シリーズ最新作は和風魔界! 本日発売のPS5™『魔界戦記ディスガイア7』でレッツ世直し!

0 0
シリーズ最新作は和風魔界! 本日発売のPS5™『魔界戦記ディスガイア7』でレッツ世直し!

目指すは打倒、大穢戸幕腐(おおえどばくふ)! PlayStation®5/PlayStation®4用ソフトウェア『魔界戦記ディスガイア7』が本日1月26日(木)発売! 魔界に住む悪魔たちを主役に描かれる本シリーズは、我々の世界と異なる常識・倫理観のもとに描かれる、破天荒なストーリーも見どころのひとつ。ここではシリーズ最新作の注目ポイントを、おさらいがてら紹介していこう。

また、現在配信中の体験版は、ゲーム開始から第2話までの物語を実際にプレイできる特別仕様。こちらは製品版にデータを引き継ぐことができるので、「7」の内容が気になっている人は、まずこちらをプレイしてみよう。

『魔界戦記ディスガイア7 体験版』をPS Storeからダウンロードする

怨霊の魂が温泉として湧き出る「怨泉魔界」に、超ド級の宇宙イワシの体内に存在する「鰯魔界」、そして、大勢の悪魔を海の藻屑とした大渦潮が魅力の「死国魔界」など……。風光明媚な観光地としても有名な「日ノ本魔界群」。かつて誇り高き武士たちが暮らしていたこの魔界は、ある人物の「来航」により大きく変容してしまう。

それが魔提督オープナー率いる「界軍」である。彼らが制定した「日ノ本デストロイ法度」により、武士たちの誇りは失われてしまった。武士道を取り戻すべく……はぐれ武士・フジと日ノ本オタクの少女・ピリリカの世直し旅が、いま始まる!

▲ゲームは基本、オーソドックスなシミュレーションRPG。物語の進行によって、キャラクターの育成などさまざまな要素が開放されていく。

フジ

外道、守銭奴、怠惰の三拍子が揃った、武士道が根付く日ノ本では珍しく「悪魔らしい」性格の悪魔。自称「人情アレルギー」で、人間的な愛情・友情・同情を自覚すると、拒絶反応で吐血するとともに悶絶してしまう。

ピリリカ

「ワヘイ魔界」で幸せに育った天然お嬢様。世間知らずで生粋の善人のため、騙されやすいが「どんな悪人にもなにか悪に染まる理由があったはず」と最後まで信じて寄り添う、芯の強さも持ち合わせる。

▲世直し旅の途中、立ち寄った魔界ではさまざまな出会いがある。中にはフジたちの力となってくれる人物も!?

敵か味方か? 登場人物たちの情報はこちらの記事をチェック!

常識外れの超巨大化! 新システム「弩(ど)デカ魔(ま)ックス」

フィールド上のキャラを「持ち上げ」て、遠くに「投げる」といった通常のシミュレーションRPGではありえない掟破りなシステムを数多く導入しているディスガイアシリーズ。今回は、それに輪をかけてとんでもないシステムが用意されている。それがこの、超巨大化バトル「弩デカ魔ックス」である。

▲キャラクターがステージからはみ出すくらい巨大化して戦う、迫力のバトルシーン「弩デカ魔ックス」。

このバトルでは通常サイズの敵を一撃で倒せたり、超巨大な宝箱が出現するなど、通常のバトルとは異なるお楽しみ要素が盛り込まれている。また、巨大化したキャラクターに応じた特殊効果「弩ビリティ」が発動し、「ダメージが20%アップ」「ターン終了時にHPが20%回復」といったさまざまな恩恵も受けられる。うまく使って、爽快に敵を蹴散らそう!

▲ときには敵が「弩デカ魔ックス」を使ってくる場合もある。敵も味方も巨大化すると、画面はさながら怪獣映画のような光景に!?

新システム「アイテム転生」で最強の武器を創り出せ!

キャラクターをレベル1に戻してステータスアップや新スキル習得を狙う、シリーズおなじみの転生システム。これは戦士を魔法使いに転生させることで、武器も魔法も扱えるキャラクターを生み出す……といったシステムだが、今作ではなんとそれがアイテムにも適用できてしまう!?

▲剣の前世は槍で、そのまた前世はくつでした……という謎の経歴を持つアイテム。だが強い!

やり方はカンタン。アイテムを鍛える「アイテム界」というダンジョンを攻略し、転生の条件を満たすこと。これにより、次々と転生を繰り返してさまざまなアイテムの長所を持った武器を生み出すことができる。

▲アイテム界はアイテムの中に広がる、自動生成形式のダンジョン。深い階層に潜るほど、強敵が出現して行く手を阻む。

▲斧のリーチの短さを補うため、くつから転生して移動力を強化。さらに、これを杖に転生すれば、強力な物理攻撃ができる杖が誕生!

