『The DioField Chronicle』本日発売! 奥深いリアルタイムタクティカルバトルが特徴の新作シミュレーションRPG!

0 0
『The DioField Chronicle』本日発売! 奥深いリアルタイムタクティカルバトルが特徴の新作シミュレーションRPG!

スクウェア・エニックスより、PlayStation®5/PlayStation®4用ソフトウェア『The DioField Chronicle (ディオフィールド クロニクル)』が本日9月22日(木)発売!

本作は、一瞬で戦況が変わる奥深く戦略的な「リアルタイムタクティカルバトル」が特徴の完全新作軍記物シミュレーションRPGだ。ファンタジー・中世・現代を融合した独自の世界観と重厚なストーリーを、美しいグラフィックで表現。戦場はジオラマティックな質感を融合させ、リアリティと視認性を両立させている。

参加クリエイター

【キャラクターデザイン】
タイキ(代表作:『ロード オブ ヴァーミリオンIII』『ロード オブ ヴァーミリオンIV』)
【コンセプトアート】
上国料 勇(代表作:『ファイナルファンタジーXII』『ファイナルファンタジーXIII』)
【サウンドコンポーザー】
ラミン・ジャヴァディ(代表作:「ゲーム・オブ・スローンズ」)/ブランドン・キャンベル(代表作:「ゲーム・オブ・スローンズ」)

『The DioField Chronicle』発売日決定トレーラーはこちら

ディオフィールド島の傭兵団が戦禍に巻き込まれていく軍記物語

『The DioField Chronicle』世界観紹介動画

『The DioField Chronicle』本日発売! 奥深いリアルタイムタクティカルバトルが特徴の新作シミュレーションRPG!

神話の時代が終焉を迎えた混迷の時代

戦乱に燻るロウテイル大陸の片隅で、ある盗賊が興したシュヴィア帝国と僣称するその国は、統制が取れた兵と近代魔術と呼ばれる兵器を駆使し、瞬く間に大陸北西部を支配するまでに至った。帝国の勢いに危機感を持った大陸の各国はロウテイル連合を結成するも、敗戦を重ね、領土を削り取られていった。

大陸が激しい戦禍に見舞われる中、唯一、その戦禍の対岸にある国があった。大陸北西の近海に浮かぶ島ディオフィールドを統一するオルティナ王国である。

大陸の戦況は連合国側に大国ヴェルマ連邦が参戦すると一気に膠着することになった。帝国、連合ともに決定打を欠く中、近代魔術に必要な資源であるジェイドを求める局地戦が激化する。ジェイドが地中に眠るとされるディオフィールド島を帝国、連合の各国は俄かに注視し始めた。

古獣オーガスに護られし国──オルティナ王国、そこがまさに戦地となろうとしていた。

後世に語られる伝説の傭兵団「ブルーフォックス」

200年に渡りディオフィールド島を統一していたオルティナ王国シェイファム王朝だったが、大陸における戦火の影響で急速に情勢が不安定になっていく。そんな最中、後の世に語り継がれる傭兵団ブルーフォックスが結成される。

団の頭脳であり先を見据えるアンドリアズ。
力強く王道を胸に抱くフレドレット。
先進的な考えと温かな良心を持つイスカリオン。
圧倒的なカリスマ性と魔力を持つワルターキン。

彼らの行く末は悲願か、それとも悲劇か。

【キャラクター】

アンドリアズ・ロンダーソン

CV:岡本 信彦

傭兵団「ブルーフォックス」の4人の長のひとり。冷静沈着で智謀に優れている。幼い頃にある貴族の目に留まり素養を見出され、兵士としての教育を受けたあと、第四王子レヴァンティア・シェイファムの侍従兼護衛となった。戦略や戦術への心得もあり、ディオフィールド島に古来より伝わる古代魔術にも精通している。有能な密偵を複数抱えており、策略や搦め手等も得意とする。

フレドレット・レスター

CV:諏訪部 順一

傭兵団「ブルーフォックス」の4人の長のひとり。中級貴族レスター家の長男。アンドリアズとは幼い頃から死地をともにしてきた盟友で、固い絆で結ばれている。直情的で裏表のない性格のため、民衆から慕われることが多いが、熱くなると周囲が見えなくなることもある。身体能力に優れ体躯も戦士として申し分ないが、特に馬術が得意で、戦場では騎馬兵として縦横無尽に駆け回る。

