PlayStation®.Blogスタッフが厳選した2021年のおすすめゲームを振り返る!【EDITORS’ CHOICE】

0 0
PlayStation®.Blogスタッフが厳選した2021年のおすすめゲームを振り返る!【EDITORS’ CHOICE】

※本記事は英語版PlayStation®.Blogの日本語翻訳記事です。

あっという間に2021年が過ぎ去り、残されたのは素晴らしいゲームの数々。昨年私たちは、凶悪なタイムループに抗い、人狼と戦い、色鮮やかなステージを飛び回るなど、さまざまな体験をしてきました。

昨年もPlayStation®.Blogスタッフは、最新作や話題のタイトルの中から厳選した「今、注目すべきタイトル」を「EDITOR’S CHOICE」としてご紹介してきました。今回は、多くのタイトルが発売された素晴らしい1年を振り返り、2021年のEDITORS’ CHOICE選定タイトルを改めてピックアップしてご紹介します。

【INDEX】
『ヒットマン 3』
『It Takes Two』
『Returnal』
『バイオハザード ヴィレッジ』
『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』
『ドキドキ文芸部プラス!』
『HADES』
『Kena: Bridge of Spirits』
『リトルナイトメア2』
『Tales of ARISE』
『DEATHLOOP』
『Marvel’s Guardians of the Galaxy』
『Death’s Door』


『ヒットマン 3』

2021年8月26日(木)発売

IO Interactiveが手がける素晴らしいステルス暗殺ゲームの続編『ヒットマン 3』では、「エージェント47」が再び任務を遂行します。大音量の音楽が鳴り響く地下のクラブから、(試さずにはいられない危険なブドウの圧搾機つきの)高級ブドウ園まで、多彩なロケーションを舞台に、変幻自在なエージェントが潜入。特に「ダートムーア」では、広大な邸宅を舞台にした殺人ミステリーで、エージェント47が探偵役として活躍します。自由度の高いカオスな展開が好きなプレイヤーも、ミッションのガイドに従うのが好きなプレイヤーも、最初から最後まで斬新なステルス体験を味わえます。

『It Takes Two』

2021年3月26日(金)発売

全編Co-opのプラットフォームアドベンチャーゲーム『It Takes Two』。バラエティの豊富さ、テンポの良さ、協力の重要性という、本ジャンルの最高峰の要素を備えたタイトルです。おもちゃの飛行機の上でリスを撃退したかと思えば、釘を槍のように投げてパートナーの進路を確保するなど…。離婚を控えた両親とその子供の物語に、笑いや愉快なできごとが待っているとは想像できないかもしれません――しかし開発元の Hazelight はそれを実現しています。またHazelightの素晴らしい功績が認められ、本作は「The Game Awards 2021」の「Game of the Year」を受賞しています。

『Returnal』

2021年4月30日(金)発売

極めて洗練されたリプレイ性の高いSFローグライクでPlayStation®5ユーザーを驚かせたHousemarque。精密な操作性、抜群の世界観、手応えのある戦闘により、新しいループを重ねるごとに一層のめりこんでしまいます。主人公「セレーネ」の武器は、地味ながら強力な「ピストル」を始め、自動照準の「ホロウシーカー」などなど――DualSense™ ワイヤレスコントローラーの臨場感あふれるハプティックフィードバックとアダプティブトリガーを体感させてくれます。『Returnal』は、まさにPS5ならではの体験ができるタイトルです。勇気ある冒険家の皆さん、ぜひ挑戦してみてください。

