「龍が如く」シリーズ8作品が8月から2022年内にかけてPlayStation®Plusに順次配信開始!

5 0
「龍が如く」シリーズ8作品が8月から2022年内にかけてPlayStation®Plusに順次配信開始!

新主人公「春日一番」が躍動する最新作『龍が如く7 光と闇の行方 インターナショナル』(PlayStation®5)および『龍が如く7 光と闇の行方』(PlayStation®4)に加え、初代主人公「桐生一馬」が活躍する「龍が如く」シリーズ作品が2022年にPlayStation®Plusに登場します。セガが誇るロングランシリーズに興味をお持ちの方は、迫力ある戦闘、探索可能なさまざまな街、豊富なミニゲーム、引き込まれるストーリーなど、「龍が如く」シリーズならではの魅力を来月から体験してみましょう。

「龍が如く」シリーズは、PlayStation Plusに8月のフリープレイから登場。PlayStation Plus エクストラとPlayStation Plus プレミアムの加入者は、8月からゲームカタログのラインナップとして配信される『龍が如く0 誓いの場所』『龍が如く 極』『龍が如く 極2』で裏社会の伝説となる道を歩む桐生一馬の物語を体験できます。

そして、今年中には『龍が如く3』『龍が如く4 伝説を継ぐもの』『龍が如く5 夢、叶えし者』『龍が如く6 命の詩。』が追加され、桐生一馬の物語が完結します。

各タイトルを簡単にご紹介しましょう。

8月のフリープレイとゲームカタログのラインナップ

『龍が如く7 光と闇の行方 インターナショナル』(PS5)/『龍が如く7 光と闇の行方』(PS4) | 8月 | PlayStation Plus エッセンシャル / エクストラ / プレミアム

主人公「春日一番」がどん底から這い上がり、“龍”へと成長していくまでの極上の成り上がりを描いたドラマティックRPG。

東京の末端極道組織「東城会系荒川組」に所属する下っ端の春日は、兄貴分の殺人の罪を肩代わりして18年の刑期を終え、ついに出所する。ところが誰の出迎えもないどころか、東城会は近江連合に乗っ取られ、さらには親愛する組長・荒川真澄が東城会を裏切り、近江連合の幹部となっているのを知ってしまう。

主な舞台となる横浜・伊勢佐木異人町を探索し、戦いながら、東城会の壊滅や荒川の裏切りの真相を追求し、裏で操る巨悪を打ち砕くべく動き出す春日。訳あって社会の落ちこぼれとなってしまった仲間たちともパーティを組み、共に行動をとっていく。

バトルはRPGに変わったが、シリーズの特徴であるスピード感とダイナミックさをしっかり踏襲し、リアルタイムに動くド派手なバトルに進化している。探索の合間には、街中でカーレースをしたり、セガの名作アーケードゲームをプレイしたり、街のユニークな出来事を描くサブストーリーなどに没頭することも可能だ。

『龍が如く0 誓いの場所』 | 8月 | PlayStation Plus エクストラ / プレミアム

華やかな80年代バブルの魅力と、血気盛んな時代の裏社会が『龍が如く0 誓いの場所』で帰ってきた。主人公の「桐生一馬」やシリーズでおなじみの「真島吾朗」とともに、東京や大阪を舞台に激しい戦いが繰り広げられ、シリーズ史上最も危険で熱い物語が展開する。

単純だった借金の取り立てから一転、“神室町21世紀再開発計画”にとって、そしてその計画に絡もうとする東城会にとっても重要な「カラの一坪」と呼ばれる所有者不明の場所で、桐生が借金を取り立てた相手が死んでしまった。これを機に桐生は東城会の権力争いや、神室町の次の支配者をも決めるような巨大な利権争いに巻き込まれてしまう。

一方、とある出来事によって極道社会を追放され、罰としてキャバクラの経営者として“カタギ”の生活を送らされている真島は、極道に戻るための条件としてある女性の暗殺を指令される。しかし、その女性を逆に守ろうとしたがため、近江連合や東城会からも狙われてしまう。

日本中が狂喜乱舞していた時代に相応しい、金、女、暴力、欲望を体現したミニゲームやゲームシステムにより、80年代バブルの世界観を体験できる。

『龍が如く 極』 | 8月 | PlayStation Plus エクストラ / プレミアム

2005年、PlayStation®2向けに発売された「龍が如く」シリーズの一作目がリメイクされて登場。

PlayStation®3・PS4向けに、その体験がゼロから作り直されている。グラフィックの進化はもちろん、ドラマシーンの追加エピソードや、プレイスポット・サブストーリーの追加などあらゆる面で“極”クオリティとなっている。

