絶対ハマる! 最新やみつきインディーズガイド【2022年10月発売】

0 0
絶対ハマる! 最新やみつきインディーズガイド【2022年10月発売】

斬新なアイデアが詰まったインディーズゲームが、PlayStation®5/PlayStation®4に続々登場! 「人気のインディーズゲームを遊んでみたい」という人のために、2022年10月に発売されたタイトルの中から注目の6作品を紹介しよう。

『Asterigos: Curse of the Stars』は、武器の組み合わせによって自分だけの戦闘スタイルを構築できるアクションRPG。『LEGO® Bricktales – レゴ・ブリックテールズ』では、おなじみレゴブロックを使ったユニークなパズルを楽しめる。PC版をフルリメイクした『魔女の家 MV』は、何気ない決断が死に結びつくホラーゲーム。『神業 盗来 -KAMIWAZA TOURAI-』は、江戸時代を舞台にした粋で痛快なステルス泥棒アクションだ。宇宙狭しと戦いを繰り広げる『Batora: Lost Haven』、往年のサバイバルホラーへのリスペクトを感じる『SIGNALIS』と、スリリングなSFタイトルも見逃せない!

Asterigos: Curse of the Stars

武器を使い分けて自分なりの戦闘スタイルを構築! 都市国家の呪いに迫るアクションRPG

PS5/PS4用ソフトウェア『Asterigos: Curse of the Stars』は、台湾のAcme GameStudioが開発したアクションRPG。魔法と驚異に満ちた都市国家アフェスを舞台に、若き女性戦士ヒルダの戦いが描かれる。この国では、ある出来事をきっかけに呪いが降りかかったため、人々は獣の姿になり、魔力を秘めた鉱石を摂取しないと激痛に苦しむ体に変異している。調査のためにこの国を訪れた父と仲間たちの「北風部隊」を追い、ヒルダはアフェスの呪いの謎に迫っていく。複数の武器種を使い分け、自分だけの戦闘スタイルを構築できるアクションシステムが特徴だ。

※クリックすると大きな画像が表示されます。

古代ローマや古代ギリシャを思わせるアフェスには、霧に覆われたバザール、謎めいた森、水晶が光り輝く奥深い洞窟など、美しくも危険な世界が広がっている。各エリアのボスがいる最深部までの道中には、敵の群れが待ち受けているのはもちろん、撃退手段のない巨大ハーピーが鋭い羽根を飛ばしてきたり、魔力バリスタが狙撃してきたりと、危険なマップギミックも多数。ヒルダが力尽きた場合は、直前に休息したチェックポイントに戻され、所持している通貨の1割を失うため、探索は実にスリリングだ。

バトルの特徴は、複数の武器種を使い分けるアクションシステム。武器は「剣と盾」「短剣」「大槌」「槍」「杖」「腕輪」の6種類があり、それぞれ特徴的なモーションと固有の技を持っている。ヒルダはこのうち2種類を選んで装備し、戦いに臨むことに。どの組み合わせも使い込むほどに強みが見えてくるため、自分なりの戦闘スタイルを研究・構築する楽しさを味わえる。レベルアップ時に取得する「属性ポイント」と「タレントポイント」を使えば、任意の能力や武器のアクションを強化することも可能だ。

『Asterigos: Curse of the Stars』プレイレビュー! 自由な戦闘スタイルでファンタジー世界を旅するアクションRPG!

Asterigos: Curse of the Stars

・発売元:TINYBUILD LLC
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:アクション、アドベンチャー、RPG
・配信日:好評配信中
・価格:ダウンロード版 販売価格 通常版 5,280円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 Deluxe Edition 6,820円(税込)
・プレイ人数:1人
・レーティング:IARC 7+(7才以上対象)

※IARC(the International Age Rating Coalition)は、世界のゲーム評価機関により管理される国際年齢評価連合です。
※ダウンロード専用タイトル


PS Blogの『Asterigos: Curse of the Stars』記事はこちら


『Asterigos: Curse of the Stars』公式サイトはこちら(海外サイト)