『バイオハザード ヴィレッジ』

2021年5月8日(土)発売

カプコンが贈る、とどまるところを知らない勢いのサバイバルホラーシリーズ最新作。『バイオハザード7 レジデント イービル』の一人称視点のゲームプレイ、そして『バイオハザード4』の象徴的な世界観からインスパイアされた本作は、その2作品をさらに進化させています。主人公「イーサン・ウィンターズ」は、強烈なショットガンから巨大な狼男すら瞬殺できるグレネードランチャーまで、さまざまな武器を駆使して、命がけで愛娘の救出に挑みます。イーサンの行く手を阻むのは陶酔しそうなほどに恐ろしい「ドミトレスク夫人」や、狂気のエンジニア「ハイゼンベルク」など個性豊かなヴィランたち。第1作の洋館事件からずっと追いかけてきたファンはもちろん、バイオハザードシリーズを初めてプレイする方にもお薦めの、シリーズのなかで最もエキサイティングな作品のひとつです。

『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』

2021年6月11日(金)発売

PS5の強力なパワーを見せつける力作がInsomniacから登場。PS5の超高速のSSDが、「ロンバックス」と相棒のコンビ×2を一瞬で別次元へと連れていってくれます。またDualSense ワイヤレスコントローラーによって、Insomniacならではの武器がさらに爽快に! 「コールドスナップ」で敵を凍らせたり、「ヴォイドリパルサー」をぶちかましたりと、それぞれアダプティブトリガーとハプティックフィードバックに違いを感じることができるはずです。これに組み合わさるのは、目を見張るキャラクターのアニメーション、細部まで作り込まれた世界、そして心温まる友情の物語。2021年で最も記憶に残ったゲームのひとつと言っても差し支えないでしょう。

※画像は英語版のスクリーンショットです。

『ドキドキ文芸部プラス!』

2021年10月7日(木)発売

ここでは、PS BlogチームのKristen Zitaniによる、EDITORS’ CHOICEの『ドキドキ文芸部プラス!』ポエムでご紹介!

校舎の廊下、放課後の詩
この文芸部で出会うのは
”ドキドキ”する4人の女の子
それは背筋も凍る恐怖の鼓動
ひねりの効いたビジュアルノベル
友情を築いて詩を書こう
選ぶのはひとり、なんて我慢できない
お呼びじゃないどんでん返し
かわいい女の子と韻を踏み
ダークなストーリーデザインにひれ伏して
何度もプレイする作品
このインディーのデジタルな蔦を解き明かそう
『ドキドキ文芸部プラス!』
サイコホラーのマストタイトル

※画像は英語版のスクリーンショットです。

『HADES』

2021年9月30日(木)発売

ギリシャ神話×ローグライク――その衝突は驚くべき効果を発揮。Supergiantの最新作では、主人公「ザグレウス」の信頼できる剣、強力な弓、その他の伝説的な武器のどれを使っても、滑らかなゲームプレイが可能です。功徳を選択したり(やっぱり「アテナ」の反射ダッシュですよね!)、ダメージアップや、死を免れる能力などの永久的なアップグレードを購入したりと、プレイヤーの選択はゲームプレイに大きく影響します。印象的で多面的なキャラクターたち、そして目もくらむようなボリュームのセリフが各周回に深みとカリスマ性を与えている本作。最初のボス「メガエラ」との会話をしてみたい? ぜひ挑戦してみましょう。コントローラーを握ってプレイに臨むときは、時間をたっぷりと確保しましょう。このEDITORS’ CHOICEは、なかなかやめられません。

『Kena: Bridge of Spirits』

2021年9月21日(火)発売

インディーデベロッパーEmber Labsのデビュー作である本作。その魅力的なデザインのキャラクターと複雑なアニメーションは、即座に心をつかみます。表情豊かで(そしてコレクション要素もある)「Rot」たちは、皆さんの心の琴線に触れることでしょう。しかし、チャーミングな見た目とは裏腹に、堕落したクリーチャーとの遭遇やボス戦では、プレイヤーは攻撃を受け流し、カウンターし、そして正確に避けることを要求されます。美しくも手ごたえのある本作は、ハートフルなストーリー展開と、ゆったりとした探索やパズルによって、心地いいプレイヤー体験を実現してくれます。

