探索・調合システムに変化あり! 『ライザのアトリエ2』の気になる追加要素をチェック!

0 0
探索・調合システムに変化あり! 『ライザのアトリエ2』の気になる追加要素をチェック!

シリーズ未体験のユーザーにもわかりやすく、もっとおもしろく! PlayStation®4で12月3日(木)に発売予定の『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』は、見た目にも楽しくわかりやすいと好評の「リンケージ調合」システムがさらに進化し、パワーアップ。

また、新規のフィールドアクションで思いがけない場所でアイテムの採取ができるなど、探索の自由度もさらなる広がりを見せている。地形に応じて変化する、ライザのアクションにも注目しよう。

▲キャラクターデザインは前作『ライザのアトリエ』に続き、トリダモノ氏が担当。こちらはプレミアムボックスのパッケージイラストとなっている。

多彩なフィールドアクションを駆使して、素材を採取!

調合に必要な素材は、フィールドで採取して集めることがまず基本。ときには切り立った崖をよじのぼる必要があったり、岩の割れ目にできた狭い場所を進んだり……。レアな素材を見つけるには、フィールドをくまなく探し回る必要があり!?

▲地形に応じた多彩なアクションを見せてくれる、主人公のライザ。錬金術士には、知識だけじゃなく体力だって不可欠だ。

基本の調合「リンケージ調合」がさらに進化!

採取した材料を組み合わせて行なう「リンケージ調合」は、見た目にもわかりやすく奥深い調合システム。本作では「エッセンス」による属性の変化や強化、アイテム同士を掛け合わせる新システム「エボルブリンク」が登場。掛け合わせ次第では、まったく別のアイテムが誕生することも!?

「マテリアル環」と呼ばれるマスに材料を投入することで、条件を満たせば隣接したマテリアル環が開放されていく「リンケージ調合」。必要な材料や発現する効果は画面上にわかりやすく表示されるので、狙った効果を持つアイテムを作ることもできるはず。なお、ゲームを進めると完成品を再調合してアイテムの効果を高められる「アイテムリビルド」も可能になる。

▲最初はベースとなるベースマテリアル環に投入する材料だけチェックしておけばOK。慣れてきたら「品質」の環や「効果発現」といったマテリアル環の開放を狙いつつ、高品質なアイテムを調合してみよう。

新要素の「エッセンス」で、目指せ理想のアイテム作り!

本作から登場する「エッセンス」を調合時に投入すると、マテリアル環の効果を強化したり、属性を変更したりといった恩恵が得られる。うまく活用して、理想のアイテム作りに役立てよう!

▲「ジェム」と「ミスト」を使うとエッセンスが精製できる。ミストには、火・氷・雷・風の4属性があり、ゲームを進めると上位ミストの光属性も登場する。

▲マテリアル環と同じ属性のエッセンスを使うと、マテリアル環の効果上限がアップする。別の属性を使うと、マテリアル環がエッセンスの属性に変化する!

完成品のアイテム同士をかけ合わせる新要素「エボルブリンク」

本作から導入された「エボルブリンク」は、完成品のアイテム同士を掛け合わせて、アイテムに「EV効果」という特殊な効果が付与できる新要素。さらに、特定のアイテム同士でエボルブリンクをすると、エボルブリンクでしか生み出せない「別のアイテム」に変化することもあるとか!

完成品と完成品を使って、より良いアイテムを生み出すエボルブリンク。強力な「EV効果」が付与できれば、冒険で役立つこと間違いなし!

あなたのライザの得意分野は? 「スキルツリー」でライザを育成!

本作では「スキルツリー」でレシピや調合時に役立つスキルを習得していくことで、ライザを育成できる。レシピやスキルの習得はスキルポイント(SP)を消費して行ない、SPは調合の実行や依頼の報酬など、さまざまな形で入手できる。スキルツリーをどうのばしていくかはプレイヤー次第なので、自分好みのスタイルにライザを育てていこう。

▲レシピを増やすことを優先するか、それとも調合時の品質向上のしやすさを取るか……。レシピやスキルによって、取得に必要なSP量も変化する。

本作の物語に関わってくる、新たな登場人物たち

パトリツィア・アーベルハイム

「待ってください! 今度は私もついて行きます!」

CV:大空直美

王都の資産家の娘で、愛称はパティ。家庭教師をしているタオの教え子で、彼とは親しい間柄。恵まれた環境でなに不自由なく育った少女だが、内心では自身の境遇に複雑な想いを抱いている。元騎士である父の手ほどきを受けており、剣術の心得がある。

3Dモデルイメージ

▲王都にあるライザのアトリエは、彼女の実家・アーベルハイム家の所有物。恵まれた境遇に生まれたパトリツィアをライザはうらやましがるが、当のパトリツィアには思うところがあるようで……。

▲家庭教師のタオの頼みで、ライザに住居兼アトリエを提供してくれたパトリツィア。ライザとタオの親密な様子に、ちょっとヤキモキ?

▲自由奔放に生きるライザを見て、つい本音をもらしてしまうパトリツィア。彼女の本当の望みとは……?

▲小柄で可憐な雰囲気を持つ彼女も、戦闘では身の丈ほどもある長剣を振るう、戦士としての姿を見せてくれる。

クリフォード・ディズウェル

「このトレジャーハンター、クリフォード、お宝と女の子の危機は見過ごさねえぜ!!」

CV:竹本英史

トレジャーハンターを名乗る青年。実際には盗賊に片足を突っ込んでいるような人間で、叩けばほこりが出る身の上。さまざまなことを器用にこなし、芝居がかったキザな振る舞いも目立つが、根は真面目で真摯な一面もある。

3Dモデルイメージ

▲遺跡に眠る財宝を求め、ライザたちの調査に同行させてほしいと言うクリフォード。冒険に役立つはずだと、自分の腕を売り込んでくる。

▲彼の噂を知るクラウディアは警戒するが、クリフォードの望みは必ずしも一攫千金ではないようで……。

▲遺跡での冒険は、残念ながら金銭的な収穫には乏しかった。しかし、クリフォードはどこか満足げな様子。

▲扱う武器はブーメランというクリフォード。トレジャーハンターらしい、トリッキーな動きが見もの。

ヴォルカー・アーベルハイム

「今日は君に頼みたいことがあってね。できるかね?」

CV:新垣樽助

パトリツィアの父で、王都で多くの土地を持つ新興貴族。平民の出ながら、王国屈指の騎士として名を馳せ、貴族の列に並ぶこととなった人物。

▲名実ともに貴族としてふさわしい存在となるべく、厳しく己を律している彼。その厳しさは、娘の教育方針にも現れている。

前作のシステムを踏襲しながら、探索のアクションや調合システムの「エッセンス」など、驚きの新要素がいっぱいの『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』。前作の物語から3年の時を経て成長したライザたちの活躍に、こうご期待!


ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:錬金術RPG
・発売日:2020年12月3日(木)予定
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 7,800円+税
    パッケージ版 プレミアムボックス 希望小売価格 10,850円+税
    パッケージ版 スペシャルコレクションボックス 希望小売価格 24,430円+税(*)
    ダウンロード版 販売価格 8,580円(税込)
    *スペシャルコレクションボックスはガストショップ、GAMECITY、Amazon.co.jp、ソフマップ限定販売です。
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)

※ダウンロードコンテンツ対応予定


PS.Blogの『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』記事はこちら


©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

お客様の生年月日を入力してください。