PlayStation.Blog

【ヨッピーのPS Now日記⑤】

0 0
【ヨッピーのPS Now日記⑤】

ガチゲーマーの女性に「ゲーム、全然やってないじゃん!」と説教される僕。

さあ、PlayStation™Nowを遊び尽くす、をテーマにやってきました「ヨッピーのPS Now日記」のお時間です。

これまでにPS Nowの魅力を伝えるべく散々遊んでまいりましたが、

PS Nowならビッグタイトルからあの名作まで遊び放題!

月額制で12ヶ月の利用なら1ヶ月あたり581円と激安

というウリのほかに、大きな大きな特徴があります!
それが……、

PlayStation®4本体を持っていなくても、Windows PCでストリーミングプレイができる、ということ!

「これで出張先でゲームがはかどる~!」なんて思っていたのですが、ストリーミングプレイをするなら5Mbps以上の回線速度が求められることもあって、出張先のビジネスホテルでは「回線の品質に問題があり~」と表示されてプレイできなかったのであります。

そこで本日は外出先でも鬼のようにゲームをやりまくっている達人、荒木美鈴先生にお越しいただきました!

荒木美鈴
株式会社カンパネラ 代表取締役。リポーター、司会者、コラムニスト、アマチュア落語家。ゲーム廃人ぶりには定評があり、趣味を活かしてゲーム関係イベントの司会などで活躍中。出張先には常にゲームを持ち込み、ホテルから一歩も出ずにゲーム三昧の生活を送るらしい。

荒木美鈴さんのTwitterアカウントはこちら

ええと、僕もWindowsマシンだし、出張も多いので出張先のホテルでゲームできたら最高だなって思うんですけど、やっぱりビジネスホテルだとWi-Fiがそんなに早くないから、達人はその辺をどうクリアしてるのかなと思いまして。

なるほど。まずはこれを用意してください。

なんですかそれ?

LANケーブル用のアダプタです。大事なのはこのアダプタとLANケーブルを持ち歩くことです。おっしゃる通りWi-Fiだと速度が出ないことが多いんですが、有線でつなぐと普通に遊べたりしますよ。

お~、なるほど。でもそれでも遅かったりしません?

そうですね~。確率で言うとホテルのWi-Fiでストリーミングプレイが遊べるか遊べないかは半々かなぁ。

じゃあ、運が悪いと遊べないじゃないですか。

大丈夫です。私は出張先にPS4を本体ごと持って行くので。

頭おかしい。それは流石に重くない!?

宅配便でホテルまで送っちゃえばいいんですよ。帰りはまたホテルから送るっていう。

そこまでする……!?

まず、初めて行く土地のホテルだと、どうにかしてPS4を本体ごと持ち込むんですね。そこで回線の速度を調べてPS Nowのストリーミングプレイができるかどうかを確認するんです。問題なさそうだったら次からはノートパソコンだけ持っていってプレイするっていう。

あー、なるほど。ネットが早いホテルの目星をつけておくんだ。

そうですそうです。大阪とか、出張でよく行く場所のホテルはネットの回線が早いところを抑えますね。それなら問題なくノートパソコンとコントローラーだけで遊べますし! セーブデータもクラウドにアップしちゃえば家でやった続きから問題なく遊べます。

でも、出張行ってもずっとホテルでゲームしてるんですか?

そうですよ。もちろん仕事はしますけど、それ以外の時間はホテルでずっとゲーム。

「よ~し、出張だしなんか美味しいもの食べに行くか~!」ってなりません?

美味しいものはコンビニにも売ってますよ。だから基本的にコンビニで買ってホテルでゲームしながら食べます。

いやまあそうですけど! 「大阪に来たし、たこ焼き食べるか~!」とかさあ!

大阪だとならないかな~。福岡だと「あれ食べよ!」ってなりますけど。
※美鈴さんは福岡出身です。

ちょっと! それは大阪出身の人間として聞き捨てならん!

だって、ゲームで遊ぶ時間が何よりも一番大切じゃないですか。ちなみに実家に帰省するときも、もちろん持って行きます。お正月って実は暇な時間が多かったりするので。

ちょっと待って、普段はどれぐらいゲームしてるんですか。

そのときにハマってるゲームがあるかどうかにもよりますけど、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』にハマってたときは1日に26時間やってましたね。

1日は24時間しかねえよ。

世界中で大ヒット中のフロム・ソフトウェアの名作『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』。めちゃくちゃ難しくて死にまくるゲームだが、ボスを倒したときの達成感がヤバい。僕も死ぬほどハマって仕事にマジで支障が出た。PS Nowに対応する日がいつか来てくれることを心待ちにしよう。

逆に、ヨッピーさんはどれぐらいゲームしてるんですか?

いや、おっしゃってた『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』は僕もやりましたよ! 死にまくりながらクリアしました!

お~、でも私、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』は3周半しかできてないんですよね……。

3周半!?

本当は4周したかったんですけど、Xbox One版も出たのでそっちをはじめてしまって……。

僕1周しかやってない……。

えっ、大丈夫ですか!? なんで!?

