『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』では「スペシャリスト」「テックツリー」を活用してコロニー発展!

0 0
『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』では「スペシャリスト」「テックツリー」を活用してコロニー発展!

シミュレーション・ストラテジーに定評のあるParadoxの最新作として2022年7月28日(木)発売予定のPlayStation®4用ソフトウェア『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』。世界滅亡後の未来にコロニーを建設し、襲いかかる回避不能のさまざまな脅威をしのぎながら、あらゆる知恵を働かせて失われた文明を取り戻していくサバイバルシミュレーションゲームだ。

今回は、プレイヤーが作り上げていくコロニーの発展に欠かせない「スペシャリスト」の役割と、手に入れたポイントを使って開放することで便利な能力や新たな建造物の建設技術を獲得できる「テックツリー」について紹介しよう。

『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』プロモーション映像はこちら

特別な能力を持つ「スペシャリスト」の役割

スペシャリストは特別な能力を持っており、ゲーム開始時にふたり選べるほか、ゲームを進めていくことで新たに採用できるようになる。「収集家」「戦士」「科学者」「偵察者」という4つの職業があり、探索に必要な行動力が貯まる速度、攻撃力、収集や研究の効率など、どの技能の数値が高くなるかは職業によって異なる。

スペシャリストは外敵からコロニーを守ったり、ワールドマップを探索したりできる。また、直接指示を出すことで、資源収集や野生生物の狩りなども可能だ。

コロニーの入り口に「ゲート」を建設すると、スペシャリストたちはコロニーの外に広がるワールドマップを探索できる。ワールドマップではAP(アクションポイント)を使って資源を収集したり、収集を阻む無法者と戦ったり、ほかのコミュニティと物資の交換を行なえる。

時折発生するクエストを進めることもスペシャリストの役割だ。未知の場所へと赴きクエストを達成すると、「サイエンスポイント」や資源を獲得できる。

また、特定の職業で探索を行なうと選択肢が増え、さらに多くのポイントや資源が手に入ることも!

探索やクエストの達成で手に入れたサイエンスポイントを使ってテックツリーを開放していくと、便利な能力や新たな建造物の建設技術を獲得できる。

文明的なコロニー造りに必須な「テックツリー」

テックツリーを開放して便利な能力や新たな建造物の建設技術を獲得していくと、より文明的なコロニーを造ることができる。「食料」「資源」「インフラ」「社会」「安全」という5つのカテゴリーから研究項目を選択し、サイエンスポイントを使って研究を進めていこう。

食糧の確保を優先するか、または公民館や学校を建ててコロニーの社会性を高めるかなど、コロニーの状況に応じた的確な判断が必要だ。テックツリーはプレイスタイルの設定内容によって変化するため、新たにゲームを始めるたびに異なる展開を楽しめる。研究を重ねて、こだわりのコロニーを作り上げよう!

「食糧」カテゴリーから「畜舎」をアップグレード

「社会」カテゴリーから「公民館」を建築


サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-

・発売元:セガ
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:サバイバルシミュレーション
・発売日:2022年7月28日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 6,578円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 6,578円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)


PS Blogの『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』記事はこちら


『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』公式サイトはこちら

©2022 Paradox Interactive. ©SEGA. All rights reserved.
Developed by ICEFLAKE STUDIOS.

※画面はすべて開発中のものです。

お客様の生年月日を入力してください。