『エーペックスレジェンズ』新シーズン「エマージェンス」が開幕! アップデートの詳細をパッチノートでチェック!

0 0
『エーペックスレジェンズ』新シーズン「エマージェンス」が開幕! アップデートの詳細をパッチノートでチェック!

基本プレイ無料のPlayStation®4用バトルロイヤルシューティング『エーペックスレジェンズ』。8月4日(水)より新シーズン「エマージェンス」が開幕を迎えた。新レジェンド、武器、マップアップデート、ランクアリーナなどの詳細を確認して、「エマージェンス」の詳細を探ろう!

『エーペックスレジェンズ』新シーズン「エマージェンス」が開幕! アップデートの詳細をパッチノートでチェック!

新コンテンツ

新レジェンド:シア

『エーペックスレジェンズ』新シーズン「エマージェンス」が開幕! アップデートの詳細をパッチノートでチェック!

マイクロドローンとアーティストの目を持つシアは、他のレジェンドが見逃してしまうようなチャンスを美しい動きでつかむ。以下でシアのアビリティを確認しよう。

パッシブ – ハートシーカー
エイム中に、周囲の敵の心音を視覚化して、敵の位置を知ることができる。シアは武器を持っていない場合でもADS(エイム)が可能。

戦術 – フォーカス・オブ・アテンション
マイクロドローンを呼び出して、壁を通過する遅延爆風を放出し、敵の位置(さらにはそのHPバー)を明らかにし、敵のアビリティを無効化する。

アルティメット – ショーケース
マイクロドローンの球体を作り出し、範囲内で素早く移動したり、射撃している敵の位置を明らかにする。

クラスパッシブ:リコン
スキャンを行う調査ビーコンが次のリングの位置を明らかにする。

マップアップデート

ハーベスターによる数か月に及んだ激しい採掘により、この地は乱掘され、過度な負担がかかり、限界を迎えていました。自然が元に戻ろうとするなか、大地は破壊され、爆発してしまいました。ハモンドは天候制御機を用いて、これらの被害を何とか封じ込めようとしています。クリマタイザーは周囲を氷点下の温度まで急速に冷却し、ラバサイフォンがカルデラを安定させます。常に動くゴンドラの確保を目指して、クリマタイザーとラバサイフォンで戦いましょう! 熱い溶岩の上を慎重に移動し、レジェンドの力を見せつけるのです!

新武器 – ランページ

ランパート製造の最新武器、ランページLMGが爆発的な勢いで参戦します。ヘビーアモを使うこのライトマシンガンは、連射速度こそ遅いものの、強力な威力を発揮します。ランページは中距離戦に優れますが、連射速度が遅いため接近戦ではすこし辛いでしょう。大人しくこんな弱点を認めるような性格でないランパートは、ランページの内部燃焼機構を変更しました。何を使い変更したと思います? 他でもない、テルミットです! ランページの特殊チェンバーにテルミットグレネードを装填すると、連射速度がオーバークロックされ、レジェンドが大暴れ(ランページ)できるようになります!

ランクアリーナ

「エマージェンス」アップデートのリリースに伴い、ランクアリーナが導入されます! ランクアリーナでは、振り分け戦を10マッチ行い、結果による最初のマッチを作成する際の評価(MMR)と初期ランクが決まります。最初のMMRの分散は通常より広く設定されています。そのため、最初の10マッチは、MMRが落ち着くまで、大きなリードでやっつけるかやられるかの試合となります。(強い相手や弱い相手と当たりやすいということです。)

アリーナは3人メンバーのチーム対チームが真っ向から激突する戦いなので、ランクアリーナポイントの獲得は、20チームのバトルロイヤルよりも単純に進みます。つまり、エントリーコストやキルのAPがないことを意味します。勝利を収めることにかかっているのです。

これはランクアリーナがどのような仕組みになっているかの話です。ランクアリーナの仕組みの詳細については、こちらのブログをご覧ください。

プレイ環境の改善アップデート
・新しいバッジ、連勝記録を追加しました。2連勝、3連勝、4連勝、5連勝を達成できるでしょうか?

