PlayStation.Blog

『グランブルーファンタジー ヴァーサス』はゲーム丸ごと2本分楽しめる!!【特集第1回/電撃PS】

0 0
『グランブルーファンタジー ヴァーサス』はゲーム丸ごと2本分楽しめる!!【特集第1回/電撃PS】

2月6日(木)に発売を迎えるPlayStation®4用ソフトウェア『グランブルーファンタジー ヴァーサス』(以下『GBVS』)。本作はブラウザ&スマホ向けRPG『グランブルーファンタジー』(以下『グラブル』)のキャラクターをシンプルな操作で動かして、アクションRPGや対戦格闘が楽しめるタイトルだ。この記事では各ゲームモードを中心に電撃PlayStationがその見どころをお届けする。

『グラブル』とは

サービス開始から間もなく6周年を迎えるRPG。いくつもの空に浮く島々からなる世界を、空を飛ぶ船「騎空艇」で渡り歩く冒険譚が描かれている。メインクエストだけでなく、シナリオイベントやSIDE STORYなど、ボリュームはバツグン。定期的に育成面が拡張されるやり込み要素の豊富さも魅力だ。

メインクエストやイベントが追加されるたび、キャラクターの深掘りがされていく点もファンにとっては魅力のひとつ(画像は『グランブルーファンタジー』本編のもの)。

バトルあり物語あり、育成ありのRPGモード

本作には「RPGモード」と「VSモード」の2種類のモードが収録。RPGモードはキャラクターを育成しつつ、ベルトスクロール風のアクションRPGを楽しめるゲームモードだ。

クエストでは、主に大量の敵を相手に大立ち回りを演じることになる。

RPGモードでは、主人公のグランを中心にした物語が展開。アドベンチャーパート後にバトルを行なう。物語は『グラブル』本編を踏まえたものだが、細かな世界設定や人物関係を知っている必要はなし。公式サイトやゲーム中で見られるキャラクター紹介だけで、十分に物語を理解できる。

アドベンチャーパートでは、プレイアブルキャラクター以外も含めて、さまざまな物語が展開していく。

アクションパートは1人もしくは2人のキャラクターが参加可能。オンライン・オフライン問わず協力プレイができるのはもちろん、一方もしくは両方のキャラクターの操作をCOMに任せることもできる。バトルでは通常技やアビリティに加え、RPGモード専用の「サポートアクション」が使用可能。サポートアクションには「自分と仲間の体力を回復する」「敵全体にダメージを与えつつ攻撃力を下げる」など、RPGらしいものがそろっている。

操作キャラクターは対戦格闘のものがベースで、通常技とアビリティを同じ操作で使用することが可能。なお、プレイヤーが育てたぶんだけ、仲間のステータスも強化される。

物語の節目には巨大なボスとのバトルが発生。こちらは通常のバトル以上に相手の行動パターンや予備動作を見極めることが重要だ。相手によっては、しっかりと対処しないと一撃でピンチに陥ることがあるので、スリルある戦いを楽しめる。

ボスはよろめきにくいため、相手の攻撃に的確に対処することが攻略のカギになる。

これらのクエストの助けとなるのが育成要素。RPGモードでは、クエストをこなしたり特定のアイテムを使ったりするとキャラクターのレベルが上昇。攻撃力やHPが上がり、クエストを快適に攻略できるようになる。さらに『グラブル』本編のプレイヤーにはなじみ深い「武器編成」でもバトルに参加するメンバーの強化が可能。

武器編成とは、メイン武器1本とサブ武器9本の計10本の武器でキャラクターを強化するシステム。編成した武器によって攻撃力とHPが上昇するので、本作における武器は一般的なRPGで例えるなら、バトルに参加するキャラクター全員分の武器と防具を兼ねているようなものだ。

武器のスキルは特定の属性の攻撃力を上げる「攻刃」やHPが減少すると攻撃力が上がる「背水」など、さまざま種類が存在する。

さらにメイン武器によってキャラクターの属性が変化。同じ属性の武器を複数編成することで相乗効果が得られることもあり、火属性の敵が多いクエストには水属性を主体にした武器編成で挑むなど、属性に合わせた武器編成を心がけよう。

武器はクエスト報酬で直接手に入るほか、特定の条件を満たすともらえる「武器チケット」や、クエストで入手できる素材との交換が可能。

ちなみに、RPGモードを一度クリアすると「ハードモード」が解禁。こちらはハードの名に恥じない難易度で、一周目のRPGモードを武器編成なしで攻略できたプレイヤーでも、入念な準備が必要な手ごたえ十分な内容となっている。

