『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』の舞台となる横浜・伊勢佐木異人町のプレイスポットと遊べるミニゲームが公開!

0 0
『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』の舞台となる横浜・伊勢佐木異人町のプレイスポットと遊べるミニゲームが公開!

9月24日(金)発売予定のリーガルサスペンスアクション「ジャッジアイズ」シリーズ最新作、PlayStation®5/PlayStation®4用ソフトウェア『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』。

今回は、物語の舞台となる横浜・伊勢佐木異人町のプレイスポットと、そこで楽しめるミニゲームが公開! 主人公の八神が挑む、難解な調査に必要不可欠な「探偵ガジェット」についても紹介しよう。

伊勢佐木異人町の紹介とプレイスポット情報

伊勢佐木異人町

「神内駅」を中心に広がる横浜の繁華街。観光名所として名高い中華街や湾岸の美しさとは対照的に、うらぶれた地域も混在している。高校のいじめ調査の依頼を受けたことで、八神も伊勢佐木異人町へと足を踏み入れることに。

八神たちが潜入調査する先は私立誠稜高校という進学校だが、表通りから一歩裏へ入れば中国マフィアの「横浜流氓(はんぴんりゅうまん)」や謎の組織「コミジュル」の縄張りもある。

伊勢佐木異人町のプレイスポット

【スケボーパーク】

横浜に存在する倉庫を改造したスケートボードパーク。ここには、ユースドラマのスケボーグループに潜入する際に訪れることになる。

スケボーパークでは、滑り台のような曲線状の台「クォーター」や、平均台のような「レール」を用いてトリックを行ない、制限時間内で各ミッションのスコアをクリアすることを目指す。また、ミッションに応じてパーク内の設備も変化する。

▲各ミッション中にはアイテムなどに交換できるコイン型のスケボーポイントが存在するが、スコアを達成しなければ得ることができない。与えられたミッションごとにコース取りを考え、効率良くスコアを稼ぐことが重要だ。
▲スピードに乗った状態でクォーターを使用して角度をうまくつけると、ジャンプトリックを決めることができる。ジャンプに移るタイミングやジャンプ中のボタン操作でトリックの高さや回転が変化し、うまく操作できれば高いスコアを得ることが可能。

<スケボーレース>

スケボーグループとのドラマを進めると、横浜の街をステージにしたスケボーレースへの参戦が可能となる。レースでは、横浜の街中を6人のライバルたちとスケートボードで順位を競い合う。アイテムを使用して加速したり、ライバルを妨害したりすることが可能で、障害物をジャンプで避けることでも加速をすることができる。

【VR サロン パラダイス】

神室町から伊勢佐木異人町の中華街に引っ越した「VR サロン パラダイス」。ここでは「VR すごろく」と「エアセリオス」を楽しむことができる。

<VR すごろく>

「VR すごろく」は、すごろくのマスにある鍵開けやバトル、そして初登場の「VR アスレチック」など、さまざまなイベントをクリアすると手に入る換金アイテムを集め、ゴールで精算して賞金を獲得するのが基本の遊び方。今作では、八神と競争する「ライバル」が登場。ライバルより先にゴールできれば高額報酬をゲットできるが、先にゴールされてしまうとゲームオーバーとなる。また、ライバルに負けてもそれまで手に入れた賞金などは獲得できるコースもある。

バトルマスに止まると、バトルスタイルが制限されたミッションや、「VR レールガン」のような武器を使ったりするなど、「VR すごろく」ならではのバトルを行なうことがある。また、ライバルと同じマスに止まると、八神とライバルとのバトルが開始! 互いのサイコロの出目によって各々の分身の数が決まり、先に本体を倒した方が勝利。

新イベントマスの「VR アスレチック」は、VR空間にそびえたつ高い壁を制限時間内にできるだけ高く登ると、高さに応じた報酬を獲得できるという、シンプルなルールとなっている。なお、落下したり、制限時間を迎えた場合はその時点での最大の高さで報酬が決定。上からは、握力を表す黄色のグリップゲージを減らすいろいろな物が落ちてくるので、うまく避けながら壁を登ろう! 移動速度を上昇させたり、グリップゲージを回復させるアイテムを効率よく取っていくことが攻略のカギだ。

<エアセリオス>

特定のサイドケースをクリアすると、「VR サロン パラダイス」で「エアセリオス」が遊べるようになる。「エアセリオス」は、左右のスティックでドローンを操り、全方位から迫る敵を撃ち落とすシューティングゲーム。制限時間内に指定された数の敵を撃破するとクリアとなる。ドローンは強化アイテムを購入することで、ドローンの耐久力や攻撃力などを強化することも可能。

【Dx LEAGUE IJINCHO】

今作では、馬車街道西にあるフットサルコート内に、ドローンレース会場が特設されている。ここでは、ドローンレースの受付と、ドローンの改造をすることが可能だ。

<ドローンレース>

今作のドローンレースは、伊勢佐木異人町の街を活かしたバリエーション豊かなコースが用意されている。レースはリーグ戦となっており、1リーグ複数のコースで構成されていて、全コース終了時点で総合ポイントが一番高いレーサーがリーグ優勝となる。

会場にはドローンラボも併設されている。ラボでは、街中に落ちている素材やお金を使って、パーツ開発を行なうことが可能。さまざまなコースに対応できるように、パーツをいろいろ開発しておこう!