『Asterigos: Curse of the Stars』をPS Storeで購入する

LEGO Bricktales – レゴ・ブリックテールズ

ブロックを組み立てて人助け! 建築スキルが試されるパズルアドベンチャー

PS5/PS4用ソフトウェア『LEGO Bricktales – レゴ・ブリックテールズ』は、ブロックを使って謎解きをするパズルアドベンチャーゲーム。想像力を膨らませ、ブロックの建築メカニズムを使ってパズルを解き明かしていこう。天才発明家のおじいさんが経営する遊園地が閉園の危機にさらされたため、プレイヤーは小さな相棒ロボットとともに復旧を手助けすることに。世界中のいろいろな場所を旅して出会った人々を助け、「ハピネスクリスタル」を集めて遊園地のピンチを救え!

※クリックすると大きな画像が表示されます。

冒険の舞台は、ひとつひとつブロックで作られた美しいジオラマの世界。繁茂するジャングル、日差しの照りつける砂漠、喧騒が広がる街角、そびえ立つ中世風の城や、南国カリブ風の島々といった場所でパズルを解き、ミニフィギュアのキャラクターたちを助けよう。ブロックを使ったパズルでは、川の向こう側へ渡れるように橋を作るなどプレイヤーの建築スキルが試される。ほかにも、王様の新たな玉座をデザインしたり、遊園地のアトラクションをカスタマイズしたりと、さまざまなパズルに挑むことができる。こうして人助けに成功すると新たな能力がアンロックされ、その力を使うことで各地に隠された秘密や謎が明かされていく。

建築スポットをクリアすると、サンドボックスモードで建造物をさらに改善することもできる。いろいろなジオラマで収集品を見つけて、着替えに使える新たなアイテムを買ったり、サンドボックスモードで使える新しいブロックの色をアンロックしたりといったやり込み要素も充実している。たくさんのパーツからミニフィギュアを作るなど、キャラクターのカスタマイズも楽しめる。


LEGO Bricktales – レゴ・ブリックテールズ

・発売元:THUNDERFUL PUBLISHING
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:パズル
・配信日:好評配信中
・価格:ダウンロード版 販売価格 3,080円(税込)
・プレイ人数:1人
・レーティング:IARC 3+(3才以上対象)

※IARC(the International Age Rating Coalition)は、世界のゲーム評価機関により管理される国際年齢評価連合です。
※ダウンロード専用タイトル


『LEGO Bricktales – レゴ・ブリックテールズ』公式サイトはこちら(海外サイト)

『LEGO Bricktales – レゴ・ブリックテールズ』をPS Storeで購入する

魔女の家 MV

10年の時を経てよみがえる恐怖! 「魔女の家」から脱出を図るホラーアドベンチャー

PS4用ソフトウェア『魔女の家 MV』は、2012年にリリースされたホラーアドベンチャー『魔女の家』のリメイク作品。オリジナル版はピクセルアートで表現されていたが、リメイク版ではすべてのグラフィックが完全リマスタリングされたほか、新規イベントを含む新しい難易度に挑戦できる。オリジナル版と同じ「Normal」のほか、ストレスなく楽しめる「Easy」、一度クリアするとアンロックされる「Extra」も搭載。死亡箇所が増え、謎解きも変わる最高難度の恐怖を体感しよう。

※クリックすると大きな画像が表示されます。

ヴィオラという少女が迷い込んだのは、森の奥にたたずむ謎めいた館。そこは、目を離すとかすかに、だが確実に姿が変わる苦痛と苦難に満ちた「魔女の家」だった……。この館に秘められた、忌まわしき闇と過去とは? 館の各所からは「魔女の日記」が見つかり、屋敷の主である魔女の半生を断片的にたどることができる。これらを読みつつ、行く手を阻む謎を解き、身の毛もよだつ「魔女の家」からの脱出を図ろう。

「魔女の家」には、大半のターンにトラップが仕掛けられている。死はいたるところに潜んでいるため、小さな失敗が命取りになることも。たったひとつの選択が、死を招くことも少なくない。もちろん謎解きも、歯ごたえ十分。手に入れたアイテムを使うにも計画的・意図的に使用しなければならず、プレイヤー自身でヒントを集めて解法を導き出す場面も多い。いつ何が起きてもおかしくないため、常に気を抜けない緊迫感に満ちあふれている。音による恐怖の演出にも力が入っているため、ぜひヘッドフォンでプレイしてほしい。


