ヴァニラウェアの魔法ファンタジーRTSが美しく蘇る。『グリムグリモア OnceMore』がPS4®で7月28日発売!

0 0
ヴァニラウェアの魔法ファンタジーRTSが美しく蘇る。『グリムグリモア OnceMore』がPS4®で7月28日発売!

繰り返される5日、迫る災厄……。7月28日(木)にPlayStation®4で発売となる『グリムグリモア OnceMore』は、魔法学校を舞台にした戦略性の高いRTS(リアルタイムシミュレーション)ゲームだ。

2007年に発売され、高い評価を得た『グリムグリモア』のリマスター作となる本作は、PS4®での発売にあたりグラフィックを高解像度化。さらに、戦局を覆す威力を持つ「大魔法」や使い魔を強化する「スキルツリー」などの新システムを多数導入し、単なるリマスター作にとどまらない内容となっている。5日後に迫る滅亡を回避するために、少女リレとなって事件の謎を解き明かせ!

『グリムグリモア OnceMore』プロモーションムービー

ヴァニラウェアの魔法ファンタジーRTSが美しく蘇る。『グリムグリモア OnceMore』がPS4®で7月28日発売!

繰り返される5日間。生き残った少女は、真実を知るため事件に立ち向かう

魔法の才を見いだされ、秀でた能力を持つ少年少女だけが入学できる魔法学校に招かれた主人公のリレ。校長は、かつて魔王をも倒した偉大な魔法使いガンメル・ドラスクその人であり、学び舎である「銀の星体の塔」は滅ぼされた魔王の居城であるという。塔にはいまだ解明されぬ謎と危険が満ち、さまざまな思惑を秘めた人物が集う場所となっていた。

リレが初めてグリモア(魔道書)に触れ、魔法使いへの道を歩み始めてわずか5日後。恐るべき災厄が塔を襲い、塔にいたすべての者が命を失ってしまう。ただひとり、わけもわからぬまま時間をさかのぼったリレを除いて……。繰り返される5日間でリレは事件の真相に近づけるのか? そして、悪夢のような5日間を終わらせることができるのか? 災厄を回避するため、リレは過酷な運命に立ち向かう。

リレ・ブラウ

CV:佐伯伊織

優れた魔法の才を持ち、「銀の星体の塔」に招かれた真面目で努力家の少女。貧しい家で帰りを待つ弟たちのためにも、立派な魔法使いになりたいと願っている。思いもかけない苦難に巻き込まれるが、自分でも知らなかった大胆な行動力と冷静な判断で魔法学校を襲う災厄に立ち向かう。

マルガリタ・フローズン

CV:花井美春

魔法学校の生徒で、リレが最初に出会う友達。魔法使いが迫害される街から救い出された過去を持つが、性格はのんきでマイペース。頭の上に使い魔のカエル「シャーリー」を乗せている。

ガンメル・ドラスク

CV:関輝雄

魔法学校の校長。かつて魔王を倒し、さらに魔王と契約した悪魔を封印した伝説的な魔法使い。魔王の居城であった「銀の星体の塔」に魔法学校をつくり、各地から有望な若者を招いて、魔術の後継者を育てている。

アドヴォカート

CV:手塚ヒロミチ

黒魔術の教師を務める悪魔。校長との契約内容は不明。紳士的に振る舞うことを好むが、ときに悪魔の本性が覗く。学校での魂集めは自粛しているようだが、向こうから飛び込んでくる分まで拒みはしない。

使い魔の力を借り、敵陣を攻略する「魔法ファンタジーRTS」

魔法学校に入学したばかりのリレは、授業を通じてさまざまなことを学んでいく。悪魔や亡霊たちが授業の邪魔をしたり、錬金術で生み出されたゴーレムが暴走したりと、さまざまなイベントが発生する。さらに魔法学校にはなにやら秘密があるようで、そうした謎を解き明かすのも、本作の楽しみのひとつとなっている。

また、魔法戦と呼ばれる本作の戦闘では、グリモア(魔道書)の力を借りて使い魔を召喚。自陣を守りながら敵陣を攻略するRTS形式で行なわれる。使い魔たちの長所短所を見極め、相手が苦手とする使い魔を配置することが、勝利の鍵だ。

▲妖精、ゴーレム、悪魔にドラゴン。使い魔たちの特徴を考えながら、敵陣を攻略していこう。

属性相性を活かして戦いを有利に!

