『Winning Post 9 2021』は「子孫継承システム」が正統進化! 子孫騎手や調教師の海外デビューも!

0 0
『Winning Post 9 2021』は「子孫継承システム」が正統進化! 子孫騎手や調教師の海外デビューも!

競馬シミュレーションゲームの決定版「Winning Post」シリーズ最新作として、4月15日(木)にPlayStation®4で発売される『Winning Post 9 2021』。

今回は、子孫の海外デビューによって進化を遂げた「子孫継承システム」や、海外での追加要素の詳細をお伝えしよう。新たに公開された新規追加の海外レースと史実馬や、さまざまな追加&改善要素もチェック!

『Winning Post 9 2021』PVはこちら

子孫の海外デビューが可能になった「子孫継承システム」。結婚相手にもなる新たな海外女性騎手も追加!

『Winning Post 9 2021』では、子孫を海外の騎手や調教師としてデビューさせることが可能に。結婚相手にもなる海外女性騎手の追加など、海外でのやりこみ要素もアップしている。

海外でデビューした子孫騎手や調教師は、強力な海外のライバルたちを相手にリーディングを争う。リーディングは、海外の重賞レース(欧州所属か米国所属かで対象レースが異なる)で5着以内に入った場合に獲得できる海外重賞入着ポイントによって争われる。

前年度のリーディング上位に入ると、海外遠征中に使用できる特別な絆コマンドを入手可能だ。日本所属の騎手や調教師と同様に、活躍することでさまざまな能力が成長していくので、子孫騎手、子孫調教師を育てるモチベーションもアップ!

▲海外でデビューした子孫騎手や子孫調教師が活躍する(前年度の海外リーディングで上位に入る)と、特別な絆コマンドを入手できる。他の絆コマンドとは異なり、所有馬が海外遠征中に使用できるのが大きな特徴だ。

▲前作までは日本の騎手のみエディット可能だったが、本作では海外の騎手も名前や能力をエディットできる。もちろん、海外の調教師も可能。海外の騎手はプレイヤーが海外遠征をした際に、プレイヤーの名声が高いと騎乗依頼できることも。

▲新登場の海外知人騎手「エリザフラン」のイベントシーン。欧州中のダービーを勝利し、イベントを進行させると友好度が上がり、最終的には結婚も可能だ。

最新競馬データに対応し、海外レースも充実!

本作は、2021年の最新競馬データにいち早く対応。これまでに紹介した「サウジカップ」「香港トリプルクラウン(香港チャンピオンズ&チャターカップなど)」や、今回明らかになったオーストラリアの「コーフィールドC(カップ)」など、多数の海外レースが追加される。

▲「コーフィールドC」は「コックスプレート」や「メルボルンC」の前哨戦で、100年の歴史と高額賞金を誇る大レース。日本からも多くの馬が遠征し、優勝馬も出ている。

また、注目の白毛のニューヒロイン「ソダシ」をはじめ、「グラティアス」や「ファインルージュ」といった400頭以上の最新の史実馬が追加され、所有することもできる。今をときめく若駒たちが登場するのも、「Winning Post」シリーズの魅力だ。

▲2021年の「桜花賞」をイメージしたレースシーン。2歳女王に君臨し3歳牝馬路線をリードする白毛のヒロイン「ソダシ」と、キャリア3戦ながら非凡な才を感じさせる「ファインルージュ」の熾烈な叩き合いとなっている。

▲「グラティアス」は、2戦2勝ながら「京成杯」でみせた見事なパフォーマンスによって注目度が高まる3歳牡馬。「ファインルージュ」は、今年に入って重賞を制覇し世代の主役に名乗りをあげた有望株の3歳牝馬。

便利な機能の追加やさまざまな要素の改善により、馬主体験がますます楽しく!

種付け時における種牡馬のフィルタ機能の追加

種付けで種牡馬を選ぶ際にさまざまな条件のフィルタを設定し、種付け候補の種牡馬を絞り込むことができるようになった。配合評価と爆発力を重視して大物誕生を狙う正統派の配合はもちろん、インブリード(全きょうだいインブリード)やニックスの有無、馬場適性や距離適性など、プレイヤーの意図に合った種牡馬を絞り込むことで、より快適に種付けを楽しめるようになる。

「注目馬マーカー」の追加

種牡馬などに「注目馬マーク」をつけられるようになり、種付けの際により効率よく目当ての種牡馬を探せるようになった。

殿堂馬リストの削除機能の追加

前作までは年末にのみ殿堂馬リストを整理できたが、本作では専用の画面が追加され、いつでも削除可能に。一度に複数の削除も行なえるようになっている。

「お気に入りローテーション」の改善

「サマーマイル」に「米子ステークス」が追加されたり、「2歳牝馬」「3歳マイル」「ステイヤーズミリオン」が追加されたりと、出走レースに自動登録してくれる「お気に入りローテーション」が使いやすくなった。さらに、ひとつの地域につき最大50個のローテーションを登録できるよう拡張。愛馬の特徴に合わせて設定しやすくなっている。

ゲーム開始時にもらえる馬を3歳牡馬と3歳牝馬から選択できる

前作ではゲーム開始時に3歳牡馬しかもらえなかったが、本作では3歳牡馬と3歳牝馬から選択できるようになった。3歳牝馬を選択すると、初年度のプレイ評価の目標が「桜花賞で5着以内」などの牝馬限定戦を含めたものに変化する。また、春のクラシック路線の最大目標も、前作では「日本ダービー」固定で距離に不安がある馬には厳しい目標だったが、本作ではスタミナに自信がある馬は「日本ダービー」か「オークス」、スピードに自信がある馬は「NHKマイルカップ」と愛馬の特徴に合わせて選択できる。

「クラブ法人」の所有馬にも主戦騎手と専用の次走方針が設定可能に

プレイヤーが設立する「クラブ法人」の所有馬にも、主戦騎手を設定できるようになった。プレイヤーの子孫などのお気に入り騎手を主戦騎手に設定し、クラブ所有馬との絆レベルを高めることもできる。また、クラブ所有馬における専用の次走方針も設定可能に。海外の芝に適性がある馬は海外遠征をする方針にしたり、健康の低い馬は早めに放牧をする方針にしたりと、プレイヤーの方針に沿ってクラブの所有馬を走らせることができる。

前作に続いて、競馬評論家の須田鷹雄氏とタレントの守永真彩さんが登場

前作ではコラボ限定での登場だった実在の競馬評論家・須田鷹雄氏が、最初からゲームに登場! 有力な幼駒を教えてくれたり、家庭教師となって子孫の能力を上げてくれたりしてくれる。同じく、実在のタレントである守永真彩さんも引き続き登場。守永さんの導きにより、子孫をアイドルにすることも。


Winning Post 9 2021

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:競馬シミュレーションゲーム
・発売日:2021年4月15日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,800円+税
    ダウンロード版 販売価格 8,580円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)


PS.Blogの『Winning Post 9 2021』記事はこちら


©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

お客様の生年月日を入力してください。