『スーパーロボット大戦30』体験版が本日10月15日より配信開始! DLC①の参戦作品も発表!

0 0
『スーパーロボット大戦30』体験版が本日10月15日より配信開始! DLC①の参戦作品も発表!

シリーズ30周年記念作品として10月28日(木)に発売されるPlayStation®4用ソフトウェア『スーパーロボット大戦30(サーティ)』の体験版が、本日10月15日(金)より配信開始! またDLC①で追加される参戦作品も発表!

本日10月15日(金)より体験版を配信開始!

この体験版では、地上ルート1~4話/宇宙ルート1~4話をプレイすることができる。製品版へのセーブデータ引継ぎが可能なほか、体験版をプレイすることで製品版で入手できる特典も! 詳細は公式サイトで確認しよう。公式サイト内には体験版の配信に関するQ&Aを掲載中。

『スーパーロボット大戦30』体験版をPS Storeでダウンロードする

※体験版と製品版では、収録されている楽曲や演出が一部異なります。また、「システム」の設定変更や「ライブラリー」の閲覧、作成可能なセーブデータの上限数に関して一部制限があります。

DLC①で追加される参戦作品を発表!

DLC①では『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』、『超電磁マシーン ボルテスV』、「サクラ大戦」シリーズ、「スーパーロボット大戦OG」シリーズ(龍虎王/虎龍王)の4作品・9機体が参戦決定!(以下、リリース資料より)

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン(機体のみ参戦)

Hi-νガンダム

アナハイム・エレクトロニクス社が開発したニュータイプ用モビルスーツ。一撃で戦艦を撃破できる大出力のハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー、バックパックのファンネルポッドで再充電可能なフィン・ファンネルなどを装備し、高い攻撃力を誇る。

超電磁マシーン ボルテスV(機体、パイロットのみ参戦)

ボルテスⅤ

ボアザン星人の地球侵略を予測したボアザン星人ラ・ゴールこと剛健太郎博士と、その妻である剛光代博士、浜口博士が超電磁物理学を応用して開発した合体型のスーパーロボット。ボルト・クルーザー、ボルト・ボンバー、ボルト・パンザー、ボルト・フリゲート、ボルト・ランダーという5体のボルトマシンの合体によって完成する。合体のキーワードは「レッツ、ボルトイン」で、Vの字型の編隊を形成した後(Vトゥギャザー)、合体する。メインパイロットは剛夫妻の息子である剛健一。超電磁力場を発生させて分子間結合を断つ天空剣(天空剣Vの字斬り)をはじめ、さまざまな必殺技を持つ(なお、天空剣の斬り方には一文字斬りなど複数のパターンがある)。ボアザン帝国軍の攻撃に対して、ウルトラマグコンの装備や、超電磁加重砲による超電磁ボールなど、さまざまなパワーアップが施され、最終回ではワープ航行装置も取りつけられた。

「サクラ大戦」シリーズ(機体、パイロットのみ参戦)

光武二式(さくら機)

帝国華撃団が使用する霊子甲冑(りょうしかっちゅう)の真宮寺さくら搭乗。人間の持つ霊力を増幅する霊子機関を主動力とする。巴里華撃団の光武FおよびF2により蓄積された運用データをフィードバックし、より個人の特性を活かすよう改良が施された。さくら機は、これまでの乗機と同じくピンクのカラーリングで、太刀を武装とする。また、下半身後方を覆う袴のような装甲が特徴。

光武二式(大神機)

帝国華撃団が使用する霊子甲冑(りょうしかっちゅう)の大神一郎搭乗機。人間の持つ霊力を増幅する霊子機関を主動力とする。巴里華撃団の光武FおよびF2により蓄積された運用データをフィードバックし、より個人の特性を活かすよう改良が施されている。大神機は、これまでの乗機と同じく白のカラーリングで、二本の大太刀を武装とする。

光武F2(エリカ機)

巴里華撃団が使用する霊子甲冑(りょうしかっちゅう)のエリカ・フォンティーヌ搭乗機。巴里華撃団と帝国華撃団のメカニックスタッフが協力し、開発に成功した。ベースとなった光武Fよりも機動力、戦闘力に優れるのはもちろん、武装に関してもより個人の特性に特化されたものになっている。エリカ機は赤のカラーリングで、ガトリングアーム「ザカリエル」を武装とする。また、背中の純白の翼が特徴であり、短時間の飛行も可能。

