『原神』Ver.3.1「赤砂の王と三人の巡礼者」が9月28日(水)配信開始! 砂漠へと足を踏み入れよう!

0 0
『原神』Ver.3.1「赤砂の王と三人の巡礼者」が9月28日(水)配信開始! 砂漠へと足を踏み入れよう!

旅人さん、こんにちは! 『原神』開発チームです。9月28日(水)に、原神Ver.3.1「赤砂の王と三人の巡礼者」の正式リリースを控えるなか、本日は新バージョンで明らかになるスメールのもうひとつの姿をご紹介したいと思います。今回、私たちは雨林を抜けて西へ向かい、荒廃した美しい砂漠へと足を踏み入れ、そこで、黄砂に埋もれたキングデシェレトの伝説と往日の手がかりを探すこととなります。同時に、3名のスメールキャラクター、「セノ」「ニィロウ」「キャンディス」も実装される予定です。

 

また、灼熱の砂漠の彼方に位置するモンドには、「ブリーズブリュー祭」が涼しい秋風とともにやってきました。たくさんのイベントやゲーム、豊富な報酬が待っています。

死と謎と科学技術

草木が生い茂る雨林エリアとは異なり、スメールの砂漠は一見荒廃しているように見えます。砂漠の中心には巨大なキングデシェレトの霊廟が立っており、キングデシェレトとその古き文明が消え去ったいまでも、砂漠の民と霊廟を守る装置と守衛は、彼に関する伝説と科学技術を語り続けています。

 

熱砂の下には広大な地下空間が隠されています。古い科学技術によって今だかつて見たことのない謎や装置、機械の守衛がここで侵入者を待ち構えます。そのなかでも、「半永久統制マトリックス」は最も危険で、戦闘中に姿を消すことがあります。もう一体の新しいBOSS「兆載永劫ドレイク」は、機械の巨獣。雨林でその姿を見ることができます。

砂漠エリアは、一見すると活気がなく殺風景に見えますが、その印象とは異なり、多様な地形と生き物を見せてくれます。砂丘、巨大な峡谷、オアシスが高温で乾燥した環境に点在しており、駄獣、コサックギツネ、流砂ウナギ、赤鷲、サソリ、聖金虫などの生物がこの地を住処としています。アアル村は砂漠の民が集まる最大の集落であり、強固な要塞でもあります。またこの村には、教令院から追放された学者が多く暮らしており、さまざまな人々や貴重な情報が集まる場所にもなっています。

マップが広がるとともに、スメールでの魔神任務の舞台も砂漠へと移っていきます。旅人たちが教令院の対処に追われている間、ふたりのファデュイ執行官「博士」と「散兵」が知恵の国で何かを企んでいるようです。

スメールからの盟友

物語が進むと同時に、新たなスメールキャラクターがあなたの仲間になってくれます。キングデシェレトの血を引く末裔として、キャンディスはその槍と水元素の神の目でアアル村を守っています。キャンディスは、普段は優しくて温和な性格ですが、村に害を及ぼしかねない危険が迫ったとき、勇猛で力強い戦士として活躍します。彼女の元素スキルは、長押しするとチャージし、盾を挙げて攻撃を防ぎながらダメージを吸収します。チャージが完了すると、キャンディスは高く跳び、目の前の敵に猛烈な攻撃を仕掛けます。また探索中キャンディスは、登るときに消費されるチーム全員のスタミナを減らします。

キャンディスの踊りと同じように、ニィロウの存在もまた、スメールシティの人々の心を癒しています。世話好きな性格から、ニィロウはいつも周りの人を手伝っていますが、彼女自身が落ち込んだときは助けが必要です。戦闘中、ニィロウは片手剣と水元素の力を使いこなし、その優雅な舞いは戦闘スタイルにも反映されています。元素スキルを発動するとき、ニィロウはふたつのステップ――「剣舞のステップ」と「旋舞のステップ」を踊り、異なる効果とダメージを与えます。またチーム内に草元素と水元素のふたつの元素しかないとき、ニィロウはチームのためにさらなる強化効果を提供します。

 

