これからはじめても大丈夫! 戦慄の鬼ごっこ『Dead by Daylight』エントリーガイド

0 0
これからはじめても大丈夫! 戦慄の鬼ごっこ『Dead by Daylight』エントリーガイド

全世界4,300万人を震撼させるホラーサバイバルゲーム『Dead by Daylight』。今年2021年に5周年を迎えた人気タイトルだけに、プレイしたことがなくても名前は聞いたことがあったり実況配信を見て楽しんでいたりする方もいるだろう。なかには実際に遊んでみたいと興味を持ちながら、今からはじめても大丈夫かな? と躊躇している方も多いのではないだろうか。しかし、心配はご無用。ゲームの進め方からこれだけは覚えておきたいプレイの基本まで、『Dead by Daylight』初心者がPlayStation®5/PlayStation®4で”戦慄の鬼ごっこ”をはじめるためのエントリーガイドをお届けしよう。

今さら聞けない『Dead by Daylight』ってどんなゲーム?

1対4の非対称型マルチプレイホラーアクション!

『Dead by Daylight』は、ひとりの「キラー(殺人鬼)」と4人の「サバイバー(生存者)」で対戦する非対称型マルチプレイホラーアクションだ。「エンティティ」と呼ばれる謎の邪悪な存在が作り出した”殺戮場”を舞台に、キラーはサバイバーたちの魂をエンティティに捧げるため、サバイバーたちはそこから逃げ出すため、追って追われる”戦慄の鬼ごっこ”を繰り広げる。

ひとりでも圧倒的な力を持ち狩る者と息をひそめて協力しながら逃げ回る者たちという、ホラー映画そのものの緊張感あふれるアクションを両者の立場から手軽に楽しめる。

数多くの有名ホラー作品とコラボ!

キラーやサバイバーは本作オリジナルのキャラクターだけでなく、追加ダウンロードコンテンツ(DLC)によって、有名なホラー映画やホラーゲームに登場するキャラクターでもプレイできるようになる。映画なら「エルム街の悪夢」や「ヘル・レイザー」、ゲームなら「バイオハザード」や「サイレントヒル」といった、ホラー好きにはたまらない作品とのコラボDLCがズラリ。お気に入りのキャラクターになりきって、ホラー世界に入り込める。

<コラボしたホラー作品>

ハロウィン
レザーフェイス
The SAW (ソウ)
エルム街の悪夢

Ash vs Evil Dead (死霊のはらわた リターンズ)
Ghost Face (スクリーム)
ストレンジャー・シングス 未知の世界
ヘル・レイザー

サイレントヒル
バイオハザード

『Dead by Daylight』関連商品をPS Storeで見る

「バイオハザード」コラボも収録する『5thアニバーサリーエディション 公式日本版』本日発売!

本日11月25日(木)に発売されたPS5/PS4用ソフトウェア『Dead by Daylight 5thアニバーサリーエディション 公式日本版』は、『Dead by Daylight』5周年を記念した新パッケージ。詳細は後述するが、ゲーム本編と4つのチャプターに加えて「バイオハザード」チャプターを含む3つの有料追加DLCが収録されており、個別に購入するよりもお得だ。

ゲームをはじめるために必要なのはソフトとPS Plusへの加入だけ

オンラインマルチプレイが前提の『Dead by Daylight』では、PlayStation®Plusへの加入が必要となる。まだ加入していないなら、ゲームソフトと合わせてPS Plus利用権を準備しておこう。PS Plusに加入すれば準備完了。複雑な登録や設定は必要なく、すぐにゲームをスタートできる。

PS Plus利用権をPS Storeで購入する

いざ殺戮場へ! マッチの進め方はサバイバーとキラーでどう違う?