STARⅤ(ロデオスター)

紐育華撃団が使用する霊子甲冑(りょうしかっちゅう)のジェミニ・サンライズ搭乗機。最大の特徴は飛行形態への変形機構であり、これにより高所の多い都市紐育でも臨機応変な都市防衛が可能になっている。また、変形機構の搭載により光武シリーズよりも大型で高出力。ジェミニ機はオレンジをベースとしたカラーリングで、ガンバレル=ソードを武装とする。

STARⅤ(フジヤマスター)

紐育華撃団が使用する霊子甲冑(りょうしかっちゅう)の大河新次郎搭乗機。最大の特徴は飛行形態への変形機構であり、これにより高所の多い都市紐育でも臨機応変な都市防衛が可能になっている。また、変形機構の搭載により、光武シリーズよりも大型で高出力。大河機は白をベースとしたカラーリングで、大太刀と小太刀による二刀流を駆使して戦う。

「スーパーロボット大戦OG」シリーズ(龍虎王/虎龍王)(機体、パイロットのみ参戦)

龍虎王

龍王機が上部、虎王機が下部の順で合体して完成する超機人。元々は悪魔や破壊神と戦うために、古代人が虎龍王とともに造った半生体兵器。魂ともいえる自律型思考回路を持っており、理知的な性格をしているが、ノド元の「逆鱗」装甲に攻撃を受けると怒り狂って攻撃力が増大する。単独でも行動できるが、内部に彼ら自身が操縦者と認めた人間(念動力者)が乗らなければ駆動システムである「五行器」が完全に作動せず、本来の力を発揮しない。もうひとつの姿である虎龍王に比べて空中・水中戦闘や法術戦闘を得意とし、絶大な攻撃力を持つ。機体そのものは永久機関で動くが、攻撃には符水(燃やした護符の灰を溶かした水)が燃料として必要になる。装甲は護符が呪術によって固められた物であるらしいが、けっして紙でできているわけではない。

虎龍王

虎王機が上部、龍王機が下部の順で合体して完成する超機人。龍虎王に比べて気性が荒く、接近戦・格闘戦を得意とし、武器の扱いに長ける。飛行は不能だが地上走行能力に優れ、身分身の術によって分身も可能。

※本コンテンツをご利用いただくには、別売りの製品版が必要です。
※内容・仕様は予告なく一部変更になる場合があります。

第二弾PVや『スーパーロボット大戦30』入門の先行プレイ動画Part1~3を公開中!

『スーパーロボット大戦30』第二弾PVはこちら
第一弾PVでは公開されなかった新機体や戦艦など、最新情報が盛りだくさん!

「スーパーロボット大戦30入門Part1:出撃編」はこちら
ゲストは『スーパーロボット大戦30』リアン・アンバード役の高橋花林さん。「スーパーロボット大戦」シリーズプロデューサー寺田貴信氏のアドバイスを聞きながら一緒にゲームをプレイ!

「スーパーロボット大戦30入門Part2:戦闘編」はこちら
基本となるゲームプレイを習得した高橋花林さんが、今度は自分で練ったプランでステージクリアに挑戦!

「スーパーロボット大戦30入門Part3:実践編」はこちら
ステージクリア後のインターミッション紹介や、高橋花林さんのプレイ後の感想のほか、『スーパーロボット大戦30』プロデューサー最上頌平氏からの情報も!

※各配信動画は、予告なく変更・公開終了になる場合があります。


スーパーロボット大戦30(サーティ)

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:シミュレーションRPG
・発売日:2021年10月28日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 通常版 9,460円(税込)
    パッケージ版 希望商売価格 超限定版 31,460円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 通常版 9,460円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 デジタルデラックスエディション 14,850円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 デジタルアルティメットエディション 18,150円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)


PS Blogの『スーパーロボット大戦30』記事はこちら


『スーパーロボット大戦30』をPS Storeで予約購入する

©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会
©CLAMP・ST/講談社・TMS©サンライズ
©SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design ©2006-2017 CLAMP・ST
©SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design ©2006-2018 CLAMP・ST
©SEGA
©創通・サンライズ©創通・フィールズ/MJP製作委員会
©円谷プロ©2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
©東映©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会©永井豪・石川賢/ダイナミック企画
©1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
© 2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ

お客様の生年月日を入力してください。