『地球防衛軍6』にさらなる侵略者が出現! 絶望の沼で足掻く人類。その深淵で見たものとは……!?

1 0
『地球防衛軍6』にさらなる侵略者が出現! 絶望の沼で足掻く人類。その深淵で見たものとは……!?

地球防衛3Dアクションシューティング「地球防衛軍」シリーズの最新作として、2022年発売予定のPlayStation®5/PlayStation®4用ソフトウェア『地球防衛軍6』。前作『地球防衛軍5』の激闘から3年後の地球を描いた続編だ。

『地球防衛軍6』3rdトレーラー 兵士の想い出、嘘と本当の話。

今回は、新たに公開された侵略者たちを紹介しよう。先の大戦(『地球防衛軍5』)から残された脅威、瀕死の人類を追い詰めるように現れた新たな脅威、そして地上を支配する邪悪な神までもが登場する。

なお、すでに公開されている侵略者たちについては公式サイトの侵略者紹介ページを参照してほしい。

公式サイトの侵略者紹介ページはこちら

【残された脅威】前作の戦いから今なお増え続ける侵略者たち

先の大戦において、未知の侵略者プライマーとの戦いに人類は辛くも勝利した。しかし、プライマーが置き去りにした侵略生物は地球で繁殖を続け、今なお人類の脅威となっている。

繁殖する侵略生物

マザーモンスター

先の大戦の最中、地下洞穴で発見された侵略生物αの巨大個体。全長は50メートル以上と、約10メートルの侵略生物αとは比較にならない巨体である。交戦した部隊に大きな被害が出ていることから、高い戦闘力を持つと考えられる。

最大の問題は、マザーモンスターが侵略生物αを産む能力を持っていること。地下洞穴からはα型の卵が多数確認された。それらはすべてマザーモンスターが産み出したと考えられる。放置すれば地下で繁殖し、取り返しのつかない事態を招きかねない。またα型が多数確認された場合、周辺にマザーモンスターが存在する可能性がある。調査はもとより、速やかな駆除を最優先すべきだ。

しかしマザーの戦闘力は非常に高く、巨体から噴出される体液(酸)は大量で広範囲におよぶ。噴出されたあとでは避けきれない場合も……。

地球外生物転送装置

テレポーションアンカー

先の大戦で地球に大量投下された、巨大な塔のような物質転送装置。この装置から次々と侵略生物が出現することが確認された。出現する侵略生物がどこからやってくるのかは不明である。

稼働している転送装置を放置すれば、侵略生物を次々に出現させるため非常に危険だ。発見次第、迅速に作動を停止させなければならない。破壊されずに残ったテレポーションアンカーは数年後の現在も起動し、多数の侵略生物の出現が確認されている。

転送装置のコアとなるパーツが塔の上部に確認されており、これを破壊することで完全停止させられる。

【新たなる脅威】人類から地上を奪った未知の侵略者たち

瀕死の人類を、さらなる悲劇が襲う。謎の巨大なリング状の飛行物体が現れ、世界は一変。大気の変質が進み、高性能のアンドロイドやドローンが地上を蹂躙する。そして人類は地上を追われ、地下で暮らすことになった。

改良を施された新型転送装置

テイルアンカー

周囲からアンドロイドの出現が確認されている新型のテレポーションアンカー。従来型と同様、放置すれば非常に危険であり、発見次第、迅速に作動を停止させなければならない。

テイルアンカーには数々の改良が施されており、それらは人類との戦闘を分析した結果だと推測されている。上部の転送装置の弱点を守るため、電磁シールドを搭載。また、全方位を攻撃できる触手のような砲台を2門持っている。

建物を食い荒らす新種の蟻型

強食性侵略生物

α型と似た外見を持つ侵略性外来生物だが、性質は大きく異なり、全く別の生命体だと思われる。甲殻を持たず、外皮は柔らかい。α型と比べて脆弱であり、銃弾によって容易に駆除が可能である。しかし、恐るべきはその食性だろう。プラスチックとコンクリートを分解し、食料とする。木材や金属すらも、ある程度なら分解できるようだ。つまり、人類の作りだした建造物は彼らにとって最高の餌だといえる。実際に建物を食い荒らし、倒壊させる姿が目撃された。

