伝説の銛(もり)を手に島々を巡るオリエンタル2Dピクセルアクション『Olija』プレイレビュー!

0 0
伝説の銛(もり)を手に島々を巡るオリエンタル2Dピクセルアクション『Olija』プレイレビュー!

PlayStation®4用ソフトウェア『Olija(オリヤ)』は、京都を拠点に多国籍のスタッフが集う「Skeleton Crew Studio」が送り出した、オリエンタルでダークな雰囲気に満ちた、探索型の2Dアクションゲームだ。繊細な2Dピクセルアートで描きだされた世界を、不思議な力を備えた銛(もり)をはじめとした多彩な武器を手に駆け巡り、探索していく軽快なアクションを楽しめる。

主人公は、航海の途中に嵐と巨大な鯨に襲われて謎の島「テラフォージ」に流れ着いた若き領主「ファラデー」。プレイヤーは彼を操って、奇妙な風習を持った民族や不気味な怪物が待ち受ける島々を探索し、故郷へと帰還する道を探していくことになる。

PlayStation®Storeで購入する際には「Olija(英語)」と表示されるが、中身はきちんと日本語に対応している。ゲームをスタートすれば、日本語字幕で遊べるのでご安心を。また設定では、日本語のほか、英語や欧州、アジアまで、10種類の言語の字幕も選択可能だ。

瞬間移動ができる不思議な銛を手にマップを隅々まで探索

難破したファラデーがテラフォージに流れ着き、目を覚ますところからゲームはスタート。初期状態のファラデーは一切の武器を失っていて、基本アクションの移動とジャンプ、パンチでの通常攻撃しかできない。しかし、序盤に行く島で、本作のアクションのカギとなる武器である伝説の銛が手に入り、そこからがゲームの本番となる。

伝説の銛は、通常攻撃に使う任意の方向に投げることができる。さらに投げた銛は、マップ上に配置された小さな目玉がついた怪物や、破壊可能な箱、敵などに突き刺さると、方向キーと〇ボタンを一緒に押すことで銛のある場所まで障害物などを無視して瞬間移動できる。これが本作の最大の特徴といえる、銛を使った移動アクションだ。

通常のジャンプでは届かない場所も、銛を使った瞬間移動があれば文字通り瞬時に移動が可能。罠だらけの通路を連続で瞬間移動を使って切り抜けたり、宝箱が置かれた隠し部屋に侵入したりと、瞬間移動がカギとなる仕掛けがマップのいろいろな場所に存在し、謎解きもある探索型アクションとしての魅力も十分に備わっている。

銛を使った攻撃は、通常攻撃である近距離攻撃以外に、投げて離れた場所の敵を刺し、瞬間移動で体当たりを繰り出して敵にダメージを与えるなど飛び道具代わりになる使い方も。また、瞬間移動直後は連続攻撃(コンボ)の威力がアップする特性もあるので、乱戦のときは積極的に活用していこう。

特性が異なる4種類のサブ武器も存在

伝説の銛以外に、サブ武器を使った攻撃方法も用意されている。サブ武器は手数の多い近接攻撃ができる「レイピア」、遠距離に連続で矢を飛ばす「朽木の連弩」、強力な威力の「マスケット銃」、通常攻撃に加えて銛と同様の瞬間移動も使える「月光の太刀」の4種類があり、L1ボタンですばやく切り替えが可能だ。

よく使うことになるのは弾切れのないレイピアだが、空中を飛び回るボスとの戦いや、大量の敵が出現する場所などでは、2種類の飛び道具も活用することで効率よく敵にダメージを与えていける。また、月光の太刀は高めの威力に加え、地面に突き刺すことで銛と同様の瞬間移動ができたり、暗い場所を照らせたりと謎解きにも役立つ力が秘められ、それぞれのサブ武器に活用できる場面が用意されている。

