『剣と魔法と学園クエスト。』プレイレビュー! ユニットをつかんで動かす新感覚ストラテジーRPG!

0 0
『剣と魔法と学園クエスト。』プレイレビュー! ユニットをつかんで動かす新感覚ストラテジーRPG!

PlayStation®4用ソフトウェア『剣と魔法と学園クエスト。』は、突然の異変に襲われた大陸を舞台に、戦場を見渡せる秘宝を手にした少年・アレクとなって学園の生徒たちを率い、異変の謎に迫る冒険を繰り広げるストラテジーRPG。コミカルなストーリーと、個性的なキャラを自分好みに育てられるキャラクター育成、ユニットを「つまんで」動かす独自のストラテジーバトルと、独自の魅力が満載!

「剣と魔法と学園」の世界で大陸に起きた異変の謎に迫る

本作は、PSP®「プレイステーション・ポータブル」などで人気を博した3DダンジョンRPG「剣と魔法と学園モノ」シリーズの流れをくむ、ファンタジー世界での冒険を描く作品だ。物語の舞台は4つの国を擁するペドラ大陸。突如モンスターがあふれ、謎の迷宮が現れる異変が発生したこの大陸を、プレイヤーは主人公アレクとなって冒険していく。

アレクの冒険のきっかけは、彼も通う冒険者見習いが集うコクヨウ学園がモンスターの襲撃を受けたこと。異変の深刻さをその身で感じたアレクは、調査の旅で消息を絶った父が残した不思議な力を秘める秘宝「ルーラーオーブ」を手に、同じ学園の生徒たちを率いてモンスターと戦いながら異変の真実に迫っていく。

あらすじだけ見るとシリアスな雰囲気のストーリーだが、元気な幼なじみの少女シトリンと、相談役のラズリを伴ってのアレクの旅はコミカルな雰囲気。各ステージの冒頭と最後では、ふんだんなボイス付きのストーリー演出シーンが用意され、仲間たちや敵による掛け合いで冒険を楽しく盛り上げてくれる。

CHECK POINT①
パーティーの構成を考えるのが楽しい、ユニークなキャラメイク&育成要素

アレクが指揮する学園の生徒たちは、拠点である学園でのキャラメイクで作成できる。キャラには、ヒューマン、クラッズ、フェルパー、バハムーン、ドワーフの近接攻撃メインの5種と、ノーム、ディアボロス、フェアリー、エルフ、セレスティアの遠距離攻撃や回復がメインの5種、合わせて10種類の種族がある。

さらにキャラメイクで重要なのが、ランダムで付与される3つの属性だ。属性は性格や好み、趣味のような表現がされていて、「常識人」「アクティブ」「読書家」「厨二病」など、一見しただけではどんな影響があるかわからないようになっている。どんな属性のキャラを選ぶかで、パラメータに違いが出る ため、自分好みのキャラが出るまで選ぶ楽しさがある。

キャラクターの能力を示すパラメータは、HP、パワー、移動間隔、射程、行動間隔の5種類。各数値はレベルアップなどで上がるほか、武器や鎧などの装備アイテムでも変化。表には見えにくいが、成長に応じてキャラの能力にそれぞれ違いがでてくるため、それらをどう活躍させるか考えながらパーティーの構成を考えるのが、本作の楽しみのひとつといえるだろう。

また、仲間はバトルで稼いだ経験値によるレベルアップによって強化も可能だ。各ステージには攻略可能かの目安になるレベルが示されているので、勝てない場合はクリア済みのステージに何度も挑戦してレベルを上げよう。成長した仲間はステージクリアで入手できるSPを使うことで、「学科」と呼ばれる職業ごとに設定された特殊な能力を習得できる。さらに、SPを使って「転科」してより能力の高い「学科」にクラスチェンジし、さらに強く育てられる。各キャラがどんな学科になれるかは種族に応じて決まっているので、パーティー構成の際はそこも意識しておくといい。

CHECK POINT②
ラバーストラップ風キャラをつまんで動かすストラテジーバトル!

ストーリー進行に応じてワールドマップ上に出現するステージを順番に攻略し、ゲームを進めていく本作。プレイヤーは主人公のアレクに加えて6人の生徒からなる、合計7人のパーティーでリアルタイム制のバトルを行ない、ステージごとに決められた制限時間内にバトルの目標を達成して勝利を目指すことになる。基本となる敗北条件は、アレクが倒されてしまうことと、決められた制限時間をオーバーしてしまうことのふたつだ。

バトル開始時、戦場に配置されているのはアレクひとりだけ。この状態から、最大4マスまでのアレクの召喚範囲にパーティーの仲間を召喚して、襲ってくる敵の軍勢に立ち向かうことになる。ただし、最初に召喚できる人数は6人のパーティーのうちふたりだけ。人数を増やすには、時間の経過で回復するMPを消費してアレクをランクアップさせる必要がある。一方で敵側は、ステージ中にいくつか配置されたクリスタルのようなものから続々と出現し、軍勢となってアレクたちに襲い掛かってくる。