大マハマトラとして、セノは長柄武器と雷元素の力を駆使して戦闘することを得意とします。元素爆発を発動したとき、セノは神霊を憑依召喚して、「啓途誓使」と化します。「啓途誓使」の状態にあるとき、セノの通常攻撃、重撃、落下攻撃はすべて他の元素に変化しない雷元素ダメージへと変わります。さらに、セノは元素熟知のアップや中断耐性の強化、感電反応によるダメージを無効といった強化効果を獲得します。日常生活においてのセノは、教令院規則と正義を守るために誠実に行動していますが、その一方で、学者や知識に対しては確固たる信念と慎重な姿勢を持っています。仕事がないときのセノはというと … …。セノには少し面白い趣味があって、変わったジョークを言ったり、「七聖召喚」という、Ver.3.3にて追加される予定の新しいトレーディングカードゲームを楽しんだりしています。

セノとキャンディスは、「ウェンティ」とともにVer.3.1の前半のイベント祈願に登場します。「ニィロウ」と、復刻する「アルベド」は、後半のイベント祈願で登場します。

より没入感のある砂漠での冒険

リアルな砂の動きを再現するため、開発チームは地形のくぼみのダイナミックな地形の変動を可能にする新たな機能を実装しました。キャラクターや生物が砂を踏むと、踏まれた砂は沈み、その周りの砂は足跡の近くに集まり、軽くふくれあがります。また、ターゲットの大きさと動きによって、流砂の痕跡には違いが生じます。

また、Ver.3.1ではDualSense™ ワイヤレスコントローラーのサポートも追加しました。各キャラクターが元素爆発を発動する際に、手のひらにフィードバックを受け取ることができ、没入感が深まります!

モンドで感じる爽やかな秋

暑くて乾燥した気候から離れ、しばらく休息が必要ですか? モンドの人々は年に一度のブリーズブリュー祭の準備をしています。民間伝承によれば、これは新酒を醸造し、風神とともにその酒を味わう祭りです。もし神が満足すれば、秋風とともに祝福が与えられます。

今年のブリーズブリュー祭は、家族、友情、そして旧友たちを中心に展開していきます。また、物語は「レザー」を主軸とし、レザーの過去についてもストーリーが進むにつれ明らかになっていきます。それ以外にも、祭りといえば挑戦とゲームがつきものです。期間限定イベントで4つの異なるゲームを用意しました! 例えば「チャリティー&クリエイティブ」では、プレイヤーは自分の店を管理することになります。4つのゲームをすべて体験することで、賑わい度を獲得でき、さまざまな報酬と交換できます。その報酬のなかには、新しい★4武器「風信の矛」とその武器の専用精錬アイテムもあります。

祭り以外にも、新しいイベント「五風巡察」では、あなたが特殊領域で風の力を操る戦略が試されます。もうひとつのイベント「星探しの旅」では、「未来星」を見つけたいというひとりの女の子の願いを叶えるために、未来星を探す手伝いをします。このほかにも、深境螺旋第4層第3間のクリアに成功すると、★4キャラクター「コレイ」を無料で招待することができます。

最後に、Ver.3.1にて皆さんにお贈りするたくさんの報酬を持ってきました。毎日ログインイベントが復活し、イベントに参加すると、紡がれた運命を最大10個とその他のさまざまなアイテムを手に入れることができます。また、ゲーム内メールのチェックも忘れないでください。合計で原石×1600、脆弱樹脂×4、ふたつの特別な便利アイテム「ボンボン祭典クラッカー」と「縹錦からくり・留雲」を獲得できます。Ver.3.1を楽しめるよう、心から祈っております。次に皆さんに会えることを楽しみにしています!


原神

・発売元:miHoYo Limited
・フォーマット:PlayStation®5 / PlayStation®4
・ジャンル:オープンワールド型RPG
・配信日:好評配信中
・価格:基本プレイ無料(一部アイテム等課金あり)
・プレイ人数:1~4人(オンライン専用)
・CERO:C(15才以上対象)


PS.Blogの『原神』記事はこちら


『原神』公式サイトはこちら

『原神』公式Twitterはこちら

『原神』のFAQはこちら(英語ページ)

『原神』をPS Storeでダウンロードする

© 2021 miHoYo ALL RIGHTS RESERVED

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

コメントを残す

お客様の生年月日を入力してください。