『バイオハザード ヴィレッジ』発売直前レビュー! テクニックと頭脳を駆使した辺境の寒村での極限サバイバル!

0 0
『バイオハザード ヴィレッジ』発売直前レビュー! テクニックと頭脳を駆使した辺境の寒村での極限サバイバル!

5月8日(土)の発売が目前に迫った、PlayStation®5/PlayStation®4用ソフトウェア『バイオハザード ヴィレッジ』。本作では『バイオハザード7 レジデント イービル』から数年後の物語が描かれる。妻のミア、そして愛娘のローズと平穏な日々を送っていたイーサン。しかし、幸せな生活はBSAA隊長クリスの襲撃によって破られる。果たしてイーサンは、奪われた娘を取り戻すことができるのだろうか……?

発売に先駆けて本作のPS5版をプレイすることができたので、プレイレビューをお届けしよう。物語の詳細やパズルの解き方などには触れていないので、発売を楽しみにしている人も安心してほしい。

辺境の寒村に迷い込んだ気分を味わえる、実写さながらのビジュアルと臨場感抜群のサウンド

『バイオハザード ヴィレッジ』というタイトルが示すとおり、”村”がメインの舞台となる本作。降り積もった雪、朽ちかけた家やその内部、乱雑に映えた草木、連なる山々などがゲームエンジン「RE ENGINE」によってリアルに描写され、寂れた村を彩っている。前作と同じく主観視点の”アイソレートビュー”を採用していることもあり、没入感は抜群。踏み出す足は自然と重くなり、まるで本当に辺境の寒村へ迷い込んだような心細さを味わえた。

もちろん本作の舞台は村だけではない。配信中の体験版で探索できる「ドミトレスク城」を筆頭に、四貴族を象徴するエリアとして発表されている「村はずれの屋敷」や「廃れた漁村」、そして「工場」など、村とは趣の異なる舞台が多数登場。前作にはなかった雪景色だけでなく、ゲームの進行によってさまざまなシーンを楽しむことができるのも、本作の見どころのひとつだ。

また、今回プレイしたPS5版では、別売りの「PULSE 3D™ ワイヤレスヘッドセット」やその他の対応ヘッドセットで楽しめるTempest 3Dオーディオも本作の世界を強烈に演出。自身が雪を踏みしめる「ギュッギュッ」という音や固い床の上を歩く「カツカツ」という音は足下から聞こえ、空いている窓や壊れた壁から聞こえてくる風の音はプレイヤーの操作に合わせて聞こえる方向や距離感が変化する。

敵の唸り声や足音などが聞こえてくればその方向を警戒してしまうし、背後からの物音で悲鳴を上げてしまったこともしばしば。わずかな環境音にも自ずと気を配るようになり、臨場感だけでなく恐怖も倍増。草木が揺れる音ですらも、敵の痕跡なのか、それともただの環境音なのかと怯えてしまう。逆に静まりかえった部屋や通路では、ヘッドセットによってリアルの音から隔絶されていることもあり、静寂の中で自分の心臓の鼓動が聞こえてくるような緊張感も味わえる。対応するヘッドセットを持っている人は、テレビから直接流れる音を聞きながらのプレイとぜひ比べてみてほしい。

テクニックと頭脳を駆使して恐怖の世界を生き延びる快感

「バイオハザード」シリーズの醍醐味は、知恵と勇気で極限状態を脱する”サバイバル”。回復薬や弾薬などのリソースマネジメントは、過酷な世界で生き抜くためには欠かせない要素であり、腕の見せどころでもある。操作は基本的に前作を踏襲しているため、前作をプレイしていれば戸惑うことはないだろう。ただし、本作では戦闘やアイテム管理での選択肢が増えたことにより、さらに自由度の高いサバイバルを楽しめるのがポイントだ。

周囲を観察して利用できるオブジェや高低差を把握する

ナイフは弾薬を消費しない攻撃手段として優秀なものの、敵に近づく必要があるため危険が伴う。そのため、戦闘では遠距離から攻撃できる銃をメインに立ち回りたいところだが、弾薬には限りがあるので無駄なく使いたい。そして貴重な回復役もできるだけ温存したい……。そんなシリーズ共通の悩みを、本作では周囲をよく観察することで、ある程度解消できる。

例えば、村で敵に襲われた際に民家へ逃げ込み、棚を動かして入り口を塞げば敵の侵入を防ぐことができる。時間をかけると突破されたり、窓や他の入り口から侵入してきたりすることもあるので油断は禁物だが、敵が一気になだれ込んでくるのを阻止して時間を稼げるのはうれしい。落ち着いて窓や棚の隙間から敵を狙い撃てば、弾薬を効率よく使えるというわけだ。

また、シリーズおなじみの赤い樽を撃てば、爆発させることができる。一発の弾薬で多数の敵にダメージを与えられるので、爽快かつ弾薬の節約にはうってつけだ。小麦粉が詰まった袋を攻撃すれば粉が周囲に飛び散り、敵の目を眩ませることもできる。その隙に敵を一体ずつ倒すのもよし、逃げて体制を立て直すのもよしだ。本作は立体的な地形が多いため、高低差を利用すれば敵が近づいてくるまでの時間を稼いだり、安全な場所から狙い撃ったりすることもできた。