イスカリオン・コルチェスター

CV:福山 潤

傭兵団「ブルーフォックス」の4人の長のひとり。下級貴族コルチェスター家の嫡子。十代の頃に近隣の騎士団に所属していたが、ある事件を機に脱退し、その後は自由騎士と名乗って王国内を独りで旅をするようになった。他人に寄りすぎず、独特の飄々とした雰囲気を持ち合わせるが、弱者を放っておけない優しさもあり部下には慕われやすい。弓の扱いにかけて天才的な腕を持ち、その能力を活かして傭兵稼業を営んでいた。

ワルターキン・レディッチ

CV:水瀬 いのり

傭兵団「ブルーフォックス」の4人の長のひとり。上級貴族レディッチ家の息女。サウスフィールド有数の貴族の娘として育ったせいか、身勝手な振る舞いが目立つが、隠しきれない気品と知性、そして生まれ持った美貌を持つ少女。幼い頃より古代魔術に興味を持っていたため、独学であらゆる研究を重ね、若い身の上ながらも絶大な力を持つ魔術兵として大成した。

リアルタイムで進行するバトル

バトルは基本的にリアルタイムで進行。敵兵もリアルタイムで移動し、次々と攻撃を仕掛けてくるため、戦略を立てて味方へ移動や攻撃の指示を出す必要がある「リアルタイムタクティカルバトル」となっている。

キャラクターには兵科と呼ばれる職種があり、兵科ごとに固有のスキルがある。それぞれのスキルを活かしてバトルを優位に進めることが勝利への近道だ。さらに特殊なアイテム「魔煌玉(まこうぎょく)」の使用は、戦況を大きく変える一手となる。リアルタイムで変化する戦況を素早く判断し、適切な戦略で勝利を目指そう。

『The DioField Chronicle』ゲーム解説動画

『The DioField Chronicle』本日発売! 奥深いリアルタイムタクティカルバトルが特徴の新作シミュレーションRPG!

【4種類の兵科】

バトルで特定の役割を持つ4種類の職種「歩兵」「騎兵」「狙撃兵」「魔術兵」が本作における兵科だ。キャラクターは4種類ある兵科のうちのいずれかに属している。同じ兵科に属していてもキャラクターによって使用できる武器が異なり、戦闘で使用するスキルは武器に付属しているため、兵科以外にも装備できる武器によってさまざまな戦い方がある。

歩兵

先陣で味方を守ることを得意とする。固有のスキル「防御陣形」で敵の視線を集めて攻撃を自分に集中させ、味方が動きやすい戦況を作り出すことが歩兵の役割のひとつだ。

歩兵は「ダガー」「剣盾」「アックス」を使用でき、キャラクターによって装備できる武器が異なる。武器によってスキルが違うため、味方を守る役割を基本としながらもキャラクターによってそれぞれ違った戦い方ができる。

騎兵

馬や竜の機動力を活かして敵を攪乱することを得意とする。特有のスキル「突撃陣形」では、横一列に並んだ騎兵隊が一斉に駆け出して敵兵を攻撃。対象をノックバックさせて進軍を遅らせることで味方から敵を遠ざけ、有利な形勢を作り出す仕事を担う。

騎兵は馬に乗り「ランス」を扱うキャラクターと、ワイバーンと呼ばれる竜に乗って「爪」を装備するキャラクターに分かれる。武器によって得意なことが異なるが、高い機動力を活かして戦場をかき乱そう。

狙撃兵

遠距離からの攻撃を得意とする。固有のスキル「射撃陣形」は特定の範囲内に一定時間矢を放ち続け、敵にダメージを与える。敵兵の進軍経路を予測し、味方付近に到達するまでに相手を弱らせるなど、味方をサポートする攻撃に長けている。

狙撃兵は「弓」を装備できるキャラクターと、「銃」を装備できるキャラクターに分かれている。どちらも広い射程範囲で攻撃ができ、敵兵の行動を妨害・弱体化させる。敵の布陣を崩し、味方が戦いやすい戦況を作り出そう。

魔術兵

古代魔術(エンシェントソーサリー)で味方をサポートすることが得意。固有スキル「回復陣形」で一定時間自分を中心とした範囲に味方のHPを回復する聖域を生成し、仲間が安心して戦い続けられる場所を戦場に作り出す。

