PS5™/PS4®のインディーポップミュージックバンドゲーム『We Are OFK』公開!

0 0
PS5™/PS4®のインディーポップミュージックバンドゲーム『We Are OFK』公開!

※本記事は英語版PlayStation®.Blogの日本語翻訳記事です。

PlayStation®5/PlayStation®4用ソフトウェア『We Are OFK』を制作したTeam OFKのクリエイティブディレクター、Teddy Diefです。もしかしたら、私が共同デザインしたゲーム『Hyper Light Drifter』のことをご存知かもしれません。今日は音楽担当のチームメイト、インディーポップバンドOFKのItsumi Saitoとご一緒しています。

Itsumi:OFKのキーボード担当兼マネージャーのItsumi Saitoです。「The 2020 Game Awards」で私たちの初めての曲『Follow/Unfollow』を演奏しました。もしかしたら、どこかの音楽配信サービスで聞いたことがあるかも……。

Teddy:今回State of Playに参加できてとても興奮しています。Itsumiと一緒に、最新のミュージックバンドゲームとEP『We Are OFK』についてご紹介します。

PS5™/PS4®のインディーポップミュージックバンドゲーム『We Are OFK』公開!

Itsumi:多くのゲームの物語では、悪役はドラゴンだったり、剣士だったり、悪の企業です。でも私たちの物語はそういうものじゃなくて、『We Are OFK』では悪役は……何かを成し遂げる時に遭遇する苦労です。インポスター症候群とか、失恋とか、対話の齟齬とか、別々の夢や優先順位を持った人々とか。音楽でも、ゲームでも、アートでも、動画でも、小説でも、何でも、作るのはとても大変! 私たちが語りたいのはそういう物語です。ロサンゼルスでバンドを結成して、現在に至るまでの私たちの物語についてです。

Teddy:開発チームはあなたの物語に親近感を持ちました。ゲームやアニメーションを作ってきた体験が、あなたがバンドを作ったものととても似ていたからです。あなたたちについてのゲームを作ることを承諾してくれて、とてもうれしいです。

Itsumi:ゲームの主人公になれるなんて、ティーン時代の私が知ったらすごく誇りに思うかも。それにとっても陽気な主人公だし。

Teddy:あなたみたいなヒーローが必要なんですよ。

Itsumi:えへへ、ありがとう。そうだ、OFKのゲームプレイについて紹介して!

Teddy:『We Are OFK』は5本のエピソードで構成されていて、注目してほしいのは
● オールスターキャストによるフルボイスのインタラクティブな会話
● エモーショナルなテキスト、チャットの連投、大量の絵文字
● OFKの新曲、5本のインタラクティブなミュージックビデオ

Itsumi:ミュージックビデオ! みんなに曲を発表するのが待ちきれないわ!

Teddy:本当に! ミュージックビデオはプレイヤーが音楽の中で視覚的に参加できるようにデザインしました。みなさんの音楽の感性がどの程度であっても、プレイしながらクリエイティブな気分が味わえます!

Itsumi:不思議な感じ。ストーリーは「バンドがどう結成されたか」なのに、ゲームで遊んでいたらバンドが大きくなったように感じる。全員がバンドに加わったみたい! アーティストや、プログラマーや、ゲーム内で声をつけてくれた声優全員が!

Teddy:私たち“全員”がOFKですからね。

Itsumi:あはは、ありえないくらい大きなバンドね。

Teddy:ありえないくらい良いチームですよ。

Itsumi:そうね。このチーム、大好き!

Teddy:私たちも大好きですよ。

※本情報はState of Playで発表された内容となります。販売するタイトルは国・地域によって異なる場合があります。
※本記事で紹介しているトレーラーは英語版となります。

お客様の生年月日を入力してください。