『The Wonderful 101: Remastered』プレイレビュー! 100人のヒーローを率いるアクションと怒濤の展開が熱い!

0 0
『The Wonderful 101: Remastered』プレイレビュー! 100人のヒーローを率いるアクションと怒濤の展開が熱い!

PlayStation®4用ソフトウェア『The Wonderful 101: Remastered』(ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン: リマスタード)は、100人のヒーローを率いて地球を守る”ユナイト・アクション”ゲーム。2013年に他機種で発売された『The Wonderful 101』のリマスター版で、『バイオハザード2』『デビルメイクライ』『大神』「ベヨネッタ」シリーズなど、数々の名作アクションを世に送り出した神谷英樹氏が手掛けたタイトルだ。

『The Wonderful 101: Remastered』プロモーション映像(60秒版)

『The Wonderful 101: Remastered』プレイレビュー! 100人のヒーローを率いるアクションと怒濤の展開が熱い!

宇宙より飛来し、突如地球への攻撃を開始した「ゲスジャーク星団連合無敵艦隊」。この侵略軍に対抗するため、国連は地球連合秘密防衛機構「センチネルズ」を設立した。センチネルズのヒーローチーム「ワンダフル・ワンダブルオー」と、そのリーダー「ワンダ・レッド」が、地球の平和を守るために立ち上がる!

100人の力を合わせて異星人に立ち向かえ! 愉快&痛快な”ユナイト・アクション”をプレイ!

本作は宇宙からの侵略軍にソロプレイで立ち向かう「ストーリー」モードと、特別なミッションに最大4人までのオフライン協力プレイで挑む「マルチプレイミッション」モードが楽しめる。ここからは、本作のメインとなる「ストーリー」モードのプレイレビューを、実際のプレイ動画とともにお届けしよう。

『The Wonderful 101: Remastered』プレイ動画

『The Wonderful 101: Remastered』プレイレビュー! 100人のヒーローを率いるアクションと怒濤の展開が熱い!

数こそ正義!? 仲間たちを突撃させる「チームアタック」!

プレイヤーが操作するリーダーを動かすと、仲間たちはその後ろを追従。リーダーの周囲に集合させて移動することもできる。ひとりのキャラクターではなく、ひとかたまりの集団を動かしている様子は、魚の群れを操作しているみたいな感覚で新鮮だ。総勢100人からなるセンチネルズのヒーローたちは世界各地から招集中のため序盤は数が少ないものの、ステージの道中で逃げ遅れた市民を救出すると臨時の仲間としてステージクリアまで隊列に加えることができる。

仲間が隊列に加わっている状態で可能な攻撃が、「チームアタック」と「ユナイト・モーフ」だ。△ボタンを押すと、仲間たちを突撃させるチームアタックが発動。さらに、勇敢な仲間が敵によじ登って追撃する「クライムアタック」へとつなぐことができる。より多くの仲間をよじ登らせると、敵の行動を一時的に封じることも可能! 敵から距離を置いたり、後ろへ回り込んだりといった行動も容易だった。

また、隊列に加わっている人数が多いほど、より遠くまでチームアタックが届くようになる。空中にいる敵に地上からチームアタックを仕掛け、地上に落とすこともできた。チームアタックは攻撃力こそ低めなものの、うまく使うことでバトルを有利に進められるだろう。

ただし、敵の攻撃を受けると仲間は気絶し、隊列から離れてしまう。仲間がいないとチームアタックや後述のユナイト・モーフを発動できないので、戦力が大幅にダウンする。気絶した仲間は一定時間が経過するか、近くに駆け寄ることで復活させることができる。

仲間が増えて集団が大きくなると、それだけ攻撃を受けやすくなってしまう。しかし、タイミングよく仲間を集合させたり、敵の攻撃パターンを把握したりすることで、だんだんと被弾を抑えられるようになってくるのがまた楽しい。

仲間が合体して巨大な武器に! 描く図形がポイントの「ユナイト・モーフ」!

