『バランワンダーワールド』第10章から第12章の物語──画材の迷宮、燃える地下街、朽ちかけた遺跡を舞台に大冒険!

0 0
『バランワンダーワールド』第10章から第12章の物語──画材の迷宮、燃える地下街、朽ちかけた遺跡を舞台に大冒険!

スクウェア・エニックスの新たなアクションゲームブランド「BALAN COMPANY」から3月26日(金)発売予定のPlayStation®5/PlayStation®4用ソフトウェア『バランワンダーワールド』は、舞台ミュージカルをモチーフとした3Dアクションゲーム。

※パッケージは仮の画像です。

本作で冒険する「ワンダーワールド」には、悩みを抱えた住人のネガティブな心から生まれた12の心象世界がある。物語はそれぞれの心象世界を舞台とした各章からなり、12人の悩める住人たち=メインキャストの心を解放していくことが目的だ。

今回はその終盤となる第10章から第12章までの物語、メインキャスト、心象世界や衣装のチカラを紹介しよう。

第10章「壁に突き当たった画家」
なにが”自分の絵”なのかわからなくなった画家の物語

気づいた時にはもう、私のキャンバスは真っ黒だった。
物語の主「ルーシー・ウォン」と、その心のなれの果て

ルーシー・ウォン

有名な画家の女性。制作に励む彼女だったが、だんだん自分の作品に納得できなくなってきている。スランプに陥り、何を描けばいいのかわからなくなってしまう。

ペインクラーケン

心象世界の奥底に潜む、ルーシーの心のなれの果て。筒状の空間で、ペンキやトゲのついた額縁を放って攻撃してくる。

いくつもの画材が散らばる心象世界

ブロックチェックのタイルが敷き詰められたルーシーの心象世界。絵の具のチューブや筆などの画材が散らばり、壁には絵画が飾られている。だまし絵空間のように階段や足場が複雑に重なりあい、特定の衣装を着ていないと見えない足場も登場する。

第10章で登場する衣装のチカラ

第10章では、ルーシー本人のような画家の姿をした衣装のほか、透明な足場や物陰に隠れたアイテムを特殊なメガネで発見できる衣装、忍者のように瞬時に移動できる衣装が登場する。

インキーブラスター (左)
タコのような姿の絵描きの衣装。インク弾を発射したり、エリア内のキャンバスに色を塗ったりすることができる。

エックスレイエイプ (中央)
大きなメガネをかけたサルの衣装。この衣装を着ると、透明な足場や物陰に隠れたアイテムが見える。

スニーキーリザード (右)
忍者のように神出鬼没なヤモリの衣装。大きいドロップに照準を合わせてボタンを離すと、その場所まで瞬間移動する。

エアユニコーン (左)
軽やかな身のこなしのユニコーンの衣装。ボタンを長押しすると、かなり離れたところまで空中ステップで進む。

ダブルトラブル (右)
魂を分離できるウサギの衣装。本体から分離した魂は一定時間自由に飛び回れるうえ、ダメージも受けない。

第11章「ヒーローになりたい消防士」
炎を恐れる新米消防士の物語

炎が怖いんだ。こんな僕は、もうヒーローじゃない。
物語の主「アイス・グローヴァー」と、その心のなれの果て

アイス・グローヴァー

新米消防士の男性。ヒーローになりたくて消防士の職に就き、やる気に満ちあふれていた。しかし現場の炎を前に、足がすくみ動けなくなる。

ドラゴンハイドランド

心象世界の奥底に潜む、アイスの心のなれの果て。胴体の管から大量の溶岩を流し出すうえ、熱したブロックも飛ばしてくる。

炎と溶岩が街にあふれる心象世界

11章の心象世界は、閉塞感漂う地下のオフィス街が舞台。街のあちこちが燃えており、常に炎と隣り合わせのアイスの危機感や恐怖心が伝わってくる。

第11章で登場する衣装のチカラ

第11章では消火栓やハシゴ車の姿をしたものや炎に強いものなど、消防士に関連した衣装が数多く登場する。

ウォーターブラスター (左)
消火栓の姿をした消防士の衣装。水冷弾を発射して、敵を攻撃したり溶岩を固めて足場にしたりできる。

ブルドーザー (中央)
チカラ持ちなブルドッグの衣装。特別なブロックをブルドーザーのように押して動かし、道を切り開く。

キーマウス (右)
カギ型のしっぽが特徴のネズミの衣装。カギを持っていなくても、衣装の入った箱を開けることができる。

ラダーマン (左)
ハシゴ車の衣装。長いハシゴをかけて高い場所へ移動できる。ハシゴをぶつけて敵を攻撃することも可能だ。

フレイムブラスター (中央)
炎をまとったライオンの衣装。ファイアボールを発射して攻撃できるほか、溶岩や火柱でダメージを受けない。

アイアンアポロ (右)
ロケットのような鉄の頭を持つ宇宙飛行士の衣装。ボタンを長押しすると上昇し、真上にあるものを破壊する。

第12章「誰からも見えない男」
街のゴミを拾い続ける男性の物語

教えてほしい、今この時間もまた、意味を持つのか──
物語の主「ブルース・ストーン」と、その心のなれの果て

ブルース・ストーン

街をキレイにしようとゴミを拾う男性。だが彼が目に入らないのか、人々は平気でゴミを投げ捨てていく。

インビジブルフーバー

心象世界の奥底に潜む、ブルースの心のなれの果て。床を吸い込んだり、ガラクタを吐き出したりしてステージを破壊する。

朽ちかけた遺跡に高度な科学文明が混ざる心象世界

遺跡の中にサイバースペースが広がる12章の心象世界。朽ちかけた遺跡の内部には、高度な科学文明を感じさせる機械が仕掛けられている。新しい時代の波に取り残された、ブルースの心の内が映し出されているかのようだ。

第12章で登場する衣装のチカラ

誰の目にも映らなくなる透明人間の衣装や壊れたものを修復する衣装など、ブルースの内面が反映されたものが登場する。たくさんの敵が襲ってくる場面では、吸い込んだ敵を攻撃に利用できるバキュームブラスターが活躍してくれそうだ。

バキュームブラスター (左)
敵やアイテムを吸い込む、掃除機型の恐竜の衣装。吸い込んだ敵を吐き出してぶつけることも可能。

インビジブルマン (中央)
透明化と実体化を一定時間で繰り返す、透明人間の衣装。透明になれば、敵に気づかれずに行動できる。

ジョルトタイガー (右)
電気を帯びたトラの衣装。立ち止まるたびに電撃が身体中を覆い、近づいた敵にダメージを与える。

フィクサーアッパー (左)
謎に包まれた僧侶の衣装。フィールド上の壊れたものの中には、この手で触れると修復されるものがあるらしい。

サンウォーカー (右)
時を操る太陽の衣装。強敵との戦い以外では、動いている間は世界が動き、立ち止まれば世界も止まるという。


バランワンダーワールド

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:ワンダーアクション
・発売日:2021年3月26日(金)予定
・価格:PS5 パッケージ版 希望小売価格 7,678円(税込)
    PS5 ダウンロード版 販売価格 7,678円(税込)
    PS4 パッケージ版 希望小売価格 7,678円(税込)
    PS4 ダウンロード版 販売価格 7,678円(税込)
・プレイ人数:1~2人
・CERO:A(全年齢対象)

※PS4版をご購入いただいた方は、追加の費用なくPS5版にアップグレードいただけます。


PS.Blogの『バランワンダーワールド』記事はこちら


© 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
※画面はすべて開発中のものです。

お客様の生年月日を入力してください。