「PlayStation®.Blog ゲーム・オブ・ザ・イヤー 2020」結果発表! 世界中のPS.Blog読者が選んだ2020年のベストゲームを公開!

3 0
「PlayStation®.Blog ゲーム・オブ・ザ・イヤー 2020」結果発表! 世界中のPS.Blog読者が選んだ2020年のベストゲームを公開!

※本記事は英語版PlayStation®.Blogの日本語翻訳記事です。

世界中のPlayStation®.Blog読者の投票によって、一年間のもっとも優れたタイトルを決める投票イベント「PlayStation®.Blog ゲーム・オブ・ザ・イヤー 2020」。今年は投票期間が昨年よりも短かったにも関わらず、全部門合計で250万票以上が集まり、これまでの投票数の記録を大幅に塗り替えることができました。多数のご参加ありがとうございました。

今年はノーティードッグの待望の続編『The Last of Us Part II』に票が集中。複数のプラチナトロフィーを含む、合計9つの賞を獲得して2020年のチャンピオンの座を確立しました。その他にも素晴らしいタイトルが勢ぞろい――なかには驚きの結果も待っています。全17部門の受賞タイトルをご覧いただき、ぜひコメント欄にご感想をお寄せください。


ベストストーリー賞

『The Last of Us Part II』

前作『The Last of Us』のストーリーは、ビデオゲームのなかでも最高傑作のひとつと称賛されており、続編で前作をも上回るような物語を作り上げることはノーティードッグにとって大きな挑戦でした。この挑戦こそが、この野心的で繊細かつ破壊的な作品を私たちの心に深く刻まれるものにしているのです。強迫観念に取りつかれたエリーから、自身の問題に立ち向かうアビーまで、『The Last of Us Part II』は全てにおいて説得力のある作品に仕上がっています。ただし、『Ghost of Tsushima』、『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』、そして『FINAL FANTASY VII REMAKE』の素晴らしい物語の数々も忘れるわけにはいきません。

『Ghost of Tsushima』

『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』

『FINAL FANTASY VII REMAKE』


DualSense™ ワイヤレスコントローラー賞

『ASTRO’s PLAYROOM』

氷上をスーッと滑る感覚やポツポツと傘に落ちる雨の感触、グッと押し込まれたバネの抵抗感までDualSense ワイヤレスコントローラーで再現した『ASTRO’s PLAYROOM』が、プレイヤーの大きな注目を集めてプラチナトロフィーを獲得しました。次点は『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』。『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』、『Demon’s Souls』が後に続き、それぞれゴールド、シルバー、ブロンズトロフィーを獲得しています。

『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』

『Demon’s Souls』


ベストアクセシビリティ賞

『The Last of Us Part II』

ゲームにおけるアクセシビリティは常に重要視されてきました。ノーティードッグ、サッカーパンチ・プロダクションズ、インソムニアックゲームズ、Ubisoftなどのチームは今年、ひとりでも多くのプレイヤーがゲームを楽しめるように、新機能を追加しています。入賞タイトルだけでなく、アクセシビリティに貢献した全てのタイトルに称賛を送ります。

『Ghost of Tsushima』

『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』

『アサシン クリード ヴァルハラ』


ベストグラフィック賞

『The Last of Us Part II』

ノーティードッグは、細部までこだわったゲームを開発することでも知られていますが、『The Last of Us Part II』はそのなかでも、もっとも技術的に優れた作品です。敵と戦うエリーにカメラを向けると、その険しい表情を見て取れます。また急な崖際にアビーを移動させてみてください、高所恐怖症で視野が狭くなるのを体験できるはずです。惜しくも大賞は逃したものの、美しい対馬のオープンワールド、リアリティ溢れるマーベル世界のニューヨーク、ボーレタリアのダークファンタジー世界など、2020年は美しいゲームに恵まれた一年となりました。

『Ghost of Tsushima』

『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』

『Demon’s Souls』


ベストアートディレクション賞

『Ghost of Tsushima』

サッカーパンチ・プロダクションズが隅々まで徹底して作りこんだ侍オープンワールド『Ghost of Tsushima』は、何度となく私たちを驚かせてくれました。野原を馬で駆けるタイトルシーンから、世界観をガラッと作り替えたマルチプレイヤーモード「Legends/冥人奇譚」まで、『Ghost of Tsushima』は、フォトジェニックな瞬間といくども出合わせてくれた作品です。この部門の入賞タイトルは、PlayStation®4のSHAREボタンやPlayStation®5のCREATEボタンを使いこなす絶好の機会になったのではないでしょうか。

