『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』で主人公・八神の“街歩き”を充実させるコンテンツが公開!

0 0
『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』で主人公・八神の“街歩き”を充実させるコンテンツが公開!

9月24日(金)発売予定のリーガルサスペンスアクション「ジャッジアイズ」シリーズ最新作、PlayStation®5/PlayStation®4用ソフトウェア『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』。

今回は、主人公・八神の“街歩き”で体験できるさまざまな要素や、スマホでできること、メインストーリーを進めると遊ぶことができる「ザ・ガントレット」の情報を紹介しよう。

街歩きを充実させる、さまざまなコンテンツ

八神は、神室町や伊勢佐木異人町で起きている事件や謎を解決する「サイドケース」以外にも、街中でさまざまなものを発見したり、猫と触れ合ったりなどの多様な行動をとっていく。今回は、そんな八神の街での行動をいくつか紹介しよう。

街中に描かれたリスの絵の謎を探り、特別なアイテムを手に入れる「ペイントサーチ」

神室町や伊勢佐木異人町のさまざまな場所には、なぜかリスの絵が描かれており、そのポーズから連想される「探偵ガジェット」を使用すると、特別なアイテムのありかに辿り着くことができる。リスの絵は非常にわかりづらい場所にも描かれているので、街をよく観察しながら移動することが重要だ。リスの絵をすべて見つけだし、あらゆる場所に絵が描かれている謎を解き明かそう!

▲聞き耳を立てているリスの絵を発見。探偵ガジェットの「集音器」を使ってみると、音を発しているものが近くにあることがわかる。

街にいる猫たちと仲良くなる「ネコミュニケーション」

街を歩いていると、猫たちが集まる“猫のたまり場”を見つけることも。それぞれの猫に名前をつけ、餌をあげたり撫でて触れ合ったりして可愛がってあげよう。仲が深まると猫が贈り物をくれたり、事務所に顔を出してくれたりするようになる。

▲猫の名前をきちんと覚えておくことが、猫と仲良くなるためのカギとなる。

「落とし物」を拾って人助け

街の散策中、道路にキラキラと光る「落とし物」を見つけることがある。近くに落とし主がいるので、拾って話しかけよう。すると、感謝の言葉とともにお礼の品を渡してくれる。お礼の品の中には通常ではなかなか手に入らないレアアイテムもあるので、積極的に落とし物を拾い、困っている人を助けよう。

▲前方に落とし物と、キョロキョロしている落とし主を発見! 落とし物を渡すと、一体どんなお礼の品をもらえるのか……!?

体力の回復だけでなく、特別な効果が得られる「食事」

飲食店でアイコンのついたメニューを注文すると、さまざまな効果を得ることができる。一定時間、敵が良いアイテムを落としやすくなったり、バトルでもらえる Sp(スキルポイント)が増加したりといったさまざまな効果があるので、積極的に食事をしよう。もちろん、食事により体力も回復できる。

▲料理の左上にアイコンがあるメニューは、積極的に注文しよう。今回は珍しい素材を拾いやすくなる効果を得ることができた。

八神の幅広い活動を助ける便利なスマホ機能

前作よりもさらに進化し、アイテムの使用やスキルを習得するだけでなく、さまざまな機能を持つようになったスマホのアプリ。「カメラ機能」や、これまでの出来事を振り返ることのできる「CASE FILE」などはもちろん、街のトラブルの発生場所を発見できる「バズリサーチャー」や、移動に便利なアプリ「タクシー」なども搭載されている。

その中でも目新しいアプリとして、「School日誌」、「TownGo」、「探偵ガジェット」を紹介しよう。

ユースドラマの進行に役立つ「School日誌」

今作の大きなコンテンツのひとつ、「ユースドラマ」。外部指導員となるミステリー研究会以外に、八神が潜入するコミュニティは、高校の部活動をはじめ9つにものぼる。それらの状況を確認できるのが「School日誌」というアプリだ。各コミュニティでのドラマの進行度合いや、次に進むには何が必要なのかという情報、相関図などを確認することができる。

また、八神の外部指導員としての指導力も見ることが可能。この指導力のパラメーターが一定以上にならないとユースドラマのストーリーが進まないこともあるので、必要に応じてチェックしよう。指導力は、コミュニティでの活動に関わっていくことで増えていく。

▲各コミュニティの進行具合や、次に進むための条件がひと目でわかる便利なアプリ。ストーリーを進行させると、各コミュニティの相関図も進化し、状況把握にも役立つ。

街での行動や、バトルの楽しさを増加させてくれるミッションアプリ「TownGo」

前作では「KAMGO」だったアプリが、今作では舞台が2都市となったことで「TownGo」に。前作よりも多彩なミッションが設定され、ゲームをより深く楽しむ手助けをしてくれるアプリとなっている。難易度順に金/銀/銅でランク分けされ、達成が難しいミッションほど、多くのSpを獲得できる。ミッションの内容をチェックしながら行動していこう。

▲新コンテンツ「ユースドラマ」でもミッションが存在する。腕を磨いてクリアしよう。

「探偵ガジェット」はスマホから起動可能!

今作では、八神の調査を助ける「探偵ガジェット」がいくつか用意されており、スマホから使うことができる。街にいるときは、探偵犬の呼び出しもガジェットから可能だ。また、今作でもドローンを屋外で飛ばし、調査活動を行なうことができるので、八神が行けない高い場所などに飛ばして様子を探ろう。

プレイテクニックを活かせる高難度ミッションモード「ザ・ガントレット」

「ザ・ガントレット」は、さまざまな条件がついたバトル、アスレチック、スティール、チェイスなど、一風変わったミッションが遊べるモードだ。本編の進行状況に応じて新しいミッションが解放されていき、各ミッションの初回クリア時には本編で使用できるアイテムを入手できる。「ザ・ガントレット」でしか入手できないレアなアイテムもあるので、ぜひ挑戦してみよう。

▲一部のバトルミッションでは、本編で登場した敵が強化されて登場する。本編とは異なる多様なバトルにチャレンジ可能。

製品版の一部をプレイでき、セーブデータが本編でも使える無料体験版が配信中!

PlayStation®Storeにて『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶 体験版』が配信中。体験版では、本編の冒頭から1章の途中までプレイでき、本編でも使用できるセーブデータが保存可能となっている。八神が真実に迫る「事件」の始まりが描かれるストーリーや、尾行、アスレチック、スティール、チェイスといったシリーズ独自の「調査アクション」、そして爽快感あふれるバトルといった、本作のアクション要素と、そのチュートリアルが体験可能だ。
※本体験版は本編とは異なり、一部のプレイスポットを利用することができません。


LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶

・発売元:セガ
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:リーガルサスペンスアクション
・発売日:2021年9月24日(金)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 9,119円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 9,119円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 デジタルデラックスエディション 13,519円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)


PS Blogの『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』記事はこちら


『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』をPS Storeで予約購入する

©SEGA
※画面はすべて開発中、PS5版のものです。

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

コメントを残す

お客様の生年月日を入力してください。