【Heaven’s GOLF】

神内駅西エリアにある都市型の打ちっぱなしゴルフ場。ビンゴチャレンジとニアピンチャレンジの、ふたつのルールで遊ぶことができる。

【ダーツバー Bee】

初心者でも気軽にダーツを楽しめるバー。店内では食事をすることも可能。

【路上将棋】

ホームレスたちが集まる広場の近くにあり、どんな人間でも快く迎え入れてくれる。神室町の路上将棋と同じく、対戦形式の順位戦モードや、駒落ち状態で指す試練踏破モード、将棋パズルの詰将棋モードを遊ぶことができる。

【バッティングセンターMIRAI】

馬車街道の海沿いにあるバッティングセンター。神室町の吉田バッティングセンターと同様に、多彩な難易度とさまざまなコースでバッティングが楽しめる。

【麻雀しとろん】

横浜の麻雀好きが集う店で、特定の条件をクリアすると参加できるイベントがある。

【麻雀倶楽部 花鳥風月】

横浜の麻雀の凄腕が集う店で、レートも高めに設定されている。こちらも特定の条件をクリアすると参加できるイベントがある。

【カジノ】

会員制で、どこに存在するのかも秘密とされているカジノ。ポーカーとブラックジャックを楽しむことができる。

【賭場】

入り口には暗証コードのかかった鍵があり、一般の人間は入ることができない。こいこいとおいちょかぶが楽しめる。

【ゲームセンターささき】

街の小さなゲームセンター。レトロゲームを中心に置いているので、古くからのゲーマーに人気がある。

【クラブセガ 中華街店】

シューティングゲーム「HAMA OF THE DEAD」もプレイすることができるゲームセンター。定番の「UFOキャッチャー」など多くのゲームを楽しむこともできる。

<HAMA OF THE DEAD>

一人称視点のシューティングゲーム。うまく狙いを定めてゾンビを倒し、ゾンビが横行する荒廃した伊勢佐木異人町から無事に生還しよう!

今作より新登場の道具も! 調査に役立つ「探偵ガジェット」

今作では、街で発生中のトラブルを発見できたり、盗聴器などの犯罪につながるものを見つけ出せたりする、さまざまな「探偵ガジェット」が登場し、八神の探偵活動を大いに助けてくれる。状況に応じてこれらのガジェットをうまく使いこなし、事件を解決していこう。

【バズリサーチャー】

『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』の、世界のつぶやき投稿SNSツール「ユッター」をハッキングして事件性の高いワードを抽出し、そのつぶやきがどこで投稿されたかをマップに表示するアプリが「バズリサーチャー」だ。

これによって、現在発生中のトラブルを検出することが可能となる。前作でもハッキングや電子工作の技術で八神を助けてくれた、九十九誠一(つくもまこと)が作り出した。

【集音器】

街の人の困った声や、不審な音を聞き取ることに役立つガジェットで、人間の耳では聞こえないような小さな音も拾うことができるようになるほか、どこから音が発生しているかも探れる機能を持っている。音の発生源を詳しく探ることで、調査を進めることが可能となる。

▲怪しい場所に集音器を向けると、音の出ている方向が表示される。
▲上にあった音の発生源に集音器を向けると、詳しく調べることが可能に。よくよく調べると、マンションの高層階の外壁にぶら下がっている男が……!

【電波探知機】

怪しい電波を出している盗聴器や盗撮カメラなど、犯罪に関係しそうなものの位置を探ることができ、事件があった場合に大いに役立つガジェット。

▲電波探知機のインジケーターが赤いときは方向が正しくなく、インジケーターが短いときは遠いことを表している。この場合、電波の発信源はやや遠く、正面にはない。
▲インジケーターが緑の時は方向が正しいため、この先に電波の発信源がある。インジケーターも長いので、発信源は近くにありそうだ。

【探偵犬】

事件や謎の匂いを嗅ぎつけると話題になっている探偵犬。八神にはなぜかすぐになついてしまい、犬の嗅覚が必要になるような事件があれば、呼び出すことができる。

必要とする事件がない場合は、呼び出すことで散歩に連れていくことが可能。散歩中はアイテムの生成やミニゲームのカスタマイズのパーツに使える素材を拾ってくるだけでなく、街に隠れ落ちているアイテムを探し出してくれる。

▲証拠品の匂いが事件のカギとなっている場合、探偵犬を呼びだすと匂いの発生源に案内してくれる。匂いの発生源にたどり着くと、到着をアピール!

【変装】

敵のアジトなどに潜入するときに有効となるのが「変装」だ。変装をすることで周囲の目を欺き、怪しまれずに調査をすることができる。状況を踏まえて、適切な衣装に着替えよう。

▲時にはかなり特殊な衣装を身につけることも。忍者になる必要があるのは、いったいどういう状況なのだろうか……!?

【スクープ】

事件の決定的な瞬間をスマホのカメラを使って撮影する「スクープ」が今作も登場! 鮮明な写真になるようにピントやズームを調整し、条件に合った瞬間をカメラに捉えよう。

▲依頼や現場の状況に応じて、求められる撮影条件は変化。また、動き回る被写体など、決定的瞬間を撮りにくい場合は「スクープアイ」を使うとスローモーションになり、撮影しやすくなる。

LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶

・発売元:セガ
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:リーガルサスペンスアクション
・発売日:2021年9月24日(金)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 9,119円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 9,119円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 デジタルデラックスエディション 13,519円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)


PS Blogの『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』記事はこちら


『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』をPS Storeで予約購入する

©SEGA
※画面はすべて開発中、PS5版のものです。

お客様の生年月日を入力してください。