『The Last of Us Part II』

『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』

『FINAL FANTASY VII REMAKE』


ベストサウンドトラック賞

『The Last of Us Part II』

『The Last of Us Part II』がベストサウンドトラック賞のプラチナトロフィーを獲得。全く異なる4つの入賞タイトルは、今年のサウンドトラックがいかに多様であったかを物語っています。歴史をたどる冒険、現代のヒーロー、架空の都市、そして近未来のサバイバルなどが、サウンドスケープ(音風景)で完璧に表現されています。アクションを盛り上げるために聴いても、音だけを楽しむために聴いても、これらのスコアはヘビーローテーションする価値があります。

『Ghost of Tsushima』

『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』

『FINAL FANTASY VII REMAKE』


ベストサウンドデザイン賞

『The Last of Us Part II』

『The Last of Us Part II』におけるオーディオの功績は、その魅惑的なサウンドトラックだけではありません。呼吸音の驚異的な複雑さが証明しているように、本作のサウンドデザインはゲームの世界を一層現実に近づける、必要不可欠なディテールとなっています。荒い呼吸、ライフルのコッキング、金属の粉砕音、感染者の叫び声。このような環境音すべてが、『The Last of Us Part II』の没入感に貢献しているのです。

『Ghost of Tsushima』

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』

『Demon’s Souls』


ベストマルチプレイヤー賞

『コール オブ デューティ ウォーゾーン』

Activisionの伝説的で滑らかなFPSゲームプレイが、人気のバトルロワイアルジャンルと融合したフリープレイの大作『コール オブ デューティ ウォーゾーン』。コンテンツのアップデートにより、新しいゲームモードから、「ジグソウ」や「レザーフェイス」が登場するハロウィンイベントまで、フレッシュな体験を維持しています。また『Fall Guys: Ultimate Knockout』のばかばかしい楽しさ、『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』の緊張感、『Ghost of Tsushima』「Legends/冥人奇譚」の4人協力プレイもオンラインを盛り上げてくれました。

『Fall Guys: Ultimate Knockout』

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』

『Ghost of Tsushima』「Legends/冥人奇譚」


ベストスポーツゲーム賞

『トニー・ホーク™ プロ・スケーター™ 1+2』

驚異的なリメイクを発表するActivisionの”ドープなトリック”はまだ続き、『トニー・ホーク™ プロ・スケーター™ 1+2』はその最新作にあたります。開発元のVicarious Visionsは、シリーズの人気に火をつけた緻密でアクセスしやすいコントロールを維持しながら、スケーターやロケーションを一新しています。「バードマン(トニー・ホーク)」がスポーツゲームのカテゴリーをキックフリップで飛び越えたとはいえ、スポーツシーンを盛り上げたEA、2K、Codemastersのタイトルにもリスペクトを感じられずにはいられません。

『FIFA 21』

『NBA® 2K21』

『Dirt 5』


ベストニューキャラクター賞

マイルズ・モラレス(スパイダーマン)『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』

今年はカリスマチックな新キャラクターが多く生まれましたが、投票では“新たなヒーロー”マイルズ・モラレスがスイングインしてトップの座に着地。“冥人”境井仁、“サバイバー”アビー、“バイキングの長”エイヴォルがそれぞれゴールド、シルバー、ブロンズのトロフィーを手にしています。

境井仁『Ghost of Tsushima』

アビー『The Last of Us Part II』

エイヴォル『アサシン クリード ヴァルハラ』


ベストインディーズゲーム賞

『Fall Guys: Ultimate Knockout』

2020年はハチャメチャバトルロワイアルの『Fall Guys』がゲーム業界に旋風を巻き起こしました。走って、飛んで、転げまわるジェリービーンズがプラチナの”クラウン”を持ち帰るのは妥当でしょう。ゴールドとシルバーには、PlayStation® Plusタイトルの『Bugsnax』と『Worms Rumble』。ブロンズにはトリックコントロールに独特なアプローチで挑んだ『Skater XL』が選ばれています。

『Bugsnax』

『Worms Rumble』

『Skater XL』


ゲーミングモーメント・オブ・ザ・イヤー

最後の戦い『The Last of Us Part II』

静かに渦巻く対立がドラマチックなフィナーレへと流れていくノーティードッグの大胆で衝撃的な続編。ここでネタバレはしませんが、メインキャラクターたちがクライマックスに与える感情の混乱と思い出には注目せずにはいられません。他にも、仁として壮大な野原を駆け抜けるタイトルシーン、アストロでDualSense ワイヤレスコントローラーを握った体験は忘れられない”モーメント”でした。

