発売を迎えた『デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』情報をさらに深掘り!【特集第2回/電撃PS】

0 0
発売を迎えた『デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』情報をさらに深掘り!【特集第2回/電撃PS】

新たなハードの誕生とともに、新たな悪魔狩りが幕を開ける! 本日11月12日(木)、PlayStation®5のローンチタイトルである『デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』(以下『DMC5SE』)が発売された。

本作は、カプコンが誇るスタイリッシュアクション「デビル メイ クライ」シリーズの最新作。PlayStation®4で登場した『デビル メイ クライ 5』(以下『DMC5』)に、さまざまな追加要素が盛り込まれてパワーアップを遂げた作品だ。

ついに発売を迎えた今回は、『DMC5SE』の内容をあらためてチェック。PS5だから実現できた新機能の数々や、新たに使用できるキャラクター“バージル”の詳細など、ファン必見の情報を総ざらいしていく!

3人の主人公の異なるアクションが楽しめた『DMC5』

まずは、『DMC5SE』のオリジナルである『DMC5』について軽くおさらいしよう。2019年3月に発売された『DMC5』は、『デビル メイ クライ 4』(以下『DMC4』)の事件から数年後を描いた作品。ネロ、ダンテ、V(ブイ)という3人の男を主人公に、凶悪な悪魔との新たな戦いが描かれた。

シリーズ恒例の“剣と銃による多彩な攻撃”や“好きなコンボを組み立てて戦うおもしろさ”はさらに磨かれ、よりスタイリッシュなアクションを実現。主人公ごとに戦い方がまったく異なり、三者三様のアクションが楽しめるのも大きな魅力だった。

主な登場人物

ネロ

(CV:石川 界人)

『DMC4』から引き続き登場する、若きデビルハンター。移動式便利屋“デビルメイクライ”で悪魔退治を生業とする。ある出来事をきっかけに悪魔の右腕を失ってしまうが、ニコの協力を得て新たな兵装“デビルブレイカー”を手に入れ、悪魔たちに立ち向かう。

ダンテ

(CV:森川 智之)

「DMC」シリーズの看板キャラクター。魔族でありながら人間界を救った英雄スパーダと、人間の女性エヴァの間に生まれた半魔の存在。過去に幾度も悪魔たちの侵攻を退けた、伝説級の強さを誇るデビルハンターである。

V

(CV:内山 昂輝)

杖と詩集を携え、全身にタトゥーを施した痩身の男。情報屋を通じてダンテのもとを訪ね、ある魔物の討伐依頼を持ち込む。本人に戦闘能力はほとんどないが、3体の魔獣を華麗に使役して悪魔を狩る。

ニコ

(CV:Lynn)

ネロと行動をともにする自称“武器アーティスト”。隻腕のネロのために“デビルブレイカー”を造る。

トリッシュ

(CV:田中 敦子)

美しい女性の容姿を持つ悪魔。かつてはダンテと敵対したが、彼に命を救われて改心し、以降は相棒のような関係になる。

レディ

(CV:折笠 富美子)

重火器を武器に戦うデビルハンター。過去のとある事件でダンテと知り合い、今ではダンテに仕事を持ち掛けたり、ときには共闘したりといったことも。

PS5のパワーを感じられる新機能の数々

『DMC5』から新たに追加された機能を紹介。どれもPS5だからこそ実現できたものであり、次世代ハードの底力を感じられるはずだ。

レイトレーシング

水面や鏡などの光の反射をダイナミックに表現する機能。環境光の反射が加わることで、写実的な光と影の表現を実現した。『DMC5』の時点で美麗なグラフィックだったが、レイトレーシングを利用するとより実写と見紛うほどのリアリティが味わえる。

レイトレーシングはグラフィックオプションからオン/オフの切り替え可能。オン選択時は、解像度優先(4K/30fps目安)とフレームレート優先(1080P/60fps目安)で選ぶことができる。なお、TURBOモード、レジェンダリーダークナイト、ハイフレームレートで遊ぶ場合は、オブジェクト描画が優先されるためレイトレーシングは自動で無効となる。

▲レイトレーシングをオフにした状態。

▲レイトレーシングをオンにした状態。水面に敵やダンテの姿が映っている。

ハイフレームレートモード

最大120fpsのハイスピード描画でゲームを遊べるモード。常識を覆すほどの滑らかな動きで、スタイリッシュアクションがさらに映える!

TURBOモード

ゲームプレイそのもののスピードを1.2倍速にできるモード。これまで以上にスピーディーに動き回ることができ、コンボを華麗に決められたときの快感も格別だ。

新難易度“レジェンダリーダークナイト”

『DMC4SE』にも収録されていた、ありえないほど大量の悪魔が出現する高難易度モード。敵が画面を埋め尽くす圧巻の光景や、広範囲技で敵を一網打尽にする爽快感などは、このモードならではだ。すさまじい量の敵が動き回っても、処理落ちが発生せず滑らかに戦える点にも注目してほしい。

ダンテの双子の兄にして最強の敵“バージル”参戦!

