『SDガンダム バトルアライアンス』体験版が7月22日0時より配信決定! 爽快な連撃アクションを先行レビュー!

1 0
『SDガンダム バトルアライアンス』体験版が7月22日0時より配信決定! 爽快な連撃アクションを先行レビュー!

新たなSDガンダムアクションRPGとして8月25日(木)発売予定のPlayStation®5/PlayStation®4用ソフトウェア『SDガンダム バトルアライアンス』は、「機動戦士ガンダム」シリーズから多数のモビルスーツ(MS)やキャラクターが登場し、作品の世界観を超えて共演する。

「ヒストリー・ブレイク」と呼ばれる現象によって歪められてしまった「ガンダム」作品の物語を、さまざまなミッションを攻略することによって、正史へと導いていく。各ミッションはマルチプレイで他のプレイヤーと協力して、最大3人でゲームを進行可能。獲得した設計図でモビルスーツを開発し、愛機を自分好みに強化しながら、多彩なミッションに挑もう。

発売に先駆けて7月22日(金)0時より、ソロプレイとマルチプレイを楽しめる体験版の配信が決定! 今回は先行してPS5版の体験版をプレイできる機会をいただいたので、本作の大きなポイントとなる「連撃アクション」と、役割分担を考慮した共闘が楽しいマルチプレイのプレイレビューをお届けしよう。

【プレイレビュー:連撃アクション】
さまざまな武装を駆使する一連のアクションで、歴戦のパイロット気分が味わえる!

アクションRPGということで、MSを華麗に操縦して繰り出す爽快なアクションを重視している本作。いったいどんなアクションが楽しめるのか? そしてその手応えを、まずはソロプレイでじっくりと確かめてみることにしてみた。使用機体は、本作の主人公が駆るオリジナルMSのジム(ギャザーロード隊仕様)。ギャザーロード隊の部隊エンブレムに合わせて、通常ジムの赤色部分が「黒」となったカラーリングが特徴のMSだ。

基本操作は、□ボタンで格闘攻撃、△ボタンで特殊格闘(※長押し時は打ち上げ攻撃)、○ボタンでステップやブースト、×ボタンでジャンプ、R2ボタンで射撃、L2ボタンでガード、そしてL1とR1ボタンでサブ兵装の使用と、ボタンひとつで多彩なアクションが繰り出せるようになっていた。体験版では最初のミッションが操作のチュートリアルも兼ねていたので、配信されたらぜひ慣れておこう。

格闘攻撃は文字通り近接攻撃が主体で、ボタン連打によって攻撃をガンガン繰り出せる。そこから特殊格闘や各種移動アクションへスムーズにつなぐこともできるため、攻撃を続けたり他の敵からの攻撃を避けたりと、状況を確認しながら機体を自在に操れるのが気持ちいい! 射撃は離れた場所にいる敵や高低差のある場所にいる敵に有効だ。ロックオンができるため、簡単に当てることができる。

ビーム・サーベルの連打から打ち上げ攻撃で空中に吹っ飛ばし、身動きが取れなくなった敵へジャンプからのエリアル攻撃で追撃を決めるといった、対戦格闘ゲームを彷彿とさせる華麗な空中コンボも可能だ。もちろん吹っ飛ばした敵をビーム・スプレーガンやバズーカで狙い撃つ、なんてこともできる。敵に怒濤の攻撃を叩き込めるのが、連撃アクションの醍醐味。アクションによって武装が切り替わるため、とてもテクニカルなことをしているような感覚がクセになりそう。

また、ガードやステップといった防御アクションも、激しい戦いを生き延びる鍵だ。L2ボタンのガードは、敵からのダメージを軽減できるお手軽な防御手段だ。タイミングよくガードを成功させると「ジャストガード」となりダメージを無効化できるのもうれしい。

本作の戦闘はさまざまなボタンを使用するため、覚えるまでは難しいかもしれない。しかし、操作に慣れて華麗な連撃アクションが繰り出せるようになると、ニュータイプや歴戦のパイロットになったような気分が味わえるので、体験版が配信されたらぜひプレイを!

【プレイレビュー:マルチプレイ①】
高い射撃性能と広い視野を活かしたサポート力。シューターはマルチプレイでさらに輝く!