VSモードは対戦格闘プレイヤー納得のハイクオリティ

「VSモード」はいわゆる2D対戦格闘。20年以上にわたり対戦格闘を世に送り出してきたアークシステムワークスが開発にかかわっているだけあり、そのクオリティは非常に高いものになっている。一方で複雑なコマンド入力や、難解なコンボは控えめ。ボタン連打で出せる「連続攻撃」と方向キー+R1ボタンで繰り出せるアビリティを覚えれば、初心者でも気持ちよく立ち回ることができる。

知らずに見ればアニメのワンシーンにしか見えない美麗なグラフィックも本作の特徴。

もちろん、オンラインプレイにも対応。オンライン上では自分でルームを作ったり、最大64人とのコミュニケーションが可能なオンラインロビーに入ったりして自由に対戦が楽しめる。また、自分の腕前に応じた相手とマッチングできる「ランクマッチ」も用意。本気で強くなりたい人も満足できる内容となっている。

オンラインロビーには、アーケード筐体をモチーフにした対戦台が立ち並ぶ。対戦時には、自分のアバターを実際に筐体まで歩かせてバトルを開始する。

そのほか対戦格闘の基本を学べる「タクティクスモード」も用意。コンボや反撃などを実戦形式で練習できるほか、対戦格闘に関する用語を一覧でチェックできる。収録された用語は対戦格闘をプレイするうえで役立つものばかりだ。さらに対戦格闘に共通するセオリーについての解説も豊富。読み込むだけで対戦格闘の腕前を高められる。

対戦格闘をプレイするうえで覚えておきたい、各キャラクターのコンボもタクティクスモードで学べる。

『グラブル』本編との連動特典が満載!

本作には『グラブル』本編との連動特典が豊富に用意されている。その内容は以下のとおり。

【購入特典】
■ヒヒイロカネ、金剛晶、セフィラ玉髄、ダマスカス骸晶×10の4種のアイテムの中から好きなものをひとつ選んで入手可能
※ゲーム内でシリアルコードを発行するため、PS4本体およびネットワーク接続環境が必要。

【RPGモードをクリア】
■5,000宝晶石

【難易度ハードのRPGモードをクリア】(難易度ハードはRPGモードクリアで解放)
■「ジョブスキン きぐるビィ」
※「ジョブスキン きぐるビィ」は過去に発刊されていた「グランブルーファンタジークロニクル」の全巻購入特典と同一。すでにムックの特典として入手している場合には、宝晶石3000個が取得できる。

【DLCキャラを購入】
■黒衣の男:今後実装予定の報酬武器1種を先行して入手可能に
■ナルメア:Versusバージョンのキャラ専用スキン
■ソリッズ:Versusバージョンのキャラ専用スキン
■ジータ:Versusバージョンのジョブスキン(グラン&ジータ)

購入特典の4アイテムは、いずれも『グラブル』本編で低確率だが入手できるもの、または確実に手に入るが月単位の時間が必要になるもの。宝晶石は、ガチャなどで使用するアイテムだ。ジョブスキンおよびキャラ専用スキンは、キャラクターの見た目を普段とは異なるものにすることができる。

これらの特典は、『グラブル』本編のプレイヤーにとっては貴重な逸品。それだけレアなものばかりなので、まだ『グラブル』本編に触れていないなら、本作の購入を機に始めてみるのがオススメだ。

本作は「RPGモード」のアクションRPG、「VSモード」の対戦格闘、どちらか一方だけでも十分なボリューム。「世界観に興味はあるけれど対戦格闘は苦手」、「対戦格闘は好きだけれど、地道な育成は好みじゃない」、そんな人でも間違いなく楽しめるタイトルだ。

——————————————

グランブルーファンタジー ヴァーサス

・発売元:Cygames
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:対戦アクションRPG
・発売日:2020年2月6日(木)予定
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 6,980円+税
    パッケージ版 プレミアムエディション 希望商売価格 11,860円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 7,679円(税込)
    ダウンロード版 キャラクターパスセット 販売価格 10,846円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 13,046円(税込)
・プレイ人数:1~2人(オンライン対応)
・CERO:B(12才以上対象)

※ダウンロード版は、2020年2月5日(水)までの予約購入で通常価格より10%OFFになります。

——————————————

『グランブルーファンタジー ヴァーサス』公式サイトはこちら

© Cygames, Inc. Developed by ARC SYSTEM WORKS

お客様の生年月日を入力してください。