PlayStation.Blog

【ヨッピーのPS Now日記③】

0 0
【ヨッピーのPS Now日記③】

さあ、そんなわけで前回、鬼ゲーマーの吉Pさんから「人生のベストゲーム」と言われた『風ノ旅ビト』PS Nowでもストリーミングプレイできる(PlayStation®3版)との事なので早速プレイしてみました。

準備万端!

そして『風ノ旅ビト』についてもう一度おさらい。

『風ノ旅ビト』は2012年3月に発売されたインディーゲームメーカー「thatgamecompany」の作品。ダウンロード専売のインディーゲームメーカーとしては異例の、主要な「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を総なめにする快挙を達成し、ビデオゲーム史上初めてグラミー賞の「Best Score Soundtrack For Visual Media」部門における正式ノミネート作品となった。要するに世界中で評価されまくった作品です。僕は不勉強でタイトル名も知らなかったけど……。

ちなみにゲーム中は一切文字が登場しないらしい。どういうゲームなんだ。

スタートしたらいきなり砂漠に放り出された。「なんとなくあの山に向かえばいいのかな?」みたいなテンションでとりあえずゲームを進めてみる。あーなるほど、こういう感じかぁ。そして、↑の写真だとまったく伝わらないと思うけど映像がめっちゃ綺麗!

あの名作、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を彷彿とさせるような映像、世界観なのだけど、発売日がこっちの方が早いことを考えるとひょっとしたら『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』がこのゲームの影響を受けたのかもしれない。

操作性は単純で、ボタンも2つしか使わない。文字がない、つまりはチュートリアル的な説明文もなく、「なんとなく触ってるうちにわかってくる」くらいの感覚ですが、そのぶん、初心者の人でも簡単に遊べる気がする。

とりあえずゲームを進めていく。広大な世界が広がっているんだけど、「なんとなく光ってるほう」「何かありそうなほう」くらいの雑な感じでもちゃんと進められるのがすごい。

そしてこのゲーム、ストーリーの説明もないので「なんのために旅をしているのか」が全然わかりません。全然わからないけど、でもなんとなく歩いていきます。

途中にある廃墟などに隠されたギミックを解いたりしながら進めてゆく。ちょっとしたパズルゲーム的な要素が含まれているのだ。

そしてゲームを1時間くらい進めたあたり。
この、遠い遠い山頂を目指して、ざくざく歩く旅路の途中で、僕はあることを思い出したのです。

それは、以前に「100km歩いてみる」という滅茶苦茶な企画に挑戦した時のことです。

当時の写真。

毎年、夏になると「24時間テレビ」の企画で「100kmマラソン」が行なわれますが、それを見ていた僕が、ふと疑問に思ってしまったことから地獄ははじまりました。

100kmなら、走らなくても24時間歩き続けたらゴールできるのでは?

と。

普通の人が歩く速度は時速4km程度と言われますが、僕は身体が大きく、普段から歩くのが早いのでだいたい時速5km程度とすれば、歩き続ければ20時間で100km走破できる計算になります。つまり、一切走らなくても100kmに到達する、と。1時間の休憩を4回取る余裕すらある。

そしてこれを思いついてしまったがために、熱海から東京の武道館までの道のり、約100kmを歩き続けるという暴挙に出たのです。

出発してすぐ、まだ余裕があった頃の僕。

今でこそ「地獄」などと言っておりますが、スタート当初はそんな地獄が待ち受けているとは知らず、「こんなもん楽勝やんけ」と死ぬほど余裕をこいていました。

どれくらい余裕をこいてたかと言いますと、「お腹空いたから何か食べよう」ということで寿司屋に入ったくらいです。

ほかにも、

・事前トレーニング一切なしのぶっつけ本番
・あまりサイズが合ってなかった普段履きのスニーカーで挑戦
・道順もその場でGoogleマップを見ながら適当に進む
・ゴツいカメラも持参

などなど。

出発して8時間。Googleマップに従っているうちに、わけのわからない山道に参上。近くに水分補給のためのコンビニすらない絶望たるや。

この頃になると、

・足の裏のマメが潰れて激痛
・膝と股関節と足首が痛い
・要するに下半身の関節が全部痛い
・山道すぎてあたりが完全に真っ暗

みたいな素敵な状況に陥りました。
孤独な孤独な旅路です。

この『風ノ旅ビト』でも基本的には孤独な旅路ですが、たまにほかのプレイヤーが現れ、ちょっとずつ協力しながら進めたりします。言葉は交わせないのですが、「そこに、ほかの人がいる」というだけで救われたような気持ちになるのだ。

この時の僕と担当編集の関係もまさに同じでした。
ふたりとも疲れ切って完全に無言。でも、心の中ではお互いがお互いを励まし合っているような……。これ、『賭博黙示録カイジ』の鉄骨渡りと全く同じ状況やんけ……。

ちなみに、この山道歩きの最中に、同行していた担当編集が泣きました。
「俺、なんでこんなにつらいことしてるんだろう」と思ってたら涙が出てきたそうです。それぐらいの地獄でした。

山道をなんとか抜けたあとも、この頃になると完全に「何のために歩いてるのか」がまったくわからなくなります。それでも、旅路は、続くのだ……!

ゲームの舞台も、砂漠から雪山になり、どんどんツラそうな展開に……。あの時とまったく同じ……!

そしてついに、倒れてしまう旅人。

そして同じように、スーパー銭湯で倒れてしまった僕。

救いがあるのは、僕の無謀な旅には全く意味がなかったことにくらべて、この旅人の旅にはちゃんと、意味があるのだ。ゲームにちりばめられたヒントによって、おぼろげながらこの「旅」の意味がわかってくる仕組みになっている。なにこれ、めちゃんこ秀逸やん……。僕の雑なチャレンジとはえらい違いや……。

そして1周目をクリアし、「これは確かに人生だ」と悟った僕。

僕らも生まれたての頃は何を目的に生きているのかもわからないけど、でも人生を歩んでいくうちに、ちょっとずつ目的が見えてくる。でも、それを悟った頃にはもうそんなに若くなかったりして、いや本当に、良く作られてるなぁ。

そして、やってるうちに「あー、こういうことかな?」という風にバッググラウンドが理解できるようになっていて、しかもそれが言葉で語られないから余計に没頭感があるような気がしますね。「知る」とか「見つける」じゃなくて「悟る」とか「感じる」っていうゲームだと思います。その秀逸な映像美と世界観は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』とか『ワンダと巨象』なんかが好きな人にはばっちりハマるんじゃないでしょうか。1周3時間程度ですし、操作も難しくないので初心者の人でも遊べると思います。僕は完全にハマってきっちり2周してしまいました。

ちなみに100kmチャレンジの2周目は80kmの時点で血尿が出てギブアップしました。
皆さんも無謀なチャレンジはやめましょう。

さあ、そんな『風ノ旅ビト』もばっちりプレイできるPS Nowが激安価格になったぞ!

もっと言えば、PS4がなくてもWindowsマシンで遊ぶこともできる!

ただしストリーミングプレイなのでネットの回線品質を求められるので要注意!

ほかにも大作から古い名作まで、約400タイトル以上が遊び放題になる、鬼コスパのPS Nowを皆さんよろしくお願いします!

©2012 Sony Interactive Entertainment America LLC. Developed by thatgamecompany.

お客様の生年月日を入力してください。