『リトルナイトメア2』

2021年8月25日(水)発売

この横スクロールホラーの世界観は、薄気味悪いかもしれません――しかし、エンドロールまで画面に釘付けになってしまうでしょう。Tarsier Studiosは、恐ろしい先生から逃れるために積み重ねられた本の塔を登ったり、完璧なチェスの一手で隠し扉のロックを解除したりと、心を躍らせるさまざまなパズルを作り上げています。前作の主人公がAIの仲間として再び登場――手を握れば、少し安心できます。恐怖に満ちた本作をプレイする際に、思わず手を握りたくなる瞬間が訪れるでしょう。

※画像は英語版のスクリーンショットです。

『Tales of ARISE』

2021年9月9日(木)発売

「テイルズ オブ」シリーズといえば、派手なバトルとおしゃべりなキャラクターたちが特徴的。『Tales of ARISE』では、虹色に輝くド派手なエフェクトでこれらの特徴を倍増させた上で、ダイナミックな戦闘と、パーティメンバー同士の親密な会話との見事なコントラストを実現させています。20時間、30時間、40時間を超えるころには、クルー全員が個人としてだけでなく、ユニットとしてもしっかりと肉付けされているように感じられます。感動的なストーリー、濃密なバトルシステム、そしてお気に入りのキャラクターたち――JRPGにこれ以上何を求めればいいのでしょうか?

『DEATHLOOP』

2021年9月14日(火)発売

主人公の「コルト」は自身が閉じ込められている時間のループを破壊したいと必死ですが、プレイヤーの皆さんの思惑とは異なるかもしれません。「ブラックリーフ」での新しい一日は、新しい武器やスキル、そしてコルトのヒットリストに載っている黒幕たちの情報を集めるのに絶好の機会です。Akrane Studiosは、60年代にインスパイアされたスタイリッシュな世界観を舞台に、コルトの技を駆使できるユニークなゲームプレイを用意しています。プレイヤーは、瞬間移動したり、透明人間になったり、敵のHPバーをリンクさせて集団に一気にダメージを与えたりと、無防備な敵にあらゆる種類の破滅を与えることができます。もし死んでしまっても特定のアイテムやアビリティを引き継ぐことができ、次のループで敵を攻略するための知識も得られるかもしれません。ただしジュリアナにはご注意を。プレイヤーまたはAIが操作するハンターとして、あなたのゲームに侵入してきます。

『Marvel’s Guardians of the Galaxy』

2021年10月26日(火)発売

「スター・ロード」、「ガモーラ」、「ドラックス」、「グルート」、「ロケット」がEidos-Montrealの新たなビジョンで団結します。プレイヤーは、ヒーローチーム「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のリーダーであるスター・ロードとなり、「エレメント・ブラスター」でダメージを与えながら、(時には)信頼できる仲間に命令を出していきます。グルートに裂け目を越える根の橋をかけさせたり、ガモーラにモンスターの触手を断ち切らせたり、味方の爽快なパワーは、プレイヤーの指先で簡単に繰り出すことができます。壮大なアクション、素晴らしい景色、魅力的なストーリーに加え、80年代のヒット曲でいっぱいのピーター・クイルのミックステープが、勝利のムードを盛り上げます!

『Death’s Door』

2021年11月23日(火)発売

魂を刈り取ることが、こんなに快適なビジネスだったとは…。『Titan Souls』の開発チームAcid Nerveは、ゆったりとした探索と激しいボスバトルを巧みに融合させた、魅力的なアドベンチャーを作り出しました。威圧的な魔女のボスを倒すのに苦労しているなら、HP、投擲物のアップグレードや、便利なグラップリングフックなどのアビリティを求めて探検しましょう。『Death’s Door』の戦闘は、高速で満足度が高く、常に公平です。エンディングに到達したら、この魅力的な世界に留まるための言い訳を探し始めることになるかもしれません。


2021年、あなたのお気に入りのゲームは何でしたか? ぜひコメント欄でご意見をお聞かせください!


「EDITORS’ CHOICE」タイトル一覧をPS Storeで見る

お客様の生年月日を入力してください。