『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』体験版を先行プレイ! シリーズそのままのアクションで名曲を奏でよう!

0 0
『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』体験版を先行プレイ! シリーズそのままのアクションで名曲を奏でよう!

PlayStation®4用ソフトウェア『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』(キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー)は、「KINGDOM HEARTS」シリーズ初のリズムアクションゲーム。プレイヤーは、シリーズの人気キャラクターやディズニーのキャラクターとともに記憶の旋律をたどることに。登場キャラクターは20人以上、収録楽曲は140曲以上! 名曲を奏でながら、シリーズの物語を振り返ることができる。

こちらの記事もチェック!

11月11日(水)の発売に先駆けて、本日10月15日(木)0時より体験版の配信がスタート! 体験版でプレイできるのは、好きな楽曲を選んでプレイする「フィールドバトル」と、オフラインの2人協力プレイ「ダブルプレイモード」。オンライン対戦「バーサスモード」は、体験版には含まれていない。事前にプレイすることができたので、両モードのレポートをお届けしよう。

『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』体験版をPS Storeでダウンロードする

【フィールドバトル】
譜面とプレイスタイルの組み合わせ次第で、初心者から上級者まで楽しめる!

「フィールドバトル」は、五線譜状のレーンを走りながら、リズムに合わせてエネミーを倒していくステージ。チュートリアルに加え、『KINGDOM HEARTS』から「Welcome to Wonderland」「Hand in Hand」、『KINGDOM HEARTS Birth by Sleep』から「The Rustling Forest」、『KINGDOM HEARTS 0.2 Birth by Sleep -A fragmentary passage-』から「Wave of Darkness I」の計4曲をプレイできた。

楽曲の譜面難易度は、ビギナー/スタンダード/プラウドの3つから選択可能。さらに、ノーマル/ワンボタン/パフォーマーの3つからプレイスタイルを選択できる。「ワンボタン」は、すべてのアクションをひとつのボタンでプレイできる初心者向けのプレイスタイル。「パフォーマー」は、L2/R2ボタンや左スティックまで駆使するテクニカルなスタイルだ。

譜面とプレイスタイルをいろいろ組み合わせてプレイしたところ、遊びごたえが大きく変化した。例えばビギナー×ワンボタンを選択すると、易しい譜面を○ボタンひとつでプレイできるため、リズムアクションに不慣れでもクリアできる。「シリーズのファンだけどリズムアクションは苦手」という人は、この組み合わせを試してみるといいだろう。

腕に自信があるなら、プラウド×パフォーマーを選択すれば、難度が急上昇するのでじっくり腰を据えて楽しめる。ほかにも、難しい楽曲はまずワンボタンでチャレンジし、譜面に慣れたところでノーマルに戻して攻略するといった楽しみ方も。プレイヤーの腕前に関わらず、誰でも手軽に楽しむことができるはずだ。

ビギナー×ワンボタン

▲シンプルな譜面を、ひとつのボタンだけ使ってプレイできる。初心者にオススメ。

スタンダード×ノーマル

▲もっともオーソドックスなスタイル。ある程度慣れてきたら、この組み合わせでプレイしてみよう。

プラウド×パフォーマー

▲譜面の難度が高いうえ、使用するボタンが一気に増える。上級者はぜひチャレンジを!

ソラたちのモーションを、リズムアクションでそのまま再現!

肝心のリズムアクションは、「KINGDOM HEARTS」シリーズのアクションそのもの! ドナルド、グーフィーとともに3D空間でエネミーを倒すというゲーム性はもちろん、ソラがキーブレードを振り下ろすモーション、ジャンプで上空の敵を攻撃する時の手触りも含めて、同シリーズをプレイしている感覚を味わえる。△ボタンでアビリティや魔法を発動してド派手な攻撃で敵を倒したり、×ボタン長押しでグライドしたりするのも気持ちいい。なにより、聞き慣れたメロディにアクションがピタッとハマった瞬間の快感がたまらない!

