PS5®『ドラゴンズドグマ 2』試遊レビュー&インタビュー! カプコンが新たな命を吹き込んだ待望のオープンワールドアクション、正統続編の魅力とは

0 0
PS5®『ドラゴンズドグマ 2』試遊レビュー&インタビュー! カプコンが新たな命を吹き込んだ待望のオープンワールドアクション、正統続編の魅力とは

カプコンの王道ファンタジーの世界を舞台とした、オープンワールドアクション『ドラゴンズドグマ』が発売されてから11年。ファンの皆さんは、待望の正統続編『ドラゴンズドグマ 2』が発売される3月22日(金)を心待ちにしているかと思います。

『ドラゴンズドグマ 2』は前作を人気作にした魅力のすべてを受け継ぎつつ、それを土台に新たな進化を遂げました。今作には新たなジョブ、魔物、その倒し方、冒険の地が登場し、覚者の世界がより活き活きと表現されています。

PS5®『ドラゴンズドグマ 2』試遊レビュー&インタビュー! カプコンが新たな命を吹き込んだ待望のオープンワールドアクション、正統続編の魅力とは

※映像は英語版です。

このたび、『ドラゴンズドグマ 2』を試遊し、ディレクターの伊津野英昭氏にインタビューする機会を得ました。そこで体験した『ドラゴンズドグマ 2』の注目要素と、伊津野氏の言葉を紹介します。

ひとつに繋がった世界

『ドラゴンズドグマ 2』を体験してまず気づいたのは、現実的な世界観です。PlayStation®5のSSDがその力を発揮し、各地への移動時にはロード時間はなく、より一層引き込まれる冒険が実現しています。最初の村から魔物のはびこる郊外へ向かったときには、世界があまりに自然に繋がっているため、自分がそこまで遠くへ来ていることに気づきませんでした。

この繋がっている感覚は魔物にも当てはまります。竜族の魔物に苦戦を強いられて逃げ帰ろうとしたときは、安全地帯と思っていた村まで追いかけ回され、本当に怖い思いをしました。

現行のハードウェアでより活き活きとしたゲームにすることを大きな目標のひとつにしていた伊津野氏は、そんな私のリアクションを見てもちろん喜んでいました。

「前作ではPlayStation®3の性能的制約があり、一定以上距離が離れた魔物たちは消えてしまいました。私たちは魔物たちの実在感を高めるために最先端の技術を使い、その結果、逃げようと思ってもそう簡単には逃がしてくれない手強い存在になりました」

さらに広がる戦い方

とはいえ、私も逃げてばかりではありませんでした。この世界の脅威に慣れてくると、戦闘システムに追加された新要素や新ジョブによって『ドラゴンズドグマ 2』が新たな次元に達していると実感しました。

特に印象的だったのは“魔剣士”で、このジョブは特徴的な魔双剣を駆使して魔法と物理攻撃の両方を扱えます。このジョブでは世界にはびこる多くの魔物を相手に、シールドで身を守れるだけでなく、魔双剣を振り回す攻撃、ダッシュ攻撃、魔物を浮かせて投げ飛ばす念力攻撃で大勢の敵集団に立ち向かえます。一石二鳥を狙うなら、小型の魔物を別の魔物へ投げつける攻撃も有効です。

この“魔剣士”はどんな障害にも対処できるジョブだと思いました。ダッシュ攻撃は自由度が高く、素早く間合いを詰めて攻撃するのにも、敵の攻撃を回避するのにも使えます。また、全ジョブにおいて巨大な魔物の上に立つことができれば、掴まっている時とは違ってスタミナを消費しないようになったため、どんなチャレンジにも立ち向かえそうだと感じました。

無限の冒険が待つ世界

私は『ドラゴンズドグマ 2』の広大な世界にすぐさま引き込まれ、冒険を求めて荒野に繰り出し、このゲームの魅力を味わいました。伊津野氏は本作を、“本当の旅ができるゲーム”と語ります。定められたルールや目的地に従う必要がなく、自分だけの物語を紡げるゲームです。

高度なAIとポーン

AIにも改良が施されました。プレイヤーの味方であるポーンは冒険の役に立ち、旅を通してより大きな存在感を放ちます。ポーンシステムの根幹となる要素は第一作から変わっていません。アイテムの回収や戦闘の支援など、やること自体は同じですが、その精度が向上しています。彼らは必要なときに必ずそばにいて、戦闘を支援してもらうために、より一層彼らには生きていてもらわないといけないと思いました。また、広大な世界で迷ってしまったときには、目標へ導いてくれます。

仲間に関する新要素で特に気に入ったのは個性に関することです。ポーンはプレイヤーだけでなくほかのポーンにも話しかける、愛着のわくしっかりとしたキャラクターに仕上がっています。とはいえ、旅の途中で別のポーンと入れ替えることもあるでしょう。

没入感を高めるPS5の特徴

『ドラゴンズドグマ 2』で活かされるPS5の機能はSSDだけではありません。DualSense® ワイヤレスコントローラーのハプティックフィードバック機能を効果的に使い、本作では戦闘のインタラクティブ性が増強されています。攻撃をしたときも、されたときも、一撃一撃の衝撃がDualSense ワイヤレスコントローラーを通じて伝わってきます。

このような体験ができる『ドラゴンズドグマ 2』は、PS5で3月22日(金)発売予定です。

『ドラゴンズドグマ 2』をPS Storeで予約購入する


ドラゴンズドグマ 2

・発売元:カプコン
・フォーマット:PlayStation 5
・ジャンル:オープンワールドアクション
・発売日:2024年3月22日(金)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 スタンダードエディション 9,889円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 スタンダードエディション 8,990円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 デラックスエディション 9,990円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)


PS Blogの『ドラゴンズドグマ 2』記事はこちら


『ドラゴンズドグマ 2』公式サイトはこちら

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントの受付は終了しました。

お客様の生年月日を入力してください。

Date of birth fields