていただければと思います。

この新ストーリーは膨大なボリュームを持っており、私もテストプレイでは合一された新世界をじっくりと巡り直しながら、20時間以上この新たな物語体験に浸っていました。我々が本作で目指し、テストプレイでも確信できたのが、 「これは大好きな作品の劇場版が良作だったときの満足感と似ているな」という感覚でした。

一度は完結した作品の追加ストーリーというと、さまざまな意見があるものだと思います。 ですが『ARISE』発売以来、本編を楽しんでいただいた方からもその後の主人公達の物語について多くのご期待の声をいただいており、開発チームとしても本気で『ARISE』の“その先”を描くとしたらどのような意義と魅力が必要なのか、深い議論と検討がなされました。それは、自分たちにとって“『ARISE』が何だったのか”を振り返ることでもありました。

『ARISE』が残してくれたもの

『ARISE』の本編では、ふたつの星、ふたつの種族の間にある隷属関係からの解放が描かれ、アルフェンとシオンという正反対ともいえるふたりの関係が、隷属から対等へ、拒絶から理解へと、旅を通して大きな変化と成長していく“心の黎明を告げる”旅路でした。

主人公アルフェンは旅路の末に世界を救う自己犠牲を否定し、相互理解と共存の理想を力に変え、奇跡を起こします。その点においての物語は、これまでの「テイルズ オブ」シリーズ以上の大団円を迎えた作品でもありました。

ですがただひとつ、最凶のライバル“ヴォルラーン”だけは、それを最後まで真っ向から否定し、「これより貴様が歩むのは、裏切りと失望に満ちた汚辱の道」であるという呪いの言葉を残していきます。

彼の言う通り、その先の世界には新たな課題や軋轢もあるでしょう。それでも彼らなら、深い絆で結ばれた仲間達ならばきっと乗り越えていける。一抹の不安を胸に留めつつも未来への希望を持ち、夜明けの物語は一旦の幕をおろしました。

──本当に、その夜明けの先はみんなにとって明るいものなのか?

──そして新たな世界を彼らはどのように歩んでいけば良いのか?

続いていく人生の物語としての「テイルズ オブ」シリーズの魅力

ときに現実を映すこうした“問い”の残る物語が、私は好きです。 一方で、その“問い”に対してキャラクターたちがその後の世界とどう向き合い続けているか、ふとした機会に気になってしまう、そのキャラクターのその後の人生を想起する瞬間もまた、コンテンツを愛するなかで最良の感情のひとつと感じます。

その感情にフォーカスを当て、彼らともう一度出会い、もう一段成長する姿を皆さんと一緒に共有することには意義がある、その想いで、本作を追加制作することを決めました。「Beyond the Dawn」の名の通り、夜明けの向こう側に待っている未来と現実について、アルフェンたちの心の旅路のその後を直接描く、直球勝負の物語です。

それは、キャラクター達の人生の物語は製品の枠を超えて続いていく、という「テイルズ オブ」チームの根本にある思想の現れでもあります。

その想いの強さからか、追加DLCとしては当初の想定を超えた破格のボリュームとなり、またカットシーンのクオリティもさらに向上しており、仕上がってきたものをテストプレイした際の私自身の「ああ、まるで良い劇場版を観たような……」という感覚に繋がっています。「Beyond the Dawn」のゲームシステム自体は『ARISE』本編を継承しており大きくは変わらないものの、新ダンジョンや多彩な新クエスト、さらには魅力的な追加衣装などのコンテンツも相まって、“ゲーム体験”としてその感覚に浸れる作品になっていることは忘れずにお伝えしておきたいと思います。詳細は今後の続報にご期待ください。

なお、「Beyond the Dawn」では本編の続編的な物語が展開されますが、すべてのプレイヤーの皆さんに適正なレベルデザインで楽しんでいただきたいという思いから、スタート時には一定のレベルやスキル等のステータスを用意してあり、本編からのレベルやステータスの単純引継ぎは採用しませんでした。代わりに本編クリアデータに応じたお金やスキルポイントなどのボーナスをご用意しましたので、そちらも活用いただきつつ、改めて自分好みのキャラクター育成を行ないながら新たな物語をお楽しみいただければと思います。

もちろん『ARISE』を未プレイの方にも、今回の「Beyond the Dawn」とセットで一連の物語としても楽しめるように制作されており、お得なバンドルパックもご用意していますので、各種製品情報をご確認いただければと思います。

いざ、黎明のその先へ。

ぜひこの機会により多くの方と『ARISE』の世界でもう一度一緒に盛り上がれることを楽しみにしています。

※本情報はState of Playで発表された内容となります。販売するタイトルは国・地域によって異なる場合があります。


「State of Play」アナウンスメント一覧


コメントの受付は終了しました。

2 コメント

  • 突然のようなDLC発表に、新作SAOを微妙に回避した発売日は良い感じ。
    クリスマス商戦の大作ソフトがないので、このDLCとSAOで遊びつくすのもありだなぁ。
    それと、すでに発売されている外観DLCを、このDLCキャラへも適用できるようお願いします。

  • 嬉しいサプライズでしたが、後から発表された価格帯を見ると本編並みのボリュームがあると解釈してもよい値段設定かと思われるのですが、果たして……?
    物語的には面白そうなので発売自体は楽しみなのですが、衣装系DLCもセットで計算するとゲーム本編の半分や2/3という価格帯であるゲームも珍しくないので、捉え方によっては『ゲーム本編はDLCスキンセットの倍程度の価値である』と言われているみたいで釈然としないのですが。

    このあたりのスキン系 DLC の価格帯や、ガチャ主体のゲームに於ける輩出率や単価換算での価格設定については、プラットフォームや法律などによる制限がない限り、現状から改善されることはないのでしょうか。

お客様の生年月日を入力してください。

Date of birth fields