非対称型対戦ゲームって何?──立場が変わるから面白い! 駆け引きやスリルが熱い!

0 0
非対称型対戦ゲームって何?──立場が変わるから面白い! 駆け引きやスリルが熱い!

「最近よく聞く”非対称型対戦ゲーム”って、どういうジャンルのゲームなの?」──そんなあなたのために、非対称型対戦ゲームの特徴と魅力を解説。PlayStation®4のおすすめ非対称型対戦ゲームに注目!

※PS4でオンラインマルチプレイを楽しむにはインターネット接続とPlayStation®Plusへの加入(有料)が必要です(一部タイトルを除く)。

人数、戦力、勝利条件などが異なる立場で勝敗を争う──それが非対称型対戦ゲーム!

非対称型対戦ゲームとは、所属する立場や陣営によって、プレイヤーの人数、戦力、勝利条件などが異なる対戦ゲームのこと。圧倒的な力や特殊能力を持つ強力なキャラクターを操作するひとり、もしくは少数のプレイヤーに対して、チームワークを駆使して複数のプレイヤーが挑む、という構図が基本だ。ひとりで行動するキャラクターは”キラー”、複数で行動するキャラクターは”サバイバー”と称されることが多い。

▲『Predator: Hunting Grounds』の場合は、「プレデターを操作するひとりのプレイヤー」vs「精鋭部隊を操作する4人のプレイヤー」という戦い方になる。

非対称型対戦ゲームは、プレイヤー同士による対戦のみを楽しめるオンライン専用の場合が多いが、『バイオハザード RE:3』で遊べる『バイオハザード レジスタンス』のように、オンラインマルチプレイ用のモードとして非対称型対戦ゲームを収録しているケースもある。

▲『バイオハザード レジスタンス』では、アンブレラ側の「マスターマインド」となるプレイヤーひとりと、拉致された「サバイバー」4人という非対称の状況でバトルが展開。

立場の違いがスリリングなゲーム展開を演出! 異なるプレイフィールも味わえる!

キラー側のプレイヤーは圧倒的な力でサバイバーたちを追い詰め、サバイバー側のプレイヤーは仲間との連携や工夫を凝らしてキラーを倒したり、ミッションを遂行したり、エリアから脱出したりしようとする。ただし、多くのタイトルにおいてサバイバーがキラーを倒すことは難しい。この絶対的なスペック差が、非対称型対戦ゲームならではのスリリングなゲーム展開を演出している。

サバイバーがキラーと対峙した場合は、逃げ回ることがほとんど。無策で挑んでも返り討ちにあうのが関の山だ。どこに潜んでいるかわからないキラーに怯えながら進む恐怖や、突如として目の前にキラーが現われた際の衝撃は、ホラー映画さながら。倒れた仲間を助けたり、見つけたキラーの位置を教えあったりなど、連携がうまくいった際の達成感は格別!

それに対してキラーは、強力なものの、基本的には自分ひとりで戦うのが特徴。うまく立ち回らないと、サバイバーひとりは倒せたけれど残りのメンバーに脱出されてしまった……なんてことも。慎重に行動して一人ひとり確実に倒していくか? それとも圧倒的な力で一気に蹂躙するか? 戦略によってバトルの展開も左右されていく。

このように、立場によってプレイフィールが大きく変わるのが、非対称型対戦ゲームの醍醐味だ。キラー側となってひとりで気軽に挑むもよし。サバイバー側となって仲間と協力するのもよし。立場の違いがもたらすスリリングなゲーム展開を存分に楽しもう!

PS4で遊べるおすすめ非対称型対戦ゲームはコレだ!

狩るか狩られるか!? プレデターと人類によるスリル満点の密林バトル!

Predator: Hunting Grounds

対戦人数:プレデター【1人】 vs ファイアチーム【4人】

今なお高い人気を誇る映画「Predator(プレデター)」の舞台となったジャングルの奥地で、プレデターと人類の戦いが勃発! プレイヤーは1体のプレデターとしてプレイするか、4人チームで行動する精鋭部隊「ファイアチーム」の一員としてプレイするかを選択できる。プレデターの場合は、最終的にファイアチームを狩り尽くすことで勝利。ファイアチームの場合は、プレデターに倒される前に与えられた軍事任務を完遂して脱出する、もしくはプレデターを逆に狩ることで勝利となる。生き残るのは、プレデターか? それともファイアチームか?