魔女の家 MV

・発売元:DANGEN ENTERTAINMENT
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:ホラーRPG
・配信日:好評配信中
・価格:ダウンロード版 販売価格 1,650円(税込)
・プレイ人数:1人
・レーティング:IARC 16+(16才以上対象)

※IARC(the International Age Rating Coalition)は、世界のゲーム評価機関により管理される国際年齢評価連合です。
※ダウンロード専用タイトル


『魔女の家 MV』公式サイトはこちら

『魔女の家 MV』をPS Storeで購入する

神業 盗来 -KAMIWAZA TOURAI-

華麗に隠れて素敵に盗め! 粋で痛快なステルス泥棒アクション!!

2006年にPlayStation®2で発売された『神業 -KAMIWAZA-』が、HDリマスターで華麗に復活! PS4用ソフトウェア『神業 盗来 -KAMIWAZA TOURAI-』は、江戸末期を舞台にしたステルス泥棒アクション。大工として働く元・盗人の海老三(えびぞう)は、娘のようにかわいがってきたすずなの病を治すため、義賊となって盗みを働くことに。華麗に隠れて素敵に盗む、粋で痛快なアクションを堪能しよう。

※クリックすると大きな画像が表示されます。

海老三は、人を傷つけない不殺の義賊。そのため、人から身を隠す「隠れ技」、金品の窃盗やスリを行なう「盗み技」、風呂敷を使って敵を回避する「風呂敷技」という3カテゴリからさまざまなアクションを駆使して盗人稼業を行なうことになる。「隠れ技」は、音を立てずにゆっくり移動する「忍び足」、壁に張り付きながら横移動する「壁・張り付き」などの基本アクションのほか、段差と一体になって身を隠したり、狭い通路で両手両足を突っ張って体を支えたりするトンデモ技も。敵の視界に入った時は、「ジャストステルス」を発動し、素早い動きで姿をくらましたり、大量の金品を盗んだりできる。

盗んだ金品の使い道は、プレイヤー次第。すずなの病を治すための薬を購入するだけでなく、盗人組合の元締めに銭を納めたり、町の住人たちに分け与えたりすれば、盗人稼業を有利に進めることができる。仮面の兄貴や謎の女盗賊、圧倒的な力を持つ火付盗賊改の頭など、多彩な登場人物たちが織りなす物語も波瀾万丈。娘を救うことができるのか、海老三は捕まらず逃げ切れるのか、すべての結末はプレイヤーの行動にかかっている!

『神業 盗来 -KAMIWAZA TOURAI-』プレイレビュー! 娘のために義賊となって盗みを働くステルス泥棒アクション!

神業 盗来 -KAMIWAZA TOURAI-

・発売元:アクワイア
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:ステルス泥棒アクション
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 4,400円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 3,981円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)


PS Blogの『神業 盗来 -KAMIWAZA TOURAI-』記事はこちら


『神業 盗来 -KAMIWAZA TOURAI-』公式サイトはこちら

『神業 盗来 -KAMIWAZA TOURAI-』をPS Storeで購入する

Batora: Lost Haven

太陽と月の力を操り、世界を危機から救うSFアクションRPG!

PS5/PS4用ソフトウェア『Batora: Lost Haven』は、プレイヤーの選択によってストーリーが変化する惑星間アクションRPG。イギリスに暮らす16歳のエイヴリルは、どこにでもいる普通の少女。だが、原因不明の大災害が発生によって、彼女が暮らす世界は一変してしまう。人智を超えた力を授けられたエイヴリルは、古代の秘密を解き明かすために星々をめぐる冒険に旅立つことになる。そこでは、人生を変えるような決断の数々が彼女を待ち受けていた……。

※画面写真は英語版のものです。クリックすると大きな画像が表示されます。

さまざまな惑星を探索する中で、エイヴリルは「太陽」と「月」の力を操り、ふたつの異なる戦闘スタイルを極めていく。異形の怪物や超自然的な敵とスピード感あふれる激闘を繰り広げながら、好奇心旺盛な異星の住人たちから依頼を引き受けよう。行く先々には、歯ごたえのあるステージギミックや作り込まれた複雑なパズルも待っている。頭脳を研ぎすまし、異星の試練に挑むことになる。

