PlayStation.Blog

3月18日より『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』無料体験版配信開始! 先行プレイレビュー!

0 0
3月18日より『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』無料体験版配信開始! 先行プレイレビュー!

6人の主人公それぞれの物語を楽しめる! 体験版が明日3月18日(水)より配信スタート!

4月24日(金)発売予定のPlayStation®4用ソフトウェア『聖剣伝説3 TRIALS of MANA(トライアルズ オブ マナ)』は、アクションRPG「聖剣伝説」シリーズの3作目として1995年に発売された『聖剣伝説3』のフルリメイク作品。

6人の中から選んだ主人公と仲間の組み合わせによって、物語の展開が変わる”トライアングルストーリー”、グラフィックの向上、アクション性の増したバトルシステム、キャラクターのボイス対応やアレンジ楽曲の収録、サイドトークによる掛け合いなど、新たな要素が多数追加される。

明日3月18日(水)より体験版を配信開始! 6人の中から好きな主人公や仲間を選べるうえ、序盤ストーリーをたっぷり遊べるボリューム満点の体験版となっている。

リメイク版のさらなる新要素が明らかに!

過去の記事でも「プロローグ体験」や「アビリティ」などの新要素を紹介してきたが、お楽しみはまだまだほかにもあった! 新たに公開された2つの新要素を紹介しよう。

クリア後の新エピソードでは、「クラス4」になれる!

本編クリア後のお楽しみとして、エンディングを迎えたあとに新エピソードを体験できる。物語は冒険の終盤までさかのぼり、フォルセナの図書館である人物からのメッセージを発見する。そこで明かされるのが、「クラス4」の存在。オリジナル編では「クラス3」までしかクラスチェンジできなかったが、さらなる上級クラスがあると判明するのだ。各キャラクターのゆかりの地で、クラスチェンジのためのアイテムを入手しよう。

「クラス4」は光と闇の2タイプがあり、見た目が変化するだけでなく固有の武器や特殊攻撃も使えるようになる。仲間との冒険を経て成長したキャラクターたちを待ち受ける、新たな試練とは?

クラス4

デュラン

光:セイヴァー
闇:ベルセルク

アンジェラ

光:ウィッチクィーン
闇:スペルキャスター

ケヴィン

光:ビーストキング
闇:デストロイヤー

シャルロット

光:ハイプリーステス
闇:カオスメイカー

ホークアイ

光:スプリガン
闇:アヴェンジャー

リース

光:ミーティア
闇:フレースヴェルグ

新エピソードをプレイし終えたセーブデータがあれば、タイトル画面から”強くてニューゲーム”を選択できるようになる。ルク、通常のアイテム、リンクアビリティ、サボテン君の発見数など一部のデータを引き継いだ状態で、最初からプレイすることができる。主人公や仲間に選んで新エピソードまでをクリアしたキャラクターは、次回以降、クリア時のレベルが引き継がれるので、”強くてニューゲーム”を活用してより多くのエピソードを体験しよう!

シリーズでおなじみ、サボテン君を探そう!

『聖剣伝説3』では、シリーズではおなじみのキャラクター・サボテン君が世界各地に隠れている。見つけた数に応じて冒険を有利にする特典がもらえるので、街やフィールドを探索してみよう。

体験版を先行レビュー! 6人の中から主人公と仲間2名を選び、いざ冒険へ!