【プレデターでプレイするなら?】
ハイテク兵器の過信は禁物! 一人ひとりを確実にハント

地球外生命体であるプレデターの武器は、ハイテク兵器と驚異的な身体能力。光学迷彩で周囲の景色と同化したり、サーマルビジョンで獲物の体温を感知したりしながらジャングルの木々を飛び回るという、映画さながらのアクションを満喫できる。ただし、ファイアチームの4人から集中砲火を受けてはひとたまりもない。一撃離脱を繰り返して相手の人数を削っていけば、返り討ちにあう確率もグッと減るはず。倒した相手にあえてトドメをささずに距離を取り、復活させようと近寄ってきた仲間を狩るというのも面白い。

【ファイアチームでプレイするなら?】
任務遂行が最優先。大切なのはチームワーク、そして”泥”!

ファイアチームはチームワークが何より大切だ。単独行動はプレデターにとっていい標的となるため、足並みをそろえて行動したい。また、任務を迅速に遂行していけば焦ったプレデターが無茶な攻撃を仕掛けてくることがあるので、返り討ちにしやすくなる。そのための鍵となるのが、プレデターのサーマルビジョンから身を隠すことができる”泥”だ。便利なサーマルビジョンを多用するプレデターにとって、身体に泥を塗ったプレイヤーはとてもやっかい。こまめに塗っておけば奇襲を受けづらくなるだけでなく、逆に先手を取れるかも?

ココに注目!
●姿を隠して敵に迫る興奮&見えない敵に狙われるスリル!
●ハイテク兵器を駆使した映画さながらの爽快アクション!
●強者であるプレデターを返り討ちにする愉悦!

Predator: Hunting Grounds

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:アクション / シューティング
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 4,900円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 5,390円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックスエディション 販売価格 7,590円(税込)
・プレイ人数:1~5人(オンライン専用)
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

※本作はオンラインマルチプレイ専用です。
※ダウンロード版ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

『Predator: Hunting Grounds』のPS.Blog記事はこちら

『Predator: Hunting Grounds』について詳しくはこちら

『Predator: Hunting Grounds』をPS Storeで購入する

『Predator: Hunting Grounds デジタルデラックスエディション』をPS Storeで購入する


「監視する者」と「脱出する者」が繰り広げる極限の脱出劇!

バイオハザード レジスタンス (『バイオハザード RE:3』収録)

対戦人数:マスターマインド【1人】 vs サバイバー【4人】

謎の施設に囚われた4人のサバイバーと、彼らを監視するひとりのマスターマインドが繰り広げる攻防を描く、「バイオハザード」シリーズ初の非対称対戦サバイバルホラー。プレイヤーはひとりのマスターマインドか、4人でチームを組むサバイバーのどちらかを選んでゲームに参加。限られた時間の中で、サバイバー側はキーアイテムの収集などの“目的”を達成しつつ3つのエリアのクリアを目指し、マスターマインド側はトラップやクリーチャーを使い彼らの脱出を阻む。お互いの立ち回りで増減する制限時間の奪い合いが、勝敗を分けるポイントだ。

【マスターマインドでプレイするなら?】
相手の行動を読んで先回り! 工夫を凝らした”おもてなし”が重要!

マスターマインドの目的は、マップ内の監視カメラを自在に切り替えつつサバイバーの行動を監視し、トラップやクリーチャーを配置して制限時間まで彼らの脱出を阻むこと。サバイバーたちの行動を読み、先手を取って罠を仕掛ける戦略性に加え、「スレイブ化」でタイラントなどの凶悪クリーチャーを直接操作し、蹂躙する楽しさも味わえる。しかし、4人の相手の行動を抑え込むのは実際やってみるとなかなかに忙しく、難しい。気づかれにくいトラップ配置を考えたり、キーアイテムのある部屋を要塞化しておいたりと、待ち伏せる側の優位を活かして相手の時間を奪おう!

【サバイバーでプレイするなら?】
スキルを活用した役割分担で、熾烈な待ち伏せをブチ破る!

キーアイテム集め、セキュリティ解除、コアの破壊と、3つのエリアごとに異なる目的を達成して出口を開き、脱出を目指すサバイバー側。制限時間にはあまり余裕はないので、4人が協力して素早く行動し、効率よくエリアクリアの条件を満たせるかが脱出成功の鍵になる。重要なのは、キャラクターのスキルを活用した役割分担。強力な攻撃スキルでクリーチャーを排除できるアタッカー役、仲間をまとめて回復したり監視カメラを瞬時に無力化したりできるスキルを持つサポート役と、自分の使用するキャラクターの役割を意識して、頼もしい仲間とともに立ち塞がる障害を打ち破れ!