魔術兵は「スタッフ」または「ワンド」を装備できるキャラクターに分かれる。どちらも後方からのサポートが中心となるが、「スタッフ」はやや攻撃向き、「ワンド」は回復向きのスキルが多いので、自身の戦い方に合わせて編成しよう。

【バトルの強力な一手「魔煌玉」】

バトルの切り札として、「魔煌玉」という非常に強力なアイテムがある。さまざまな効果を持つ「魔煌玉」があり、広大な範囲に影響を及ぼす強力な一手となる。拠点にいる研究員の「お願い」をかなえるほか、クエストのクリア報酬などとして手に入れることができる。

魔煌玉「バハムート」
範囲内の対象に大ダメージを与える。
魔煌玉「ツラトルク」
範囲内の味方のHPと、スキルを使用するのに必要なEPを回復する。

【一筋縄ではいかない強敵「ボス」】

いくつかのバトルには、強敵であるボスが出現する。ボスには通常の敵兵とは異なる特徴があり、倒すのに骨の折れる相手だ。強力なスキルで容赦なく攻撃を仕掛けてくるため、ボスとのバトルに勝利するためには、特徴を理解して部隊を編成し、スキルを活用する必要がある。

ギガス
「亜人」と呼ばれる魔獣。剣や斧、盾を振り回して強力な範囲攻撃や突進などを繰り出す。
フェンリル
群れを成す魔獣。氷柱を地面から突き出させる攻撃や、群れの仲間を呼ぶスキルを使用する。

ボスの体力を示すHPゲージの上にある赤いマーカーは、ボスのHPのゲージの残数を表わす「HPストックマーカー」だ。このマーカーをなくすまでボスを倒すことはできない。こちらのHPやEPの残りに気を付けながら強大なボスに立ち向かおう。

また、ボスは一度状態異常になると、同一の状態異常に対して耐性を持つようになる。耐性は一定時間経過すると消滅するが、ひとつの戦略だけで打ち倒すことは難しい。攻略の手立てを考えて対処しよう。

自分だけの戦略を実現する強化要素

さまざまなミッションを勝ち抜くための強化要素には、「傭兵団ランク」「アビリティ」「スキルツリー」「魔煌玉研究」「武器開発」の5つがある。それぞれを組み合わせて自分だけの戦略を編み出し、さらなる戦いに備えよう。

傭兵団ランク
クエスト達成によって成長し、ランクが上がると機能解放などさまざまな恩恵が得られる。5つある「傭兵団バッジ」には、ランクが上がることでショップの新商品追加や傭兵団全体のステータスが強化されるものなどがある。

アビリティ
キャラクターのレベルアップで手に入る「AP(アビリティポイント)」を使用して、ステータスアップや攻撃速度の上昇などの強化ができる。所持金を使ってアビリティをすべてリセットし、APを振り分け直すこともできる。

スキルツリー
ミッションクリア報酬などで手に入る「SP(スキルポイント)」を使用して、兵科の固有スキルや、武器に付属するスキル全般を強化する。所持金を使って強化をすべてリセットし、SPを振り分け直すこともできる。

魔煌玉研究
素材と所持金を使って「魔煌玉」の攻撃力アップや効果範囲の拡大などができる。強化できる点は「魔煌玉」により異なるので、自分の思い描く戦略に合う強化を行なおう。

武器開発
ミッションの特別報酬で手に入る素材を使って、新しい武器を開発することができる。一度開発するとショップのラインナップに登場する。

ダウンロード版『デジタルデラックスエディション』とe-STORE限定のパッケージ版『コレクターズエディション』も発売!

本作は通常版に加え、ダウンロード版『デジタルデラックスエディション』と、スクウェア・エニックスe-STORE限定のパッケージ版『コレクターズエディション』も発売が開始された。また、各商品を早期に購入すると、ここでしか手に入らないゲーム内で役立つ特典アイテムが入手可能!

