柔軟な発想が試される? お菓子な虫を捕獲するアドベンチャー『Bugsnax』プレイレビュー!

0 0
柔軟な発想が試される? お菓子な虫を捕獲するアドベンチャー『Bugsnax』プレイレビュー!

PlayStation®5/PlayStation®4用ソフトウェア『Bugsnax(バグスナックス)』は、ドタバタ父親シミュレーター『オクトダッド -タコと呼ばないで-』を手掛けたYoung Horsesによる新作アドベンチャーだ。

PlayStation®Plus加入者は2021年1月4日(月)まで、「フリープレイ」対象タイトルとしてPS5版を無料で楽しむことができる。
※フリープレイの対象はPS5向けのみになります。PS4向け『Bugsnax』はフリープレイの対象ではありません。

物語の舞台は、体の半分が虫(バグ)で、もう半分がお菓子(スナック)でできているという不思議な生き物「Bugsnax」が生息するスナックトゥース島。ビッグスクープに飢えたジャーナリストである主人公は、行方不明とされている勇敢な探検家リズベート・メガフィグから届いた招待状を手に、島へと旅立つ。

しかし、島にはホストであるリズベートの姿は見えず、キャンプは荒れ放題。しかも、彼女の仲間たちが島のあちこちでお腹を空かせていた。この島で100種すべてのバグスナックを発見して捕獲し、新しい友達を作って、リズベートを探し出せば、求めていた大スクープにありつけるかも? そして何より、どうしてバグスナックはこんなにおいしいの? スナックトゥース島に隠された謎を解き明かせるかどうかは、プレイヤーにかかっている!

島の冒険を満喫するための3つの注目ポイント

ジャーナリストである主人公の目的は、散り散りになったグランパス(島に集まった住民たち)をキャンプに連れ戻し、彼らにインタビューして証言を集めること。キャンプに戻るよう説得する手段として、彼らが求めるバグスナックを捕獲して食べさせることが必要となるため、ゲームプレイの多くは虫捕りを通して進んでいく。

そんな本作の注目ポイントは……

①パズル的な思考で生態・環境・ツールを駆使する虫捕りアクション!
②大型バグスナックとの迫力バトル!
③個性的な住民と奇妙な島の真実に迫るストーリー!

プレイ動画とともに、島を冒険する魅力をご紹介していこう。

『Bugsnax』プレイ動画

観察力と発想力で100種類のバグスナックを捕まえよう!

スナックトゥース島には100種類ものバグスナックが生息しており、それぞれ特徴が異なる。空を飛べるものや地中に潜るもの、特定の時間帯や天候でしか姿を現さないもののほか、性格が臆病だったり攻撃的だったり、好物や苦手なものの違いなど、その生態はさまざまだ。主人公が持つカメラでスキャンすると特徴を確認することができ、その情報が捕獲するための大きなヒントとなる。

また、バグスナックたちの活動エリアは決まっており、その周辺環境をよく観察しておくことも大切だ。身を隠す茂みや穴、水辺や熱い溶岩、強風が吹く崖、さらに活動エリアが近いほかのバグスナックの存在など、すべての環境に捕獲するための理由があると思っていい。

捕獲にはさまざまなツールを使い、これらは新たなグランパスと出会うたびに増えていく。移動経路上に仕掛けて捕獲する「スナックトラップ」、ケチャップやチョコをパチンコのように飛ばす「ソース・スリンガー」、台に乗せたオブジェクトをバネの力で発射する「ランチパッド」など、生態や環境の特徴によって使い分け、ときには複数のツールを組み合わせて捕獲していくことになる。

これら生態・環境・ツールの関係から捕獲方法を思いめぐらせ、成功したときの達成感が本作の醍醐味だ。

臆病で茂みに隠れてしまう「ストラビー」には、「スナックトラップ」を仕掛けて離れたところから作動させればいい。好物のチョコレートソースを罠に塗ってやれば、移動経路の外に誘い出すこともできる。空を飛ぶ「グリーンロリブ」に対しては、空中に罠を設置することができないが、「ランチパッド」で「スナックトラップ」を飛ばせば空中で捕獲可能だ。

