“まぶたの裏で、君が死ぬ”──夜道探索アクション『夜廻三』の世界観やゲームシステムの概要が公開!

0 0
“まぶたの裏で、君が死ぬ”──夜道探索アクション『夜廻三』の世界観やゲームシステムの概要が公開!

失くしてしまった大切なものを探して夜の街を彷徨(さまよ)う「夜廻(よまわり)」シリーズ。2022年4月21日(木)発売予定のPlayStation®4用ソフトウェア『夜廻三』は、過去作の雰囲気を受け継ぎながらも、新しい要素を追加し進化したシリーズ最新作だ。

『夜廻三』ティザームービーはこちら

今回は、本作の世界観やゲームシステムの概要について紹介しよう。

シリーズ最新作『夜廻三』2022年4月21日(木)発売! かけられた呪いを解くため、主人公は忘れてしまった思い出を求めて夜の街を彷徨う

あらすじ

主人公は見知らぬ暗い森の中で目を覚ました。
なぜその場所にいたのか、主人公にはわからなかった。
思い出せるのは、放課後の夕暮れ時、学校の屋上にやってきたところまで。
深い森を彷徨った主人公は、姿の無い不思議な人物と出会う。
その人は、どこか懐かしい声で語りかけた。「あなたには強い呪いがかけられている」と。
呪いを解くためには、ひと晩のうちに「忘れてしまった大切なことを思い出さなければならない」と……。

大切な思い出を探すため、主人公は不気味な夜の街へと駆け出した。

失くした思い出を求めて

『夜廻三』は、夜の街を探索する夜道探索アクションゲーム。幼い主人公は、自身にかけられた呪いを解くための手がかりとなる「思い出」を探して、夜の街を彷徨う。

街の暗闇の中には、恐ろしい「お化け」が潜んでいる。懐中電灯の明かりと、心臓の鼓動を頼りにお化けから逃れ、失くした思い出を探し出そう。

かすかな光を道しるべに

主人公の頼りになるのは、手に持った懐中電灯の灯りのみ。暗がりに光を当てることで、探索の役に立つ「おとしもの」や、悪意を持って近づく「お化け」の姿が明らかになる。

▲光を当てると、隠されたものを見つけることができる。
▲夜の街では懐中電灯の光だけが頼り。あたりを照らして、近づいてくるお化けがいないか確認しよう。

夜の闇に潜むお化け

人のいない夜の街に潜む、不気味で恐ろしいお化け。彼らは明滅する電灯の下、明かりの届かない細道……闇夜の中から主人公を見つめている。

懐中電灯で照らしたり、小石で注意をそらしたり、さまざまな方法でお化けから逃れなければならない。

▲お化けに見つかったら、走ってその場を離れよう。
▲主人公が走れる時間には限りがある。いつまでも走り続けることはできない。

目を閉じてお化けから身を隠そう

「目を閉じる」ことで気配が消え、お化けたちは主人公を見失う。ときには足を止め、目を閉じて隠れることが、恐怖から逃れるきっかけになるかもしれない。

ただし、目を閉じている間もお化けは変わらずそこにいる。目を閉じたまま、お化けに触れないように距離を取り、安全な場所まで逃げのびよう。

目を閉じることで、お化けは主人公を見失う。お化けが近づいてきた時は、目を閉じて逃げるきっかけを作りたい。

目を閉じるとお化けは近づいてこないが、お化けのいる場所は赤い霧がかかる。霧に触れないように、気をつけて移動しよう。

忘れてしまった大切な思い出

主人公の目的は、忘れた記憶を思い出し、自らにかけられた呪いを解く方法を探すこと。街のどこかにある「なくしたもの」を探し出し、忘れていた光景を思い出すのだ。

一度見た過去の出来事は、家に帰ればいつでも見返すことができる。思い出の中から呪いを解く方法を見つけ出そう。

▲手に入れた「なくしたもの」から、過去の出来事を思い出せる。きっと、呪いを解くヒントが隠されているはずだ。

広がる夜の街を歩く

夜の街にはいわくつきの場所が点在しており、それぞれの場所へはいつでもおもむくことができる。

真夜中の学校や棚田のある田舎町、竹林の人形屋敷など、それぞれの場所にまつわるお化けが潜み、その場所でなくした思い出が隠されている。不気味で、どこか懐かしい夜の街へ、忘れてしまった記憶を探しに出かけよう。


夜廻三

・発売元:日本一ソフトウェア
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:夜道探索アクション
・発売日:2022年4月21日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,678円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 7,678円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:審査予定


PS Blogの『夜廻三』記事はこちら


『夜廻三』ティザーサイトはこちら

「夜廻」シリーズ公式Twitterはこちら

©2022 Nippon Ichi Software, Inc.

お客様の生年月日を入力してください。