ここからは体験版を先行プレイしたレビューをお届けしよう。

本作では、6人のキャラクターから主人公ひとりと仲間ふたりを選ぶところから冒険が始まる。体験版でも、はじめに主人公と仲間を選ぶことに。パラメータを確認したうえで選んだ主人公は、攻撃力の高いケヴィン。ビーストキングダムを統べる獣人王の息子だ。仲間にしたのは、動きの素早いホークアイと回復魔法を得意とするシャルロット。ここで誰を選んだかによって物語の展開も大きく変わるので、どの組み合わせにするか悩ましいところだ。

なお、公式サイトで公開中の「オススメパーティ診断」では10の質問に答えると、自分に合ったパーティメンバーを診断してくれる。迷った時は、こちらの診断結果を参考にするのもいいだろう。

なお、体験版のセーブデータは製品版に引き継ぎ可能。キャラクターは、レベル7まで育成できる。難易度はベリーイージー、イージー、ノーマル、ハードの4段階から選択でき、プレイ中も好きな時に変更可能だ。

獣人王の策略を知り、ケヴィンははるかな旅へ

今回主人公に選んだケヴィンは、獣人の父と人間の母の血を引く少年。母親はケヴィンが幼い頃にビーストキングダムを去っており、以降は冷徹な戦闘マシーンとして育てられてきた。だが、ちびウルフのカールと出会ったことで、優しさと愛に目覚めはじめている。

そんなある日、カールが突然凶暴化し、ケヴィンに襲い掛かってくる。ケヴィンは自らの本能を抑えようとするが、体が言うことを聞かず獣人に変身! 我を失い、カールを倒してしまう。

だが、この出来事には裏があった。ケヴィンの父である獣人王が、闇の呪法の力でカールをわざと凶暴化させ、ケヴィンの野生を引き出したというのだ。父の策略を知ったケヴィンは激怒するが、獣人王に歯向かおうにも全く力が及ばない。ケヴィンはカールを生き返らせる方法を光の司祭に教わるため、聖都ウェンデルへと旅立っていく。

一方、ビーストキングダムでは、謎めいた「死を喰らう男」が暗躍。「今こそ人間界に攻め入るべき」と獣人王をそそのかし、親衛隊は挙兵の準備を進めていた。彼らが最初に目指すのは、城塞都市ジャドと聖都ウェンデルの陥落。親衛隊がウェンデルに侵攻する前に、ケヴィンは光の司祭に会えるだろうか。

……というのが、ケヴィン編のプロローグ。ドット絵だったオリジナル版から大幅に進化し、フル3Dでさまざまなイベントが描かれていく。フィールド探索では、右上にミニマップが表示されるうえ、タッチパッドを押せばより広い範囲のマップも確認できる。どこに行くべきか、☆マークで示されるという仕様も親切だ。

アクション性が高く、攻撃バリエーション豊富! 飽きの来ないバトルシステム

モンスターがはびこる野原や洞窟では、戦闘が発生する。バトルはアクション性が高く、攻撃バリエーションも豊富。直感的に操作でき、○ボタン→△ボタンで吹き飛ばし攻撃、○ボタン→○ボタン→△ボタンで広範囲攻撃など、アクションが苦手な人でも手軽にコンボを繰り出せる。△ボタンを長押しすれば、タメ攻撃も発動可能だ。

敵への攻撃などで溜まるSPゲージを消費すれば、L1ボタン+□ボタンで必殺技も出せる。威力絶大なうえにスペシャルな演出も入るので、ここぞという場面で使いたい大技だ。ほかにも、ジャンプ(×ボタン)、回避(□ボタン)を組み合わせることで、多彩な戦い方ができる。敵の背後からバックアタックを仕掛けると、より多くのダメージが与えられるなど、ただボタンを連打するだけではない戦術性が感じられる。

さらに「10秒以内に敵を撃破」「ノーダメージで勝利」など一定の条件を満たすと、ボーナスとして経験値がより多く加算されるのもポイントだ。毎回小さな目標をもってバトルに臨むため、戦闘を何度繰り返しても飽きることなく楽しめる。

夜になるとケヴィンが獣化!

