ニューハードボイルドRPG『ソウルハッカーズ2』のキャラクターやキーワードが公開! 世界の終焉(オワリ)を破却(ハック)しろ

0 0
ニューハードボイルドRPG『ソウルハッカーズ2』のキャラクターやキーワードが公開! 世界の終焉(オワリ)を破却(ハック)しろ

8月25日(木)発売予定のPlayStation®5/PlayStation®4用ソフトウェア『ソウルハッカーズ2』は、「デビルサマナー」シリーズや『ソウルハッカーズ』の遺伝子を受け継ぎつつ、四半世紀の時を超え進化を果たしたコンセプトで、新たな人とテクノロジーの物語を描く。

新たな生命体Aion(アイオン)のひとりである主人公リンゴは、悪魔召喚師(デビルサマナー)たちと手を組み、世界の破滅回避のために奔走する。デビルサマナー専用のガジェット・COMPを使い、悪魔を召喚し敵を一掃! 一般人には視認できない秘匿都市レルムには、悪魔の合体やCOMPの改造ができる施設も。バーやアジトでの交流や、時にはサマナーたちの過去を追体験できるビジョンクエストを行ない、仲間との絆を深めよう。

ストーリー

21世紀中頃、今より少し未来の物語。

超常の力「悪魔」を従え、闇の社会に生きる者、悪魔召喚師(デビルサマナー)。
彼らは人知れず暗躍し、社会を裏から守り、支えていた。

そして、世界を見守るもうひとつの存在「Aion(アイオン)」。
テクノロジーの最果てから生まれ人智を超えたこの存在は、ある時世界の滅びを検知する。

Aionのリンゴとフィグは、滅びを回避するために人の世界へと降り立つことに。
滅び回避に必要とされるふたりの人物の保護に向かうも、どちらもすでに殺されていた。

リンゴはAionの持つ特殊な能力「ソウルハック」を実行、対象の蘇生を果たす。
「再度のチャンス」を与えられ、死への後悔を糧に蘇生したデビルサマナーたちと手を結び、リンゴとフィグは、世界の未来を賭けた謎を追う。

果たして破滅の危機を回避することが出来るのか――?

キャラクター

あなたをここから連れ戻しにきた。
……世界の終わりを止めるために。

リンゴ

CV:黒沢ともよ

次世代の電子生命体Aionのエージェントのひとり。生まれたばかりの存在で、社会や文化、人間の感情に強い好奇心を持つ。
アロウたちデビルサマナーと共に前線に立ち、破滅回避のために奔走する。

状況を俯瞰できるコマンダーは必要でしょう。
私は後方からサポートをしたいと思います。

フィグ

CV:森なな子

リンゴと同じく、Aionのエージェントのひとり。クールで思慮深く、マイペースに突き進むリンゴをたしなめる姉的な存在。フィグもまた人間への興味や憧れは抱いており、人に対し非常に友好的。
情報解析を得意とし後方支援を担う。

こんな戦いやめよう!
間違ってるんだ! 目を覚ませよ!

アロウ

CV:石川界人

デビルサマナーの組織、ヤタガラスのエージェント。Aionが検出した、「世界の滅び回避のための保護対象」のひとり。潜入捜査中に殺害されたようで、リンゴのソウルハックによって蘇生を果たす。
普段は口数が少なく、穏やかな青年。しかし実直で内心には熱いものを秘めており、道徳性を重視する。そのためミレディとはしばしば衝突する場面も。

あの男がのうのうと生きてると思うと……
我慢できないのよ。

ミレディ

CV:小清水亜美

デビルサマナーの組織、ファントムソサエティのエージェント。何らかの理由で味方により殺害される。リンゴのソウルハックによって蘇生を果たし、殺された理由を追うためリンゴに同行する。
冷静で理性的。合理性や効率を重視するあまり、時には冷酷な判断をすることもあるが、どうやら過去の経験が関与しているようだ。