本作の機体には「ロール」というカテゴリーが存在。「インファイター」「オールラウンダー」「シューター」という特徴的な3つのロールそれぞれで得意な戦い方が異なる。

シューターの強みは射撃性能の高さ。その一方でHPと格闘性能は低いため、敵と離れた位置から射撃でダメージを与えていく立ち回りが基本となる。一見すると楽な役割のようだが、敵からのヘイトが自分に向きやすいソロプレイで”安全な距離を保ち続ける”ことはそう簡単でもなく、ときには不得手な格闘戦で迎撃しなければならない場面もある。しかし、マルチプレイならインファイターやオールラウンダーの仲間がヘイトを集めてくれるため、被弾の危険を気にすることなく射撃に専念できる。シューターとは、マルチプレイでさらに輝くロールなのかもしれない。

そんなマルチプレイで今回使用した機体はガンタンク。メインの射撃兵装に両腕のランチャー、サブ兵装に左右の肩のキャノン砲を備える。格闘攻撃のドリフト回転しながら体当たりする動きはカワイイが、格闘に頼る接近戦は避けたいところだ。そこで後衛に陣取り、敵のヘイトを集めてくれている前衛をサポートするように遠距離射撃。ほかのロールやソロプレイでの立ち回りに比べ、敵から受けるプレッシャーは少ないため、慌てることなくじっくりと狙い撃てる。

また、後衛ならではの視野の広さを活かし、仲間に背後から迫る敵を知らせてあげたり、HPの高いボスが相手のときは仲間と挟撃する位置からバックアタックを狙ったりと、遠距離からチクチク攻めるだけにとどまらないチームへの貢献ができるのは楽しい! 役割が明確で共闘感をしっかりと味わうこともできるので、ぜひお試しあれ。

【プレイレビュー:マルチプレイ②】
インファイターで敵にガンガン突撃! 仲間に背中を預けられる安心感がたまらない

射撃性能は低めだが、HPと格闘性能が高いインファイター。高いHPを活かして敵のヘイトを集めるタンク役であり、強力な格闘で敵のHPを削り取るアタッカー的な役割のロールでもある。硝煙が渦巻く敵陣でのスリリングな戦闘が好きな人にはオススメのロールだ。敵の真っ只中へと突っ込む戦い方が基本となるため、囲まれて集中砲火を受けるリスクはあるものの、マルチプレイで仲間がシューターやオールラウンダーの際は話が別。頼れる仲間が背後や側面の敵を狙ってくれると正面の敵に専念できるため、比較的安全に戦場を駆け巡ることができる。

インファイターとして今回使用した機体は、ガンダム・バルバトス(第6形態)。太刀やメイスなどの近接武器や実弾での戦闘がメインとなっていたTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の主役機であり、”これぞインファイター!”といった趣のMSだ。格闘攻撃がやはり強力で、レンチメイスをブンブンと振り回しながら敵を蹴散らす姿は、カッコよさとなりふり構わない泥臭さが相まって、とても印象的。機動性も高く、縦横無尽に立ち回ることができた。

とはいえ、目の前の敵だけに集中していてはタンク役として失格。後方のシューターへ向かっている敵がいる場合は、カバーに入ることも大切だ。もちろん突出しすぎないことも重要で、高いHPと格闘性能に任せて先走ってしまうと、仲間から孤立してしまう、なんてことも……。また、ビルなどの障害物の位置を意識しておかないと、自分や敵が後方の仲間から見えないという状況にも陥ってしまう。自分や仲間がやられたとしてもリペアキットで回復できるが、離れすぎているとそれも大変だ。戦闘中に考えることが意外に多いものの、上手に立ち回ることで仲間がさらに活躍できるようになるうえに、どこを主戦場にするといったコントロールもできるのが、インファイターの魅力。戦場の主役として活躍する快感を、ぜひ体験してほしい。

PS5『SDガンダム バトルアライアンス』無料体験版をPS Storeでダウンロードする

PS4『SDガンダム バトルアライアンス』無料体験版をPS Storeでダウンロードする


SDガンダム バトルアライアンス

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:アクションRPG
・発売日:2022年8月25日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 通常版 8,778円(税込)
    パッケージ版 希望小売価格 コレクターズエディション 19,140円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 通常版 8,778円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 デラックスエディション 11,550円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 アルティメットエディション 14,960円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時:1~3人)
・CERO:B(12才以上対象)


PS Blogの『SDガンダム バトルアライアンス』記事はこちら


『SDガンダム バトルアライアンス』公式サイトはこちら

『SDガンダム バトルアライアンス』公式Twitterはこちら

©創通・サンライズ
※画面は開発中のものです。

コメントの受付は終了しました。

1 コメント


    Loading More Comments

    お客様の生年月日を入力してください。