銛とサブ武器を使い分けるアクションはとても軽快で直感的。ジャンプも、瞬間移動も、攻撃も「シュタッ」「バシバシ!」という擬音が似合う歯切れのいい感触で、テンポよくアクションが繰り出せる。ボス戦はパターンをつかむまで少し苦労するかもしれないが、ザコはコンボでサクサク倒すことができ、特に引っかかるような部分もないはず。また、出入り口を通るタイミングでオートセーブも行なわれ、やられたときも少し前からすぐ再挑戦できるのもありがたい。

発展していく漂流者の町を起点に島々を巡る

ゲームの進行は、ファラデーや仲間の漂流者たちが集まるはしけ状の町、オークタイドを拠点に各ステージとなる周囲の島を巡り、元の世界に戻るために必要なキーアイテムを集めていくというもの。最初はボロボロのオークタイドだが、各ステージで地図を手に入れ、行ける場所が増えるにつれて復興し、冒険中に入手できるお金で3つの施設も追加される。

建てられる施設は、ファラデーの体力を増やす錬金術師の家、特殊な能力を持った帽子を作れる帽子屋、帽子の材料を自動で集めてくれる冒険者の船の3つ。帽子は7種類あり、瞬間移動時に追加攻撃を繰り出したり、能力をアップさせたり、体力の回復が行なえたりと、冒険に役立つ特殊な力をファラデーに与えてくれる。材料のアイテムが集まったら積極的に作っていこう。

アクションゲームがあまり得意でないという人におすすめなのは、敵を倒してファラデーの体力を回復できるクロコダイルの帽子。逆にアクションが得意なら、ダメージを受けずにコンボを決めると移動と攻撃の速度が上がる剣客の帽子が楽しい。作るのが大変な帽子はそのぶん強力な効果があるので、きっとすべてを集めてその効果を試してみたくなるだろう。

2Dピクセルアートが描き出す独自の世界とドラマを楽しもう!

最後に注目しておきたいのが、本作の大きな魅力となっている2Dピクセルアートで描かれる独自の世界観だ。一見するとザラッとした荒い印象のドット絵グラフィックだが、ファラデーのアクションだけでなく、登場する人々の動作やステージ内で揺れる雑草などの動きまで、細部までこだわった繊細なピクセルアニメーションで表現され、まったく違和感がない。

基本的に本作では、ストーリーをメッセージやセリフで表現する場面が少ない。しかし、無気力と陰鬱さに押し包まれたテラフォージで、銛の力を得たファラデーに付き従うオークタイドの住民たちが希望を取り戻していく姿や、本作のタイトルにもなっている謎の王国の姫、オリヤが見せるファラデーに対する思いなどが細かいしぐさを通じて描きだされ、プレイを進めるうちに少しずつ世界の状況を想像できる演出が取り入れられている。

また人物だけでなく、各ステージでファラデーに襲いかかる怪物たちや、朽木族と呼ばれる敵の集団、ボスたちの動きもこだわりのアニメーションで描かれており、彼らの不気味さを際立たせるのにひと役買っている。やや暗めで、ざらついたローファイミュージックの要素を持つBGMもゲームの雰囲気にマッチし、開発スタッフが表現したかった世界と、そこで展開していくドラマを自然に感じとっていけるだろう。

くすんだ色合いの景色が広がる世界で繰り広げられる数奇な冒険活劇を、こだわりのピクセルアニメーションを取り入れた爽快かつ特徴的なアクションとともに楽しめる『Olija』。アクションゲームが苦手な人にもおすすめできる難易度なので、ファラデーのエモーショナルな冒険がいかなる最後を迎えるのか、ぜひ確かめてみてほしい。

『Olija』プレイ動画

※記事内のプレイ動画をまとめたものです。


Olija

・発売元:Devolver Digital
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:好評配信中
・価格:ダウンロード版 販売価格 1,540円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)


『Olija』公式サイトはこちら

『Olija』をPS Storeで購入する

Copyright 2020 Skeleton Crew Studio. All Rights Reserved.

お客様の生年月日を入力してください。