『Winning Post 9 2021』2021年3月18日発売! シリーズ初となる複数の「開始年シナリオ」を搭載!

0 0
『Winning Post 9 2021』2021年3月18日発売! シリーズ初となる複数の「開始年シナリオ」を搭載!

競馬シミュレーションゲームの決定版「Winning Post」シリーズ最新作『Winning Post 9 2021』が、PlayStation®4で2021年3月18日(木)発売!

ファンが待ち望んだ複数の「開始年シナリオ」を筆頭に、夢の対決が楽しめる「世界最強馬決定戦」や海外デビューも可能になった「子孫継承システム」など、明らかになった本作の詳細をお伝えしよう。

要望が多かった複数の「開始年シナリオ」を搭載し、思い入れのある時代から始められる! トップホースが集う「世界最強馬決定戦」も登場!

「Winning Post」シリーズは、プレイヤーがオーナーブリーダー(馬主兼生産者)となり、競馬世界に生きる馬や人々とのドラマを体験する本格派競馬シミュレーションゲーム。前作『Winning Post 9 2020』では「子孫継承システム」が復活し、子孫同士がチームを組んでライバルと対決したり、逆に子孫同士で対決したりと、「Winning Post」シリーズならではの熱いドラマや深いやり込み要素が好評を博した。

最新作『Winning Post 9 2021』では、要望の多かった複数の「開始年シナリオ」をシリーズ初搭載! 開始年によって、初年度入手馬や初年度ライバル馬といった序盤の状況が変化し、種牡馬や繁殖牝馬、ニックスも各シナリオで異なるため、攻略法が多様化。思い入れのある時代からスタートできるようになり、より深く競馬世界に入り込める。

「Winning Post 9」シリーズからの新要素である「ライバル対決」では「世界最強馬決定戦」が登場し、前作で好評を博した「子孫継承システム」もさらに強化。もちろん2021年度の最新競馬番組にも対応し、史上初の無敗の牝馬3冠馬「デアリングタクト」などの最新馬や世界最高賞金レースの開催で注目を集めたサウジアラビアの競馬場も追加される。

また、『Winning Post 9 2021』の発売決定を記念して、11月29日(日)に行なわれたジャパンカップを本作のレースシーンでシミュレートした動画が公開されている。親子2代の無敗3冠馬コントレイル、史上初無敗の牝馬3冠デアリングタクト、ラストランを迎える8冠女王アーモンドアイが激突した、世紀の一戦。そのシミュレーション結果と迫力満点のレースシーンを確認しよう。

【最新作発売決定!】ジャパンカップ レースシミュレーション映像『Winning Post 9 2021』はこちら

熱中した時代の競馬シーンがすぐに楽しめる! 「開始年シナリオ」が5つに増加!

本作は、「Winning Post」シリーズ初となる複数の「開始年シナリオ」を搭載。前作では開始年を1991年か未来かのふたつからしか選べなかったが、今回は5つの開始年が用意されている。開始年によって初年度に入手できる馬(3歳牡馬クラシック路線だけでなく3歳牝馬クラシック路線などの馬も入手可能)やライバル馬が異なるのはもちろん、血統勢力図や配合時に大きな効果を与えるニックス状況なども変化する。また、将来を見越した騎手と友好を結んでおくなど、攻略法も多様化!

▲開始年の選択画面は、スポーツ新聞風のレイアウト。各時代の雰囲気が感じられ、競馬ファンのモチベーションをかき立てる。あなたが一番競馬に熱中したのはどの時代?

選択できる5つの開始年

【1984年】
前年に”豪脚の3冠馬”ミスターシービーが登場。3歳の”皇帝”シンボリルドルフが覇道を歩み始める。

【1991年】
前年に”芦毛のアイドルホース”オグリキャップが引退。3歳の”皇帝の継承者”トウカイテイオーが登場する。

【1998年】
前年に女帝エアグルーヴが牝馬ながらに年度代表馬に戴冠。3歳の”最強世代”スペシャルウィークらが激突する。

【2005年】
ゼンノロブロイ、ハーツクライなどのサンデーサイレンス旋風が吹き荒れるなか、ついにディープインパクトが登場する。

【2022年】
現在の競馬界の主役である3冠馬コントレイルやデアリングタクト、”最強女王”アーモンドアイが引退。その子らによるIFの競馬史が築かれていく。

▲強力で個性的なメンバーがそろっていた、1998年における3歳牡馬路線の決戦図。1998年から開始すれば、ファンの多いこの世代の馬たちと、いきなりライバルとしての激闘を楽しむことができる。

▲種牡馬や繁殖牝馬のラインナップだけでなく、ニックス状況も開始年ごとに異なる。選択した開始年によって攻略が大きく変化するため、遊びごたえが増している。2022年開始シナリオでは、新規の系統として3冠馬オルフェーヴルや個性派ゴールドシップなどが属するステイゴールド系が追加されている。

史実馬の誕生年も選択可能! 仮想の年にすれば先が読めないIFの戦いに

ゲーム開始時に史実馬の誕生年を設定できる本作。史実通りの年を選択すると、これまで同様に史実馬は歴史通りの年に誕生・引退するため、競馬史に沿った戦いが楽しめる。仮想の年を選択すると、一部の史実馬が歴史と異なる誕生年や寿命になり、まったく先が読めないIFの戦いへ!