・敵のシグナルに「待て」応答を追加しました。

・ゴールドバックパックでの復活に独特の効果音を追加しました。「カオスセオリー」アップデートにVFXを追加しました。これにより、プレイヤーが復活できる近さにいるものの、視野に入っていない場合に視覚的フィードバックが表示されます。
・スーパーレジェンドストアを更新し、プレイヤーがそのアイテムに関連するすべてのアイテムをより見やすくなるように変更しました。

・パック開封ボタンを更新し、各種類のパックをいくつ開封できるかを表示するようにしました。ボタンをハイライトすると、完全な詳細が表示されます。

レジェンドの有効戦術

ヒューズ
・ヒューズのアルティメット「マザーロード」の火の輪に捕まった敵の位置が、ヒューズのチームに知らされるようになりました。
・戦術、ナックルクラスターの爆発の持続時間が100%増加しました。
・パッシブ、グレネーダーのオン/オフを切り替えて、軍需品を通常通りに投げられるようになりました。

【開発者ノート】
ヒューズは奮闘し続けます。私たちは、単に「より多くのダメージを出せる」ことではない方法でヒューズをバフするふたつの機会を見出しました。『エーペックスレジェンズ』は何よりもまずガンゲームであると考えています。そのためキャラクターアビリティがあまりにもダメージを出せるようにはしたくないと考えています。

ひとつ目の機会はヒューズの戦術です。エリアを常時妨害するアビリティとして意図されていますが、現在は敵が邪魔だと思うほど効果時間が長くありません。効果時間を2倍にすることで、ドアに設置して、ある程度の間、そのドアをほぼ確実に誰も通らないようにすることができました。効果時間は2倍になっていますが、毎秒のダメージは変わりません。火のなかに立たないようにしましょう。

次に、ヒューズのアルティメットはチームにとって特に有利ではありませんでした。確かに、火の輪に敵を捕らえることはできるかもしれませんが、炎によりなかに入ることが不可能になり、炎のため捕らわれた敵も見えませんでした。これに対処するためのいくつかの方法を私たちは検討しましたが、最終的に最も簡単な答えにたどり着きました。つまり、敵が火の輪のなかにいる限り、敵のアウトラインが表示されるのです。

ホライゾン
・ブラックホールで最初に引き寄せられた後の速度を低下させました。
・ホライゾンのグラビティリフトで上に持ち上げる速度を、9.1と「英雄の軌跡」リリース時の値の中間に引き上げました。

【開発者ノート】
ホライゾンが「英雄の軌跡」で受けたナーフが必要であったことは間違いありませんが、時間が経ったことと後知恵により、戦術の速度を落とし過ぎたと感じました。ナーフ部分を完全に元に戻すのではなく、リリース時の速すぎる速度と、ナーフの後の遅い速度の間で、満足のいく中間点を見つけ出しました。これに関しては数値で示すことが難しいので、試してみて、皆さんの考えをお聞かせください。

レヴナント
・デストーテムのプロテクションが終了間近になると、他のプレイヤーに見えて、聞こえるような視覚、オーディオの合図が表示されるようになりました。
・デストーテムに引き戻された後、一時的に速度が低下する仕様を追加しました。

コースティック
・ガスダメージは5から始まり、その後は無限にティックごとに1増加します。
・戦術アビリティのクールダウンを25秒から20秒に短縮しました。
・アルティメットのクールダウンを3.5分から3分に短縮しました。効果時間を20秒から15秒に短縮しました。

【開発者ノート】
コースティックはバフをするうえで、危険なレジェンドです。少しバフし過ぎてしまうと、すぐにメタになってしまいます。ガスのなかで絶えず戦うことは面白くありません。なので、再びコースティックが優勢になることは絶対に避けたいと考えています。とはいえ、ガスダメージを単に5に低下させたナーフは行き過ぎであったと気付きました。ガスのなかに留まり、注射器を1個か2個使って特に問題がないならば、ガスは十分に恐ろしい抑止力とは言えません。そこで、スケーリングするモデルに戻しました。今回は、ダメージのスケーリングを少しだけ遅くすることにしました。ティックごとにダメージを増加させるのではなく、ティックごとに1増加させています。ダメージには上限がありませんが、これはあくまでも理論上の話です。ガスが1ティックで11ダメージに達するころには、通常敵は(回復していない限り)死亡しています。ここで望まれる効果は、敵にできるだけ早くガスを抜ける緊急性を感じさせることです。