初めてプレイした時にはジャンプ後の攻撃タイミングがつかみにくかったり、「Wave of Darkness I」のような難しい曲ではリズムが取れなかったりしてミスすることも多かったが、曲のリズムさえつかめればノリノリで華麗なアクションをキメることができる。

そもそも「KINGDOM HEARTS」シリーズは、アクションゲームが得意ではない人でも、きびきびした動きと派手なエフェクトが爽快なので気持ちよく、自分がうまくなったかのように感じさせてくれるところがある。リズムアクションになってもそのDNAは受け継がれており、攻撃やアビリティを駆使して目の前の敵を一層すると、「あれ? もしかして私、リズムアクションがうまいのでは……?」という気持ちにさせてくれる。

さらに、ドナルドやグーフィーとの一体感も十分に味わえる。ボタンを同時押しする場面では、ドナルドたちと一緒にアクションでき、3人の攻撃がバシッとキマると爽快感抜群! また、ソラがグライドで空中を飛んでいる間、地上の敵をドナルドとグーフィーがやっつけるアクションも。宙を舞うソラを操りながら地上の攻撃も行なうため、やや難しくはあるが、仲間との連帯を感じられるアクションだった。

楽曲をクリアすると経験値が加算され、キャラクターを育てる楽しさも味わえる。レベルアップするとHP、攻撃力、防御力が上がるため、ゲームオーバーになりにくくなる。難しくてなかなかクリアできない曲は、簡単な曲を何度もクリアしてレベルアップしてから再挑戦するなど、救済措置が用意されているのもありがたい。体験版には含まれていないが、製品版では回復アイテムなども使えるようなので、アイテムを活用したプレイにも期待したい。

【ダブルプレイモード】
ふたりで息を合わせて遊べば、楽しさ倍増!

「ダブルプレイモード」は、オフラインの協力プレイモード。ふたつのコントローラーを使い、ひとつの画面で一緒にリズムアクションを楽しむことができる。しかも、このモードではミスを繰り返してHPが0になっても、ゲームオーバーにはならない。ペナルティとしてスコアは減るが、曲の最後までプレイを続けられるので、リズムアクション初心者であっても誘ってプレイするのに最適だ。楽曲終了時の1Pと2Pのスコア合算値が最終的なスコアとして記録されるため、ハイスコアを目指して何度もチャレンジしたくなる。

体験版でプレイできたのは、『KINGDOM HEARTS II』の「Sinister Shadows」、『KINGDOM HEARTS 3D [Dream Drop Distance]』の「All for One」の2曲。譜面難易度は3タイプから選択できるが、プレイスタイルは固定となっていた。

楽曲を選んでスタートすると、レーンの左側に1Pのソラ、右側に2Pのリクが出現。操作方法は、シングルプレイの「フィールドバトル」と同じだ。ただし、ふたりで同じアクションを行なうのではなく、あるパートはソラが、別のパートはリクがアクションを繰り広げ、ふたりでひとつの楽曲を奏でるようになっている。その分、若干プレイに余裕が出るため、ステージに描かれたイラストにも目が行き、「こんなところにあのキャラが!」と発見する喜びも味わえた。

さらに、△ボタンで魔法「フレンドケアルガ」を発動すると相手の体力を回復できるなど、シングルプレイとは違う楽しさも。ソラとリクが力を合わせて敵に立ち向かう感覚を味わえ、シリーズファンなら胸が熱くなるはずだ。

どちらのモードも、リズムアクション初心者への配慮も行き届いており、数々の名曲を奏でる楽しさを存分に味わえる。ぜひ思い出の楽曲とともに、「KINGDOM HEARTS」シリーズをリズムアクションで振り返ろう!

PS Storeでダウンロード版の予約を受付中!

PlayStation®Storeでダウンロード版の予約を受付中! PS Storeで本作を予約すると、早期購入特典としてPS4専用テーマ「KINGDOM HEARTS Melody of Memory Theme」が付属する。

※PS4専用テーマは2020年11月11日(水)よりご利用可能となります。
※本特典は2020年12月31日(木)23時59分のご購入まで取得可能です。

『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』をPS Storeで予約購入する

こちらの記事もチェック!


KINGDOM HEARTS Melody of Memory (キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー)

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:リズムアクション
・発売日:2020年11月11日(水)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税
    ダウンロード版 販売価格 7,480円(税込)
・プレイ人数:1~2人
・CERO:A(全年齢対象)


PS.Blogの『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』記事はこちら


『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』公式サイトはこちら

「キングダム ハーツ」シリーズ公式サイトはこちら

「キングダム ハーツ」シリーズ公式Twitterはこちら

© Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX
※画面は開発中のものです。

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

コメントを残す

お客様の生年月日を入力してください。