PlayStation.Blog

『ドラゴンボールZ KAKAROT』で飛び込め! ファン待望の”ドラゴンボールワールド”!!【特集第1回/電撃PS】

0 0
『ドラゴンボールZ KAKAROT』で飛び込め! ファン待望の”ドラゴンボールワールド”!!【特集第1回/電撃PS】

もはや説明が不要なほど人気の漫画「ドラゴンボール」。作品の人気が大きく飛躍したサイヤ人のエピソード以降は「ドラゴンボールZ」(以下「DBZ」)としてTVアニメ化され、世界中で爆発的な人気を獲得。今も多くのファンに愛され続けている。そしてその人気を象徴するかの如く、作品の歴史とともに数多くのゲームが発売され、ファンはさまざまな形で孫悟空たちの活躍を追体験してきた。

そんなゲーム版『ドラゴンボールZ』に熱中するファンの心をつかむゲームが、ついに1月16日(木)に発売される悟空体験アクションRPG『ドラゴンボールZ KAKAROT』(以下『DBZK』)としてお目見えする。

そこで発売までのカウントダウンがスタートした今週から、『DBZK』がどれだけ原作愛に満ち溢れ、そして”超悟空体験”ができるのかを、電撃PlayStation編集部が計3回の特集企画で掘り下げる。第1回ではまず『DBZK』の基本的なゲーム概要と、「DBZ」の物語をどこまで忠実に再現しているのか、先行体験した目線からお伝えしよう。

敵と闘って経験値を稼いでレベルアップ=戦闘力アップで強くなるRPG!

まず『DBZK』がどんなゲームであるかを説明すると、孫悟空をはじめZ戦士と呼ばれる仲間たちの視点から、「DBZ」のストーリーを追体験していくアクションRPGだ。悟空が闘いを経て強くなっていく様を、RPGの経験値稼ぎ&レベルアップというシステムに置き換え、誰もが孫悟空の強さをその手で体験できるようになっている。

「DBZ」の強さを表す指数といえば戦闘力。ゲームではBPの数値で表現され、物語のどの時点で誰がどんな強さなのかがわかるのも、ファンにはうれしい限り!

ちなみに、ジャンルは”アクション”RPGとなっているが、戦闘は攻撃を行なうと自動でターゲットに向かうため、意識するのは敵の攻撃を避ける、タイミングを見て攻撃ボタンを押すというように、そこまで難しい操作は要求されることはない。「DBZ」は好きなんだけれども、最近のゲームは対戦格闘やアクションが中心で、忙しい操作が苦手で手を出せなかったんだよな……と歯がゆい思いをしていた人こそ、ぜひとも遊んでほしい作品と言えるだろう。なお、第2回ではこのバトルを解説する予定だ。

「かめはめ波」「魔貫光殺砲」などの必殺技はボタンの組み合わせで発動できる。いわゆる「コマンドRPG」的なスタイルなので、格闘ゲームのような複雑な操作は必要ない。

TVアニメそのままのクオリティであの名シーンがよみがえる!!

アクションRPGということで遊びの敷居は低くなったが、TVアニメの再現度にいたってはメチャクチャ高いクオリティに仕上がっているのが『DBZK』の特徴。オープニング映像から作中のイベントシーン、そして次のエピソードを紹介する次回予告まで、TVアニメを忠実に再現している。イベントシーンが始まるたびに「あの名場面まであと少し!」とワクワクさせられ、そしてその期待に応えてくれることは間違いないだろう。

オープニング映像に合わせて流れる主題歌は、もちろん影山ヒロノブさんが歌う「CHA- LA HEAD CHA-LA」。途中のシーンはシナリオごとの名場面を切り出し、冒頭と締めはTVアニメに寄せるなど、ファンならば感動できるはず!

今なお語り継がれるあのシーンもバッチリ再現。記憶があざやかによみがえる!!

サイヤ人襲来から魔人ブウとの闘いまでのエピソードを完全網羅!

『DBZK』ではベジータらサイヤ人の襲来から魔人ブウとの闘いまで、TVアニメで放映されたエピソードをカバーしている。悟空が己をサイヤ人として自覚し、激闘を経て超サイヤ人として目覚め、さらにはその先へと昇華していく……、そんな悟空の成長物語こそが「DBZ」のだいご味であり、そこがしっかりと1本のゲームで体験できる本作は、まさに”究極の悟空体験”と言えるだろう。

収録されているエピソードは「サイヤ人襲来!」「悪の帝王フリーザ!」「戦慄の人造人間!」「復活の魔人ブウ!」の4つ。ひとつのエピソードが終わると次回予告が入るなど、徹底したTVアニメの再現にも注目。もちろん、悟空の決め台詞も健在だ!

<ここまで再現! 「悪の帝王フリーザ!」の見どころは?>

「DBZ」の強敵を誰か1人に絞れと言われてもなかなか難しいが、原作が連載&TVアニメが放映されていた当時、ファンの度肝を抜いた存在が”悪の帝王”と呼ばれるフリーザだ。このエピソードは次から次へと強いヤツがナメック星に襲来し、闘うたびに悟空やベジータが強くなるのだが、さらにその上をゆくフリーザの圧倒的強さが誇示されるなど、”強さのインフレ”がある意味だいご味でもあった。

『DBZK』ではその強さの階段を上がる様を、レベルアップというゲームシステムでしっかりと味わえる。また、作中では悟空だけでなく、クリリンと悟飯、ベジータ、ピッコロというように、Z戦士たちの視点で物語を追えるのも魅力だ。

そしてエピソードで一番の目玉といえば、フリーザとの最終決戦で悟空が超サイヤ人に目覚めるシーン。ここは「DBZ」を語るうえで絶対にはずせないポイントだが、ゲームでもものすごく力を入れて再現されている。

また、舞台となるナメック星を自由に飛び回れるのも、ファンにはたまらないはず。「最長老様の家はこんな高台にあったんだ」とか、「ブルマはこんな見つかりやすそうな場所に隠れていたんだ」など、本作を遊べば自然と「DBZ」の知識が増えていくはずだ。

メインストーリーを追うだけがゲームの楽しみじゃない!