騎乗中に流れるタイトルシーン『Ghost of Tsushima』

橋の上でのシーン『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』

初めてDualSense ワイヤレスコントローラーのハプティックフィードバックとアダプティブトリガーを体感した瞬間『ASTRO’s PLAYROOM』


ベストPlayStation®VR賞

『Star Wars™:スコードロン』

「スター・ウォーズ」のスターファイターに乗り込みたくなる衝動を抑えきれません。『Star Wars™:スコードロン』でコックピットに詰め込められ、小惑星を絶叫しながら避けて、全方向から放たれる敵の砲火を回避する体験は、ゲーマーの心に必ず突き刺さることでしょう! ゴールド、シルバー、ブロンズトロフィーは、順に『マーベルアイアンマン VR』、『Dreams Universe』、『The Walking Dead: Saints and Sinners』が獲得しました。

『マーベルアイアンマン VR』

『Dreams Universe』

『The Walking Dead: Saints and Sinners』


PS4ゲーム・オブ・ザ・イヤー

『The Last of Us Part II』

PlayStation独占タイトルがヒットした2020年、PS4ゲーム・オブ・ザ・イヤーでは熱戦が繰り広げられました。しかし最終的には、ノーティードッグの感動的な続編がプラチナトロフィーを獲得。サッカーパンチ・プロダクションズの侍オープンワールド大作『Ghost of Tsushima』がゴールド、『FINAL FANTASY VII REMAKE』がシルバー、『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』がブロンズを獲得しました。

『Ghost of Tsushima』

『FINAL FANTASY VII REMAKE』

『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』


PS5ゲーム・オブ・ザ・イヤー

『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』

『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』は、今年の読者投票で数えきれないほど多くの賞を受賞して、その名を知らしめました。さらにPS5のローンチタイトルである『Demon’s Souls』、『アサシン クリード ヴァルハラ』、『ASTRO’s PLAYROOM』を抑えて、PS5ゲーム・オブ・ザ・イヤーのプラチナトロフィーを獲得しました――インソムニアックゲームズの皆さん、おめでとうございます!

『Demon’s Souls』

『アサシン クリード ヴァルハラ』

『ASTRO’s PLAYROOM』


注目ゲーム賞

『ゴッド・オブ・ウォー』新作

『ゴッド・オブ・ウォー』の新作が発表されただけで、PS. Blogの読者(そしてスタッフ!)はワクワクが止まらず、今か今かと新しい情報を待ちわびています。2021年にもう少し詳しい情報を期待するなか、『Horizon Forbidden West (仮称)』 、『バイオハザード ヴィレッジ』、『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』と、非常に強力なラインナップが待つ未来は、きっと明るいはずです!

『Horizon Forbidden West (仮称)』

『バイオハザード ヴィレッジ』

『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』


スタジオ・オブ・ザ・イヤー

ノーティードッグ

PlayStation史上もっとも高い評価を得たタイトルの続編を作ることは並大抵のことではありません。しかし2020年、ノーティードッグはそれを見事に成し遂げました。『The Last of Us Part II』のストーリー、セット、キャラクターアニメーションなど、隅々までが開発スタジオの才能を物語っています。インソムニアックゲームズ、サッカーパンチ・プロダクションズ、スクウェア・エニックスにも多くの票が集まり、それぞれゴールド、シルバー、ブロンズのトロフィーを獲得しています。

インソムニアックゲームズ

サッカーパンチ・プロダクションズ

スクウェア・エニックス

コメントの受付は終了しました。

3 コメント

  • ベストガッカリ賞サイパン2077

  • PS4のメインのアカウント1つにつきPS5を1人1台だけ売ってください。
    PS1PS2PSP3000PS3Vita1000Vita2000VitaTVPS4初期型PSVRPS4Pro新型PSVRと朝一や予約体験会で並んで今までほぼ初日で手に入れて来たのに、PS5だけ手に入りません。
    新規やテンバイヤーよりも既存のPSファンを優先していただきたいです。
    イギリスの人口の2倍の日本の出荷数はせめてイギリスと同等は放出するべきですよね。
    そろそろ一斉に店頭販売解禁しても良いのではないですか?
    せめてSONYストアだけでも。
    宜しくお願い致します。

  • 映像美に関しては文句無しです。
    しかしながら他の点での魅力はなく、差別による批判を恐れて作った代物がトップですか。
    是が非でも一位にしろという圧力があったとも思える結果ですね。

お客様の生年月日を入力してください。