まぶたの裏で、君が死ぬ──『夜廻三』本日発売! 失くした思い出を探すため、お化けが潜む夜の街を彷徨い歩く

0 0
まぶたの裏で、君が死ぬ──『夜廻三』本日発売! 失くした思い出を探すため、お化けが潜む夜の街を彷徨い歩く

失くしてしまった大切なものを探して夜の街を彷徨(さまよ)う、夜道探索アクション「夜廻(よまわり)」シリーズ。その最新作となるPlayStation®4用ソフトウェア『夜廻三』が本日4月21日(木)発売!

過去作の雰囲気を受け継ぎながらも、新しい要素を追加し進化した本作。主人公は自身にかけられた呪いを解くため、カギとなる忘れてしまった「思い出」を求めて、不気味なお化けが潜む夜の街を彷徨い歩く。

『夜廻三』プロモーションムービーはこちら

あらすじ

主人公は見知らぬ暗い森の中で目を覚ました。
なぜその場所にいたのか、主人公にはわからなかった。
思い出せるのは、放課後の夕暮れ時、学校の屋上にやってきたところまで。
深い森を彷徨った主人公は、姿の無い不思議な人物と出会う。
その人は、どこか懐かしい声で語りかけた。「あなたには強い呪いがかけられている」と。
呪いを解くためには、一晩のうちに「忘れてしまった大切なことを思い出さなければならない」と……。

大切な思い出を探すため、主人公は不気味な夜の街へと駆け出した。

キャラクター

主人公

自分にかけられた呪いを解くためのカギとなる「思い出」を探して、夜の街に足を踏み入れた幼い子ども。街の各地で「過去に失くしたもの」を見つけるたびに、忘れてしまっていた「思い出」を取り戻す。

本作では髪型、髪色、服装、アクセサリーなど6つの項目を組み合わせて、主人公の見た目を変更することが可能だ。

思い出の中の少女

思い出にたびたび現れる、主人公より少し年上の少女。彼女もまた「何か」を探して街を彷徨っているようだ。大きなカメラを持ち歩いている。

ムギ

主人公が飼っている白いふわふわのネコ。主人公にとてもなついている。

失くした「思い出」を求めて夜の街へ

幼い主人公は、呪いを解くための手がかりとなる「思い出」を探して夜の街を彷徨う。しかし街の暗闇の中には、恐ろしいお化けが潜んでいる。懐中電灯の明かりと心臓の鼓動を頼りにお化けから逃れ、失くした「思い出」を探し出そう。

闇夜に潜むお化け

人のいない夜の街に潜む、不気味で恐ろしいお化け。彼らは明滅する電灯の下、明かりの届かない細道……闇夜の中から主人公を見つめている。懐中電灯で照らしたり、小石で注意をそらしたり、さまざまな方法でお化けから逃れなければならない。

目を閉じてお化けから身を隠そう

本作で追加された新要素。「目を閉じる」ことで気配が消え、お化けたちは主人公を見失う。ときには足を止め、目を閉じて隠れることが、恐怖から逃れるきっかけになるかもしれない。ただし、目を閉じている間もお化けは変わらずそこにいる。目を閉じたまま、お化けに触れないように距離を取り、安全な場所まで逃げのびよう。

身近な道具が「思い出」へのみちしるべ

主人公が使っていた道具を手に取ると、それにまつわる思い出を見返すことができる。昔使っていた小さくなったえんぴつや海辺で拾った古びた貝がら……。どんなにちっぽけでくだらない道具にも、語られる過去がある。それぞれの道具から、過去のできごとを思い出すことができるだろう。道具から得たヒントを頼りに思い出の中の場所へ向かえば、さらに何か大切なことを思い出し、呪いを解くカギが見つかるかもしれない。

広がる夜の街を歩く

夜の街には、いわくつきの場所が点在しており、それぞれの場所へはいつでもおもむくことができる。真夜中の学校や犬の遠吠えが響く商店街、壊れたまま放置された廃船、荒れ放題の無縁墓地など、それぞれの場所にまつわるお化けが潜み、その場所で失くした「思い出」が隠されている。

▲無人の教室、消火栓の照明で赤く照らされた廊下。静まり返った真夜中の学校で、誰かの交換日記を追っていく。
▲さびれた雰囲気の商店街。あちこちに野良犬が集まって、何もない空間に向かって吠え続けている。
▲壊れたまま放置され、暗闇に包まれた廃船。船内ではなぜか、懐中電灯や時計が狂いだす。船長らしき人物が残したメモが落ちており、船外に「なにか」が存在することが読み取れる。
▲弔う人もない、荒れ放題の無縁墓地。荒れたお墓を守るように取りついているお化けが、何かを訴えるようにこちらを見つめている。

【開発者インタビュー】企画・キャラクターデザイン溝上侑氏が語る『夜廻三』の注目ポイント

──『夜廻三』の構想はいつごろからでしょうか?

