PS4®『ツーポイントホスピタル:ジャンボエディション』本日発売! キテレツな病気を治す病院経営シミュレーション!

0 0
PS4®『ツーポイントホスピタル:ジャンボエディション』本日発売! キテレツな病気を治す病院経営シミュレーション!

全世界で300万人を超えるユーザーが楽しむヘンテコ病院経営シミュレーション『Two Point Hospital』の日本語版、PlayStation®4用ソフトウェア『ツーポイントホスピタル:ジャンボエディション』が本日7月29日(木)発売!

オリジナル版の『Two Point Hospital』に加え、4つの大きな拡張ダウンロードコンテンツ(DLC)とふたつの追加アイテムパックDLCが収録された日本向けのタイトルだ。

ヘンテコな症状の患者を治療して病院グループを発展させよう!

本作は、患者の治療を行ないながら病院を拡張していく「病院経営シミュレーション」。プレイヤーは病院経営者となり、病院の建設や運営を行なう。架空の病気を治療する病院を運営して利益を上げ、病院グループを3つ星病院に発展させることが目的だ。医師や看護師などスタッフを雇い患者を治療するだけでなく、スタッフルームを設置してスタッフの満足度を上げたり、患者向けの娯楽アイテムをそろえてより良い医療環境を整えたりすることも大事になる。

キテレツな病気は180種類以上で、マップごとに特有の病気がある。また、病院の評判を上げると、さまざまな設備、アイテム、マップがアンロックされる。

『ツーポイントホスピタル:ジャンボエディション』プロモーション映像はこちら

ゲーム序盤の流れはこちらの記事をチェック!

『ツーポイントホスピタル:ジャンボエディション』の基本的な流れや個性的な病院スタッフを公開!

キミョウキテレツな患者が登場?

舞台となるツーポイント州には、180種類以上のキミョウキテレツな病気が存在する。例えば、「白熱頭症」はその名のとおり頭が電球になってしまう病気で、”頭ごと付け替える”という斬新な方法で治療する。「ロックでなし病」の患者は、自身を世界最高のロックスター、そして伝説のチャンピオンだと思い込んでしまう妄想に取りつかれ、風貌や仕草までもがロックスター風へと変化する。治療には、さまざまな心の病を診断・治療できる精神科診療室を設置し、「精神医学」スキルを持った医者を雇用することが必要だ。

どんな症状の患者なのか、どんな治療法が存在するのか。3つ星病院の経営を目指しながら、たくさんの患者を治療しよう。

白熱頭症 / ロックでなし病

ピエロ・コンプレックス / 病みなべ症

メトロポリスム怪獣型 / メトロポリスム機械型

色トリドリ病 / インストラクダー症

アメダマ病 / フェイクスピア症候群

カカシカ症 / ヒノキ男病

つくダニ症 / ぺたんこ段ボール症

治療方法も多彩でユニーク!

なべ抽出装置 / MRIスキャナー

精神科診療 / ユーモア除去装置

十人十色のスタッフたち

各設備には、役割に見合ったスタッフが必要だ。医者、看護師、事務員、管理員を雇用していき、病院内のスタッフを充実させよう。

医師:ベリンダ・ドデカハマー
人より疲れづらいが、何故かクロスボウを常備している

●生まれつきの指導者(教え上手:指導速度+50%)
●ハイエネルギー(疲れ知らず:疲れるのが人より遅い)
●クロスボウを持っている

准看護師:ロナルド・ブランコ
清潔を心がけているキレイ好きだが、パスワード忘れの常習犯

●キレイ好き
●いつもパスワードを忘れる

見習い事務員:エドマンド・ウラギリス
覚えは悪いがゲーム開発者の素質がある、一種の天才?

●脳みそではなくチーズが詰まっている(なかなか上達せず物覚えが悪い:学習速度-25%)
●園芸好き(暇なときには植木に水をやる)
●ニッチで面白いゲームを開発しそう

管理員:カールトン・メソメソ
つまらないと言われるのに、魅力的な一面も兼ね備えている

●ぼんくら(人を退屈にさせる)
●魅力的(相手を喜ばせる)
●鏡を見た方がいい

どんどん増えていく病院! 4つの拡張DLCでさらに経営拡大!