バトル時にプレイヤーができることは、おおまかに「味方全体の移動先の指定」「仲間の召喚」「仲間の移動」「仲間のランクアップ」「各キャラが身に付けている魔法の使用」など。このうち、本作のバトルの大きな特徴となっているのが、仲間キャラをつかんでアレクの召喚範囲にいつでも自由に配置しなおせる仲間の移動システムだ。

召喚された仲間キャラは、モンスターが近くにいれば勝手に移動して攻撃してくれるので、プレイヤーがいちいち行動を指示する必要はなし。ただし、キャラの種族や属性によってはむやみに敵を追いかけて突出し、囲まれてやられてしまうことも。そこで「つかむ」を使い回復役キャラの近くに動かすなど、仲間の位置をうまく調節するのだ。合わせてMPを使ったランクアップでキャラを強化することも重要となる。

仲間は倒されても一定時間経過すればランクがひとつ下がった状態で復活できるが、バトルには制限時間があり、かつ出現場所をつぶさないと敵が生まれ続けるシステムのため、仲間が倒れて時間をムダにすると戦いがどんどん不利になってしまう。ランクアップのためにMPをうまくやりくりしてアレクと仲間を効率よく強化し、敵の群れを殲滅していくのがステージクリアのカギになる。

CHECK POINT③
かわいいけれど奥深い、緊張感あふれるボス戦にも注目!

ストーリー、ビジュアルともかわいらしく、どこかのんびりした雰囲気の本作だが、その印象に反してやることが多く、バトルは忙しめ。というのも、前述したようにフィールド上の出現ポイントをつぶさない限り定期的に敵が生まれ続けて、パーティーの行く手を阻んでくるためだ。油断しているとすぐに多くの敵に囲まれ、攻撃手段を持たないアレクは数で押されて倒されてしまう。

攻略のポイントとなるのは、MPをいかにうまく使うか。敵の少ない序盤に効率よくアレクをランクアップさせて仲間を召喚し、終盤で敵が数を増やしても押し負けないよう仲間も強化しておくことが大事だ。敵はスキあらばアレクを囲んで来ようとするので、突出したり、逆にあまり動かなかったりと、自動的に行動する仲間をつかんで移動させて行動を調節し、群れで攻めてくる敵の軍勢に対抗しよう。魔法については、ステージ序盤はMPをキャラの強化に使用するため出番は後半になる。MPを大量に使うぶん、効果はかなり強力なので、使いどころを絞って使用したい。

今回プレイする際に選んだパーティーの構成は、体力が高く前線にも出しやすいバハムーン、攻撃力が高く行動範囲の広いフェルパー、堅実な能力のヒューマンに、射程が比較的高めの遠距離攻撃役にノームとディアボロス、全体回復ができるセレスティアの組み合わせ。前衛3人+後衛3人というバランス重視を想定したつもりのパーティーだった。

実際のプレイでは、ノームとセレスティアがあまり動いてくれなかったので、積極的につかんで前衛の後ろに配置して攻撃と回復に参加させる形に。また反対に突出しやすかったヒューマンとフェルパーはHPにつねに注意しながら、こまめに回復役の近くに配置し直す感じのプレイになった。こうした各キャラの行動パターンは属性の影響が大きそうで、別のキャラを選んだ場合はまた違ったプレイになるだろう。いろいろなキャラを作って試したくなるところだ。

序盤を過ぎると、バリケードの後ろから遠距離攻撃をしてくる敵が配置されていたり、通常の移動では通れない障害物の向こうに宝箱が置かれていたりと、つかんでのキャラ移動を活用する必要があるステージが。通常とは違って制限時間が終わるまで大量に湧き続ける敵からアレクを守り切るのが勝利条件となるステージなども登場し、バラエティに富んだプレイを楽しめた。

また、大陸の各地域で最後に待ち受けるボスの強さも注目したいポイント。ボスはレベルを上げたキャラでもHPが低ければ一撃で倒されてしまうような強力な攻撃を持ち、それをかわすためにはつかんでの移動が不可欠。ゲームシステムをうまく利用した的確な行動が必要なボスバトルはどれも攻略しがいがあり、本作の大きな魅力のひとつといえるだろう。

見た目から受ける印象とは違った手ごたえのあるバトルと、属性による個性豊かなキャラを作り、育てて難ステージを攻略していく楽しさがある『剣と魔法と学園クエスト。』。しっかりキャラを育てていけば難易度もそれほど高くはないので、ほかのリアルタイムストラテジー系タイトルとはまた違った独自のプレイ感覚を楽しめる作品として、ハードな雰囲気のストラテジー系タイトルに興味のある人に挑戦してほしい作品だ。

『剣と魔法と学園クエスト。』プレイ動画

『剣と魔法と学園クエスト。』プレイレビュー! ユニットをつかんで動かす新感覚ストラテジーRPG!

剣と魔法と学園クエスト。

・発売元:アクワイア
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:ストラテジーRPG
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 5,980円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 4,980円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)


『剣と魔法と学園クエスト。』公式サイトはこちら

『剣と魔法と学園クエスト。』をPS Storeで購入する

©2022 ACQUIRE Corp. All Rights Reserved.

お客様の生年月日を入力してください。