いや、1周したところで満足してしまって……。

えっ、ありえなくないですか!? ちなみに、フロム・ソフトウェアの「DARK SOULS」シリーズはやりました?

いや、やってないですね。

『Bloodborne』は?

やってないです。

じゃあ『Demon’s Souls』は?

それもやってないです。

なんでそんな人がPS Nowの記事書いてるんですか!?

いや、僕もわかりませんけど……。

「よくそれでライターやってますね」と完全に呆れる美鈴先生。

でもね、ちょうど良いかもしれません。今回は「持ち運び」がテーマだったと思うんですが、PS Nowってヨッピーさんみたいに「やり逃したゲーム」が多い人にも最適なんですよ。

おお、なるほど。

例えば、『Demon’s Souls』ってPlayStation®3のゲームなんですよ。そしてPS4版も出てないので遊ぼうと思ったらPS3を買わなきゃできないんですよね。

『Demon’s Souls』

あー本当だ! 対応してる~~!

ちなみに『Bloodborne』もあります。

『Bloodborne』

「やり逃したゲーム」って、例えば中古屋さんで買って「いつかやろう」って置いておくと、かなりスペースを取るじゃないですか。

まあ、美鈴さんくらいの勢いでゲームやる人ならそうでしょうね。

かと言ってダウンロード販売だと定価そのままで高かったりするし、そもそも『Demon’s Souls』みたいにPS3版しかないゲームのためにPS3買って来るのももったいないし。
だからPS Nowが値下げしたときは「神か~~~!」と思って速攻で入りました!

いや、以前の吉Pさんのときもそうですけど、マジのゲーマーの人に会うたびに「俺、全然やってへんやんけ……!」って落ち込みますね。

今まで、ヨッピーさんがPS4でやったゲーム全部教えていただいてもいいですか?

ええと、

『レインボーシックス シージ』
『バットマン:アーカム・ナイト』
『Marvel’s Spider-Man』
『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』
『エーペックスレジェンズ』
『モンスターハンター:ワールド』
『Fallout 4』
『グランド・セフト・オートV』
『ゴッド・オブ・ウォー』

ぐらいかな? なんか忘れてる気がするけど。そもそも『レインボーシックス シージ』と『モンスターハンター:ワールド』はシリーズが好きだから買いましたけど、僕基本、話題になってるゲームしかやらないんですよ。Twitterとかで流れてきて気になるやつを買うっていう。

いやいやいやいや! いやいやいや! 話題になってるやつも全然やってないですから!

えっ、そんなに!?

うわーーー、逆にうらやましい! だって『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』もやってないんですよね!?

ウル……、なんですかそれ?

『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』ですよ! PS Nowにも入っています!

『Fallout 4』はやったんですよね? 面白かったんですよね?

はい。やり込み要素多くて鬼のように時間取られました。

その『Fallout 4』を作ったベセスダ・ソフトワークスの作品ですよ。普通、面白いソフトに出会ったら過去の作品もやってみたくなりません?

まあ、言われてみれば……。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』にハマったって言いながらフロム・ソフトウェアの過去作品もやってないし本当に信じられない……。

な、なんかすいません。

【美鈴先生おすすめ! PS Nowで遊べる名作】

完全にお説教モードに入りました。

まず、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』が好きなら、さっきも言った『Bloodborne』と『Demon’s Souls』のフロム・ソフトウェア2作は絶対にやってください。どちらもPS Nowに入っていますから。

はい。

そして『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』も必ず。FPS好きなら絶対ハマるはずです。世界観がすごく良いんです。

そして『ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド』もやるべきです。
※配信期間:2019年12月3日(火)~2020年11月30日(月)

わかりました。

なんかちょっと嫌そうな感じで返事してますけど、私からすればうらやましいぐらいなんですからね。あの名作を最初にプレイする感動を今から味わえるなんてっていう。

ちなみに、美鈴さんは「これまでにやったゲームの記憶が全部飛ぶボタン」があったら押します?

躊躇なく押しますね。

少しは躊躇しろよ。

ちなみに本来、インタビューは1時間を予定していたのですが、「全然ゲームやってない!」と怒り始めた美鈴先生の指示で、その場で『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』のストリーミングプレイをさせられました(2時間くらいやったら「よし!」って満足して帰っていった)。

「ゲームガチ勢は怖いな……」と思ってる僕。

400タイトル以上あるPS Nowのラインナップから指示されたゲームをこなすには、当分睡眠時間を削る必要がありそうです。めちゃくちゃ元とれそうだな……。

©2018 FromSoftware, Inc. All rights reserved. ACTIVISION is a trademark of Activision Publishing Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

©2009 Sony Computer Entertainment Inc.

©2015 Sony Computer Entertainment Inc. Developed by FromSoftware, Inc.

© 2014 ZeniMax Media Inc. Developed in association with MachineGames. MachineGames, Bethesda, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. Wolfenstein, the W (stylized) and related logos are registered trademarks or trademarks of id Software LLC in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved.

© 2015 ZeniMax Media Inc. Developed in association with MachineGames. MachineGames, Bethesda, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. Wolfenstein, id Tech and related logos are registered trademarks or trademarks of id Software LLC in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved.

お客様の生年月日を入力してください。