非対称型マルチプレイアクションである『Dead by Daylight』のマッチは、4人のサバイバーの一員としてプレイするか、ひとりのキラーとしてプレイするかを選び、計5人が集まったところでスタートする。

三人称視点のサバイバーと一人称視点のキラー

サバイバーの目的は殺戮場から脱出すること、対するキラーの目的はサバイバー全員を殺害することだ。大前提として、非力なサバイバーは圧倒的な力を持つキラーを倒すことができず、見つからないように逃げ回りながら脱出を目指していく。しかし、サバイバーに有利な点もある。サバイバーのプレイ画面は自分の姿が見える三人称視点で、広い視野を保って行動できる。一方で、キラーのプレイ画面は一人称視点のため視界が狭い。戦闘力ではキラーに歯が立たないサバイバーも、状況把握能力の高さを活かして対抗できるというわけだ。

<サバイバーの進め方>

サバイバーはフィールドに点在する発電機を見つけて修理し、脱出ゲートを開いて殺戮場から逃げ出すことが基本の流れとなる。

【1】発電機を修理する

脱出の条件となっている発電機は、近づいてアクションボタンを押し続けることでゲージが溜まり、ゲージがいっぱいになれば修理が完了する。

修理中は、タイミングよくボタンを押す「スキルチェック」と呼ばれる仕掛けが発生。メーターの針がグッドゾーンを外した場合は失敗になり、修理ゲージが後退するうえに大きな爆発音が響いてしまう。

【2】発電機を5つ修理すると脱出ゲートが通電

フィールド内の発電機は全部で7つあり、そのうち5つを修理すると脱出ゲートに電力が通じて開けられるようになる。また、サバイバーが残りひとりになってしまった場合は、発電機がふたつ以上修理できていればゲートとは別の脱出ハッチが使える。

【3】脱出ゲートを開けてから3分以内に殺戮場から逃げ出す

脱出ゲートはフィールド内にふたつあり、どちらから脱出してもいい。ゲートについているレバーを操作し続け、ゲージがいっぱいになれば、ゲートが開いて脱出可能に。マッチ勝利だ。ただし、ゲートが開くと3分間のカウントダウンが始まり、時間切れまでに脱出できないと処刑扱いになってしまう。

<キラーの進め方>

キラーはサバイバー全員の殺害を目指す。サバイバーを攻撃して瀕死にさせ、フックに吊るしていくことが基本の流れだ。

【1】サバイバーに2回攻撃を当てて瀕死にさせる

フィールド内を捜索してサバイバーを発見したら、追いかけて攻撃を加えよう。基本的には攻撃を1回当てるとサバイバーは負傷状態になり、もう1回当てると瀕死状態になってダウンする。キラーの特殊攻撃によっては、一撃で瀕死状態にすることも可能だ。

【2】フックに吊るして処刑する

瀕死にしたサバイバーを担ぎ上げたら、フィールドに点在するフックまで運んで吊るす。この状態で一定時間が経過すれば、吊るしたサバイバーは処刑され、その魂がエンティティに捧げられる。

生き残っているサバイバーが吊るされた仲間をフックから救出した場合は、また見つけて瀕死にさせ、吊るし直さなければならないが、フックに3回運ばれたサバイバーは吊るされた時点で処刑される。こうしてサバイバーを全員殺害すれば、キラーの勝利!

マッチを重ねてキャラクターを強化するゲームサイクル

マッチ中の基本的な流れが確認できたところで、続いては全体の進め方となるゲームサイクルについても覚えておこう。

「ブラッドポイント」でパークやアイテムを獲得

サバイバーとキラーはどちらも、マッチ中の行動に応じて得られる「ブラッドポイント」を消費し、特殊能力のパークやプレイに役立つアイテムを入手してキャラクターを強化可能だ。

強化は「ブラッドウェブ」というスキルツリーで行ない、サバイバーなら仲間の治療や発電機を修理するスピードを速める、キラーなら条件を満たすとサバイバーを直接殺害できるようになるなど、さまざまな能力が得られる。キャラクターごとの固有パークも多数あり、キャラクターを成長させることで固有パークをほかのキャラクターで使用できるようになる要素もある。