AI戦闘「魔心(ましん)エディット」で経験値稼ぎもラクラク!

AI戦闘時の行動を設定する「魔心エディット」は、ユニットごとに「どんな状況で」「どんな行動をするか」など条件に応じた挙動が細かく調整できる便利機能。この機能を使えば、プレイヤーが直接操作しなくても自動で戦闘が行なえるすぐれもの。

慣れないうちは難しく思えるかもしれないAI戦闘。だが行動の一例としてテンプレートが用意されているので、最初はそちらをカスタムしていけば、自然とAI戦闘のコツがつかめるはず。魔心エディットは複数のパターンが登録できるため、用途ごとに設定しておくといいだろう。

AI戦闘を活用した「ランクバトル」で豪華景品をゲットしよう

本作の目玉機能のひとつ、シリーズ初のAI対戦「ランクバトル」。こちらはプレイヤーが設定した「魔心エディット」を使ったオンラインバトルで、シーズンごとに異なるルールや対戦ステージに応じた戦略が問われる新感覚の頭脳戦。「バランスの良いパーティーで攻める」もよし、「嫌がらせ特化のパーティーで完封を狙う」もよし。自分のスタイルにあったAIを構築して、全国のユーザーと腕を競おう。見事ランクインすると、豪華景品もゲットできる!

▲お試しバトルが可能な「テスト戦闘」や勝敗がランキングに影響しない「フリーバトル」もあるので、まずはいろいろ試してみよう。
▲バトルでは伝説の武器を使った特定キャラの超強化「神討(しんうち)モード」なども使用可能。もちろん「弩デカ魔ックス」だってOK!

仲間にできる汎用ユニットはシリーズ最大級の45種!

戦士や魔法使いなど歴代シリーズの登場キャラからチョイスされたユニットに、新たな仲間「舞妓」・「盗賊(男)」・「死姫族」・「巨眼族」を加え……。総勢45のユニットの中からマイパーティーを編成できる本作。転生システムを駆使すれば、唯一無二の性能を持つキャラクターだって育成可能! 前述の「アイテム転生」も活用しつつ、最強のパーティーを作り上げよう。

▲多彩な汎用キャラクターたちを活用してパーティーを組もう。なお、シーフと表記されている「盗賊(女)」の左隣が今作初登場の「盗賊(男)」。宝箱の中身をグレードアップする能力を持つ。
▲「舞妓」は男性ユニットへの攻撃が得意なほか、相手を魅了する舞で味方をサポートする。
▲仲間がやられると強化されたり、死亡時に復活するなど、変わった性能を持つ「死姫族」。
▲画面奥の目玉のキャラが「巨眼族」。彼はなんと、攻撃時に敵の防御ステータスをランダムに変更できる!?

「魔界観光」で風光明媚な日ノ本めぐり!

他の魔界にない独自の文化や、趣のある建築物の多さで有名な「日ノ本魔界群」。そんな日ノ本魔界を、観光気分で散策できるシステムがこの「魔界観光」だ。魔界観光では各地の名産品や掘り出し物をおみやげにしたり、住民たちの困りごとを解決してごほうびをもらうことができる。また、見た目が異なる汎用キャラと出会えることも。彼らと戦って勝利すれば、仲間にすることができる。

▲魔界観光ではメインストーリーを補完する物語が垣間見れる。旅先で、因縁のキャラとまさかの再会も……。
▲観光できるのは、フジたちの活躍で平和を取り戻した地域。観光中に見つけた宝箱は、ゲットしても問題ない。

特殊な魔界で楽しめる「ミニゲーム」

最速でステージを攻略するAIを構築する「悪魔詰将棋」は、AI戦闘の魔心エディットを使った頭脳派ゲーム。マップに配置されている味方キャラの魔心エディットを編集し、できるだけ少ないターン数での勝利を目指そう。

▲最速の手順はひとつじゃない。クリアにかかったターン数が少ないほど、豪華な景品が手に入る。

また、日ノ本最強の座をかけて戦う「日ノ本武闘大会」は、個性豊かな敵チームと対戦しながら勝ち上がるトーナメント戦。5つの階級すべてで優勝するのは困難を極めるが……豪華な優勝商品は魅力的。まずは、手軽な階級からエントリーしてみよう。

▲腕に自信があるなら、挑むはやはり最強難易度!? 全階級の制覇目指してがんばろう。

人気のキャラクターたちが「7」に参戦! DLCの第一弾は2月2日(木)から

日ノ本魔界群にラハールたちが殴り込み!? シリーズ恒例のDLCは、今作では2回に分けて配信予定。第一弾は2月2日(木)、第二弾は2月16日(木)配信予定だ。各コンテンツを一括入手できる「シーズンパス」もあるので、複数のDLCを買う予定ならこちらがお得。シーズンパスには、購入特典としてユニット「プレネールさん」もついてくる!

