長編伝奇ビジュアルノベル『月姫 -A piece of blue glass moon-』本日8月26日発売!

0 0
長編伝奇ビジュアルノベル『月姫 -A piece of blue glass moon-』本日8月26日発売!

PlayStation®4用ソフトウェア『月姫 -A piece of blue glass moon-』が、本日8月26日(木)発売! 『月姫』は、TYPE-MOONが2000年に発表した長編伝奇ビジュアルノベルだ。モノの壊れやすい線──「死の線」を見る能力を持つ主人公・遠野志貴を中心に描かれる物語は、頒布当時から多くの人を魅了してきた。その『月姫』が、奈須きのこ・武内崇をはじめとしたTYPE-MOONスタッフにより、以前の面影を残しつつ新たなる表現とともに、いまここに『月姫 -A piece of blue glass moon-』として新生!

『月姫 -A piece of blue glass moon-』第2弾PV

『月姫 -A piece of blue glass moon-』第3弾PV

『月姫 -A piece of blue glass moon-』解禁映像はこちら

【イントロダクション】

『月姫 -A piece of blue glass moon-』には、“アルクェイド”シナリオ『月姫』と“シエル”シナリオ『夜の虹』の2篇で綴られる「月の表側」を語る物語が収録されている。作品を新生させるにあたり、奈須きのこ自らの手により分解し再構築された物語は、2010年代の東京を舞台にアップデートとボリュームアップされ、環境の変化が新たな緊張感とリアリティを生み出す。進化した美麗で重厚なビジュアルと演出、音楽で映しだされる、懐かしくも新しいTYPE-MOONの原点。

【ストーリー】

ああ────
今夜はこんなにも、月が綺麗だ────

幼い頃、事故によって大怪我を負った遠野志貴。
追いやられるように遠縁に預けられ、
穏やかな日常を送っていた彼の元に、父・槙久の訃報が届く。
実家に呼び戻された彼を待っていたものは、
父から当主の座を受け継いだ妹の秋葉、そして二人のメイドだった。
新たに始まる遠野家の長男としての生活。
古くからの因習を受け継ぐ一族。
自分とは釣り合わない豪邸での暮らし。
過去の風景に記憶の断片を呼び起こされるなか、
遠野志貴はヒトのカタチをした生き物とすれ違い──

同人ゲームとして製作され、
今なお語り継がれる伝奇ビジュアルノベルの傑作『月姫』が、ここに新生!!

【キャラクター】

遠野志貴

CV:金本涼輔

本作の主人公。一見、温厚で物静かな文学少年。
過去の体験からか同年代の若者にくらべ、やや特異な死生観を持ってしまった。
七年前に交通事故に巻き込まれ、昏睡状態から回復した彼の目には『モノの壊れやすい線』が見えるようになっていた。あらゆるモノに死をもたらす線。それを抑制する手段と、人生の在り方を『先生』に与えられたことで、本来あるべき日常生活へと復帰している。
その後は遠縁の家に預けられていたが、父親の死を理由に遠野の本家へと呼び戻されることとなった。

アルクェイド・ブリュンスタッド

CV:長谷川育美

本作のメインヒロイン。非の打ちどころのない、気品のある容姿に反して天真爛漫、子供じみた態度を見せる謎多き女性。ある目的をもって総耶の街を訪れたが、衝撃的な出会いを経て志貴と行動を共にすることとなる。
正体は真祖と呼ばれる人ならざる存在──『吸血鬼』の王族。らしい。圧倒的な身体能力を備え、太陽の光をものともしない彼らは人類にとって脅威となるが、アルクェイド自身は伝承のように血を吸うこともなく友好的に接してくる。それがどのような理由によるものなのか、彼女自身もよくわかっていない。

シエル

CV:本渡 楓

志貴の通う学校の先輩。テキパキとした仕草と笑顔、そしてメガネがトレードマーク。物腰柔らかで、誰に対しても丁寧に接する人となりから周囲からの信頼も厚く、志貴にとっても頼れる相談相手となっている。
昼休みや放課後には茶道部の部室に出入りをしているようで、志貴はこの部室にたびたび足を運んでは茶菓子をごちそうになったり、相談事や世間話をするなど、少しずつシエルとの交流を深めていくこととなる。
親友である有彦の憧れの女性でもあり、平和な日常を象徴するかのような人物。

【キーワード】

●七年前の事故
幼き日の志貴を襲った交通事故。志貴は『とても助からない』ほどの重傷を負い、その際に出来た胸の傷は、成長した現在でも消えることなく残っている。

●死の線
七年前の事故によって、生死の境をさまよった志貴にだけ見える『モノの壊れやすい線』。この線に沿って刃物を通すことで自然物、人工物を問わず切断することが可能となる。

●先生
七年前、幼い志貴の前に現れた不思議な女性。志貴に『死の線』を遮る特殊な眼鏡を渡して街を去り、その後二度と姿を見せることはなかった。

●遠野家
総耶に古くから根を下ろす名門一族の本家であり、いくつかの分家と共に財閥めいた一大グループを築き上げている。現在の当主は故・遠野槙久の長女である遠野秋葉。

●吸血鬼殺人事件
総耶の繁華街を中心に発生している連続猟奇殺人事件。その被害者の遺体からは全ての血液が抜き取られているという噂がある。

●吸血鬼
人間の血を吸うモノの卑称。おとぎばなしに登場するモンスターの名称。総耶で発生中の連続殺人事件の犯人だと目されている。

【スタッフ】

シナリオ・監督:       奈須きのこ
キャラクターデザイン:    武内崇
アートディレクター:     こやまひろかず
グラフィック:        蒼月タカオ 下越 縞うどん 砂取音幸
演出・スクリプト:      BLACK
スクリプト:         漆之原
プログラム:         Kiyobee
音楽:            深澤秀行 芳賀敬太
ロゴデザイン:        WINFANWORKS
主題歌:           ReoNa「生命線」(SACRA MUSIC)
オープニングアニメーション: ufotable
企画・制作:         TYPE-MOON

【製品概要】

パッケージ版 通常版
希望小売価格 7,700円(税込)
・ゲーム本編

パッケージ版 初回限定版
希望小売価格 8,800円(税込)
・ゲーム本編(パッケージ通常版)
・設定資料集【「月姫マテリアルⅠ-material of blue glass moon-」】
・【武内崇描き下ろし特装化粧箱】

ダウンロード版 通常版
希望小売価格 7,700円(税込)
・ゲーム本編

ダウンロード版 デジタルデラックス版
希望小売価格 8,250円(税込)
・ゲーム本編(ダウンロード通常版)
・設定資料集【「月姫マテリアルⅠ-material of blue glass moon-」】デジタル版

▲初回限定版パッケージビジュアル(左)/通常版パッケージビジュアル(右)


月姫 -A piece of blue glass moon-

・発売元:TYPE-MOON
・販売元:アニプレックス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:長編伝奇ビジュアルノベル
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 通常版 7,700円(税込)
    パッケージ版 希望小売価格 初回限定版 8,800円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 通常版 7,700円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 デジタルデラックス版 8,250円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

※ダウンロード版ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。


『月姫 -A piece of blue glass moon-』公式サイトはこちら

『月姫 -A piece of blue glass moon-』公式Twitterはこちら

『月姫 -A piece of blue glass moon-』をPS Storeで購入する

©TYPE-MOON

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

コメントを残す

お客様の生年月日を入力してください。