ブラッドポイントはマッチで使ったキャラクターだけでなく、利用可能なすべてのキャラクターのブラッドウェブの強化に使える。マッチを重ね、強化したキャラクターでさらにマッチの成績を上げていくという、ヤメ時がわからなくなるゲームサイクルでどんどん楽しくなるだろう。

アーカイブを進めて「ブラッドポイント」や報酬を獲得

アーカイブは、指定のチャレンジをクリアしていくやり込み要素。「学術書」と「リフト」のふたつあり、進めていくことでブラッドポイントやキャラクターの服装を変えるカスタマイズアイテムなどの報酬が手に入る。キャラクターの強化はもちろん、マッチの目的が増えてさらに楽しめるようにもなるので、ぜひ挑戦してほしい。

マッチに慣れるために覚えることは? 初心者がつまずきやすい場面のアドバイス

『Dead by Daylight』をはじめたばかりの初心者は、マッチ中にどんな立ち回りをすべきかわからないもの。特にサバイバーで協力プレイをする際、ほかのプレイヤーに迷惑がかかったらどうしようと不安になることもあるだろう。そこで初心者が覚えておきたいことをまとめてみた。

COM相手のチュートリアルで基本の操作とルールを覚える

メニュー画面の「開始する」では、実際の操作やマッチの流れをチュートリアルとしてプレイできる。サバイバーとキラーそれぞれの立場でプレイし、すべて完了するとブラッドポイントまでもらえる。チュートリアルに登場する自分以外のキャラクターは、すべてCOMの操作によるもの。オンラインでつながったほかのプレイヤーではないため、誰かに気がねすることなく自分のペースで基本を覚えられる。

<サバイバーへのアドバイス>

不要なダッシュや音を立てるのは控えよう

サバイバーでプレイする際、まずはキラーに発見されないように行動することが大切だ。キラーは常にサバイバーの気配や痕跡を探しており、自分の不用意な行動で仲間を危険にさらすこともある。例えば、サバイバーが走ったあとには数秒間、キラーにだけ見える赤い傷のマークが残り、すぐ近くに獲物がいると知らせてしまう。また、窓などの障害物を走りながら乗り越える、ロッカーを素早く開ける、発電機修理中のスキルチェックに失敗するといった行動も、大きな音が出るうえに発生場所がキラーへの視覚的な通知で届いてしまう。仲間に迷惑をかけないためにも、まずはこれらの危険行動に気をつけたい。

心臓の鼓動音でキラーの接近を察知しよう

キラーが近づくと心臓の鼓動音が聞こえてきて、接近するほど音が激しくなる。サバイバーは三人称視点の広い視野で周囲を把握しやすいが、目で見るだけでなく鼓動音にも気を配り、いち早く危険から逃れよう。

キラーに追われたときはチェイスポイントへ

キラーに発見されたら、とにかく逃げる。ただし、移動スピードはキラーのほうが速い。焦って見通しのよい方向へ走り、簡単に追いつかれてしまうのは初心者にありがちな判断ミスだ。逃げる場合は、建物内の入り組んだ場所や乗り越えられる障害物がある場所、パレット(板)がある場所など、通称”チェイスポイント”へ向かおう。入り組んだ場所はキラーの視線を切りやすく、近距離でも見失ってくれるかもしれない。窓枠などの障害物を乗り越えたり、パレットを倒したりすれば、キラーとの距離を取りやすい。

フックに吊るされたら仲間の救出を待つ

キラーに倒されてフックに吊るされると、自力での脱出を試みることができる。そんなコマンドが表示されると試してみたくなるところだが、基本の成功率はわずか4%。失敗すると処刑までの時間が短くなってしまうため、仲間が救出してくれることを信じておとなしく待とう。

仲間との協力を意識しよう

発電機の修理や負傷した仲間の治療といったアクションは、複数人で協力するほどゲージが早く溜まる。初心者の未熟なテクニックでもマッチに貢献できるため、見かけたら手伝ってあげること。