同時に、ゲーム終盤のリングにおけるもっとも高いレベルでのコースティックの影響を特に意識したいと考えました。リング6が100秒間かけてゆっくりと閉じるようになりましたが、終盤のコースティックのアルティメットがどれほどの影響を持つかを懸念していました。効果時間を5秒短縮しました。このアルティメットはパワーが最高の状態のコースティックを表しています。つまり、敵には対抗する術がないのです。15秒は依然として意義深い時間です(ダメージの変更に伴い、15秒はレジェンドをキルするのに十分な長さです)ではありますが、ゲーム終盤でのコースティックとの戦いにおける不満を少しでも軽減できればと思っています。

武器の有効戦術

サプライドロップのローテーション

今シーズン、プラウラーはピックアップするアイテムに戻り、代わりにM600スピットファイアがやってきます。今シーズンはスピットファイアに加えて、サプライドロップに新武器、オルタネーターSMGも加わります。各武器にどのような更新が行われるかは、以下をご覧ください。

ホップアップ
ブーステッドローダー – (完全に0ではなく)空に近い状態でリロードするとリロード速度が向上し、次のマガジンに追加の弾が追加されます。このホップアップはヘムロックバーストARとウィングマンに装備できます。
・空きを確保するため、アンビルレシーバーとクイックドローホルスターは現時点では削除されます。

フルキットのローテーション

・追加:ピースキーパー、ランページ、RE-45、フラットライン、チャージライフル
・削除:ウィングマン、ボセック、R99、ヘムロック、センチネル

マガジン用アタッチメント
・マガジンに関するリロード速度の増加を同等のストックレアリティに移動しました。

【開発者ノート】
マガジンは、多くの武器にとって最も強力で取得可能なパワーの源であり、主に装弾数というかたちでもたらされます。装弾数に加えて、リロード速度も向上していました。リロード速度のバフをストックに変更し、ストックの価値を高め、有効な改良をアタッチメント全体に分散させました。

ストック用アタッチメント
・全ストックで(マガジンではなく)リロード速度が上昇しました。
・マークスマン武器(30-30リピーター、G7スカウト、トリプルテイク)は戦術ストックではなくスナイパーストックを装備できるようになりました。
・スナイパーストックによりマークスマン武器は安定性と揺れの軽減を得るものの、(戦術ストックによる)取り扱いやすさがわずかに減少します。

【開発者ノート】
スナイパーストックは通常、射撃の上手なレジェンドがやってきてピックアップしてくれるのを地面でじっと待っている寂しいアタッチメントです。出現率を下げてアイテムプールを一掃するのではなく、より望まれるアイテムになるようにマークスマンライフルに取り付けることにしました。

L-スター
・エネルギーマガジンが装備可能になりました。L-スターのマガジンは弾薬とのユニークなインタラクションにより、他の武器と異なる動作をします。L-スターがオーバーヒートする前により多くのショットを発射できるようにするとともに、蓄積された熱をわずかに速く冷却できるようにします。
・バレルを装備して反動を軽減できるようになりました。
・弾のVFXスケーリングを約半分に引き下げました。
・一人称視点での命中衝撃のエフェクト強度を軽減しました。
・腰だめ発射の拡散率を増加しました。

【開発者ノート】
L-スターには「エマージェンス」でいくつかの変更があります。私たちはアイテム獲得体験を向上させ、L-スターのパワーをゲームの後半フェーズへと拡張することを試みました。これらのアタッチメントの追加に加えて、L-スターには戦闘の視認性を高めるVFXの変更も含まれています。

ライトマシンガン
・すべてのLMGにおいて、ヘッドショット倍率を2.0から1.75に引き下げました。
・すべてのLMGにおいて、四肢ショット倍率を0.75から0.85に引き上げました。

【開発者ノート】
LMGの運任せ射撃は、ランダムなヘッドショットと2.0ダメージ修正が適用されると、少し威圧的過ぎました。ヘッドショットの火力の一部を削りますが、四肢へのダメージを増やすことで、少し火力を戻しています。LMGを撃ちまくって取り出して敵を抑制することは、いまだに有効な戦術となります。もう少し一貫性が感じられるようにダメージの凸凹を平らにしようとしているわけです。