敵に襲われても焦らず周囲を観察し、利用できるオブジェや高低差を把握すれば活路が見えてくる。事前に確認したオブジェの近くまで敵を引きつけ、それらを利用して効率よく敵を排除できたときの達成感がたまらない。

PS5版では銃の違いを指先で感じることができる

銃を撃つ際にDualSense™ ワイヤレスコントローラーのアダプティブトリガーを活用しているのは、PS5版ならではのポイントだ。本作は多くのシリーズ作品と同様に、L2トリガーで銃を構えてR2トリガーで撃つのだが、使用している銃によって異なる抵抗がそれぞれのトリガーにかかるようになっている。

例えば、小さなハンドガンなら軽く押すだけで構えることができ、引き鉄自体も軽め。これが重いショットガンやスナイパーライフルになると、構えるためにハンドガンよりも強い力が必要になる。引き鉄は、ショットガンは重めでスナイパーライフルは軽めとなっており、演出がきめ細かい。

ショップで武器や弾薬を補充。永続効果を発揮する食事もうれしい

本作では、デュークという謎の商人がそこかしこに登場。彼は武器弾薬をはじめとするさまざまなアイテムを商っており、不要なアイテムを買い取ってもくれる。購入するために必要なお金は、フィールドに落ちているものや敵からドロップしたものを拾うことで入手可能。高額で買い取ってくれる換金用のアイテムも拾えるので、お金は思ったよりも貯まりやすい印象だ。在庫数が設定されているため、いくらでも購入できるわけではないのだが、無茶をして弾薬が心もとないときには涙が出るほどありがたい。

デュークからは、ショットガンやスナイパーライフルなどの弾薬をはじめ、パイプ手榴弾やキーピックといった消費アイテムの合成レシピも購入可能。お金を払って武器をカスタマイズし、威力や装填速度などをアップさせることもできる。どの武器から強化するか、そして何から強化するかで、プレイヤーの個性が現われるだろう。

また、ゲームを進めるとアイテムの売買に加えて「食材調達」という要素が追加される。フィールドに生息している魚やニワトリ、豚などを倒して食材を集め、デュークに納品して食事が完成すると、「体力の上限上昇」「ガード時の被ダメージ減少」「移動スピード上昇」などの効果を得られるのだ。食事というと一時的な効果だと思いがちだが、一度完成すればその効果はなんと永続! 過酷な世界を生き延びる助けとなるのはもちろん、RPGのようなキャラ育成も楽しめる。

アイテムをどうやって持ち運ぶかも重要に

イーサンが携行できる武器やアイテムには限りがあるため、取捨選択も重要な戦略だ。本作では、武器やアイテムをアタッシェケースに入れて持ち歩くという、『バイオハザード4』のシステムを採用。武器やアイテムには大きさがそれぞれ設定されており、それをアタッシェケースに納まるように配置する必要がある。

武器やアイテムが少ないうちはあまり気を使う必要はないものの、ショットガンやスナイパーライフルといった武器はサイズが大きめに設定されており、探索を重ねてアイテムの種類が増えてくると納まりきらないことも……。アタッシェケースに入らないアイテムは捨てるしかないが、パズルのように配置を工夫することで上手に収納できる場合もあるのが面白い。また、ゲームを進めればアタッシェケースのサイズを、デュークのショップでアップさせることもできる。

先に紹介した利用できるオブジェや高低差に加えて、弾薬や消費アイテムを購入できるショップや永続効果を発揮する食事、そしてアイテムの持ち歩き方など、サバイバルの選択肢が豊富に用意されている本作。これまでのシリーズ作品以上に”何をどう使うか?”が重要になっているが、それをじっくり考えるのもまた楽しい。

村を中心としたイーサンの新たな死闘はボリューム満点!

本作の舞台には、メインとなる村を筆頭に、さまざまな景観のフィールドが用意されていることは、すでにお伝えしたとおり。ただし、村はただの通り道ではなく、ゲームの進行や金策、食材調達などで繰り返し訪れる、ゲームサイクルの中心ともいうべきフィールドとなっていた。

広大な村から目的地へ。そして目的地から再び村へ。そして新たな目的地へ。同じ村でもゲームの進行によって時間帯が変わり、異なる景色を見せてくれるのも見どころのひとつ。当然ながら一度の探索で村のすべてが明らかになるわけではなく、ふと訪れた際に新たな発見がある場合もあってワクワクする。もちろん、新たな敵がいるかもしれないと、ドキドキもするわけだが。

幾度となく訪れる村はもちろん、他のフィールドでも多彩なイベントやシリーズおなじみのパズル要素が多数用意されており、ボリュームは満点。フィールド内で未発見アイテムがある場所はマップで確認できるので、ストレスなく探索できるのはうれしいところだ。加えて、武器のカスタマイズや高価な換金アイテム探し、食材調達による成長要素などにより、腰を落ち着けてじっくり楽しめるのも本作の大きな魅力となっている。

