『屍喰らいの冒険メシ』本日発売! サバイバルな冒険生活&迷宮グルメを堪能しよう!

0 0
『屍喰らいの冒険メシ』本日発売! サバイバルな冒険生活&迷宮グルメを堪能しよう!

本日1月27日(木)発売のPlayStation®4用ソフトウェア『屍(しかばね)喰らいの冒険メシ』は、ダンジョンの奥深くで遭難した新米冒険者たちを主役にした異色のシミュレーションRPG。モンスターを食うなど、通常のシミュレーションRPGではなかなかお目にかかれない極限状態のサバイバル術をフィーチャーした本作。特に屍を「喰らう」ことでパワーアップする、一風変わったゲームシステムに注目!

『屍喰らいの冒険メシ』プロモーションムービー

『屍喰らいの冒険メシ』本日発売! サバイバルな冒険生活&迷宮グルメを堪能しよう!

キャラクターエディットもできる体験版が配信中!

製品版の本編へとデータが引き継げる体験版も配信中なので、興味がわいたらぜひともプレイしてみよう。自分好みのキャラクターをエディットして、ダンジョンでのサバイバル生活を体験しよう!

『屍喰らいの冒険メシ』の体験版をPS Storeでダウンロードする

▲冒険者たちは、髪型・顔・ボイスなどを自由に設定可。職業は「剣士」「魔法使い」といったオーソドックスなものから、「料理人」「無職」など、変わり種のものもある。
▲最大4人でパーティを編成し、冒険へ。キャラアイコンやカットイン演出は表情やポーズなどをカスタマイズでき、これらは拠点でいつでも変更できる。

なにはなくとも食は大事! 「冒険メシ」と食材の活用法

本作ではダンジョン内で集めた食材を使い、冒険者を強化する「冒険メシ」が作成できる。食材は冒険メシの素材として使えるほか、戦闘時に敵にデメリット効果のある食材を使って弱体化を狙うといった使い道もある。

「煮る」なり「焼く」なり、お好みで。「冒険メシ」でスキルを習得!

ダンジョンで集めた食材を組み合わせてつくる「冒険メシ」は、カロリーの補給やステータスの強化だけでなく、冒険に役立つ「スキル」の習得にも関わってくる。また、同じ食材でも調理方法次第で異なる料理に仕上げることができるため、どう調理するかはプレイヤーの腕の見せどころ。失敗は成功の母、ということで、まずはいろいろ試してみよう。

▲蒸しパンならぬ「虫パン」など、ヘンテコな食べ物ができあがることも。解説テキストがまたユニーク。
▲同じ料理でも、使用食材やパーティメンバーの調理能力によって完成度が変化。完成度が高いほど、回復量や能力上昇率がアップする。

なお、食材をダンジョンで入手する関係で、本作には見た目がグロテスクな……いわゆるゲテモノ料理ができあがることがままある。これはオプションで表示をオン・オフできるので、苦手な人も安心だ。

ほかにもさまざまな食材の活用方法が……

また、食材には消費期限があり、鮮度に応じて効果も下がる。燻製や冷凍といった「加工」によって保存期間が延ばせるほか、その効果も変化する。保存期間が過ぎて腐った食べ物は……戦闘で敵に食わせると効果的!?

▲食材を加工するとその効果も変化する。切る、焼く、炒めるなど、いろいろ試してみよう。

さまざまなスキルを駆使して生き残れ!

冒険者が習得するスキルには2種類あり、戦闘時に発動する「バトルスキル」と、常時発動して戦闘や探索を補助する「パッシブスキル」がある。前者は武器練度や職業レベルを上げることで習得可能だ。

▲スキルは職業によっても習得の可否が分かれる。戦闘力を重視するか、料理や探索能力を重視するかはプレイヤー次第。
▲たとえば剣士は行動順が早く回ってきやすい剣スキル「クイックスラッシュ」などを習得する。料理人は、戦闘は不得意だが、便利な回復スキルやサポートスキルを中心に覚えていく。
▲「ゲテモノ耐性」はゲテモノ料理を食べた際のデメリットを減少する、料理人ならではのパッシブスキルだ。

探せ、スキル「ドカ盛り」の最強装備!