ピストル
・すべてのピストルにおいて、取り回し時間を約10%短縮しました。
・上昇、ホルスター、ズームイン/アウト時間

【開発者ノート】
クイックドローホルスターを取り除き、リロード速度がマガジンからストックへと移動されたことで、ピストルが少し打撃を受けました。ベースの取り回しを良くしていますが、「エマージェンス」に突入するにあたり、ピストルのパフォーマンスには注意していくつもりです。

プラウラーバーストPDW
・バーストの間隔を0.2から0.24に引き上げました。

【開発者ノート】
プラウラーは信頼できる装備のセレクトファイアホップアップなしで、ピックアップ可能になります。しかし、それでも強力なので、見逃さないようにしましょう。

M600スピットファイア
・ダメージを18から19に引き上げました。
・腰だめ発射の拡散率をシーズン8のナーフ前の値に戻しました。
・紫のマガジンのサイズを50から55に引き上げました。

【開発者ノート】
私たちは皆、夜中に冷や汗で目覚めたことがあるはずです。悪夢のなかでは、ふたつのゴールドマガジン付きスピットファイアを持ったランパートが、狂気じみた笑いとともにワールズエッジの線路であなたを追いかけ、撃ちまくってくるのです。 そんな悪夢、見たことありますよね? 見たことのある皆さんは、これで夜はぐっすりと眠れるようになります。今シーズン、スピットファイアはサプライドロップ武器として妥当な立ち位置に調整されます。最近のパッチで何度かナーフを行いましたが、それでも望まれるサプライドロップ武器としたいので、手に入りにくくすることでナーフを戻します。

オルタネイター
・サプライドロップのオルタネーターに装備されたディスラプター弾の再導入します。
・ディスラプター弾 – シールドダメージを40%増加させます。
・ディスラプター弾はサプライドロップのオルタネーターでのみ見つかります。

【開発者ノート】
オルタネーターもディスラプター弾とともにスピットファイア同様、サプライドロップ組に追加されます。最後にディスラプター弾があったシーズン2以来、シールドダメージは下がりましたが、それでもシールド破りの怪獣であることは間違いありません。シールドバッテリーを余分に持っておきましょう。

30-30リピーター
・ストックからのリロード速度が上昇しました。

【開発者ノート】
30-30は大ダメージを与えることができますが、そうでない場合は、おそらくリロード中だからでしょう。30-30がストックから受けるリロード速度を向上させることでバフして、このヘビーライフルを使う際のデメリットのひとつを緩和することが目的です。

EVA-8
・各レアリティでボルト連射速度のスケーリングを大幅に引き下げました。
・基本連射速度は変わりません。

【開発者ノート】
EVA-8はその連射速度により、強力で恐ろしいショットガンです。ピースキーパー、マスティフ、モザンビークを使用しない多くのプレイヤーにとって、この装備はショットガンのなかでも群を抜いていると考えられています。この変更はショットガンにおける差を取り去るはずです。

アリーナ武器のアップデート

アリーナに適用されるケアパッケージの変更はこちらです。アリーナショップのプラウラーとランページは、オルタネーターとスピットファイアに置き換えられます。

プラウラーランページ
ベース:450ベース:500
レベル1:200レベル1:200
レベル2:300レベル2:300
レベル3:400レベル3:350

アリーナの価格調整

L-スター
・レベル1:100 -> 150
・レベル2:200 -> 250
・レベル3:300 -> 350

30-30リピーター
・レベル1:200 -> 150

ボセックボウ
・ベース:600 -> 500

チャージライフル
・ベース:700 -> 600
・レベル1:250 -> 200
・レベル2:300 -> 200
・レベル3:400 -> 450

EVA-8
・ベース:300 -> 350

マスティフ
・ベース:400 -> 350

ピースキーパー
・ベース:500 -> 350

ヒューズ
・ナックルクラスター:75 -> 100

アリーナアビリティの調整

ホライゾンのグラビティリフト始動時のチャージを2から1に引き下げました。
ミラージュのサイクアウトのチャージを3から2に引き下げました。
ハンティングビーストでのブラッドハウンドのフリースキャンを3から2に引き下げしました。

