Insomniac Games最新作『Marvel’s Spider-Man 2(仮)』/『Marvel’s Wolverine(仮)』がPS5™で発売決定!

2 0
Insomniac Games最新作『Marvel’s Spider-Man 2(仮)』/『Marvel’s Wolverine(仮)』がPS5™で発売決定!

※本記事は英語版PlayStation®.Blogの日本語翻訳記事です。

私がInsomniac Gamesに入社してからおよそ18年(改めて思い返すと長い!)が経ちました。Insomniacで働く上で私がいつも感謝の気持ちを感じる点は、コラボレーションが高く評価され、推奨される風土です。ともに働き、そして何より、お互いの意見に耳を傾けることで、つねに良い成果が出せると思っています。

このアプローチはスタジオ外部の人たちと働く時でも同じです。これまでのMarvel Gamesとのコラボレーションは、いつも非常に楽しいものでした。過去作『Marvel’s Spider-Man』や『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』を制作する課程で、信念を持つメンバーたちとともに学び、共有できたことは、私たちのキャリアにおける最高の経験でした。しかも、そのコラボレーションはまだまだ続いていきます。本日私達が発表したのはなんと2本ものMarvelの新作タイトル、『Marvel’s Spider-Man 2(仮)』と『Marvel’s Wolverine(仮)』です。

まずは、多くのファンの皆さんに期待していただいていた続編『Marvel’s Spider-Man 2(仮)』からご紹介しましょう。ふたりのスパイダーマン、ピーター・パーカーとマイルズ・モラレスの旅を続けることができて、とても興奮しています。彼らのこれまで以上に壮大なシングルプレイアドベンチャーは、PlayStation®5限定で2023年に発売予定です。

続編でPS5本体の能力を引き出すことにワクワクする一方で、ピーターとマイルズの新しいストーリーを作り上げることにも同じように興奮しています。これまでの「Spider-Man」シリーズと同様に、偉大なスーパーヒーローの物語を語るだけではなく、マスクの裏側にいる人物の奥深くに切り込んでいく、感情とユーモアに溢れた、魅力的なヒューマンストーリーもお届けしたいと思っています。

今回、『Marvel’s Spider-Man』のオリジナル開発チームのほとんどが『Marvel’s Spider-Man 2(仮)』の制作のために再結集しました。その中にはブライアン・インティハー(クリエイティブディレクター)やライアン・スミス(ゲームディレクター)もいます。本日のゲーム映像トレーラーには、主人公が習得することになる新アビリティ、彼らのスーツ(これについては後日詳しくご紹介します)、そしてヴィランが登場しましたが、お見せしたのはゲーム全体のほんの一部に過ぎません。ヴィランと言えば、トレーラー最後のセリフはお聞きいただけたでしょうか? なんと『Marvel’s Spider-Man 2(仮)』では、『キャンディマン』で有名なトニー・トッドが、シンビオートの力を得たヴェノムの声優を演じます。さらには前作で主人公を演じたふたり、ユーリ・ローエンタールとナジ・ジーターもそれぞれ再びピーターとマイルズを演じています。『Marvel’s Spider-Man』シリーズでこれほど多くの素晴らしい才能を持つ役者と共演できるのは非常に幸運なことです。そしてトニーが加わることで、さらにキャストの顔ぶれが豪華になりました。

それでは、皆さんがおそらく予想していなかったタイトルについてお話しします。そう、『Marvel’s Wolverine(仮)』です。『Marvel’s Spider-Man』の制作中、私たち開発チームの全員、つまりInsomniac、およびソニー・インタラクティブエンタテインメント、そしてMarvelが大集結し、今後の未来について一緒に意見を出し合う機会がありました。そしてその初期のディスカッションにおいて、この3社ともにゲームを作りたいキャラクターとして、いつもウルヴァリンの名前が上がっていました。その数年後、私たちはソニー・インタラクティブエンタテインメントとMarvelを前にして、アダマンチウムの爪を持つミュータントを主人公にしたPS5のゲームについてプレゼンテーションを行なったのです!(もう発表の動画をご覧になっているのでご存じの通り、プレゼンは上手くいきました!)

Insomniacチームの多くがこのキャラクターの大ファンで、彼に惹かれた重要な要素のひとつは、驚くことに”Spider-Man”とはそう変わらないものでした。どちらのヒーローも、力を持たない人々を守ろうとせずにはいられないというところです。

『Marvel’s Wolverine(仮)』はシングルプレイタイトルで、ブライアン・ホートン(クリエイティブディレクター)とキャメロン・クリスチャン(ゲームディレクター)がディレクションを担当します。彼らはInsomniacが非常に誇りにしている作品『Marvel’s Spider-Man:Miles Morales』で、そのクリエイティビティを発揮してくれました。「Marvel’s Spider-Man」シリーズの流れを受けた今作における私たちの目標は、”ウルヴァリン”というキャラクターをこれほどまでの人気に押し上げたそのDNAを尊重するだけでなく、Insomniacの精神を真の意味で反映した、斬新なゲームに仕上げることでもあります。『Marvel’s Wolverine(仮)』の開発はまだまだ初期段階にありますが、感情豊かなストーリーと最新のゲームプレイから、すでにとても特別な作品になることをチームのみんなが感じています。

『Marvel’s Spider-Man』、そしてさらには『Marvel’s Wolverine(仮)』の新たなオリジナルユニバースを作れることは、Insomniac Gamesにとって非常に名誉なことです。これらのゲームを開発する機会を与えてくれたソニー・インタラクティブエンタテインメント関係者の皆さん、多くの人にとって非常に意味のあるキャラクターたちを私たちに預けてくれたMarvel、そしてもちろん、私たちを信頼し続けてくれるファンの皆さんに大きな感謝を申し上げます。

※本情報はPlayStation®Showcase 2021で発表された内容となります。販売するタイトルは国・地域によって異なる場合があります。
※本記事で紹介しているトレーラーは英語版となります。

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

2 コメント

  • ヴェノムきたー。
    インソムニアックは信頼してるので、この2作にももちろん期待してる。

    どうせならソニピクのヴェノム、スパイダーマンホームシリーズ最新作とのリンクを目指してほしい。
    デップーやパニッシャーも出してほしいな。

  • マーベル系は全てInsomniac gamesに任して欲しいぐらいやな!

    アベンジャーズや他のマーベル作品もinsomniac gamesが担当なら本当安心なのにな!

コメントを残す

お客様の生年月日を入力してください。