病院経営が軌道に乗ると、ほかのマップの病院がアンロックされ、新たな土地での経営が可能になる。その中から、日本語版特典である、4つの大きな拡張DLCエリアを紹介。病院グループの発展を目標に、自分だけのオリジナル病院を経営しよう。

冬がテーマの「ビッグフット」

3つの新しい病院、地域特有の新しい34種の病気、ゲーム内アイテム40種を収録。目がアメダマになってしまう「アメダマ病」や、エリザベス朝時代と時代錯誤の症状がでる「フェイクスピア症候群」など、個性的な病気が多数登場する。

南の島がテーマの「ペバリー・アイランド」

3つの新しい病院、地域特有の新しい34種の病気を収録。のどかな南の島で永遠の命を求めてジャングルを駆け抜けながら、3つのエキサイティングな新シナリオにも取り組んでみよう。鳥のような恰好や行動をとってしまう「色トリドリ病」や、つま先がラクダのように分かれてしまう「インストラクダー症」など、個性的な病気が多数登場する。

未知との遭遇「クローズエンカウンター」

3つの新しい病院、地域特有の新しい45種の病気、ゲーム内アイテム33種を収録。「飛ぶ」ことに取りつかれてしまう「つくダニ症」や、圧縮された状態から再生が必要な「ぺたんこ段ボール症」など、個性的な病気が多数登場する。

自然と自給がテーマの「オフ・ザ・グリッド」

3つの新しい病院、地域特有の新しい35種の病気、ゲーム内アイテム32種を収録。カカシへと化してしまう「カカシカ症」や、ヒノキ製の男の人形と化してまわりに嘘をつくようになる「ヒノキ男病」など、個性的な病気が多数登場する。

ふたつの追加アイテムパックDLCでこだわりの病院に!

本作は4つの拡張DLCだけでなく、追加アイテムパックDLCとして「展示会アイテムパック」「レトロアイテムパック」のふたつを収録。数々のアイテムを病院に設置して、こだわりの空間に仕上げることができる。

バラエティ豊かな面白いアイテムがそろう「展示会アイテムパック」

荘厳なものからおバカなものまで用意された、病院に設置できる30種の新アイテムが追加できるアイテムパック。近くでじっくり見てみると、どれも面白いものばかり。部屋に設置可能なウォールアートや恐竜の化石など、オリジナル病院を作るためのアイテムがそろっている。

懐かしいヴィンテージアイテムがたっぷりの「レトロアイテムパック」

26種類の懐かしいヴィンテージアイテムを病院に設置して、懐かしい気分になれるレトロ空間を造り上げよう。

「ソニックパック」を無料配信予定!

今年30周年を迎えた『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』とコラボレーションした追加コンテンツ「ソニックパック」も近日配信される予定。無料で手に入るため、お楽しみに!


ツーポイントホスピタル:ジャンボエディション

・発売元:セガ
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:ヘンテコ病院経営シミュレーション
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 4,488円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 4,488円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)


PS Blogの『ツーポイントホスピタル:ジャンボエディション』記事はこちら


『ツーポイントホスピタル:ジャンボエディション』公式サイトはこちら

『ツーポイントホスピタル:ジャンボエディション』をPS Storeで購入する

© Two Point Studios 2021. All rights reserved. Developed by Two Point Studios, co-developed by HARDlight Studio and Red Kite Games Limited. Published by SEGA. Two Point, Two Point Hospital, the Two Point Hospital logo and Two Point Studios are either registered trade marks or trade marks of Two Point Studios Limited. SEGA and the SEGA logo are either registered trade marks or trade marks of SEGA CORPORATION or its affiliates. SEGA is registered in the U.S. Patent and Trademark Office. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.

お客様の生年月日を入力してください。