ココに注目!
●あの手この手で待ち伏せて、相手をハメるマスターマインドの快感!
●仲間と助け合いながら窮地を乗り越えていくサバイバーの達成感!
●選んだキャラクターによってそれぞれに異なる戦略性と役割分担の妙!

バイオハザード RE:3

・発売元:カプコン
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:バイオハザード RE:3/サバイバルホラー
      バイオハザード レジスタンス/非対称対戦サバイバルホラー
・発売日:好評発売中
・価格:通常Ver.
    パッケージ版 通常版 希望小売価格 7,800円+税
    パッケージ版 コレクターズ エディション 希望小売価格 24,800円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 7,800円(税込)
    Z Version
    パッケージ版 通常版 希望小売価格 7,800円+税
    パッケージ版 コレクターズ エディション 希望小売価格 24,800円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 7,800円(税込)
・プレイ人数:バイオハザード RE:3/1人
       バイオハザード レジスタンス/オンライン:2~5人
・CERO:通常Ver.:D(17才以上対象)
    Z Version:Z(18才以上のみ対象)

※『バイオハザード RE:3』はオンラインマルチプレイには対応しておりません。
※Z Versionご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

『バイオハザード RE:3』のPS.Blog記事はこちら

『バイオハザード RE:3』について詳しくはこちら

『バイオハザード RE:3 通常Ver.』をPS Storeで購入する

『バイオハザード RE:3 Z Version』をPS Storeで購入する


非対称型対戦ゲームの代名詞的存在! 追って追われる戦慄の鬼ごっこ!

Dead by Daylight (デッドバイデイライト)

対戦人数:殺人鬼【1人】 vs 生存者【4人】

著名人による実況配信が盛んに行なわれるなど、非対称型対戦ゲームの代名詞的存在となった人気ホラーサバイバル。5人のプレイヤーが、ひとりの殺人鬼(キラー)と4人の生存者(サバイバー)に分かれて対戦する。殺人鬼は逃げ隠れする生存者を捕らえ、フックに吊るし上げて全員殺害することが目的。一方の生存者は殺人鬼を倒す術がなく、フィールドに点在する発電機を修理して脱出ゲートを開き、狂った殺戮場から逃げ出せば勝利となる。それぞれ個性的なキャラクターから選ぶことができるので、彼らの特殊能力を使いこなせるかが勝負のカギに!

【殺人鬼でプレイするなら?】
戦闘力は圧倒的。追い詰めてしまえばこっちのもの……なのに獲物が見つからない!?

殺人鬼は生存者よりも速く移動して、攻撃を2回当てれば瀕死に追い込むことができる。鉈やチェーンソーなど残忍な武器の数々、さらには透明化や瞬間移動といった特殊能力を駆使し、生存者の命を奪っていく無敵感が醍醐味だ。ところが、生存者を見つけ、追い詰めるまでに意外に苦労する。三人称視点の生存者に対して、一人称視点の殺人鬼は視界が狭く、障害物の破壊や窓枠を飛び越える速度は遅い。だから生存者の目的である5つの発電機を巡回したり、吊るされた仲間を救助するところを待ち伏せたりと、地道な工夫が必要だ。戦略的な索敵なくして、無敵感は味わえない!

【生存者でプレイするなら?】
仲間の命は見捨てないけれど、いざとなったら犠牲になってもらうかも?

生存者には4人の連携した立ち回りが求められる。発電機は複数人で修理すれば早く直るほか、誰かが殺人鬼に追われている隙に修理を進めることもできる。反対に、人数が少ないと殺人鬼のマークから逃れることが難しくなるため、仲間の命を簡単には見捨てられない。治療を手伝ったり、吊るされたフックから降ろしてあげたり、助け合うことで脱出への活路を見出すわけだ。でも、マッチ終盤で脱出ゲートを開けられるとき、残り少ない仲間が吊るされたら、リスクを冒して救助に行くか……? スマン、全滅するよりマシだ。脱出するから、勝利のための犠牲になってくれ。

ココに注目!
●殺人鬼の能力と戦略が噛み合い獲物を追い詰めていく無敵感!
●生存者プレイで味わうホラー映画のような緊迫感!
●個性的なキャラクターと特殊能力の組み合わせによる多様なプレイスタイル!