さて、ここまではいかに本作がTVアニメをなぞっているのかを押してきたが、『DBZK』ではゲームだからこその”究極の悟空体験”もしっかりと用意されている。本編の目的は紹介したメインストーリーを進めることだが、じつはその進行タイミングはプレイヤーしだいとなっている。道中で発生するサブストーリーをこなしたり、途中のザコを倒してレベルを上げたり、寄り道してアイテムを手に入れたりと、RPGらしい幅の広い遊びが体験できる。

寄り道の一番の目的は、サブストーリーをこなすこと。なつかしいキャラクターにも出会えるので、積極的に立ち寄りたい。本作のやり込みにかかわるアイテムがもらえるなど、報酬も魅力的だ!(詳細は第3回で紹介予定)

“ドラゴンボールワールド”を隅々まで体験!

そんな寄り道で気分をグッと盛り上げてくれるのが、原作に登場しているエリアを行き来できるワールドマップ。本作はワールドマップから、各エリアを選択して移動するスタイルになっており、移動可能エリアは物語が進むと増えていく。

ワールドマップの呼び出しはいつでも自由に可能。目的のエリアを選ぶと、そのエリアに移動できる。

各エリアは孫悟空の家がある大自然豊かな渓谷や、大都会でブルマの家がある西の都など、一歩足を踏み入れれば「あ、そうそう」と納得の完成度となっている。ひとつのエリアはかなり広大だが、舞空術や筋斗雲で自在に飛び回ることができるなど、その疾走感は病みつきになるはずだ。

舞空術中にダッシュすれば、超高速での移動も可能に。途中にある岩などもぶち当たって破壊できるなど、こちらもTVアニメらしい表現となっている。

また、エリア内では「DBZ」らしく、L1ボタンを長押しすることで気を探ることが可能。徘徊する敵のレベルを調べたり、料理に使う食材やマシン開発の素材を見つけたりなど、多くの場面で活用することになる。なお、食材探しでは付け尻尾を使っての釣りや、恐竜狩りなども可能だ。

大型の恐竜に気弾を当てて倒すと、料理に使える食材をゲット。魚釣りで釣れる魚は「DBZ」らしいスケールのデカい魚となっている。

第1回ではいかに『DBZK』がストーリー、演出、ワールドマップなど、あらゆる面で徹底的に「DBZ」の世界観を忠実に再現しているのかをお伝えした。第2回では『DBZK』の華であるバトルに注目。悟空が物語を経て強くなった様をプレイヤーがどのように体験できるのかを、”DBZ愛”がタップリ詰まった成長システムと合わせて解説する。

早期購入特典情報

『DBZK』の初回生産分(パッケージ版、ダウンロード版共通)には、豪華3大早期購入特典がもらえるコードが用意されている。

特典1
幻のギニュー特戦隊員!?と闘えるトレーニングメニューの早期解放

特典2
サブストーリー「仲間たちの危険なパーティー」

特典3
弁当「笑顔ウルトラ極上肉」

※追加されるトレーニングメニューは、ストーリーを進めることでも入手可能です。
※画像はイメージです。
※内容・仕様は予告なく変更になる場合があります。
※すべてゲーム内アイテムです。実際に付属するものではありません。
※特典コードをご利用いただくには、ゲーム機本体をインターネットに接続する環境が必要になります。また、Sony Entertainment Networkのアカウントが必要です。
※特典1、2は「第3章 人造人間・セル編、第2話」からプレイすることが可能です。
※特典コードは2020年2月12日(水)までにダウンロードした場合に付属します。

※特典コードには有効期限があります(2021年1月15日(金)まで)。
※特典をご利用いただくには、最新バージョンへアップデートする必要があります。

※特典は後日配信される可能性があります。

さらにPlayStation™Storeでダウンロード版を予約すると、豪華3大早期購入特典に加え、弁当「荒波スパーキングパスタ」が入手できる。

※特典コードは2020年2月12日(水)までにダウンロードした場合に付属します。
※当初予約特典としてお知らせしておりましたが、早期購入特典として配信へ変更いたしました。
※画像はイメージです。
※内容・仕様は予告なく変更になる場合があります。
※ゲーム内アイテムです。実際に付属するものではありません。

※本特典をご利用いただくには、ゲーム機本体をインターネットに接続する環境が必要になります。また、Sony Entertainment Networkのアカウントが必要です。
※特典をご利用いただくには、最新バージョンへアップデートする必要があります。
※特典は後日配信される可能性があります。

販売店別先着購入特典情報

対象店舗で本作を予約・購入すると、先着で店舗オリジナルの特典をもらえる。詳細は公式サイトで確認してほしい。

——————————————

ドラゴンボールZ KAKAROT (カカロット)

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:悟空体験アクションRPG
・発売日:2020年1月16日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,600円+税
    ダウンロード版 販売価格 8,360円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

——————————————

『ドラゴンボールZ KAKAROT』公式サイトはこちら

「ドラゴンボール」家庭用ゲーム公式Twitterはこちら

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※画面はすべて開発中のものです。

お客様の生年月日を入力してください。