本作には昼夜の概念があり、ケヴィンは夜になると獣人に変身する。獣人化するとビジュアルが変わるだけでなく、攻撃力もアップ! これは、ほかのキャラクターにはない彼独自の特徴だ。強敵と戦う前には宿屋で夜を待つなど、戦術にも関わってきそうだ。

便利なショートカットメニュー

本作には、メニュー画面を開かずに道具や特技を使える「リングコマンド」がある。フィールド上では方向キー上下でいつでも「リングコマンド」が開き、手軽に道具や特技を使用できる。さらに便利なのが、ショートカットメニュー。よく使うものを各4つまで登録できるため、バトル中など素早く道具や特技を使いたい時に役立つ。バトルがもたつくことなくスピーディに進むのは、こうしたシステムによると言えるだろう。

「育成ポイント」を割り振り、アビリティを取得

経験値が溜まり、レベルアップすると「育成ポイント」が手に入る。このポイントを一定数割り振ることで、特技の習得、ステータスアップ、アビリティ取得のいずれかが可能に。取得したアビリティを装備すれば、パラメータを強化したり、バトルで有利になったりという効果が得られる。

装備できるアビリティは数に限りがあり、どのように組み合わせるかでキャラクターの方向性も変わってくる。今回の体験版では確認できなかったが、クラスチェンジをすればそのクラス固有のアビリティも取得できるようだ。どんなキャラに育てるか、プレイヤーによって幅広い楽しみ方ができそう!

仲間が加わり、新たな冒険が始まる!

ストーリーが進むと、冒頭で選んだホークアイ、シャルロットが仲間に加わってくれる。その際、仲間になったキャラクターのこれまでの冒険を回想することもできる。これが、新システム「プロローグ体験」。回想中はセーブできないものの、フィールド探索やバトルもひととおりプレイできる。

いわれのない罪で投獄されたホークアイ、友人を守ろうと小さな体で奮闘するシャルロットなど、彼らが旅に出た理由を知ることでパーティメンバーへの感情移入もグッと深まる。「プロローグ体験」はパスすることもできるが、仲間のことを知るためにもぜひプレイしておきたい。

パーティメンバーも操作可能

主人公だけでなく、仲間に加わったキャラクターも操作可能。操作キャラクターは、L2・R2ボタンで瞬時に切り替えることができる。

バトルでは、操作キャラ以外のメンバーはオートで戦ってくれる。物理攻撃でガンガン攻めたい時はケヴィン、フットワーク軽く素早い攻撃を繰り出したいならホークアイなど、敵に応じて操作キャラクターを切り替えれば有利に戦える。ストーリーが進むと、毒や眠りなど状態異常を引き起こす敵も増えるため、回復させるためにもキャラクターを入れ替えながら戦うことが重要になりそうだ。

3人で力を合わせて、ボスを撃破!

体験版終盤には、強敵フルメタルハガーが出現! フルメタルハガーに限らず、敵が特殊な技を放つ際には攻撃範囲が赤く表示される。相手の攻撃をギリギリで避けつつ、こちらの攻撃を叩き込むのが実にスリリング。弱点の目玉を狙い、必殺技やコンボを次々に叩き込むのも爽快だ。最初のボスなのでそこまで苦戦することはないが、攻撃のバリエーション、3人で力を合わせて戦う楽しさを味わうことができた。

フルメタルハガーに封印された光の精霊ウィル・オ・ウィスプを救出し、次なる目的地を目指すところで体験版は終了。ここまで3時間強、たっぷり遊ぶことができた。今回はケヴィンを主人公に選んだが、残る5人のキャラクターでプレイすることも可能。どのキャラを組み合わせるかによって、ストーリーも変わってくるのであれこれ試したくなる。バトルはきびきびした動きでテンポよく進み、さまざまなキャラクターが絡み合うストーリーがどこへ向かっていくのかも気になるところ。製品版の発売が待ち遠しい!

——————————————

聖剣伝説3 TRIALS of MANA (トライアルズ オブ マナ)

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:アクションRPG
・発売日:2020年4月24日(金)予定
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 5,980円+税
    ダウンロード版 販売価格 6,578円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

——————————————

『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』公式サイトはこちら

「聖剣伝説」公式Twitterはこちら

© 1995, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

お客様の生年月日を入力してください。