PS5™『バイオハザード RE:4』プレゼンテーション動画やレオンとメインクリーチャーのアートが公開!

1 0
PS5™『バイオハザード RE:4』プレゼンテーション動画やレオンとメインクリーチャーのアートが公開!

リメイク作品であるPlayStation®5用ソフトウェア『バイオハザード RE:4』は、原作の核を⼤切にしながらも、2023年に発売されるシリーズ最新作、すなわち現代のゲーム作品として高いクオリティを⽬指して制作が進んでいる。

本⽇配信されたデジタルイベント「カプコンショーケース」では、クリエイターによるプレゼンテーションが公開された。リメイク作品でありながら、最新のビジュアルと『バイオハザード RE:2』のような現代的な操作感を備え、ストーリーも再構成されるという本作。⾼いアクション性とホラーの融合が好評を博した『バイオハザード4』がどのような再誕を遂げるのか? プレゼンテーションではその⽚鱗を⾒ることができる。

クリエイターによるプレゼンテーション動画を公開!

ディレクターを務める安保康弘氏と、プロデューサーを務める平林良章氏によるプレゼンテーション。プレイ映像を交えてのプレゼンテーションでは、原作と同じ三⼈称視点“ビハインドビュー”が採⽤されていることが⾔明されている。そして、孤独や不気味さを感じさせるロケーションの紹介では、“原作の意図を最新のグラフィックで掘り下げる”表現の⼀例も⾒ることができる。

「カプコンショーケース」の『バイオハザード RE:4』プレゼンテーションはこちら

さらに、主⼈公のレオン・S・ケネディと、主だった敵となる存在である村⼈(ガナード)を、彼らのアートを交えて紹介しよう。

レオン・S・ケネディ

新米警官だったラクーン事件から6年後、大統領直属のエージェントとなったレオン・S・ケネディ。任務を重ね、当時より大きく成長を遂げている。

村人(ガナード)

邪教の教主を崇拝する、“人”であったモノたち。その目には、狂気を宿す。

舞台となる閑村

鬱蒼(うっそう)とした森に囲まれたヨーロッパの閉村。不気味な教団の噂がある。

こちらの記事もチェック!

死を逸(かわ)し、倒す快感。2023年3月24日、『バイオハザード RE:4』がPlayStation®5に再誕!

バイオハザード RE:4

・発売元:カプコン
・フォーマット:PlayStation 5
・ジャンル:サバイバルホラー
・発売日:2023年3月24日(金)予定
・価格:未定
・プレイ人数:1人
・CERO:審査予定


PS Blogの『バイオハザード RE:4』記事はこちら


『バイオハザード RE:4』公式サイトはこちら

「バイオハザード」公式サイトはこちら

「バイオハザード」シリーズ公式Twitterはこちら

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントの受付は終了しました。

1 コメント


    Loading More Comments

    お客様の生年月日を入力してください。