『原神』Ver.2.7アップデートが5月31日(火)配信開始! 層岩巨淵に封印された歴史を見届けよう!

4 0
『原神』Ver.2.7アップデートが5月31日(火)配信開始! 層岩巨淵に封印された歴史を見届けよう!

旅人の皆さん、こんにちは! 『原神』開発チームです。まずは、今回のバージョンアップが延期になってしまったことを深くお詫び申し上げます。皆さんの深いご理解とご協力に心より感謝いたします。

今回は5月31日(火)にリリースされる『原神』Ver.2.7「虞淵に隠されし夢魘」の最新情報をお届けします。煙緋、荒瀧一斗、そして新キャラクターの夜蘭、久岐忍と共に、層岩巨淵のさらなる探索に向かい、璃月の歴史と秘密を解き明かしましょう。また、荒瀧派からの招待状で、「荒瀧極上盛世豪鼓大祭典」と最新の音楽ゲームイベントを体験することができます!

さらにPlayStation®Plus加入者の皆さんは、バージョンアップごとにPS Plus特典パックを受け取ることができますので、お見逃しなく!

巨淵に陥る

謎めいた層岩巨淵には、カーンルイアと双子の手がかりだけでなく、璃月の歴史とその秘密も隠されているようです。なかには、500年前に璃月人と魔獣が戦った物語もあるとか…。夜蘭は長い間この地を見守り、自分の出自にも関わる当時の真相を突き止めようとしてきました。そして夜叉たちも、過去に起きた出来事と深い関係を持っているようです。

新イベント「険路怪跡」では、さまざまなキャラクターたちと共に、魔神任務間章を体験できます。夜蘭、煙緋、荒瀧一斗、久岐忍が深淵に囚われるなか、独自で調査している降魔大聖の魈にも危険が迫っていました。仲間たちと一緒に危機を乗り越え、魈の足跡を辿って層岩巨淵に封印された歴史を見届けましょう。

ストーリーを進めると、イベント「険路怪跡」で新たな挑戦──「詭域戦境」が開放され、皆さんの戦闘スキルとチーム戦略が試されます。この挑戦では、四つの異なる秘境で複数回のラウンドバトルに挑みます。各秘境には独自のルールがあり、ラウンドごとにチームを再編成することになります。例えば、秘境「危懸奇峭の庭」では、現チームメンバーからキャラクターを1名、次ラウンドの戦闘に引き継ぐことができます。しかし、秘境「紆余曲折の籠」では、現チームメンバーから2名のキャラクターがランダムで追放されます。この難関に立ち向かうために、さまざまな「戦策」や何名かのお試しキャラクターも用意いたしました。またイベント商店では、新たな★4弓「落霞」などたくさんの報酬が皆さんを待っています。

さらに、おなじみのスメールの学者ホッセイニから、最近層岩巨淵から湧き出した黒泥を除去してほしい、という依頼も届きます。イベント「深泥奇譚」では、「流明石の触媒」と学者が設置した「プルシナスパイク」を利用して黒泥を除去し、熱気球の護衛や制限時間内に魔物を倒すなどの目標を達成しましょう。

夜蘭と久岐忍

Ver.2.7では、層岩巨淵で登場する夜蘭と久岐忍を招待することができます。彼女たちはそれぞれ特殊な来歴とストーリーを持っているようですが、仲間にとっては非常に頼もしいキャラクターです。

岩上茶室のオーナーである夜蘭は、ひと言ではその正体を言い表すことができない謎の人物です。「一人千面」と呼ばれる夜蘭は、いつもさまざまな変装で現れ、そして事件が終わる前に姿を消します。そのため、彼女は特別情報官としても優秀で、凝光と共に璃月を守っています。危険な生活を渇望するため、夜蘭はテイワットのあらゆる国に足を運び、深淵にも足を踏み入れました。情報と変装の達人である彼女が、複雑な状況においてどのように真実を突き止めるのか、興味があれば、夜蘭の伝説任務「幽客の章」をぜひ体験してみましょう。

戦闘面での★5キャラクター夜蘭は、弓の使い手で、高頻度のダメージと機動力を兼ね備える水元素アタッカーです。夜蘭の戦闘状態が解除されてからしばらくすると、特殊な「打破」状態に入り、次のフルチャージ狙い撃ちのチャージ時間を大幅に減らし、かつフルチャージ時に「打破の矢」を放ち、水元素範囲ダメージを与えます。元素スキル「絡み合う命の糸」を発動すると、夜蘭は疾走し、経路上の敵をマーク――疾走終了時、マークした敵に水元素ダメージを与えます。また、マークした敵の数をもとに夜蘭は一定の確率で「打破」状態に戻ることが可能です。さらに、夜蘭の元素爆発「深謀玲瓏賽」は水元素範囲ダメージを与え、不思議な賽を凝集させてフィールド上キャラクターを支援します。賽はフィールド上のキャラクターに追従し、通常攻撃を行う時、または命の糸が爆発して敵に命中した時、連携攻撃を発動します。固有天賦「気随気儘」を開放すると、賽の継続時間中、キャラクターの与えるダメージは時間が経つとともにアップしていきます。夜蘭のHP上限はチーム内キャラクターの元素タイプの種類に応じてアップします。

