PlayStation.Blog

黒幕と被験者、勝つのはどちら?『バイオハザード レジスタンス』プレイレポート!【特集第4回/電撃PS】

0 0
黒幕と被験者、勝つのはどちら?『バイオハザード レジスタンス』プレイレポート!【特集第4回/電撃PS】

PlayStation®4用ソフトウェア『バイオハザード RE:3』には、ジルの脱出劇が描かれるキャンペーンモードに加え、1対4の非対称オンライン対戦が楽しめる『バイオハザード レジスタンス』(以下『レジスタンス』)が収められている。特集第4回となる今回は、ゲーム発売直後から熱い死闘が繰り広げられている『レジスタンス』のプレイレポートをお届けする。

まずはチュートリアルとトレーニングで遊び方を覚えよう

『レジスタンス』のバトルは、実験の管理者であるマスターマインドひとりと、被験者のサバイバー4人という非対称の状況で展開する。どちらの陣営で遊ぶにしても、ルール、キャラクターの特徴、マップの構造や仕掛けなどに慣れる必要があるので、まずはチュートリアルとトレーニングモードをプレイするのがオススメだ。マスターマインドの場合は、操作全般やカードの特徴。サバイバーの場合は、自分が操作するキャラクターのフィーバースキルとパーソナルスキルの特徴は必ずチェックしておきたい。

クイックマッチとカスタムマッチから選んで挑戦

マッチングの方式は、待機中のプレイヤーと自動的にマッチングするクイックマッチと、マスターマインドとしてルールなどを設定してサバイバーを募るカスタムマッチの2種類が用意されている。気軽に遊びたいならクイックマッチで、マスターマインドかサバイバーのどちらかと、プレイしたいキャラクターを選ぶだけで始められる。

マスターマインドは、必勝パターンを構築して取り組もう

マスターマインドでプレイした印象は、予備知識がなくてもなんとかなるものの、やはり自分の必勝パターンを構築しておくのがよさそうだ。行き当たりばったりだと策略が後手になってしまい、あたふたしてしまうことも。例えば「重要な場所にゾンビや仕掛けを配置→強化弾でまとめて強化→スレイブ化して集中攻撃」という戦法が、サバイバー陣営でプレイしていたときにかなりやっかいだったので、採り入れてみるのもオススメだ。

あと、ちょっと地味ながら、ライトをオフにしたり、ドアをロックしたりするのも足止めとしては効果的。必死にあらがう相手陣営の脱出を阻止できたときには、思わず”よっしゃーーーー!”という気分に! この高揚感は本作ならではの魅力のひとつなので、ぜひ味わってみてほしい。

サバイバーは、手際よくスピーディに進めるのが重要!

サバイバーでプレイした印象は、のんびりプレイしているとクリーチャーやゾンビを配置されてしまい、あちこちで危機に陥るということ。そのため、各エリアで発動されるミッションを手際よくこなし、いかにマスターマインドを焦らせるか? ということが重要になる。あと、監視カメラを妨害するのもポイントのひとつだ。銃器で撃つか、ジャニアリーのスキルで機能を一時的にマヒさせられるので、重要な仕掛けがある部屋や出口付近の監視カメラは積極的に壊していきたい。数々の苦難を乗り越え、仲間と一緒に脱出できたときの”してやったり!”という感覚は、クセになる人も多いはずだ。

バトルを重ねてキャラクターを成長させよう

バトルが終了すると戦闘内容に応じてポイントが獲得でき、それが規定値に達するとランクアップ。マスターマインドは自分で手札を編集できるデッキ、サバイバーはスキルを装備するためのスロットが解放されるなど、キャラクターが徐々に成長していく。さらに報酬として入手したRPをショップで消費し、キャラクターの能力を強化する装備も入手できる。バトルを繰り返し、好みのキャラクターをどんどん強化していこう。なお、RPはクイックマッチの方が多く手に入るので覚えておこう。

制限時間ギリギリで決着がついたり、圧倒的に勝つ、負けることもあったりと、対戦内容のバリエーションはさまざま。毎回どの戦いも、それぞれにドラマがあり、反省点もあったりしてビデオクリップで保存しておいた動画をあとで見返すのも楽しい。ほかのプレイヤーのテクニックを自分のプレイに取り入れつつ、じっくり、そして何度もプレイをして、勝率を上げていこう。


バイオハザード RE:3

・発売元:カプコン
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:バイオハザード RE:3/サバイバルホラー
      バイオハザード レジスタンス/非対称対戦サバイバルホラー
・発売日:好評発売中
・価格:
 通常Ver.
    パッケージ版 通常版 希望小売価格 7,800円+税
    パッケージ版 コレクターズ エディション 希望小売価格 24,800円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 7,800円(税込)
 Z Version
    パッケージ版 通常版 希望小売価格 7,800円+税
    パッケージ版 コレクターズ エディション 希望小売価格 24,800円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 7,800円(税込)
・プレイ人数:バイオハザード RE:3/1人
       バイオハザード レジスタンス/オンライン:2~5人
・CERO:
 通常Ver.:D(17才以上対象)
 Z Version:Z(18才以上のみ対象)

※Z Versionご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。


PS.Blogの『バイオハザード RE:3』記事はこちら


『バイオハザード RE:3』公式サイトはこちら

「バイオハザード」シリーズ公式Twitterはこちら

©CAPCOM CO., LTD. 1999, 2020 ALL RIGHTS RESERVED.

お客様の生年月日を入力してください。