ゲームはマルチエンディング形式になっており、プレイヤーの選択は宇宙の、そしてそこに住まうすべての生命体の命運を左右する。「Writers’ Guild award」(全米脚本家組合賞)を受賞した脚本家による宇宙を股にかけた壮大なストーリーを堪能し、最終目標である「失われた故郷の再興」へ至る道筋をその手で形作っていこう。1950年代のレトロSFに着想を得た手描き風のアートスタイルも、見どころのひとつになっている。


Batora: Lost Haven

・発売元:TEAM 17 DIGITAL
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:アクションアドベンチャーRPG
・配信日:好評配信中
・価格:ダウンロード版 販売価格 2,530円(税込)
・プレイ人数:1人
・レーティング:IARC 12+(12才以上対象)

※IARC(the International Age Rating Coalition)は、世界のゲーム評価機関により管理される国際年齢評価連合です。
※ダウンロード専用タイトル


『Batora: Lost Haven』公式サイトはこちら(海外サイト)

『Batora: Lost Haven』をPS Storeで購入する

SIGNALIS

自分とは何か、記憶とは何か。往年の名作にインスパイアされたSFサバイバルホラー

PS4用ソフトウェア『SIGNALIS』は、クラシカルなサバイバルホラーの名作にインスパイアされたコズミックホラーゲーム。舞台は、人類が太陽系を植民地化し、全体主義政権「Eusan」が厳しい監視とプロパガンダによって冷酷な支配を敷いている未来のディストピア。スタンリー・キューブリックや庵野秀明、デヴィッド・リンチの映像作品から影響を受けており、「自分とは何か」「記憶とは何か」というテーマを軸に、未知なる恐怖を描いたSFストーリーを体験することができる。

※クリックすると大きな画像が表示されます。

この世界で暮らすのは、一般市民とそのレプリカである人型アンドロイド。壊れた宇宙船でコールドスリープから目覚めた技術者レプリカのエルスターは、極寒の惑星に降り立ち、まだ見ぬ深淵へと歩を進めていく。宇宙船の薄暗い片隅から探索を開始し、呪われた施設で住人たちの謎めいた運命に迫り、地下に何が眠るのかを見つけ出そう。

ゲームシステムは、キーアイテムを探しながら探索を進める古典的サバイバルホラーをベースにしている。弾薬や回復薬には限りがあり、持ち歩けるアイテム数もごくわずか。そのため、リソースコントロールをしながら戦闘と探索、謎解きを行なわなければならない。形容しがたい恐怖と不安が常につきまとう中、悪夢のようなクリーチャーの襲撃を振り切り、難解な謎を解き進めよう。


SIGNALIS

・発売元:PLAYISM
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:サバイバルホラー
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 4,378円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 1,980円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)


『SIGNALIS』公式サイトはこちら

『SIGNALIS』をPS Storeで購入する

Asterigos © 2021 Acme Gamestudio, Ltd.

© 2022 Thunderful Publishing AB
© 2022 ClockStone Software GmbH
© 2022 The LEGO Group

DANGEN ENTERTAINMENT is a trademark of Dangen Entertainment. Copyright © 2022 Dangen Entertainment. All rights reserved.

©2006-2022 ACQUIRE Corp. All Rights Reserved.

Batora: Lost Haven© Stormind Games – All rights reserved |The ‘Batora’ mark and the ‘Batora Lost Haven’ logo are registered trademarks owned by Stormind S.r.l. | Batora: Lost Haven is inspired by the literary work “Batora – Il Risveglio” written by Annika Morris and published by Casta Editore. | Stormind Games® is a registered trademark of Stormind s.r.l. | Published under licence by TEAM17 Digital Limited.

© 2022 rose-engine. All rights reserved.
Licensed to Humble Bundle, Inc.. Sub-licensed and published by Active Gaming Media Inc.

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

コメントを残す

お客様の生年月日を入力してください。