<キラーへのアドバイス>

発電機を巡回してサバイバーを見つけよう

初心者キラーにとって、隠れて逃げ回るサバイバーを見つけることが最初の難関。闇雲に探すのではなく、サバイバーたちが近づかなければならない発電機がある場所を巡回しよう。キラーは修理が必要な発電機の位置がオーラとなって見えるので、それを目印に探せばいい。キラーが接近すればサバイバーは修理の手を止めて離れるしかなく、また修理途中の発電機を破壊すればゲージの進捗を後退させ、脱出までの時間を引き延ばすことができる。

チェイスでは相手の動きを想像してみる

移動スピードに勝るキラーは、サバイバーが直線的に逃げるだけなら簡単に追いつける。しかし、初心者はそのスピード差を過信して、単調な追跡になりがちだ。前述のように、サバイバーはチェイスポイントの障害物を利用してまこうとしてくるので、逃げる方向を予想して回り込めるとベスト。獲物が目の前にいるときほど見失わないことに集中し、相手の動きを想像してみよう。

フックに吊るしたサバイバーをオトリに使ってみよう

サバイバーを瀕死状態にしてフックに吊るした後、次の獲物を探しているうちに救助され、結局は全員に脱出されるパターンはよくある。サバイバーにとって困るのは、人数が少なくなって残されたプレイヤーの負担が増えることなので、隙を突いて吊るされた仲間を救助したいはず。フックの近くに潜み、相手を待つ戦略も頭に入れておきたい。

今ならPS5/PS4『5thアニバーサリーエディション 公式日本版』がおすすめ!

これから『Dead by Daylight』をはじめるなら、本日11月25日(木)にPS5/PS4で発売されたパッケージ版の『Dead by Daylight 5thアニバーサリーエディション 公式日本版』がおすすめだ。

ゲーム本編と4つのチャプターに加え、「バイオハザード」チャプター、「断絶した血脈」チャプター、「CURTAIN CALL」チャプターという3つの有料追加DLCを収録。ゲーム本編と有料追加DLCをそれぞれ個別に購入するよりも990円お買い得となっている。「バイオハザード」のレオン・S・ケネディやジル・バレンタイン、ネメシスをはじめとした多彩な追加キャラクターが入ったパッケージで、戦慄の鬼ごっこに加わろう!

Dead by Daylight 5thアニバーサリーエディション 公式日本版

<価格>
PS5版 5,060円(税込)
PS4版 5,060円(税込)

<商品内容>
■ゲーム本編
■4つのチャプター

 「The Last Breath」チャプター
 「A Lullaby for the Dark」チャプター
 「Of Flesh and Mud」チャプター
 「Spark of Madness」チャプター
■3つの追加コンテンツ
 「バイオハザード」チャプター
 「断絶した血脈」チャプター
 「CURTAIN CALL」チャプター

※追加コンテンツ「バイオハザード」チャプターの有効期限は2022年12月16日(金)までです。
※PS4版を購入した方は、追加費用100円(税込)でPS5版(ダウンロード版)にアップグレードできます。


Dead by Daylight

・発売元:3goo / Behaviour Interactive,Inc.
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:ホラー・アクション
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 5thアニバーサリーエディション 公式日本版 5,060円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 3,080円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 Ultimate Edition 7,700円(税込)
・プレイ人数:2~5人(オンライン専用)
・CERO:Z(18才以上のみ対象)


PS Blogの『Dead by Daylight』記事はこちら


『Dead by Daylight 5thアニバーサリーエディション 公式日本版』公式サイトはこちら

『Dead by Daylight』公式サイトはこちら(海外サイト)

『Dead by Daylight』関連商品をPS Storeで見る

© 2015-2021 and BEHAVIOUR, DEAD BY DAYLIGHT and other related trademarks and logos belong to Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

コメントを残す

お客様の生年月日を入力してください。