「ライバル対決」が世界規模へと進化! 「世界最強馬決定戦」で夢の対決を

「Winning Post 9」シリーズからの新要素である「ライバル対決」の新たな舞台として、世界規模の戦いを表現。世界のトップホースの活躍状況によって、下半期にある実際の大レースから戦いの舞台が選ばれる。世界的に短距離で強い馬が多いと短距離レース、中距離で強い馬が多いと中距離レースで開催されるといった感じだ。世界中から集結したトップホースたちによる、真の世界チャンピオンを決める夢の対決を楽しもう!

「世界最強馬決定戦」に招待された馬の陣営はレースに向けて究極までコンディションを上げてくるため、これまでの海外レース以上に厳しい戦いが待っている。見事勝利すれば、種牡馬は世界中から種付けのオファーが舞い込み、繁殖牝馬はさらに優秀な能力を後世へと伝えることができるだろう。

▲2012年の世界最強馬決定戦が、イギリスで開催されるクイーンエリザベスII 世ステークス(芝1600m)に決定されたシーン。英国における無敗の怪物Frankel、実際は国外に遠征することがなかった豪州の最強女王Black Caviarに加えて、力をつけ始めた日本のロードカナロアも招待され、史実では実現しなかった夢の対決が開催!

▲新キャラクターとして登場する、世界有数の名家・レーヌ家の令嬢セシルレーヌ。優雅な見た目からは想像できないほどの実行力を持ち、「世界最強馬決定戦」の開催を各国に認めさせている。

海外デビューが可能になり新キャラも登場! 「子孫継承システム」がさらにパワーアップ

前作『Winning Post 9 2020』で復活し、好評を博した「子孫継承システム」がさらにパワーアップ。結婚相手が新たに追加されるほか、子孫を海外の騎手や調教師としてデビューさせることもできる。

海外でより強力なライバル騎手たちを相手に戦い、いずれはトップジョッキーに? 子孫が抱く夢の達成に向けた手助けも楽しみのひとつだ。活躍次第では特別な絆コマンドが手に入るなど、やりこみ要素が増加!

▲ふたりの海外女性騎手が新しく登場。プレイヤーが海外へ遠征した際や、海外牧場建設後に海外で馬を所有できるようになると、騎乗を依頼できる。彼女たちの願いを叶えて親交を深めれば、結婚することも可能だ。

新競馬場で迫力のレースを演出! 最新競馬データにも対応!

2020年2月に開催された世界最高賞金額を誇る「サウジカップ」の開催地「キングアブドゥルアジーズ競馬場」を追加。「サウジカップ」や日本馬のフルフラットが優勝した「サンバサウジダービーカップ」を含む、5つの国際競走に挑戦できる。

また、3歳女王デアリングタクトや白毛の芝重賞馬ソダシをはじめ、現2歳世代までの400頭以上の史実馬を追加するなど、2021年の最新競馬データにいち早く対応している。

最新の活躍馬を自分の手で所有し、活躍させることができるのも「Winning Post」シリーズの醍醐味。ローテーションの設定や絆コマンドの使用によって、現実を超えた活躍をさせることも可能だ。

長距離馬向けの「ステイヤーズミリオン」対応や配合理論の強化など、さまざまな追加要素にも魅力がぎっしり!

本作は、2018年から施行されたイギリスの「ステイヤーズミリオン」シリーズに対応。その名の通り、長距離路線を充実させるために創設されたシリーズだ。スピードを重視する近代競馬において長距離レースは軽視されがちだが、ステイヤーに新たな活躍の場が増えることで、プレイの幅がさらに広がるはず。

全きょうだい(性別問わず)インブリードの追加やインブリード配合を活用しやすくするなど、配合理論の強化や改善も。また、人馬の絆による新たな攻略法、新秘書をはじめ、結婚相手にもなる新キャラクターの追加、系統の追加(64→85)、競走馬の特性の追加、リストの絞り込み機能、地方交流重賞への中央馬の出走枠拡大、音声実況の強化など、その他の追加要素も充実!

騎手と競走馬の絆の強さを表す「絆レベル」が新たに登場!

主戦騎手が同じ馬に乗り続けて、よい成績を残すと「絆レベル」が上昇。その馬に騎乗しているときの能力がアップするなどの効果が得られる。「絆レベル」が最大まで上がると、馬はその騎手が乗ったときのみ効果を発揮する5つ目の特性となる「絆特性」を取得!

経験の浅い騎手は、能力が高い騎手より「絆レベル」が上がりやすくなっており、これまでのシリーズ以上にお気に入りの騎手を使っていく楽しさが味わえる。

学級委員長タイプの新秘書「竜胆(りんどう)しおり」

新秘書の「竜胆しおり」は、「Winning Post」シリーズ初登場のキャラクター。真面目な性格で、学級委員長のようなタイプだ。

早期購入特典は「歴代個性派逃げ馬 購入権セット 全5頭」!

早期購入特典として、「歴代個性派逃げ馬 購入権セット 全5頭」が用意される。本作を購入すると、発売日の2021年3月18日(木)から2021年3月31日(水)まで、PlayStation®Storeにて無料でダウンロード可能だ。

さらに、ダウンロード版の予約購入特典として「歴代個性派追い込み馬 購入権セット 全3頭」も用意。ダウンロード版の予約開始は後日公開とのことなのでこちらも注目しておこう。


Winning Post 9 2021

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:競馬シミュレーションゲーム
・発売日:2021年3月18日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,800円+税
    ダウンロード版 販売価格 8,580円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:審査予定


©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

お客様の生年月日を入力してください。