夜蘭が陰謀や脅威から璃月を守っている間、久岐忍もさまざまなトラブルや危険から荒瀧派のメンバーたちを救うのに大忙しです。巫女の一族に生まれた久岐忍は、夜蘭とは全く違う道を歩みました。彼女が身につけたスキルと取得した資格証は、名刺に書ききれないほどです。さらに、煙緋の後輩として璃月で法律を学んだこともあります。どうして忍が荒瀧派の二番手になったのかは不明ですが、彼女のおかげで、荒瀧派もどんどんよろず屋のような存在になり、さまざまな依頼を引き受けるようになりました。もし忍と荒瀧派の日常をもっと知りたいのなら、ぜひ彼女のデートイベントを体験してみてください。

戦闘においては、★4キャラクター久岐忍は雷元素を操る片手剣の使い手で、治療能力を持ち、待機中も敵に継続ダメージを与えられるサポーターです。元素スキル「越祓雷草の輪」を発動すると、一定のHPを消費して越祓草輪を編み、周期的に周囲の敵に雷元素ダメージを与え、範囲内のフィールド上キャラクターのHPを回復します。久岐忍の元素熟知を基準に、彼女の与えるダメージと与える回復量がアップします。また、久岐忍のHPが低い状態の時、彼女の与える治療効果がさらにアップします。元素爆発「御詠鳴神刈山祭」は前方に特殊な結界を張って、そのなかにいる敵に雷元素ダメージを継続的に与えます。

Ver.2.7では、前半に夜蘭のイベント祈願と魈の復刻祈願、後半に荒瀧一斗と久岐忍のイベント祈願を開催する予定です。

荒瀧派の祭りに参加しよう

璃月での法律の勉強を終えた久岐忍の卒業を祝して、荒瀧一斗とその子分たちは、稲妻で開催する「荒瀧極上盛世豪鼓大祭典」にあなたを招待します! 新しい音楽ゲームイベントで、忍をお祝いしましょう!

このイベントでは、一斗から変わった小鼓を受け取り、ドラムの落下パターンに合わせて、いつもと違う演奏をすることができます。すべての曲を開放した後、ノーツ編集モードも開放されます。ノーツを自由に編集して新たな譜面を作り、他の旅人さんにシェアすることができます。

稲妻から離れる道すがら、イベント「炉心構造」にも挑戦してみてください。フォンテーヌのおもちゃ商人に協力して、塵歌壺に配置できるさまざまなロボット調度品を獲得できます。また、獲得したロボット調度品をフレンドに贈ることもできます。

また、ここ数ヶ月の間、PlayStation®4とPlayStation®5におけるパフォーマンスの最適化を行なってまいりました。Ver.2.7において、特にPS4でゲームがよりスムーズに動作できるようになったことを実感していただけると思います。

最後に、Ver.2.7において、PS Plus加入者の皆さんはPS Plus特典パックを受け取ることができます。特典パックの内容は次のとおりとなります。

・モラ×50,000、大英雄の経験×20、仕上げ用魔鉱×15、脆弱樹脂×2

また、『原神』がバージョンアップされるたびにパックがリセットされるため、再度受け取ることができます。

今回、皆さんにご紹介したいVer.2.7の最新情報は以上となります。いつも支えてくださっている旅人の皆さんに心から感謝申し上げます! これからも、皆さんにさらなる喜びとサプライズをお届けしていきたいと思います!


原神

・発売元:miHoYo Limited
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:オープンワールド型RPG
・配信日:好評配信中
・価格:基本プレイ無料(一部アイテム等課金あり)
・プレイ人数:1~4人(オンライン専用)
・CERO:C(15才以上対象)


PS.Blogの『原神』記事はこちら


『原神』公式サイトはこちら

『原神』公式Twitterはこちら

『原神』のFAQはこちら(英語ページ)

『原神』をPS Storeでダウンロードする

© 2021 miHoYo ALL RIGHTS RESERVED

コメントの受付は終了しました。

4 コメント


    Loading More Comments

    お客様の生年月日を入力してください。