PlayStation®VR2のユーザー体験をご紹介!

12 0
PlayStation®VR2のユーザー体験をご紹介!

PlayStation®VR2は発売に向けて準備が加速しており、次世代のバーチャルリアリティヘッドセットで可能になる新しいゲームや体験を皆さんにお届けできる日が待ちきれません。本日は、PS VR2で体験していただける機能のいくつかを一足先にご紹介いたします。

シースルービュー

PS VR2では、新機能「シースルービュー」を使用して、ヘッドセットを装着した状態でも自分の周囲の環境を見ることができます。例えば、ヘッドセットを装着した後にPlayStation VR2 Sense™コントローラーを探したいときなどに、ヘッドセットの着脱が不要となる便利な機能です。ヘッドセットの正面にはカメラが埋め込まれており、ファンクションボタンの押し込み、またはPlayStation®5のコントロールセンターに新しく追加される、PS VR2の各種設定にアクセスできる専用のカード内メニューを選択することで、周囲の映像とPS VR2のプレイ画面との切り替えを行なうことができます。コントロールセンターのカードでは、プレイエリアの調整などの設定も可能です。

なお、「シースルービュー」は視認用の機能のため、映像の録画はできません。

自分のプレイ中の姿を配信

別売りのPS5用のHDカメラをPS5本体に接続すると、PS VR2のヘッドセットを装着したまま、プレイ中の自分の姿を撮影し、配信することができます。ボス戦で繰り広げられる動きやリアクションをフレンドにリアルタイムで共有するのにぴったりの機能です。

プレイエリアのカスタマイズ

ヘッドセットに埋め込まれたカメラとPS VR2 Senseコントローラーを使い、PS VR2のプレイエリアをカスタマイズすることができます。カメラで部屋をスキャンし、PS VR2 Senseコントローラーを使い、プレイスタイルや部屋の環境に応じてプレイエリアの拡大、調整を行なうことができます。

ゲームプレイ中に、設定したプレイエリアの境界線に近づくと、画面にプレイエリアの境界線が表示され、プレイヤーに注意を促します。PS VR2接続中は、いつでもプレイエリアの設定を変更できます。また、一度設定したプレイエリアは保存されるため、同じ場所で遊ぶ場合は設定をしなおす必要がありません。

VRモードとシネマティックモード

VRモードでは、VRゲームコンテンツを360度の視界でお楽しみいただけます。コンテンツは4000 x 2040 HDRビデオフォーマット(片目あたり2000×2040の解像度)、90/120Hzのフレームレートで表示されます。

シネマティックモードでは、仮想空間上の巨大な画面で、PS5のシステム設定、UI、そしてVR対応をしていない通常のゲームおよびメディアコンテンツをご覧いただけます。シネマティックモードでは、1920 x 1080 HDR、24/60Hzまた120Hzのコンテンツをお楽しみいただけます。

PS VR2のゲーム開発者の皆さんは、近日配信予定の最新システムソフトウェアによって、これらの機能にアクセスいただけるようになります。飛躍したゲーム体験をもたらす次世代のバーチャルリアリティヘッドセットについて、さらに多くの情報をご案内できる日を楽しみにしています。発売日や対応するゲームなど、今後もさらなる情報を発信していきますので、ぜひご期待ください。

※画像内のデザインや仕様は、予告なく変更される場合があります。

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

12 コメント


    Loading More Comments

    コメントを残す

    お客様の生年月日を入力してください。