『グランツーリスモ7』のアップデートを8月25日より配信! 新規収録車種、コースレイアウト、スケープス特集などが追加!

1 0
『グランツーリスモ7』のアップデートを8月25日より配信! 新規収録車種、コースレイアウト、スケープス特集などが追加!

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation®5/PlayStation®4用ソフトウェア『グランツーリスモ7』において、新規収録車種やコースレイアウト、スケープスの特集追加を含むアップデートを8月25日(木)15時より配信することをお知らせします。

『グランツーリスモ7』2022年8月アップデート紹介トレーラー

『グランツーリスモ7』のアップデートを8月25日より配信! 新規収録車種、コースレイアウト、スケープス特集などが追加!

明日8月25日(木)より配信を開始するアップデートでは、新規収録車種としてアイルトン・セナがドライブした栄光のF1マシン「マクラーレン MP4/4 ’88」のほか、「ポンティアック GTO ‘The Judge’ ’69」、「ポルシェ ケイマン GT4 ’16」を追加。また、ディオールとのコラボレーション車両となるイタリアンスポーツカー「デ・トマソ マングスタ (Christian Dior)」も収録されます。

車種の追加に加え、コースレイアウトでは「カタロニア・サーキット」に3つのレイアウトを、スケープスには「カナディアンロッキー」の特集を追加。さらにカフェには、さまざまなテーマによる新しいカーコレクションを提案する「エクストラメニュー」を追加します。

アップデートの詳細については「グランツーリスモ」シリーズ公式サイトをご覧いただくとともに、ぜひ『グランツーリスモ7』をお楽しみください。

「グランツーリスモ」シリーズ公式サイトはこちら

【新規収録車種】

マクラーレン MP4/4 ’88

レジェンドカーで購入可能

圧倒的な戦績でターボ最後の年を飾った栄光のF1マシン。

1988年のF1世界選手権。マクラーレンはこのシーズンをMP4/4で戦いました。ゴードン・マレーとスティーブ・ニコルズが設計した全高の低い低ドラッグの車体に、ホンダRA168Eエンジンを搭載したクルマです。

この年はターボ最後となったシーズン。最大ブースト圧が4バールから2.5バールへと低減され、燃料搭載量も45L少ない150Lへとダウン、ターボカーにとって厳しさはさらに増したはずでした。

しかしフタを開けてみれば、マクラーレン・ホンダ MP4/4が16戦中15勝という圧倒的な強さでシーズンを制圧。車体のできが素晴らしかったことはもちろんですが、低燃費技術と有効なパワーを両立したホンダのエンジンによるところが大きいといわれています。

ゼッケン12のMP4/4はアイルトン・セナがドライブしたクルマです。セナはこの年、ポールポジション13回、優勝8回という驚異的な戦績で、ドライバーズチャンピオンを獲得しています。

ポンティアック GTO ‘The Judge’ ’69

レジェンドカーで購入可能

マッスルカーの元祖GTOの末期に登場した究極のスポーツパッケージ仕様。

1964年にデビューした初代ポンティアック GTOは、ストリートにおけるマッスルカーのルーツと呼ばれるヒット作でした。しかし1968年に登場した第2世代はよりスタイリッシュなファストバックスタイルとなり、パフォーマンスも低くはありませんでしたが、強力なライバルたちの登場で優位性を保てなくなっていました。

それを打破すべくゼネラル・モーターズが1969年に送り出したのが、GTO ‘ザ・ジャッジ’でした。一種のスポーツパッケージといえる設定で、専用ロゴやストライプなどのさまざまなデカールをはじめ、表記の366PSより実際の出力が高いといわれた6.6L V8“ラムエアー3”エンジン、ハースト製シフター、ヘビーデューティサスペンション、ワイドタイヤ、リアスポイラーが、わずか332ドルの追加費用ですべて標準装備に。存在感でもパフォーマンスでもライバルたちを上回り、注目度も大きく高まったのです。

過酷な排ガス規制でGTOをはじめマッスルカーが消滅しはじめるのは、この1~2年後のことでした。

ポルシェ ケイマン GT4 ’16

ブランドセントラルで購入可能

911の戦闘力を移植したモータースポーツのためのケイマン。

基本的にはスポーツカーレースを911で戦ってきたポルシェは、常にレースに参戦するためのモデルを911に用意して、ユーザーに販売してきました。ところが2015年に異変が起きます。911に劣らぬ運動性能を持つミッドシップモデル、ケイマンのラインナップにも、モータースポーツ向けモデルを用意したのです。ケイマン GT4です。

最大の特徴は、911 カレラ Sの3.8L水平対向6気筒をベースとしたエンジンと6速マニュアルトランスミッションの組み合わせを移植したこと。しかも385PSというパワーは標準型の911 カレラをしのいでいます。またブレーキやサスペンションの一部には991 GT3用のパーツが用いられ、車高は標準型より30mm下げられています。エクステリアに専用のリップスポイラーと固定式のリアウィングが備わるのもこのモデルならではのエクイップです。

オプションでロールケージ、消火器、ドライバー用6点シートベルトが準備されているのは、いかにもサーキットを視野に入れたモデルらしいところです。

デ・トマソ マングスタ (Christian Dior)