攻撃力が高いうえにさまざまな性質を持つスペシャルな攻撃が、合体アクションのユナイト・モーフだ。右アナログスティックやタッチパッドで仲間たちを整列させて特定の図形を描くと、列に加わっていた仲間たちが合体! 円を描けば巨大な拳の「ユナイト・ハンド」、直線を描けば「ユナイト・ソード」、そしてL字を描くと「ユナイト・ガン」など、描いた図形に合った武器へと合体する。

武器によって、バランス型、広範囲攻撃型、遠距離型などの特長があるうえに、敵のレーザー攻撃を反射したり、敵の装甲をはがしたりといった、さまざまな性質を持つのがポイントだ。状況に合わせて武器を変えることで、さまざまな敵に対処できるのが面白い。図形を描くという操作も、バトルのいいアクセントだ。いそがしくはあるものの、うまく立ち回ることができたときの達成感は格別!

攻撃だけじゃない! 防御や移動で役立つユナイト・モーフも

ゼリーのような形に合体して敵の攻撃をはねかえす「ユナイト・ガッツ」、バネのような形となって敵の攻撃を回避する「ユナイト・スプリング」など、防御系のユナイト・モーフも。これらは図形を描くことなくボタンひとつで発動できるので、敵の攻撃をとっさにかわす際にとても便利だ。

また、「ユナイト・チェイン」で仲間たちをハシゴのような形にして高所へ登ったり、「ユナイト・グライダー」で空中を滑空したりすることもできる。さらに、鞭のような「ユナイト・ウイップ」は敵への攻撃はもちろん、フックに引っかけて移動するワイヤーアクションとして使用可能! 巨大な拳の「ユナイト・ハンド」も、ハンドルを回してギミックを作動させる手段として活用できる。

ユナイト・モーフの種類は、ゲームを進めて新たなヒーローが加入したタイミングや、ミッション中に集めたポイントで購入することにより増えていく。ゲーム中にもチュートリアルや、その場所で必要なユナイト・モーフのヒントが登場する場面があるので、「なんだか複雑で覚えられないかも」という人も安心だ。

ちなみにゲームの難易度は最初に「ノーマル」「イージー」「ベリーイージー」の3段階から選べるが、このうち「イージー」以下の難易度では表示されるヒントが大幅に増量される。逆に「ノーマル」は敵の強さもヒントの少なさも上級者向けに設定されているため、よほど自分の腕に自信があるのでなければ、最初は「イージー」以下を選んだほうがいいだろう。ある程度ゲームを進めてからでも難易度の変更は可能だ(オペレーションセレクト画面でタッチパッドボタンを押すと難易度選択メニューが表示される)。

ワンダフルな展開が目白押し! 手に汗握る展開の連続に胸が高鳴る

「ストーリー」モードで挑むミッションは、ド派手な展開の連続! 崩れ落ちる道路を駆け抜けたり、高速で走る列車や巨大な敵の上に乗り込んで戦うバトルなど、ハラハラドキドキのシチュエーションが目白押しで、先が見たくて夢中になってしまう。

まだまだ序盤にも関わらず、3Dシューティングゲームのような空中戦から始まって、ボスが乗るドラゴンのような兵器に追いつき、飛び乗ってドラゴンを倒して、落下するがれきの上を飛び移りながらボスと戦うという一連のシーンは、「これってラスボス戦じゃないの?」と驚いてしまうほどの迫力だった。

ほかにも、レースゲームを彷彿とさせる雰囲気のシーンでは、乗り物を動かして障害物をよけながら、追跡してくる敵を迎撃するというシチュエーションも。クライマックス感抜群でまさに”ワンダフル”な展開がこれでもかとばかりに用意されており、プレイヤーを飽きさせない。”宇宙からの侵略者にヒーローたちが立ち向かう”という、わかりやすい王道なストーリーも相まって、ゲームプレイを盛り上げる。

オリジナルの『The Wonderful 101』が登場したのは7年前。しかし、100人の仲間と力を合わせるチームアタックやユナイト・モーフの爽快アクション、そしてさまざまなシチュエーションが連続する怒濤の展開は、今なお新鮮な楽しさに満ちあふれている。未体験の人はこの機会に、ぜひ101人目のヒーローとして本作をプレイしてほしい!


The Wonderful 101: Remastered (ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン: リマスタード)

・発売元:プラチナゲームズ
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:ユナイト・アクション
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 4,980円+税
    ダウンロード版 販売価格 4,378円(税込)
・プレイ人数:1~4人
・CERO:B(12才以上対象)


『The Wonderful 101: Remastered』公式サイトはこちら

『The Wonderful 101: Remastered』をPS Storeで購入する

© PlatinumGames Inc.

お客様の生年月日を入力してください。