『グランツーリスモ7』が2022年3月4日(金)にPS5™とPS4®で発売決定!

5 0
『グランツーリスモ7』が2022年3月4日(金)にPS5™とPS4®で発売決定!

※本記事は英語版PlayStation®.Blogの日本語翻訳記事です。

初代PlayStation®で初めて『グランツーリスモ』を世に送り出したあの日の、言いようのない熱気と興奮を今でもはっきりと覚えています。

今日、当時と同じ言いようのない興奮を覚えながら、『グランツーリスモ7』が2022年3月4日(金)に、PlayStation®5とPlayStation®4で同時に発売されることを発表します。

この25年間で、クルマを取り巻く文化的環境は大きく変わりました。初代『グランツーリスモ』を開発したのは、当時の豊かな自動車文化のなかで生まれた私のような開発者でした。そのため、現代の皆さんが、当時の私たちが経験したのと同じような文化的環境に身を置くことは難しいかもしれません。

今日の文化における『グランツーリスモ7』の目標は、長きにわたるシリーズのファンだけでなく、クルマをよく知らない初心者の方にも、過去150年間もの自動車とレース文化のすべてを伝えられるデザインにすることです。

『グランツーリスモ7』は、長年にわたる「グランツーリスモ」ファンの皆さんの期待に応えるシリーズの集大成であると同時に、過去の自動車文化のすべてをひとつのゲームに詰め込むという困難なミッションの始まりを告げるタイトルでもありました。

最高の「グランツーリスモ」体験

「グランツーリスモ」とは、イタリア語で”大旅行”を意味します。さかのぼること17世紀、人々はヨーロッパ大陸を渡る長い旅に出て、旅先で学びと成長を繰り返していました。「グランツーリスモ」シリーズの名前はここからとったものです。

その精神を同じくしている本作の「GTキャンペーンモード」は、個々のプレイヤーの皆さんが自分だけの旅をして、人生の学びを得る場となっています。

「グランツーリスモ」シリーズを長年プレイしていただいているファンの皆さんからは、GTキャンペーンモード(*)の復活を強く望む声をいただいていました。本日ご紹介したトレーラーをご覧いただければ、新たにデザインされたGTキャンペーンの雰囲気を感じていただけると思います。本作では、GTキャンペーン体験の原点に戻り、プレイヤーの皆さんは「GTワールドマップ」からスタートいただくことになります。

「リバリーエディター」

『グランツーリスモSPORT』にリバリーエディター(*)が導入されて以来、私たちは何百万もの複雑で独創的なデザインを目にしてきました。私たちは、ファンの皆さんがリバリーエディターで作成したカラーリングの質の高さと、その量の多さに驚かされました。これが、ファンの皆さんにとって重要な機能であることを認識した私たちにとって、『グランツーリスモ7』のリバリーエディターに関する主な目標は、ユーザーインターフェースを改善し、実用性と使いやすさを向上させることでした。

「スケープス」

愛着のあるクルマを所有していると、世界中のさまざまな場所で写真を撮りたくなるのは当然です。スケープス(*)では、HDR技術(HDR対応ディスプレイが必要)を使用したフォトリアリスティック(写真のようにリアル)な一枚や、高度なエフェクト、パンニングショット(流し撮り)などを自由にコントロールすることができます。世界43ヵ国、2,500ヵ所以上のフォトスポットで自由に愛車を撮影し、撮影したすべての瞬間を、あなたと同じ愛と情熱を持つほかのプレイヤーと共有することができます。

伝説のサーキット

本作では、GTキャンペーンモードの復活に加えて「トライアルマウンテン」(*)や「ハイスピードリンク」(*)など、シリーズの歴史に刻まれたサーキットが甦ります。PS5の表現力に合わせてディテールを向上させ、レイアウトの一部にも手を加えていることは、トレーラーでご覧いただいたとおりです。PS5の表現力に合わせて、これらのサーキットを細部まで豊かに再現することは、チームにとって新たな挑戦となりました。