Dead by Daylight (デッドバイデイライト)

・発売元:3goo / Behaviour Interactive,Inc.
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:ホラー・アクション
・価格:パッケージ版 Dead by Daylight -山岡一族の物語り- 公式日本版 希望小売価格 4,600円+税
    ダウンロード版 スペシャルエディション 販売価格 3,056円(税込) (*)
・プレイ人数:2~5人(オンライン専用)
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

*ダウンロード版には、パッケージ版に同梱されているDLC(2つのチャプター「呪われた血統」と「断絶した血脈」)とゲーム内通貨「オーリック・セルパック(1100)」は含まれていません。

※本作はオンラインマルチプレイ専用です。
※ダウンロード版ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

『Dead by Daylight』のPS.Blog記事はこちら

『Dead by Daylight -山岡一族の物語り- 公式日本版』について詳しくはこちら

『Dead by Daylight: スペシャルエディション』をPS Storeで購入する


デーモンに立ち向かうのはひとりの人間! スピーディーなノンストップバトル!

DOOM Eternal

対戦人数:ドゥームスレイヤー【1人】 vs デーモン【2人】 ※バトルモードのみ

怒濤のFPSバトルが楽しめる「DOOM」シリーズ最新作は、オンラインマルチプレイ用のバトルモードが1対2の非対称型対戦ゲームになっている。プレイヤーはドゥームスレイヤーひとりとデーモン2体のチームに分かれ、3ラウンド先取の激しいバトルを繰り広げる。ルールは単純明快で、相手プレイヤーを全滅させた側の勝利! クリーチャーであるデーモンではなく、人間であるドゥームスレイヤーがいわゆるキラー側というのが、本モードのポイントだ。対戦が始まると即会敵! 即戦闘! という怒濤の展開も、スピード感抜群でテンポよくプレイできる。

【ドゥームスレイヤーでプレイするなら?】
雑魚デーモンなんて回復アイテム!? 武装を補充しながら本命を追い詰めろ!

キャンペーンモードで入手できる武器MODと装備がすべて使用可能という、完全武装の状態で対戦できるドゥームスレイヤー。さまざまな武器はもちろん、敵に接近してとどめをさす「グローリーキル」で倒すと体力が回復し、火炎放射器で焼き尽くせばアーマーを入手。そして、チェーンソーで引き裂けば弾薬を補充できる。プレイヤーではない雑魚デーモンなど、回復アイテムや武器庫のようなものだ。とはいえ、雑魚に囲まれているところをプレイヤーのデーモンに襲われるとピンチに!? 常に動き回りながら周囲をよく見て、本命のデーモンを狩れ!

【デーモンでプレイするなら?】
手下を召喚して宿敵を包囲! デーモン軍団の意地を見せつけよう!

操作できるデーモンは5種類で、それぞれが個性的な武装やアビリティ、そして雑魚デーモンを召喚できる力を持っている。とはいえ、ドゥームスレイヤーと真っ向から対峙しては分が悪い。雑魚デーモンを召喚しながら仲間のプレイヤーと協力して相手を包囲しよう。もし片方のプレイヤーがやられてしまっても、もう片方のプレイヤーが20秒間耐えることができれば復活できる。また、雑魚デーモンからドロップしたアイテムを消すことができる能力も強力かつ面白い。手下と戦略を駆使して、宿敵のドゥームスレイヤーを退治せよ!

ココに注目!
●勝っても負けてもとにかくスピーディーなテンポ感!
●圧倒的な火力でデーモンたちを肉片に変える快感!
●特殊な武器やアビリティ、召喚を駆使して敵を追い詰める戦略性!

DOOM Eternal (ドゥーム エターナル)

・発売元:ベセスダ・ソフトワークス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:シューティング
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,980円+税
    ダウンロード版 販売価格 8,778円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時:1〜3人)
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

※ダウンロード版ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

『DOOM Eternal』のPS.Blog記事はこちら

『DOOM Eternal』について詳しくはこちら

『DOOM Eternal』をPS Storeで購入する


伝説の殺人鬼ジェイソンがゲームで復活! 恐怖の一夜をその手で体感!