▲シーズンパスの購入特典「プレネールさん」。シーズンパスの価格は6,600円(税込)

各キャラクターとフジたちの出会いなどを描くユニークな会話パートも楽しみなDLC。なお、これまでのシリーズで「3D化されていなかった」セラフィーヌやアクターレなどの人気キャラも今回は3Dになって登場するので、ぜひ入手してもらいたい。

▲シリーズの枠を超えた顔ぶれで参戦する、DLCキャラクターたち。彼らが日ノ本を訪れる理由とは。

DLC「魔王と魔神と箱入り娘編」

観光ツアーの途中で事故に遭ったラハール。はぐれた仲間を探す途中、フジたちとトラブルに。なりゆきでバトルになってしまうのだが……。(登場キャラクター:ラハール・エトナ・ロザリンド)

・配信日:2023年2月2日(木)予定
・価格:1,100円(税込)

DLC「熱血男と姫魔王と夢見る少女編」

セラフィーヌ主催の賞金1000万ヘルと高級ソバ詰め合わせが贈られるという武闘大会「バトル・ロ愛ヤル」。そこには賞金目当てで参戦したフジたちと、愛のために戦うアデルや
フーカの姿もあった。(登場キャラクター:アデル、フーカ、セラフィーヌ)

・配信日:2023年2月2日(木)予定
・価格:1,100円(税込)

DLC「優等生とラスボスと元大統領編」

「実験のアシスタント募集! 報酬は1000万!」の貼り紙に惹かれ、面接に来たフジ。募集は残り1枠とのことだが、そこへ旅行中に莫大な借金を背負ったというアクターレが現れる……。(登場キャラクター:マオ、デスコ、アクターレ)

・配信日:2023年2月2日(木)予定
・価格:1,100円(税込)

DLC「地獄の主従と愛の堕天使編」

プリニーが襲われているという話を聞きつけ、駆けつけたフジたち。そこにはプリニーにイワシ学を熱く指導するヴァルバトーゼとフェンリッヒの姿が!?(登場キャラクター:ヴァルバトーゼ、フロン、フェンリッヒ)

・配信日:2023年2月2日(木)予定
・価格:1,100円(税込)

DLC「優しい悪魔と歌姫と怪盗天使編」

街中の悪魔たちが「ハッピーエンド!」と叫ぶ謎の騒ぎが巻き起こる。その騒動の中心にいたメロディアは、得意の歌で目立つことで、はぐれた「愛しの彼」と再会する考えのようだ。(登場キャラクター:キリア、メロディア、アルティナ)

・配信日:2023年2月16日(木)予定
・価格:1,100円(税込)

DLC「ゾンビ兄妹と天使な妹編」

ゾンビだということを理由に、入浴を禁止されたと暴れるゼット。喧嘩騒ぎを聞きつけ、やってきたフジたちだが……。(登場キャラクター:ゼット、ビーコ、シシリー)

・配信日:2023年2月16日(木)予定
・価格:1,100円(税込)

DLC「不良とカレーと女体化魔王編」

大穢戸魔界の外れで住民を襲われてるという報告を受け、現場に駆け付けたフジとピリリカ。そこには住民たちを恫喝するラハールちゃんと、住民を土下座させているウサリア、さらには住民に乗りかかり、暴力をふるっているラズベリルの姿が。これはいったい?(登場キャラクター:ラハールちゃん、ラズベリル、ウサリア)

・配信日:2023年2月16日(木)予定
・価格:1,100円(税込)

【冒険を手助けする便利な消費アイテムも好評配信中!】

DLC「序盤お助けセット」

・価格:0円(無料配信)

DLC「ヘル袋」

・価格:110円(税込)

DLC「マナ袋」

・価格:110円(税込)

DLC「ブーストチケット100%」

・価格:110円(税込)

DLC「ブーストチケット400%」

・価格:330円(税込)

DLC「ブーストチケット900%」

・価格:550円(税込)

シリーズ最大級の汎用キャラ数、アイテムの転生、舞台が和風魔界などなど……。注目ポイントがいっぱいの『魔界戦記ディスガイア7』。歴代人気キャラたちが夢の共演を果たすDLCもあり、こちらもファンには楽しみなところ。DLCの配信日が、今から待ち遠しい!


魔界戦記ディスガイア7

・発売元:日本一ソフトウェア
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:史上最凶のシミュレーションRPG
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,678円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 7,678円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)


PS Blogの『魔界戦記ディスガイア7』記事はこちら


『魔界戦記ディスガイア7』公式サイトはこちら

『魔界戦記ディスガイア7』をPS Storeで予約購入する

©2023 Nippon Ichi Software, Inc.

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

コメントを残す

お客様の生年月日を入力してください。

Date of birth fields