カー・コレクション

クルマの形や名前を覚えることが、自動車文化に触れるための第一歩。FF、FR、911、356、トランスミッションなどなど……自動車文化に登場する代表的な言葉への興味は、まずクルマの形や名前を知り、覚えることから始まり、そこからクルマへの愛と情熱が始まります。そのため、『グランツーリスモ7』は、これまでの「グランツーリスモ」シリーズ以上に、”クルマをコレクションするゲーム”として明確にデザインされています。

ゲーム内の「GTカフェ」(*)の主な機能は、過去、現在そして未来の文化的な意味を持つカー・コレクションを提示し、「グランツーリスモ」の世界での冒険をナビゲートすることです。プレイヤーの皆さんは「GTカフェ」のミッションや進行を、世界のさまざまなレースに出場してプレゼントカーとして獲得したり、ブランドセントラルや中古車ディーラーで獲得しながらコンプリートしていきます。

チューニング

クルマを所有する大きな喜びのひとつは、自分の好みに合わせて改造やカスタムすることであり、わずかな変更でもクルマの挙動に異なる影響を与えます。『グランツーリスモ7』では再び、「ノーマルカー」からスタートして、エンジン、サスペンション、トランスミッションのギア比、ブレーキ、タイヤなどを調整して、自分の好みに合うようにクルマを仕上げることができます。

「GTオート」(*)も復活し、ホイール交換や、クルマのワイドボディ化、ロールケージやエアロパーツの装着などが楽しめるほか、エンジンオイルの交換や洗車も行なえます。

時間/天候の変化シミュレーション

『グランツーリスモ7』で実現した時間変化および天候変化のシミュレーションは、複雑な自然を研究し、それをゲームに仕立て上げたポリフォニー・デジタルならではの機能です。膨大な気象観測データを参照し、地球環境規模での大気中のエアロゾル粒子の粒径分布や濃度分布の空間的/時間的な状態を、「グランツーリスモ」独自の方法で再現しています。

シミュレーションの妥当性は、世界中の数千箇所のデータを蓄積してきたスケープスのHDR画像で確認されています。その結果、時間帯や天候による光の変化や、リアルで複雑な空模様を表現することに成功しました。

私たちは、この上なくワクワクした気持ちで、皆さんに『グランツーリスモ7』をお届けできる2022年3月4日(金)を心待ちにしています。

今後、さらに多くのエキサイティングなニュースや最新情報をお届けしますので、ご期待ください。

* これらの機能を利用するには、インターネットへの接続が必要です。

※本情報はPlayStation®Showcase 2021で発表された内容となります。販売するタイトルは国・地域によって異なる場合があります。
※本記事で紹介しているトレーラーは英語版となります。

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

5 コメント

  • どうせ延期する、にPS Plus1ヶ月分

    PS STOREとか店舗での予約が開始されない限り信用しない

    まぁ、でも楽しみだな
    早く出してくれ

  • PS5の未来を紹介すると謳った放送で縦マルチ発表
    元々はPS5専用と発表されていただけにとても残念です

  • プロボックスとか、カングーとか、およそ「走りのクルマ」ではないものを、たくさん収録してほしい。車のデジタル図鑑、になってほしいなー。
    大阪環状とか、新東名とか、現実にはレースなんてできない道を、収録してほしい。旧東名を、用賀から名古屋までのレースとか。楽しいだろうなー。

  • GT7、中古車を買って、クソデカGTウイングを着け、ビッグタービン載せて、フルカーボンボディ化し、スーパーカーをぶっちぎるアレを現代の車でできるのか……!

  • 進化するグランツーリスモシリーズに、期待を膨らませています。
    プレイステーション版から、PS-4のスポーツまで全てプレイしていますが、グランツーリスモ7の内容が、今までの物よりもグレードアップされることにワクワクしています。
    しかも、自分の誕生日に発売ということで、すごく嬉しいですね!

コメントを残す

お客様の生年月日を入力してください。