フライデー・ザ・13th:ザ・ゲーム

対戦人数:ジェイソン【1人】 vs カウンセラー【7人】

ホラー映画の名作『13日の金曜日』を、原作の雰囲気そのままに非対称対戦ゲーム化! 8人のプレイヤーがひとりのジェイソン役と7人のキャンプ場の監視員=カウンセラー役に分かれて、血塗られた鬼ごっこに挑む。ジェイソン側の目的は逃げ隠れるカウンセラーたちを追い詰めてできるだけ多く殺害すること。カウンセラー側は条件を満たして出口から脱出するか、20分間生き残るか、ジェイソンを殺害するかのいずれかを成功させて生還するのだ。超能力を備えたジェイソンと複数の脱出方法があるカウンセラー、どちらのプレイでも映画さながらの緊迫感が楽しめる!

【ジェイソンでプレイするなら?】
圧倒的なパワーと恐るべき超能力! 複数いるジェイソンの能力の違いにも注目!

ジェイソンは足こそ鈍重だが、数回の攻撃でカウンセラーを殺害でき、相手の反撃に対してもほとんど無敵。さらに時間が経過すると瞬間移動や感知といった4種類の便利な超能力が順次使えるようにもなり、接近すれば圧倒的な力を堪能できる。問題は広いマップの中でカウンセラーたちを発見し、近づくまでにやや苦労する点。うろつくだけでなく、脱出に必要な設備がある家や逃走用の車の近くに潜み、超能力で音もなく近づいて仕留める狡猾さも備えてこそ伝説の殺人鬼といえる。複数選べるジェイソンの中から、自分の戦略に合う能力のものを探しておくのもポイント!

【カウンセラーでプレイするなら?】
散るか、集まるか? 複数の脱出方法で幅広いプレイスタイルに対応!

移動速度はジェイソンより速いが、捕まれば逃げることも危ういカウンセラー。生還の手段は複数あるが、基本はクルマかボートを修理する、あるいは電話で警察を呼び、出口から脱出する方法だ。ルール上、ひとりでも逃げ切りが目指せるので、ほかの仲間と協力するかはケースバイケース。集団行動はやや見つかりやすくなるが、修理用アイテムは複数人で探す方が効率的だし、襲撃を受けても仲間がいれば助かりやすい。ソロ行動か協力か、すべては自分の選択次第だ。特にジェイソンを殺害して勝利を目指す場合は複数人の協力が不可欠だ。

ココに注目!
●歴代シリーズ映画のジェイソンが参戦! 異なる脅威の能力を体感!
●複数の脱出方法を、時にひとりで、時に協力して成功させる自由度の高さ!
●「キン、キン、キン……」のおなじみのサウンドで緊迫感も爆上がり!

フライデー・ザ・13th: ザ・ゲーム PlayStation®Hits

・発売元:ナツメアタリ(ブランド:NAパブリッシング)
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:鬼ごっこホラーアクションゲーム
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 1,990円+税
    ダウンロード版 販売価格 2,189円(税込)
・プレイ人数:1~8人(オンライン専用)
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

※本作はオンラインマルチプレイ専用です。
※ダウンロード版ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

『フライデー・ザ・13th:ザ・ゲーム』のPS.Blog記事はこちら

『フライデー・ザ・13th:ザ・ゲーム』について詳しくはこちら

『フライデー・ザ・13th: ザ・ゲーム PlayStation®Hits』をPS Storeで購入する

©2020 Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by IllFonic, LLC.
PREDATOR TM & © 2020 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 1999, 2020 ALL RIGHTS RESERVED.

© 2015-2020 Behaviour Interactive Inc. All rights reserved. BEHAVIOUR®, DEAD BY DAYLIGHT® およびそれらのロゴはカナダ、アメリカ合衆国、および/またはその他の地域における、Behaviour Interactive Inc.の登録商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の所有物です。Published and distributed by 3goo K.K.

© 2020 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. Bethesda, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. DOOM Eternal, id, id Software and related logos are registered trademarks or trademarks of id Software LLC in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved.

FRIDAY THE 13TH and all related characters and elements are trademarks of and © New Line Productions, Inc. and Horror, Inc.(each to the extent of their interest).© 2017 Gun Media Holdings, Inc. All Rights Reserved. Gun Media™ and the Gun Media™ logo are trademarks and/or registered trademarks of Gun Media Holdings, Inc. throughout the world.
© 2017 IllFonic™ and the IllFonic™ logo are trademarks and/or registered trademarks of IllFonic, LLC throughout the world.
©2018 NatsumeAtari Inc.,NA PUBLISHING Inc.,All rights reserved.

コメントに参加する

コメントを投稿する

コメントを投稿する前に

皆様が楽しく会話ができるよう親切で思いやりのあるコメント内容を心がけてください。

コメントを残す

お客様の生年月日を入力してください。