最新の報告から、大集団を形成し、常に群れで行動する性質が明らかになっている。群れの全個体でひとつの建物に群がり、食いつくしてから次の食糧を探して移動する。これは食糧を無駄にせず、効率的に繁栄するためだと考えられる。また、この性質は外敵への対抗策でもあるのかもしれない。大集団を組むことで、外敵から身を守りやすくしていると推測できる。

小型の強食性侵略生物

強食幼兵態

やや小型の強食性侵略生物。幼生体であるのか、集団の中で兵士のような役割を担う存在なのか、詳細は不明である。小さいが強靭な顎と牙を持つ。

地下の狭い空間にも侵入するキラーロボット

地底掘削ロボットネイカー

人間を攻撃目標とするキラーロボット。地下施設など、飛行型ドローンでは攻撃不可能な場所へ侵入するために作られたと思われる。地上すれすれを移動し、かつ浮遊するため、悪路に阻まれることもなくどんな場所でも活動できる。

薄い楕円形のボディは、構造物や地下施設といった狭い空間へ侵入するためだと推測される。機体全面が曲面の装甲に覆われ、しかも車輪や履帯といった弱点すらない。防御能力は戦車以上であり、歩兵の火器で損傷を与えることは難しい。

さらにキツすぎる現実が……人々が恐れ慄くもの、それは邪神クルール

地球も人類も瀕死だ。絶望……どう考えても絶望すぎる。だが、絶望がEDF隊員の魂を肥やす。負けたと認めるまでは敗北ではない。負けていない限り、戦い続けるしかない。道はそれしかないのだ。止まない雨はない。明けない夜はない。だから信じて戦うのだ。諦めたら喜ぶのは敵だ。戦え、戦え、抗え!

……しかし、モノには限度がある。人間、諦めも肝心だ。そして、さらにキツすぎる現実が待ち受ける。絶望の沼にハマり、足掻く人類。その深淵に見たものは……?

邪神クルール──その姿は正視に耐えないほど醜く恐ろしく、出会った者は恐怖のあまり正気を失うという。それは、地上を支配する邪悪なる神……。

邪神クルールは、なぜ地球に現れ、なぜ人類を襲うのか──? 詳細は続報を待て!

フォロー&リツイートでPS5が当たるTwitterキャンペーン実施中! 応募期間は10月15日(金)まで!

「地球防衛軍(EDF)」公式Twitterでは、フォロワー5万人突破と『地球防衛軍6』の対応プラットフォーム発表を記念し、PS5が1名に当たるキャンペーンを実施中! さらに、Amazonギフト券500円分も50名にプレゼントされる。

公式Twitterアカウントをフォローし、該当のキャンペーンツイートをリツイートすると応募完了。応募期間は10月15日(金)までとなっているので、ぜひ参加しよう!

「地球防衛軍(EDF)」公式Twitterはこちら


地球防衛軍6

・発売元:ディースリー・パブリッシャー
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:3Dアクションシューティング
・発売日:2022年予定
・価格:未定
・プレイ人数:未定
・CERO:審査予定


PS Blogの『地球防衛軍6』記事はこちら


©SANDLOT ©D3 PUBLISHER

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

1 コメント

  • かつてなく真新しい切り口、展開、演出
    空も敵も新しくなって味方のキャラまで新しい切り込みをかけてきて、実に新しい…惹かれるな…!
    壮絶な廃墟に対して、どこまでも澄み切ってかつてないほど描写の気合が入った綺麗な空、そしてそれを真っ赤に染めてしまう大胆さ
    グラフィック描写が上がった上に難易度も上がってそうで楽しみだ

コメントを残す

お客様の生年月日を入力してください。