魔法には「精霊魔法」「交霊術」「黒魔術」「錬金術」という4つの属性があり、それぞれ個性的なユニットを召喚できる。さらに、使い魔にはサブスタンス(実体)とアストラル(幽体)という2つのタイプがあり、アストラルは魔法攻撃に非常に弱いが、物理攻撃は一切効かないという性質を持つ。この相性をうまく利用すれば、劣勢を覆すこともできるだろう。各キャラが持つ、「アビリティ」も積極的に活用していこう。

▲ドラゴンは強大な力を持つが、卵から孵化させる時間が必要。そのタイムラグを計算に入れつつ、上手に配置していこう。
▲ホムンクルスのアビリティ「クレヤボヤンス」を使えば、アストラルに対して物理攻撃が有効となる。
▲力ではかなわない相手でも、眠らせてしまえば無力化できる。グリマルキンのアビリティ「スリープ」は、強力な足止め効果を持つ。

『グリムグリモア OnceMore』でプラスされた新要素

グラフィックの高解像度化はもちろん、戦闘やドラマパートの「早送り」機能や「戦闘中セーブ」機能が追加され、自分のペースでプレイしやすくなったOnceMore版。また、「ハード」の難易度が調整されたことで、オリジナル版より挑戦しがいのある内容となっている。

▲HD化を行なったことで、緻密に描き込まれたビジュアルがより鮮明に。また、画面比率がワイドになったことで、魔法戦の盤面も把握しやすくなった。

ドラマパートや戦闘ボイスは完全新規録り下ろし!

本作のゲーム内ボイスは、すべて新規に収録されたもの。オリジナル版からキャストが一新され、ドラマパートだけでなく戦闘中にもリレや仲間たちのボイスが追加された。

戦局を覆す切り札! 新システム「大魔法」

本作から追加された4種類の「大魔法」は、戦闘時に発動できる強力な魔法。広範囲にダメージを与える炎を放つ「マナバースト」、傷ついた味方を回復させる「リザレクション」など、どれも戦況を変えるほどの効果を持つ。発動できる回数は限られるため、ここぞという場面で使っていこう。

▲「マナバースト」で敵を一掃! 大魔法の使用時には、描き下ろしのカットイン演出も登場する。

魔法陣や使い魔の強化が可能な新要素「スキルツリー」

OnceMore版では各ステージの勝利条件とは別にさまざまなミッション(課題)が設定されている。このミッションを達成するともらえるコインを使えば、魔法陣や使い魔の強化が可能だ。

▲どの能力を伸ばしていくかは、プレイヤー次第。コインは払い戻しも可能なので、まずはいろいろ試してみよう。

美麗なイラストが堪能できる「ギャラリー」機能をプラス!

『グリムグリモア』と本作のために制作された珠玉のイラストが閲覧できる「ギャラリー」機能を新たに追加。ヴァニラウェアの制作スタッフによる、合計90枚以上のイラストが収録されている。

本作が持つ重厚なファンタジー観をより色鮮やかに、ゲーム面も遊びやすく進化した『グリムグリモア OnceMore』。オリジナルを遊んだ人はもちろん、世界設定やキャラクター性に魅入られたという人は、この機会にぜひ本作の世界に触れてみてほしい。


グリムグリモア OnceMore

・発売元:日本一ソフトウェア
・開発:ヴァニラウェア
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:魔法ファンタジーRTS
・発売日:2022年7月28日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 5,478円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 5,478円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)


『グリムグリモア OnceMore』公式サイトはこちら

©2007-2022 VANILLAWARE Ltd./Nippon Ichi Software, Inc.

お客様の生年月日を入力してください。