『MAD RAT DEAD』を作り終えた半年後に、会社から『夜廻三』の制作の話がきてからです。個人的には『深夜廻』で完結させたつもりだったので、作れるかどうかわからなかったのですが、ディレクターの廣瀬が「面倒見るから……」と励ましてくれたので最後までやりきることができました。今作は制作期間が少なかったので、そのぶん、たくさんの人に手伝ってもらっています。

──シリーズを通して、子供のころに経験したことをテーマにしていると思いますが、今回「思い出」をテーマに据えたのにはどんな理由があるのでしょうか?

重要な記憶をなぜ忘れてしまうのだろう、というざっくりした問いかけからシナリオを書き進めていきました。うれしい出来事や優しい思い出、そして、それらを気づかないうちに忘れていく切なさを描いたつもりです。こうして書いた『夜廻三』の物語が、皆さんにとって大切な思い出になるとうれしいです。

──すでに2作出している中でゲームのシステムを変更するのは勇気がいることだと思うのですが、今回はなぜ「隠れる」を「目を閉じる」に変更したのでしょうか?

隠れるとお化けから逃れられますが、お化けが去るまで待つだけなのは時間がもったいないと感じ、前々から変更したいと考えていました。今作では目を閉じた状態でも歩くことができるので、目を閉じた状態でお化けからゆっくり遠ざかるような、ヒリつくシーンも多いのではないでしょうか。

▲新アクション「目を閉じる」。お化けから追われなくなるが、目を閉じている間もお化けに触れてしまうとゲームオーバーになってしまう。複数のお化けがいるときは、ゆっくりと距離を取ろう。

──ストーリーに沿った攻略から、ユーザーごとに自由に攻略ができるようになったのも大きな変更点だと感じます。これについてはどういった意図で変更したのでしょうか?

過去2作をプレイされた方それぞれが、街を歩いているときに違う物に興味を抱いていることに気づき、いろいろなプレイスタイルで楽しめるようにしようと考えたためです。「夜廻」自体、いろいろな楽しみ方ができる、おもちゃ箱みたいなゲームですもんね。今作はオープンワールドのような、自由に探索ができる仕組みを採用しています。

▲いくつもある「やること」をいつ、どの順番で楽しむかはプレイヤー次第。

──大きな変更があり、シリーズユーザーも新鮮な気持ちでプレイできるナンバリングになったと感じますが、すでにシリーズに触れたことのある方に、特に過去作からの変化を楽しんでほしいポイントはありますか?

今作は主人公に感情移入してほしかったので、見た目を好きな感じに変えられるようにしました。皆さんに主人公になってもらい、今までの「夜廻」にはない場所や新しいお化けとの出会いを、新鮮な気持ちで楽しんでいただきたいです。

▲『夜廻三』では髪型や服装を変更できるようになった。

──「夜廻」シリーズに初めて触れるユーザーに楽しんでほしいポイントを挙げるとしたら、何になりますか?

身近でなじみを感じるような街を舞台にしているので、現実では入ってはいけない場所に入るドキドキ感が味わえます。静まり返った夜の街の雰囲気を楽しんでもらえるとうれしいです。あと、「夜廻」のお化けはかわいめに描いていますので、怖いのが苦手な方でも大丈夫ですよ。

──公開されているだけでも目新しいマップが増えたと感じますが、過去作と比べてボリュームは増えていますか?

かなり増えていると思います。行けるマップが増えたうえに、それぞれのプレイスタイルや、謎を解き明かせるかによって、クリアまでのプレイ時間は大きく変わると思います。

▲シリーズ最大の広さとなるマップは、歩き回ることで少しずつ地図が描かれていく。まだ行っていない場所への行き方は、街中にある掲示板から確認できる。

──ゲーム中では各場所に合わせたお化けが登場しますが、お化け以外にも場所によって異なる作りになっている部分はありますか?

ステージごとにコンセプトを持って作っているので、場所ごとに全く違う遊びができ、飽きずに進められるように作りました。また、落ちているアイテムや置いてある物などで、それぞれの場所で過去に何があったか思いを馳せるのも楽しいと思います。

▲各地に落ちているアイテムからはそのステージの背景がわかることも……?

──「よまわりさん」「コトワリさま」など、シリーズには印象的で物語に深く関わってくるお化けがいました。今作では「人面鳥」がそのお化けにあたるかと思いますが、「人面鳥」はどのように物語に関わってくるのでしょうか?

重要なお化けだと思います。このお化けの秘密を紐解くことによって、『夜廻三』の物語の全体図が見えるはずです。街を探索して、落とし物を拾い、このお化けについていろいろ考察してみてほしいです。

▲目を閉じて何かをしてくる「人面鳥」。一度出会ってしまうと、逃れることは難しい。

──『夜廻三』の発売を心待ちにしていたファンに対するメッセージをお願いします。

『深夜廻』から長い時間待っていていただきありがとうございます。皆さんからご好評をいただいたおかげで、「夜廻」シリーズを作り続けられて心よりうれしく思います。今作もぜひ楽しんでください!


夜廻三

・発売元:日本一ソフトウェア
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:夜道探索アクション
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,678円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 7,678円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)


PS Blogの『夜廻三』記事はこちら


『夜廻三』公式サイトはこちら

「夜廻」シリーズ公式Twitterはこちら

『夜廻三』をPS Storeで購入する

©2022 Nippon Ichi Software, Inc.

お客様の生年月日を入力してください。