武器や防具はダンジョン内にある宝箱からランダムに入手できる。同じ名前の装備でも付属スキルやスキルレベルはさまざまで、レアリティが高いほど付属スキルの質にも期待できる。

▲装備名の色に注目! 高レアの黄色ネームのものは、ついているスキルの質も量も段違い。活躍の場も、グーンと広がるはず。

禁断の「屍喰らい」で戦局をひっくり返す!

戦闘中に倒れたモンスターや味方を食べる「屍喰らい」は、HPなどの回復に加えて、その戦闘限りの特殊スキルが発動する禁断のコマンド。食べる屍によって回復量や発動スキルは異なるが、逆境を覆す一手になることが多い強力なものが揃っている。強敵に囲まれたら、屍喰らいによるスキル発動も視野に入れつつ戦おう。

▲厄介な2回攻撃を特性として持つ敵、マンドラゴラ。屍喰らいを行なうと、その特性を借り受けることができる。

油断ひとつで、すべてを失う!? スリルに満ちたダンジョン探索

本作では冒険者たちのリーダーが死亡すると、それまでに上げたキャラクターのレベルや拾った素材がすべて失われてしまう。解放したレシピや装備などは引き継がれるものの、仕切り直してイチから再挑戦することになるわけだ。

トライアンドエラーを繰り返しつつ、危ないと思ったら安全策を取る。そんな慎重さが本作の冒険には求められる。以下のムービーは、本作のダンジョンを探索する冒険者に向けた指南動画。こちらもチェックして、冒険に役立ててほしい。

『屍喰らいの冒険メシ』ダンジョンの歩き方

『屍喰らいの冒険メシ』本日発売! サバイバルな冒険生活&迷宮グルメを堪能しよう!
▲植物系のモンスターが多く生息している森林の階層。野菜や木材が採取しやすく、冒険者にはありがたいゾーンだ。
▲突然大量のモンスターに囲まれる、通称「モンスターハウス」と呼ばれる危険地帯。知識と経験、アイテムを駆使して切り抜けよう。
▲プレイ時にゲームの難易度を4段階から選べる本作。慣れてきたらハイリスク・ハイリターンの高難易度プレイも楽しいはず。難易度はゲーム中にも調整可だ。

奇襲と連携で戦闘を有利に!

バトル前にモンスターと接触する際、気づかれずに背後から接触することで奇襲(先制攻撃)が可能。さらに、味方の攻撃範囲上の敵を攻撃した際、一定確率で味方が追撃する「連携」攻撃もあるので、これらを駆使して、敵を一気に制圧しよう。逆にモンスターに背後から襲われた場合は敵から奇襲を受けてしまう。探索時は、周囲の警戒を怠らないように。

▲連携が発動するとカットイン演出が挿入される。なお、弓は矢を消費するものの攻撃範囲が広く、連携で真価を発揮しやすい武器となっている。

キャラメイク後に主人公たちが「遭難」し、ダンジョンの奥深くから生還するといったシチュエーションが楽しい『屍喰らいの冒険メシ』。一風変わったRPGが遊びたい人や、ハック&スラッシュ系のRPGが好きな人にオススメ!

『屍喰らいの冒険メシ』をPS Storeで購入する


屍喰らいの冒険メシ

・発売元:日本一ソフトウェア
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:サバイバルシミュレーションRPG
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,678円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 7,678円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)


PS Blogの『屍喰らいの冒険メシ』記事はこちら


『屍喰らいの冒険メシ』公式サイトはこちら

日本一ソフトウェア公式Twitterはこちら

©2022 Nippon Ichi Software, Inc.

お客様の生年月日を入力してください。