罠を吹き飛ばしてしまう「バンガー」は、「スナックトラップ」で捕獲することができない。しかし、ケチャップにまみれたものにも突進する習性があり、ケチャップを塗った「バンガー」に別の「バンガー」を体当たりさせ、気絶したところを虫取り網で捕獲できる。また、炎をまとった「チャーマロ」と氷の体の「ビッグボプシクル」にケンカをさせて、炎と氷を相殺させたところで捕獲する……などなど、まるでパズルを解くように捕獲方法を見つけ出していくのは快感!

しかも、正解がひとつだけというわけでなく、別のアプローチでも捕獲できることもあるので、観察力と発想力、創意工夫でさまざまなハンティングを楽しめる。新たなバグスナックと出会い、捕獲していくうちに、きっと100種類コンプリートしたくなってしまうだろう。

伝説の大型バグスナックに挑め!

グランパスたちのサイドクエストを進めることで遭遇する、伝説の大型バグスナック。ひと筋縄では捕獲することができず、迫力のボスバトルが展開される。

通常のバグスナックとは異なり、ボスは何度もダメージを与えて弱らせてからでないと捕獲できない。では、どうやってダメージを与えるか。ボスの習性は? 周囲のオブジェクトは? 効果的なツールは? ここでも生態・環境・ツールをパズルのように組み合わせて考え、これまでより少しばかり忙しいアクション操作も駆使して捕獲に挑む。サイドクエストのチャレンジは任意だが、大捕物を終えた達成感は格別なので、ぜひ伝説のバグスナックを見つけ出してほしい。

ちなみに、バトルといっても主人公が死んでしまうようなことはない。もとより体力の概念がなく、突き飛ばされようが、高所から飛び降りようが、燃やされたり凍らされたりしようがピンピンしている。どれだけ激しい攻撃を受けたとしても、あせらずに対抗手段を探っていくのが吉だ。

島に隠された秘密とは? 波乱に満ちたストーリーを見届けよう!

リズベートが失踪したあと、キャンプで共同生活をしていたグランパスたちは散り散りに。最初に出会うリーダーシップのない町長フィルボの頼みを受けて、主人公はみんなを連れ戻すために奔走する。

そんな彼らは、そろいもそろって偏屈で個性的だ。ベフィカは他人の隠し事を暴きたがるゴシップ好きの詮索屋。ワンバスは現実味のないバグスナック栽培にこだわるあまり、妻のトリファニーに愛想を尽かされ、そのトリファニーも町の危機を気にせず遺跡の発掘ばかりしている。ほかにも、詐欺師まがいのセールスマンや陰謀論者の発明家など、キャラが立ちすぎる彼らの言動は見ていて飽きない。

ところが、グランパスたちの証言を集めていくうちに、なにやら不穏なストーリー展開に……。ポップでカラフルな見た目や楽しい虫捕りアクションから想像できない、島に隠された謎が明かされていくことになる。それはリズベートが失踪した理由であり、バグスナックがとてつもなくおいしい理由でもある。驚きの結末をぜひ見届けてほしい。


Bugsnax

・発売元:Young Horses
・フォーマット:PlayStation 5 / PlayStation 4
・ジャンル:アドベンチャー
・配信日:好評配信中
・価格:PS5 ダウンロード版 販売価格 2,970円(税込)
    PS4 ダウンロード版 販売価格 2,970円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

※PlayStation®Plus加入者は2021年1月4日(月)まで、「フリープレイ」対象タイトルとしてPS5版を無料で楽しむことができます。フリープレイの対象はPS5向けのみになります。PS4向け『Bugsnax』はフリープレイの対象ではありません。


PS.Blogの『Bugsnax』記事はこちら


『Bugsnax』ソフトウェアカタログはこちら

『Bugsnax』公式サイトはこちら(海外サイト)

『Bugsnax』をPS Storeで購入する

COPYRIGHT © 2020 YOUNG HORSES, INC.

お客様の生年月日を入力してください。