レジェンドカーで購入可能

ファッションの巨人が生まれ変わらせたイタリアンスポーツカー。

創業以来、フランスを代表するラグジュアリーメゾンとして常に業界をリードしてきたディオール。エレガントで革新に満ちたそのブランドエッセンスによって、スポーツカーを再構築しようという試みから生まれたのが、デ・トマソ マングスタ (Christian Dior)です。

「素材」として選ばれたのは、1960年代の魅力を体現するイタリアのスポーツカー、デ・トマソ マングスタ。繊細さと力強さが同居するスタイリングはカロッツェリア・ギア時代のジョルジェット・ジウジアーロが手掛けたもので、ガルウィングのように開くリアハッチが特長です。

ディオール メンズコレクションのアーティスティックディレクターであるキム・ジョーンズは、このマングスタにディオールならではの「魔法」をかけました。ひとつは車体に施したリバリーです。意図的に選んだコンサバティブなボディカラーにシックなストライプを組み合わせ、ボディ側面にはDiorのレタリング。ボンネットに描かれたレーシングナンバー・47は、ディオールの革新的なデビューコレクションが開催された1947年を表すものです。

それだけではありません。キムはこのクルマのステアリングを握るドライバーを、魅惑的なディオールの一員としました。このクルマを選んだ瞬間、ドライバーのレーシングスーツやヘルメットは瞬時にディオールのオリジナルデザインとなり、この特別なマングスタと一体化した「メゾンの表現者」となるのです。クラシカルな1960年代のスポーツカーを題材に、斬新な現在を描く。ファッションの本質とエスプリを知るメゾン、ディオールだけが作り得る、画期的な1台といえるでしょう。

【新規コースレイアウト】

カタロニア・サーキット・GPレイアウト(シケイン無しレイアウト)

カタロニア・サーキットに追加された新レイアウトです。最終コーナー手前のシケインをふさいだため、低速区間が高速の右コーナーに一変、空力セッティングが試されるスリリングなレイアウトとなりました。なおシケイン無しレイアウトの追加に伴い、既存のカタロニア・サーキットは「カタロニア・サーキット・GPレイアウト」という名称になっています。カタロニア・サーキットはスペイン・バルセロナの北およそ30kmに位置するレースコース。1991年9月の開業以来、F1やMotoGPなど多様なビッグレースの舞台となっています。

カタロニア・サーキット・ナショナルレイアウト

カタロニア・サーキットに追加された新レイアウトです。GPレイアウトのホームストレート後半にヘアピンコーナーを設け、第1~第2セクター中盤をそっくりカットしたショートコースとなっています。とはいえ長いバックストレートやテクニカルな第3セクターは健在、走りごたえは充分です。

カタロニア・サーキット・ラリークロスレイアウト

カタロニア・サーキットに追加された新レイアウトです。GPレイアウトの第3セクターとそのインフィールドエリアを使って作られたラリークロス用レイアウトで、舗装区間とダート区間が繰り返し現れるユニークなレースが楽しめます。コース中盤のジャンピングスポットが見ものです。

【スケープス 特集追加】

カナディアンロッキー

【カフェ 「エクストラメニュー」追加】

コレクション「アバルト」

コレクターズレベル27でオープン

コレクション「Gr.2レーシングカー」

コレクターズレベル38でオープン

「エクストラメニュー」はさまざまなテーマによる新しいカーコレクションを提案するもので、プレイヤーがエンディングに到達し、かつコレクターズレベルが一定以上の場合に限り報酬を受け取ることができます。


グランツーリスモ7

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:リアルドライビングシミュレーター
・発売日:好評発売中
・価格:PS5/PS4 ダウンロード版 販売価格 25周年アニバーサリーデジタルデラックスエディション 10,890円(税込)
    PS5 パッケージ版 希望小売価格 スタンダードエディション 8,690円(税込)
      ダウンロード版 販売価格 スタンダードエディション 8,690円(税込)(*)
    PS4 パッケージ版 希望小売価格 スタンダードエディション 7,590円(税込)
      ダウンロード版 販売価格 スタンダードエディション 7,590円(税込)
・プレイ人数:1~2人(オンライン時:1~20人)
・CERO:A(全年齢対象)

*PS4ダウンロード版も入手することができます。

※PS4版を購入した方は、PS5ダウンロード版を1,100円(税込)で購入できます。
※PS4パッケージ版をお持ちの方は、PS5ダウンロード版をダウンロードしたりプレイしたりするには、その都度ディスクをPS5本体に挿入する必要があります。PS4パッケージ版をお持ちの方でも、ディスクドライブを搭載していないPS5デジタル・エディションの場合はPS5ダウンロード版を1,100円(税込)で購入することはできません。


PS Blogの『グランツーリスモ7』記事はこちら


『グランツーリスモ7』ソフトウェアカタログはこちら

「グランツーリスモ」シリーズ公式サイトはこちら

「グランツーリスモ」シリーズ公式Twitterはこちら

『グランツーリスモ7』をPS Storeで購入する

©2022 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc. Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. Any depiction or recreation of real-world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. All rights reserved. “Gran Turismo” logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.

コメントの受付は終了しました。

1 コメント


    Loading More Comments

    お客様の生年月日を入力してください。