不具合の修正

ブラッドハウンド
・エモート使用中に、ブラッドハウンドの戦術アビリティが、ブラッドハウンドのプレイヤーの敵をハイライトしていなかった不具合を修正しました。
・ブラッドハウンドの「追跡中」スタンディングエモートを、より高い場所で行っても、敵レジェンドの表示が維持されるようになりました。
・ブラッドハウンドのアルティメット中に、トライデントとドロップシップの音が大幅に落ちないように修正しました。

ジブラルタル
・ジブラルタルのドームシールドの音が聞こえなかった不具合を修正しました。
・「優しき巨人」スキンで、1倍ホロサイトを装着してエイムをしてもプレイヤーの視界が遮られないように修正しました。
・ドームシールドが配置時に消えて、プレイヤーにコストが払い戻されない不具合を修正しました。

ライフライン
・シールドがなくてもライフラインのボイスが、「任せな、シールド展開。」と再生されていた不具合を修正しました。
・トレーニングモードでライフラインのケアパッケージを使用できなかった不具合を修正しました。

パスファインダー
・レヴナントのデスプロテクションでパスファインダーがキルされた際に、グラップルが接続されたままになる不具合を修正しました。
・パスファインダーの「カッパーコア」の脚が一人称視点でもマッチするように更新しました。
・戦術アビリティを使用した後、パスファインダーのグラップルのクールダウン音声キューが素早く再生される不具合を修正しました。

レイス
・戦術アビリティの発動中に、レイスが閉まるドアに押しつぶされないように修正しました。
・ヴァルキリーのアルティメットにくっついている間、レイスはアルティメットを使用できなくなりました。
・しゃがんだレイスによって設置されたポータルに、ダウン中のプレイヤーが入って、ジャンプ/ウサギホップできてしまう稀な不具合を修正しました。

バンガロール
・特定のレジェンダリースキンを装備している他のプレイヤーから離れると、バンガロールのスモークランチャーが消えてしまう不具合を修正しました。

コースティック
・コースティックのバレルが水中に着地した際に、その音が聞こえない不具合を修正しました。
・コースティックが死ぬ直前に投げたバレルが消えてしまう不具合を修正しました。
・コースティックのスーパーレジェンドポーズのモデルの一つで、プレビューア中にポーズの再生が終わると消えてしまうビジュアルの不具合を修正しました。
・コースティックのバレルをプレイヤーに押し込み、潰すことができた不具合を修正しました。
・ヒューズのアルティメット、マザーロードがコースティックのガスに触れても破壊されなくなりました。
・ワットソンのアルティメットが、味方のコースティックのバレルとアルティメットを撃ち落とさなくなりました。
・「スーパーレジェンド」タブでスーパーレジェンドシャードを使用してコースティックのスーパーレジェンドを購入する際に、サーバーエラーが発生した不具合を修正しました。

ミラージュ
・ミラージュの見えない蘇生が、特定のスキンを使っているチームメイトを完全にクロークできなかった不具合を修正しました。

オクタン
・サプライボックスにオクタンのジャンプパッドを割り込ませて、トライデントをより速くすることができた不正プレイの不具合を修正しました。
・オクタンが戦術アビリティを使用した後、オクタンのゴーグルが独立して移動していたビジュアルの不具合を修正しました。

ワットソン
・ワットソンがフェンスを設置するたびに、空に向かって発射される光線を削除しました。

クリプト
・「フィニッシャー」タブのクリプトのドローンスキャンのプレビュー動画がカクカクしていた不具合を修正しました。
・アリーナ:チャージが1回しかないのに、クリプトがドローンを発動したり、呼び戻したりが無限にできた不具合を修正しました。
・トライデントを使用している敵を、ドローンが探知できなかった不具合を修正しました。

レヴナント
・グラビティリフトで視点を上下に動かすと、三人称視点でスーパーレジェンドが浮いているように見えたビジュアルの不具合を修正しました。
・デストーテムをマップの端近くに設置すると、トーテムに戻るときにプレイヤーがマップ外にテレポートされていた不具合を修正しました。
・エモート修正:レヴナントの「静寂の苦しみ」エモートに欠けていたサイレンスオーブを追加しました。
・レヴナントを使用して、リフトに到達できた不正な隠れ場所を修正しました。
・レヴナントがスーパーレジェンドを持っている際に、たまに水平方向の動きのアニメションが表示されない不具合を修正しました。

