エゴと狂気が渦巻く学園を舞台にバディと戦う新作RPG──PS5™/PS4®『モナーク/Monark』10月14日(木)発売決定!

0 0
エゴと狂気が渦巻く学園を舞台にバディと戦う新作RPG──PS5™/PS4®『モナーク/Monark』10月14日(木)発売決定!

精神を蝕む「謎の霧」により、外界から遮断された学園。元凶となる異界の存在、悪魔。数々の理不尽に抗うため、あなたはエゴと狂気のちからを手にする! PlayStation®5/PlayStation®4で10月14日(木)に発売となる本作は、狂気が渦巻く学園で繰り広げられる不条理な出来事に、「悪魔のちから」で抗う主人公たちの戦いを描くRPG。4人の仲間(バディ)と協力しつつ、狂気の世界に立ち向かえ。

狂気に支配された学園で手に入れたのは……悪魔のちから「虚飾の権能」

主人公が目を覚ますと、そこは不思議な力場で外の世界から孤立してしまった新御門学園のなかだった。
「精神を狂わせる謎の霧」
「異界に通じる不思議な電話」
「エゴで異能をふりかざす七人の悪魔契約者」
狂気。異常。暴力。理不尽に抗うため、主人公は己のエゴと狂気を糧とする悪魔のちから「虚飾の権能」を手に入れる。やがて、学園の異常事態を解決するために発足された「真生徒会」の副長となった主人公は、4人の候補から「バディ」を選び、学園を元に戻す戦いに身を投じる。

結末はひとつじゃない! 誰をバディに選ぶかで、物語はさまざまな変化を見せていく

新御門学園で出会い、ともに戦い、縁を深め合い……最終的に誰の手をとるか。選んだバディにより、4つの結末が用意されている本作の物語。彼らの選択がいかなる結末を迎えるのか。また、4人の運命が「交差」することがありえるのか。すべては、プレイヤーの行動いかんにかかっている。

権能発動! 「狂気のちから」を使いこなせ!

パラメータのひとつである「MAD値」。これが上昇すると強力な「権能」が発動できるようになるが、代償として「MAD値」がMAXになると、数ターンの間、敵味方を無差別に攻撃した後、自滅し戦闘不能になってしまう。だが、狂気をうまくコントロールできれば、格上の相手だって倒すことができるだろう。

敵味方の位置取りが重要な、フリームーブターン制バトル

本作の戦闘は6人まで参加可能な、フリームーブターン制コマンドバトル。背後に回り込んでの攻撃や周囲の味方との連携攻撃など、位置関係を意識した戦闘判断が求められる。地形も考慮にいれつつ、有利なポジションで戦おう。

異常事態に陥った学園内の探索

学園を覆う霧の中では、異界に通じる「着信」が発生する。学園内で起こる異常事態を解決するために、プレイヤーは「着信圏内」を探りながら、霧の中をさまようことになる。

欲求値をあらわす7つのパラメータ「EGO」

傲慢、憤怒、嫉妬、色欲、強欲、暴食、怠惰。ストーリーの進行度に合わせて提示される診断などで変化するこれらのパラメータは、設問への答え方ひとつで各数値が大きく変動する。主人公の「EGO」がどのように変化するか、そしてその影響が作中でどんな影響を及ぼすか注目したい。

「EGO」の写身(うつしみ)「眷属(けんぞく)」とは

プレイヤーだけが使役できる特殊な悪魔「眷属」は、7属性の眷属から主人公の「EGO」を反映した眷属から順に使役可能になる。眷属は外見や声をカスタマイズできるほか、プレイヤーの「EGO」の強さに比例して装備強化の幅が広がっていく。

正体不明の霧、狂気といったホラーサスペンスの要素を含みつつ、謎めいた物語を追うRPG『モナーク/Monark』。そのユニークなゲームシステムに注目!


モナーク/Monark

・発売元:フリュー
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:RPG
・発売日:2021年10月14日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 通常版 8,470円(税込)
    パッケージ版 希望小売価格 数量限定画集付BOX 10,890円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 通常版 8,470円(税込)
    ダウンロード版 販売価格 デジタルアートブック付版 10,890円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:審査予定


© FURYU Corporation. / Developed by LANCARSE Ltd.
※ 画像はすべて開発中のものです。内容・仕様は製品版と異なる場合があります。

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

コメントを残す

お客様の生年月日を入力してください。