恐怖だけでなく楽しさもアップで、やめどきが見つからない

待望のシリーズ最新作だけに、新たな恐怖も満載の本作。しかし、物語や新たなフィールドが気になって、夢中になってプレイしてしまった。これは、前作『バイオハザード7 レジデント イービル』のプレイ時に、あまりの怖さに「続きは明日にしよう……」と、プレイの手が止まったこともあった身としては信じられないことだ。

もちろん本作も怖い……怖いのだが、美しいうえに臨場感抜群のフィールド探索や、テクニックと頭脳を駆使するサバイバル、そして個性的なキャラクターたちとのやりとりが、とにかく面白い。

もしも本作に興味があるけれど「怖いのは苦手なんだよね……」と迷っている人がいたら、ぜひ勇気を出して遊んでみてほしい。恐怖だけでなく楽しさもたっぷりと味わえる、”誰も見たことがないサバイバルホラー”がここにある。

5月10日(月)午前9時まで60分間のみプレイ可能! 【村】と【城】の一部を遊べる体験版が配信中!

『バイオハザード ヴィレッジ』の【村】と【城】の一部をプレイ可能な体験版『BIOHAZARD VILLAGE Gameplay Demo』がPlayStation®Storeで配信中! この体験版はゲームイベントに代えて、ゲームファンに『バイオハザード ヴィレッジ』を試してもらう特別な仕様。2021年5月10日(月)午前9時までの期間、60分間のみプレイが可能になっている。

体験可能な60分間は【村】パートと【城】パートどちらも選ぶことができる。いずれか一方を60分間遊ぶのも、それぞれを30分間ずつ遊ぶのもプレイヤー次第だ。詳細は公式サイトで確認してほしい。

『バイオハザード ヴィレッジ』公式サイトはこちら

PS5『BIOHAZARD VILLAGE Gameplay Demo』をPS Storeでダウンロードする

PS4『BIOHAZARD VILLAGE Gameplay Demo』をPS Storeでダウンロードする

5月7日(金)に『バイオハザード ヴィレッジ』発売直前特番が実施決定!

5月7日(金)夜8時から『バイオハザード ヴィレッジ』発売直前特番が決定! 番組には『バイオハザード ヴィレッジ』プロデューサーの神田剛氏、ディレクターの佐藤盛正氏、スペシャルゲストとして狩野英孝さんが出演。さらに「カプコンTV!」レギュラーメンバーから進行役に綾那さん、コメンテーターにゴー☆ジャスさんを迎える。また、ゲストである狩野英孝さんに当日プレイしてもらいたい内容を事前にTwitterで募集するほか、特別番組の告知ツイートをリツイートすると抽選で『バイオハザード ヴィレッジ』オリジナルTシャツが当たる!

狩野英孝(スペシャルゲスト)

ゴー☆ジャス(コメンテーター)

綾那(MC)

神田剛(『バイオハザード ヴィレッジ』プロデューサー)

佐藤盛正(『バイオハザード ヴィレッジ』ディレクター)

※出演者は予告なく変更になる場合があります。

『バイオハザード ヴィレッジ』発売直前特番はこちら

【キャンペーン期間】
2021年4月30日(金) ~ 5月6日(木)23:59まで

【参加方法】
1.「バイオハザード」公式アカウント(@BIO_OFFICIAL)をフォロー
2.キャンペーン対象ツイートをリツイート

【賞品】
『バイオハザード ヴィレッジ』オリジナルTシャツ

※企画内容・配信スケジュールは急遽変更する場合があります。

キャンペーンページはこちら


バイオハザード ヴィレッジ

・発売元:カプコン
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:サバイバルホラー
・発売日:2021年5月8日(土)予定
・価格:PS5 パッケージ版 希望小売価格 通常版 8,789円(税込)
      パッケージ版 希望小売価格 コレクターズ エディション 31,669円(税込)
      ダウンロード版 販売価格 通常版 7,990円(税込)
      ダウンロード版 販売価格 デラックス エディション 8,990円(税込)
      ダウンロード版 販売価格 バイオハザード ヴィレッジ&バイオハザード7 コンプリートバンドル 9,990円(税込)
    PS4 パッケージ版 希望小売価格 通常版 8,789円(税込)
      パッケージ版 希望小売価格 コレクターズ エディション 31,669円(税込)
      ダウンロード版 販売価格 通常版 7,990円(税込)
      ダウンロード版 販売価格 デラックス エディション 8,990円(税込)
      ダウンロード版 販売価格 バイオハザード ヴィレッジ&バイオハザード7 コンプリートバンドル 9,990円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)(*)

※同時発売の『Z バージョン』も同価格です。
*同時発売の『Z バージョン』は「Z」(18才以上のみ対象)です。


PS.Blogの『バイオハザード ヴィレッジ』記事はこちら


『バイオハザード ヴィレッジ』をPS Storeで予約購入する

©CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.

お客様の生年月日を入力してください。