ダンテの双子の兄であり、シリーズを通してのライバルでもあるバージルが、『DMC5SE』でプレイアブルキャラクターとなる。バージルは本編と同じミッションで使えるほか、腕試し用コンテンツの“ブラッディパレス”でも操作可能だ。

バージルの性能は『DMC4SE』がベースになっているが、新アクションが追加されてより洗練されている。彼が扱う武器やアクションの数々をチェックしていこう。

バージルが扱う武器

閻魔刀(やまと)

父親スパーダの形見である、日本刀状の魔剣。攻撃時にボタンを押し続けて離すことで、“次元斬”が発動するのが特徴だ。“次元斬”はほとんどの技から繰り出せるほか、タイミングよくボタンを離すと攻撃が強化される。また、閻魔刀は後述する“コンセントレイション”の影響が大きく、集中ゲージが最大レベルのときは威力と攻撃範囲が格段に上昇。

『DMC4SE』から新たに“時空裂閃”や“閻魔刀墜撃斬”などのアクションも登場。“時空裂閃”は攻撃しつつ敵を引き寄せる技、“閻魔刀墜撃斬”は空中からの急降下技で、閻魔刀を使った戦いがさらに奥深くなりそうだ。

ベオウルフ

光の力を秘めた篭手と具足。リーチは短いが威力は大きく、近接戦で絶大な効果を発揮する。ボタン長押しで力を溜められ、タイミングよくボタンを離すと威力がさらにアップ。通常は2段階までしか力を溜められないが、集中ゲージが最大レベルのときは3段階まで溜められるようになる。

ミラージュエッジ

バージルが己の魔力で具現化した魔剣。『DMC4SE』のフォースエッジを思わせる武器で、豊富な手数とスピーディーな攻撃で攻め立てる。ミラージュエッジの技は多段ヒットするものが多く、連続ヒットさせることで敵を気絶状態へと追い込みやすい。

幻影剣

銃器を好まないバージルが遠距離攻撃に用いる、魔力で生み出した飛剣。敵に突き刺して攻撃するだけでなく、拘束やコンボの追撃など多彩な用途がある。幻影剣の技には、DT(デビルトリガー)ゲージを消費することで発動可能なものが存在。

コンセントレイション

ムダのない研ぎ澄まされた立ち回りをするほど強くなるという、バージルの戦闘スタイル“コンセントレイション”。戦闘中、画面左上にコンセントレイションを示す水色の集中ゲージが表示され、このゲージが一定以上増えるとレベルが上がる。集中ゲージのレベルは3段階あり、高レベルなほど各技の性能がアップ。

集中ゲージは敵の近くで立ち止まったり攻撃を当てたりすれば増えるが、逆に敵の前で走ったり攻撃を空振ったりするたびに減少。もちろん、バージルがダメージを受けてもゲージは減少するので、いかにムダな動きを排除して戦うかがカギとなる。

ドッペルゲンガー

デビルトリガーのコマンドで発動できる分身召喚技。生み出した分身はバージルの動きに追従して、閻魔刀の技で攻撃する。ドッペルゲンガー発動中はDTゲージを徐々に消費するため、ここぞという場面で使いたい。

真魔人

バージルに秘められた悪魔の力を解放する技。真魔人はダンテと同じようにSDT(シンデビルトリガー)ゲージが最大のときに発動可能で、発動時は攻撃力・防御力・移動スピードが上昇するほか、体力が徐々に回復する効果も得られる。真魔人になると多くのアクションも強化され、戦況を一変させるほどの効果をおよぼすので、まさにバージルの切り札となる一手だ。

このほか、ベオウルフの秘奥義“ヘルオンアース”やミラージュエッジの秘奥義“ディープスティンガー”、Vを出現させて一斉攻撃を行なう“ワールドオブV”などド派手な新技も存在。より戦術が豊富になって帰ってきたバージルが、プレイヤーを待つ!!

『DMC5』といえば、プレイアブルキャラクターそれぞれに戦闘曲があったが、バージルにもしっかり用意されている。彼の戦闘では新曲「Bury the Light」が流れるので、耳を澄ませて聴いてほしい。

なお、バージル自体はオリジナル『DMC5』でも追加DLCとして12月15日(火)に配信予定だ。シリーズファンはこちらもお見逃しなく!

オリジナル版のDLCをまるごと収録

『DMC5SE』には、オリジナル版で別売りだった「デラックスエディションアップグレード」、予約特典だった「EXカラーパック」、追加配信された「ブラッディパレス」などのコンテンツをすべて収録。また、ダウンロード版には早期購入特典、パッケージ版には店舗別特典などもあるので、気になる人は公式サイトにアクセスしてみよう。

ローンチPVが公開中!

『DMC5SE』の発売を記念したローンチPVが公開中。新要素の数々を映像で確認できるので、まだ見ていない人はぜひチェックしてほしい。

シリーズファン待望のバージルが操作できるだけでなく、次世代ハードの映像表現をイチ早く感じることもできる本作。スタイリッシュアクションの新たな境地をその手に取り、令和の時代も悪魔と踊ってほしい。


デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション

・発売元:カプコン
・フォーマット:PlayStation 5
・ジャンル:スタイリッシュアクション
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 4,990円+税
    ダウンロード版 希望小売価格 4,990円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時1~3人)
・CERO:D(17才以上対象)


PS.Blogの『デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』記事はこちら


『デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』公式サイトはこちら

『デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』をPS Storeで購入する

©CAPCOM CO., LTD. 2019, 2020 ALL RIGHTS RESERVED.

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

コメントを残す

お客様の生年月日を入力してください。