親友であり兄弟分の「錦山彰」を救うために無実の罪で収監された桐生一馬が10年のときを経て出所した若かりし頃を描いた、シリーズの代表ともいえる作品だ。

『龍が如く 極2』 | 8月 | PlayStation Plus エクストラ / プレミアム

『龍が如く2』のリメイク作品は元のタイトルをアップデートするだけにとどまらず、新規プレイスポット・サブストーリーが加わり、追加シナリオとして真島吾朗をプレイアブル主人公とした、『龍が如く』と『龍が如く2』の間の時系列に起きた物語も楽しむことができる。

初作『龍が如く』から1年後、平穏な生活を送っていた桐生一馬。しかし、ある暗殺事件をきっかけに、対立する関西最大の極道組織“近江連合”との和平の仲介役となるが、東西の大抗争に巻き込まれる。そしてシリーズを通じて桐生のライバルに最も相応しいと言われている“関西の龍”と呼ばれる「郷田龍司」と対峙することになる。

今年予定しているPlayStation Plusゲームカタログ

『龍が如く3』(2018) | PlayStation Plus プレミアム

裏社会から身を引いた桐生一馬は沖縄の養護施設の管理人として新しい生活を送っていた。

ところが、過去の因縁が桐生を再び裏社会や、政治の利権が絡んだ事件に巻き込もうとする。

骨太なストーリーはもちろん、「島袋力也」や「峯義孝」といったシリーズのなかでも屈指の人気キャラとなった男たちの生きざまや、眠らない街、東京・神室町と常夏の沖縄・琉球街を舞台とし、沖縄ならではのプレイスポットやサブストーリーも本作の魅力となっている。

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』(2019) | PlayStation Plus プレミアム

シリーズで初めて複数の主人公を操作できるようになり、4者4様のドラマ・バトルを楽しむことができる作品。

風変わりな街金屋・「秋山駿」、死刑判決を受けた脱獄囚・「冴島大河」、汚職警官・「谷村正義」に加え、足を洗った伝説の極道・桐生一馬の4人が、ある殺人事件の真相を探る物語に導かれていく。

神室町ではよくある極道同士の殺人事件だったはずが、これはとある黒い壮大な計画の伏線だった……。金、権力、地位、名誉を賭けた水面下の争いと、その中心にいる謎の女、その女に導かれるように出会う男たち。神室町の新たな伝説が始まる。

『龍が如く5 夢、叶えし者』(2019) | PlayStation Plus プレミアム

近江連合会長の病をきっかけに、東城会と近江連合の和平が崩れ大抗争が今まさに起きようとする、裏社会が非常に殺伐とした世界を舞台に物語が展開される。

東京・大阪・名古屋・札幌・福岡と5つの大都市を舞台に桐生一馬をはじめとする5人のキャラクターを操作することができる。地域色豊かなプレイスポット、サブストーリーだけでなく、各主人公の新たな一面を深く描いた新要素「アナザードラマ」など、シリーズ最大のゲームボリュームを誇る。

「夢」によって人生を大きく変えられた四人の男とひとりの少女の壮大な物語が始まる。

『龍が如く6 命の詩。』 | PlayStation Plusエクストラ / プレミアム

桐生一馬の壮大な物語の完結編。

“堂島の龍”こと桐生一馬は、「澤村遥」と初作『龍が如く』で出会い、以降、沖縄の養護施設「アサガオ」を一緒に運営していた。ところが桐生が刑務所にいた間に、遥が失踪してしまった。桐生は出所後に神室町で遥の消息を求めるが、轢き逃げに遭い生死をさまよっていること、そして「ハルト」と名付けられた赤ん坊を生んでいたという事実を知る。遥が失踪中に広島・尾道仁涯町にいたことが判明し、遥の足取りとハルトの父親の情報を求め、ハルトを連れて広島に赴く。だが、広島で情報を集めている中で謎の集団の襲撃を受ける。襲撃の理由はハルトを奪うためだった……。

失踪中の遥に何があったのか、ハルトの父親は誰なのか、ハルトを狙う勢力の真意とは、そして、尾道仁涯町の人々がひた隠しにする「秘密」とは? さまざまな謎を抱えたまま、桐生は不可侵の地の更なる深みへと踏み込んでゆく、「桐生一馬伝説、最終章」に相応しい壮大なスケールの物語となっている。

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

5 コメント


    Loading More Comments

    コメントを残す

    お客様の生年月日を入力してください。