<通常版(パッケージ版/ダウンロード版)早期購入特典>

■武器:ロペストナイフ(早期購入限定カラー)

■アクセサリー:新兵の腕輪
レベル15まで入手経験値が増えるアイテム。

※ゲーム内では入手できないアイテムを、1章2話で受領することができます。
※早期購入特典受領期間は2022年12月31日(土)までです。

『The DioField Chronicle デジタルデラックスエディション』

ゲーム内で役立つアイテムや、「オリジナルサウンドトラック」と「デジタルアートブック」がついた大変お得なセットとなっている。

<価格>
販売価格 10,978円(税込)

<商品内容>

■武器:騎士の槍

■アクセサリー:神秘の指輪
時間経過でEPが回復するアイテム

※ゲーム後半で入手可能なアイテムを、1章2話で受領することができます。

■The DioField Chronicle オリジナルサウンドトラック
本作ですべてのサウンドを手掛けた世界的サウンドコンポーザー、ラミン・ジャヴァディ氏、ブランドン・キャンベル氏によるゲーム内楽曲全23曲を収録したフルサウンドトラック。

■The DioField Chronicle デジタルアートブック
タイキ氏(キャラクターデザイン)、上国料勇氏(コンセプトアート)による本作のアートワークをはじめ、各フィールドの背景や武器のグラフィックまで幅広く収録したデジタルアートブック。
※単品売りの「The DioField Chronicle オリジナルサウンドトラック」および「The DioField Chronicle デジタルアートブック」と同様のものとなっております。重複購入にご注意ください。

<『デジタルデラックスエディション』早期購入特典>

■武器:ロペストナイフ(デジタルデラックスエディション早期購入限定カラー)

■アクセサリー:新兵の腕輪
レベル15まで入手経験値が増えるアイテム。

※ゲーム内では入手できないアイテムを、1章2話で受領することができます。
※早期購入特典受領期間は2022年12月31日(土)までです。

e-STORE限定『The DioField Chronicle コレクターズエディション』

スクウェア・エニックスe-STOREにて数量限定販売。オリジナルボードゲームなど、本作のオリジナルグッズがセットになっている。

スクウェア・エニックスe-STORE公式サイト『The DioField Chronicle コレクターズエディション』商品ページはこちら

<価格>
希望小売価格 16,478円(税込)

※本セットは、スクウェア・エニックスe-STOREのみのセット商品です。
※ゲームパッケージはオリジナルボックス(化粧箱)には同梱されていません。セットとして一緒に発送されます。
※各商品の仕様は変更となる場合がございます。
※本セット、および各種特典は数に限りがございますので、あらかじめご了承ください。

<商品内容>
■『The DioField Chronicle』ゲーム本編(パッケージ版)
※PS5版/PS4版のいずれかをお選びいただけます。

■『The DioField Chronicle』オリジナルBOX
・The DioField Chronicle ボードゲーム
ゲーム本編のシステムを活かした対戦型ボードゲーム。傭兵団ブルーフォックスの4人の部隊長のひとりとして、ディオフィールド島を駆け、ほかの隊長よりも多くの名声を得て勝利しよう。

・The DioField Chronicle ピンズセット(紋章デザインの4種セット)
ロウテイル連合、グランベル聖教、傭兵団ブルーフォックス、シュヴィア帝国の4種の紋章デザインが台紙にセットされたピンズセット。

<『コレクターズエディション』早期購入特典>

■武器:ロペストナイフ(早期購入限定カラー)

■アクセサリー:新兵の腕輪

※ゲーム内で入手できないアイテムを、1章2話で受領することができます。
※早期購入特典受領期間は2022年12月31日(土)までです。


The DioField Chronicle (ディオフィールド クロニクル)

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:シミュレーションRPG
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 通常版 7,678円(税込)
    パッケージ版 希望小売価格 コレクターズエディション 16,478円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 通常版 7,678円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 デジタルデラックスエディション 10,978円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)

※PS4パッケージ版を購入した方は、追加費用なくPS5ダウンロード版へのアップグレードが可能です。
※PS4パッケージ版を購入した方は、PS5ダウンロード版をダウンロードしたりプレイしたりするには、その都度ディスクをPS5に挿入する必要があります。PS4パッケージ版をお持ちの方でも、ディスクドライブを搭載していないPS5デジタル・エディションの場合は、PS5ダウンロード版を追加料金なしで入手することはできません。
※PS4ダウンロード版を購入すると、PS5ダウンロード版を追加料金なしで入手できます。また、PS5ダウンロード版を購入すると、PS4ダウンロード版を追加料金なしで入手できます。


PS Blogの『The DioField Chronicle』記事はこちら


『The DioField Chronicle』公式サイトはこちら

『The DioField Chronicle』公式Twitterはこちら

『The DioField Chronicle』をPS Storeで購入する

© 2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
© Silvertone, Inc.
※画面はすべて開発中のものです。

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

コメントを残す

お客様の生年月日を入力してください。