ったく、サマナーってのは、どいつもこいつもこじらせやがって。
めんどくせーったらないぜ。

サイゾー

CV:松風雅也

フリーのデビルサマナー。ファントムソサエティのエージェントに殺害されるも、リンゴのソウルハックによって蘇生を果たす。とある目的でリンゴたちと行動を共にする。
ロマンチストで愛嬌たっぷりなかっこつけ屋。空気を読み行動することが得意なため、アロウとミレディの仲裁に入ることも多い。チームの潤滑油。

キーワード

デビルサマナー

その歴史は古く、その時代や国によって形態を変えながら人の社会と共に存在してきた。悪魔と契約を交わし、その驚異的な力で人知の及ばぬ事象の解決などに尽力する。一方で、暗殺や犯罪など、その力を悪事に使用するサマナーも少なからず存在するようだ。デビルサマナーたちの組織も存在し、リンゴたちは破滅の回避に奮闘する中で、ファントムソサエティとヤタガラスと呼ばれる、対立するふたつの組織と関わることになる。

COMP

デビルサマナーたちが持つ悪魔の召喚能力を補助するガジェット。COMPの形は人それぞれで、愛用するアイテムや装飾品の形に改造することも。リンゴたちのCOMPはAionの技術で改良されており、COMP自体に直接悪魔を装備することが可能。

Aionのエージェント

世界の破滅を検知したAionは、人の世界へ介入しやすいよう、人型にデチューンした存在を派遣。それがリンゴとフィグだ。自らの意思を持ち、生物学的には人間とほぼ同等の存在。限定的にだが、Aionの能力を行使することも可能。

ソウルハック

Aionの持つ機能のひとつ。人の魂と心に干渉・改良する能力。リンゴは死んだばかりの人間にソウルハックを行ない、死に際の記憶へ干渉。死への後悔を引き出し当人が強く生を望むことで、蘇生が果たされた。まだまだ謎が多い機能で、リンゴやフィグもそのすべてを理解しているわけではないようだ。

悪魔

古より存在し、人と共にある霊的な存在。必ずしも邪悪な存在というわけではなく、神や妖精なども総称して悪魔と呼ばれている。デビルサマナーたちは悪魔たちと契約を果たし、COMPを介してその力を使う。とある場所では、悪魔同士を合体させ、他の悪魔を生み出す秘術が行なわれているらしい。

サバト

悪魔と敵対した際、敵悪魔の弱点を突くなど適切な攻撃を行なうと、その場に味方の悪魔(仲魔)を呼び出すことができる。呼び出された仲魔たちは、リンゴの号令で一斉に敵悪魔たちへ襲い掛かる。これをサバトと呼び、サバトをうまく利用することで、敵を一掃することが可能だ。

首都とレルム

リンゴたちの活躍は、日本の首都を舞台に展開する。人々が暮らす都市の中には、デビルサマナーだけが入れる街があり、秘匿都市レルムと呼ばれる。レルムには、一般人には知覚できないよう結界が張られているらしい。その街ではデビルサマナーと共に悪魔が闊歩し、悪魔の合体やCOMPの強化、情報収集など、サマナー専用の施設が多数存在する。

コヴェナント

フィグが追っていた保護対象の殺害現場にはダイイングメッセージが残されていた。フィグは、人類のテクノロジーでは解読不可能な量子暗号として残されていたそれを解析する。「コヴェナント」とだけ残されたメッセージ。一体どんな意味を持つのだろうか。

『ソウルハッカーズ2 25thアニバーサリーエディション』予約受付中!

「ソウルハッカーズ」シリーズ25周年にふさわしい、ファン必見の初回限定版『ソウルハッカーズ2 25thアニバーサリーエディション』が登場! 数量限定なので予約はお早めに。

こちらの記事もチェック!

『ソウルハッカーズ2』8月25日発売決定! 『デビルサマナー ソウルハッカーズ』から25年、新たな人とテクノロジーの物語

ソウルハッカーズ2

・発売元:アトラス
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:RPG
・発売日:2022年8月25日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 通常版 9,878円(税込)
    パッケージ版 希望小売価格 25thアニバーサリーエディション 17,380円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 9,878円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)


PS Blogの『ソウルハッカーズ2』記事はこちら


『ソウルハッカーズ2』公式サイトはこちら

『ソウルハッカーズ2』公式Twitterはこちら

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

お客様の生年月日を入力してください。