ローバ
・ローバの戦術アビリティの使用における、バグ悪用、隠れ場所、一貫性などを修正しました。
・UI修正:ローバのブラックマーケットでの弾薬数が正しく表示されるようになりました。

ランパート
・ランパートのタレットを間欠泉に設置できた不具合を修正しました。
・フルチャージのチャージ可能武器をしまった後、プレイヤーが速く走っていた不具合を修正しました。またこの不具合により、UIのチャージインジケータが消えていたため、これも修正されています。
・コースティックのガスに当たった際に、ランパートの壁がアニメーションループを起こしていた不具合を修正しました。

ホライゾン
・ホライゾンのアルティメット使用時に、ブラックホール/ニュートが表示されないことがあった不具合を修正しました。
・調査ビーコン使用時にプレイヤーの武器が横方向に表示される不具合を修正しました。
・ホライゾンのアルティメットアビリティをサプライボックスの近くに設置すると、ゲーム中にボックスが開けられた際にアビリティがキャンセルされた不具合を修正しました。
・ホライゾンのアビリティに触れることで、トライデントの勢いと抵抗の制限が変更される不具合を修正しました。
・ホライゾンのアルティメットアビリティが、破壊された後も発動状態が維持されていた不具合を修正しました。

ヒューズ
・ヒューズで降下後に一部の機能を失うことがあった不具合を修正しました。
・グレネードの入れ替え後に投げるパワーを切り替えた際に、ヒューズの体の一部が画面に飛び出て表示されるビジュアルの不具合を修正しました。

ヴァルキリー
・ドロップシップから最初に降下した際に、ヴァルキリーのUIが騒がしいと感じるというご意見に基づいて、少し変更を加えました。
・pingが良好でないプレイヤーがヴァルキリーのアルティメットに乗っている場合、まれにこのプレイヤーが異常な体勢で元の位置に戻される不具合を修正しました。
・アルティメット、スカイダイブのスペシャルUIとターゲティングの設定を色覚設定で更新しました。
・起爆ホールドを破壊することで、ヴァルキリーのアルティメットに繋がっている間、チームメイトが浮かぶことができた不具合を修正しました。
・アルティメットアビリティ使用時に、トライデントによってヴァルキリーが想定外の場所に押し込められた不具合を修正しました。
・空中に浮かぶ敵のヴァルキリーの身体の下半分に当てると、ミサイルスワームがダメージを与えることができなかった不具合を修正しました。
・ヴァルキリーのアルティメットの起動準備中に、カメラが地形や環境をクリッピングする不具合を修正しました。
・ミサイルスワームが移動中の列車を追跡できなかった不具合を修正しました。
・ヴァルキリーのパッシブ使用後にADSを使用しても、クレーバーターゲットが画面に表示されなくなりました。
・上方に障害物がない状態ではいけないという条件を無視して、建物の下でヴァルキリーの戦術アビリティとアルティメットが起動できた不具合を修正しました。
・ヴァルキリーのアルティメットに繋がっている間、チームメイトが壁を貫通して、ヴァルキリーと同じ側に現れる不具合を修正しました。
・渓谷で、パッシブを使ってヴァルキリーがアクセス不可能なエリアに到達できたいた不正な場所を修正しました。



エーペックスレジェンズ

・発売元:エレクトロニック・アーツ
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:シューティング
・配信日:好評配信中
・価格:基本プレイ無料(一部アイテム等課金あり)
・プレイ人数:最大60人(オンライン専用)
・CERO:D(17才以上対象)

※ダウンロード専用タイトル


PS.Blogの『エーペックスレジェンズ』記事はこちら


『エーペックスレジェンズ』公式サイトはこちら

『エーペックスレジェンズ』をPS Storeでダウンロードする

© 2021 Electronic Arts Inc. EA, the EA logo, Respawn, the Respawn logo, and Apex Legends are trademarks of Electronic Arts Inc.

お客様の生年月日を入力してください。